FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

『アナ雪』の「みんなで歌おう」企画が賛否両論 不向きな日本人は「クール」じゃないのか

『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go:レット・イット・ゴー:ありのままで」が大人気。原曲はもとより、日本語版で歌う松たか子やMayJの歌唱力にも称賛が集まっている。サウンドトラックは週間15.3万枚(累計30.0万枚)を売り上げたたほか、"レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2014 年4月度"では、松たか子の「レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)」が、「ダウンロード(シングル)」と「着うた」の2部門で首位を獲得したという。一方で、ゴールデンウィーク中に立てられた、観客みんなで歌う企画「Sing Along Version(シング・アロング・バージョン)」には、賛否両論が巻き起こっている。

『アナ雪』の「みんなで歌おう」企画が賛否両論 不向きな日本人は「クール」じゃないのか


​「シング・アロング・バージョン」は、全国約90館で上映されたという。歌詞がスクリーンに映しだされ、それを見ながら歌うことで、劇場全体で盛り上がろうという趣旨だ。映画館によっては、事前に一緒に歌う練習などをし、歌う機運を高めるための下準備をしているが、それをしない場所では下準備ができておらず、歌った人が気まずい思いをすることもあったという。

ツイッター上には、歌うつもりで映画館に来たのに、隣の客から「静かに見てもらえませんか?」と注意をされたという報告もある。映画館はチケットを売る段階で「シング・アロング・バージョン」であることは伝えているものの、「シング・アロング・バージョン」なんて突然英語を言われても、誰もがその意味と意図をすぐに理解できるワケではない。

事前に知っている人にとっては良い企画だが、知らなかった人にとっては「煩わしい」と思ってしまうのも仕方がないだろう。どこも満員で、その回しか都合が合わなかった人もいたかもしれない。爆笑問題・太田光はラジオ番組で、歌っている観客に対し、「日本ではそういうの根付かないと思ったが、意外とやってる。気持ち悪くなっちゃったね、日本人」と言い、批判された。しかし、一方で実際に誰一人歌わないスクリーンも多発していたことは事実だ。

このように、同企画に賛否両論があることについて、ブログ「ボン兄タイムス」では、『日本人の「文化的民度」が落ちぶれ、いつまで経っても向上しないという深刻な問題について』というタイトルでエントリーを公開。いわく、

"現代を生きる日本人の文化的なレベルは実は驚くほど低い。礼儀正しく几帳面で誠実な点は世界に誇る民族性なのだが、どいつもこいつも、文化についてはあまりにシラケ過ぎなのである"
"こんな体たらくがいつまでも改善しないくせにクールジャパンを自称していることはあまりにもバカバカしい"

――つまり、この企画について"まあそんなにシラけたりせず、みんなで歌おうぜ"ということであるが、歌う気マンマンでも周囲をみて歌いづらくなってしまうのも、日本人らしい点かもしれない。

【参照リンク】
・『アナと雪の女王』公式サイト
http://www.disney.co.jp/movies/anayuki/ 

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<札幌行方不明>直前「LINE」で友人とやりとり

 札幌市厚別区で行方不明になっている障害者養護施設職員、伊藤華奈さん(25)が4日未明、直前まで複数の友人と携帯電話でメッセージのやり取りをしていたことが北海道警への取材で8日分かった。道警は伊藤さんが行方不明になった夜の状況を調べるとともに、情報提供を呼びかけている。

 道警札幌厚別署によると、伊藤さんは4日午前0時40分ごろ、婚約者と口論して同区厚別町上野幌の自宅マンションを出た。約20分後、自宅にいる婚約者に「助けて、警察を呼んでほしい」と電話をしたのを最後に連絡が途絶えた。

 友人によると、伊藤さんは婚約者に電話をする直前まで、高校の友人らと無料通話アプリ「LINE」でメッセージをやり取りしていた。伊藤さんは「あーもうあかん」「頭がぐちゃぐちゃすぎて家を出てきてしもた」「意外に寒くて後悔中」「頭が冷えれば落ち着くさ。大丈夫よ。ごめんね」などと送信していたという。

 伊藤さんの友人ら約20人は8日午後7時、最寄りのJR千歳線上野幌駅で情報提供を呼びかけるビラ約400枚を配った。高校で同じクラスだった北区の派遣社員、鎌田香織さん(25)は「伊藤さんは元気で明るく、友人が多かった。無事で見つかることを祈っている」と話した。

 同署には道外も含めて25件の情報が寄せられたが、有力な手がかりはないという。情報提供は同署(011・896・0110)へ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「美味しんぼ」作者、責任は「全て私にある」

 漫画『美味しんぼ』の作者・雁屋哲氏が9日、自身のブログで、先月28日発売の『スピリッツ22・23号』に掲載された作品内で、福島第1原発から戻った主人公らが鼻血や疲労感に襲われたとする描写が問題となっていることについて、「内容についての責任は全て私にあります」としている。

 今回の件について、「取材の申し込みを色々頂戴しています」と明かすも、「前にも書いた通り、『美味しんぼ 福島の真実篇』は、この後、その23、その24まで続きます」といい、「取材などは、それから後にお考えになった方が良いと思います」と最後まで物語を見守るよう促している。

 また、質問や意見などがスピリッツ編集部に多く届いていることに触れ、「書いた内容についての責任は全て私にあります」といい、「スピリッツ編集部に電話をかけたり、スピリッツ編集部のホームページなどに、抗議文を送ったりするのはお門違いです」と綴り、同公式サイトに意見を寄せるよう求めている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

遠野なぎこ結婚会見 “7股交際”相手「全部消去」

“芸能界最速離婚”の記録(2か月)を持ち、奔放な男性遍歴から“7股女優”などの異名をとる売れっ子女優・遠野なぎこ(34)が9日、東京・台場のフジテレビで、出会って2か月のスピード再婚の報告会見を行った。

 お相手は元プロボクサーでバー経営の男性(39)。知人の紹介により今年の3月5日に出会い「2か月で入籍した」と、そのスピード感に驚かされる。

 前夫には離婚届へのサインなど「婚前契約書」を求めたが「あれは自信のない寂しい女がやること」と吐き捨て「今回は不安がないので婚前契約は交わしていない」とノロけた。

「今まで結婚式って“幸せの押し売り”という感じがして否定派だったけど昨日、結婚情報誌を買っちゃいました」と変われば変わるものだ。

 新婚旅行も「明日から福岡、宮崎、熊本に行く。高千穂のパワースポットで手を合わせてすぐに彼と出会えたので(結婚を)報告する」とすべてが乙女チックだ。

 報道陣から“羽田離婚”を心配されると「大丈夫~。結婚会見で離婚の話なんて。(離婚の)予定はありません」とキッパリ。

“7股交際”のお相手たちとも「入籍の2日前にアドレスを変えて、全部(連絡先を)消去した。継続中なワケないでしょう」。

 自身の記録を更新なんてことにはならないように。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

“ブラックアルバイト”も問題化…「売れ残り買わす」「試験前でも残業」

 就職先だけでなく、アルバイトの現場にも「ブラック企業」の影が忍び寄っている。若者をターゲットにしたブラック企業が社会問題化する中、違法な働き方で学生を使い捨てにするアルバイトが“ブラックアルバイト”と呼ばれ、新たな問題として浮上している。

 契約内容と違う過度に責任の重い仕事を押しつけたり、長時間労働をさせたり…。学費の高騰や親からの仕送りも少なくなり、なかなかバイトをやめられない学生が、違法な働き方を強いられ、やがて心身を病む。期待に胸を膨らませ、新生活をスタートさせた学生までもがブラックな職場の餌食になるという、まさに負のスパイラルが広がっているという。

 ブラック企業を避けようとするあまり、イメージや評判を過度に気にする傾向も年々強まっており、景気の回復を受け雇用情勢は上向き傾向といわれるが、若者たちを取り巻く労働環境には依然、不透明感が漂っている。 

■学生も被害…ブラック企業のバイト版登場

 「希望を無視してシフトを組まれ、試験前でも休ませてくれない。サービス残業もさせられる」

 「売れ残りの商品を買わされる。連絡メールにすぐに返信しないと、給料が減らされる」

 「初日から先輩のバイトに怒鳴られ、ミスをすると暴力を振るわれる」

 支援団体やインターネット上には、ブラック企業で働く新入社員と同様、劣悪な職場環境で悩む学生からの悲痛な声が寄せられている。

 学生たちを悩ませる「ブラックアルバイト」とは何か。

 労働問題に詳しい井上幸夫弁護士(第二東京弁護士会)によると、特徴的なのは、(1)労働時間に見合った給料を支払わない(2)仕事のミスに罰金を科す(3)上司が怒鳴ったり暴力を振るったりする(4)最初の契約に反して、授業や試験に支障が出るような働かせ方やシフトを命じ、長時間働かせる-の4点で、このうち1つでも該当すればブラックアルバイトだと考えてよい、という。

 井上弁護士は「学費が高くなり、生活苦でバイトをせざるを得ないケースや、上司から『辞めたら約束違反で罰金を取るぞ』といわれたことを本気で信じるケースがあり、すぐに辞めることができない若者が多い」と指摘する。バイトに重要な仕事を任せるところも多く、責任感が強くまじめな若者ほど簡単に辞めることができない状況に陥っているそうだ。

■必要な一言は「今日で辞めます」

 では、ブラックアルバイトに当たってしまったらどうすればよいのか。

 最もよいのはもちろん、すぐに辞めること。だが、それが簡単にできない場合、近くの労働基準監督署に相談するのも手だ。残業代の不払いや罰金などの労働基準法違反を申告すればアルバイト先に指導が入る。

 違法な働かせ方をしているにもかかわらず、「辞めるなら違約金を払え」などと言って辞めさせないアルバイト先には、「『今日で辞めます』の一言でいい」と井上弁護士は話す。契約期間の途中であっても、初めに提示された労働条件が実際と違う場合には、即座に契約解除ができる。辞めてから労働基準監督署に申告し、不払いの給与を支払わせることも可能だ。

 井上弁護士は「おかしいと思えば、1人で思い詰めずに、親や友人、先生や労働問題に詳しい団体や労働基準監督署に相談し、アドバイスを受けてほしい」と訴える。

■連休明けから届く“悲鳴”

 一方、支援団体などには例年、連休明けに、新入社員の若者から相談が寄せられ始める。入社したばかりで張り詰めていた緊張の糸が、5月ごろになるとゆるみ、「うちの会社はおかしいんじゃないか」と冷静に考えるようになるという。

 「休みが入社してからずっとない」

 「『バカ。もっとできる奴だと思っていた』などといつも怒鳴られ、仕事を続ける自信がない」

 若者の労働相談を受け付けるNPO法人「POSSE」のもとにも5、6月ごろからこうした相談が寄せられる。担当者は「4月はただ働きで酷使されても頑張ってみようと思っていた新入社員も、5月に入ると段々心が折れてしまう」と分析する。

 就職後も若者の相談に職員が応じている厚生労働省の「あべのわかものハローワーク」(大阪市阿倍野区)でも状況は同じだ。

 相談が増えてくるのは毎年、5月以降。1番多いのは職場の人間関係だという。担当者は「同期が少ない場合、1人で悶々(もんもん)と悩み落ち込む人もいる」と指摘する。

 「また担当が変わったの?」。取引先からこう言われ、先輩たちの入れ替わりの激しさにとまどう若者から「うちはブラック企業かもしれない」と相談が寄せられたこともある。担当者は「安易なイメージで企業を選び、想像と違ったとすぐに辞めてしまう若者もいる」とため息をつく。

■評判や労働条件…ネットで検索

 ブラック企業問題が広まるにつれ、若者の間では就職先を選ぶ際に企業の評判を気にする割合いが年々、高まっている。

 日本生命保険が昨年7月、民間企業や官公庁に勤務、内定している20代の若者1043人にアンケートしたところ、職場の労働環境や早期退職率が高くないかなど企業の評判について、「気になった」と答えた内定者は29・4%、「少し気になった」が47・1%で、「あまり気にならなかった」「気にならなかった」の計23・5%を大きく上回った。

 気になったと答えた内定者のうち、52・9%が評判を調べるため、就職を目指す企業の名前と「ブラック企業」のキーワードでネットで検索していた。さらに、「インターネットなどで口コミ情報を収集」していた割合いも48・1%だった。

 アンケートからは、若者が安心して働ける環境を求める傾向が強くなったことを示しているが、同時に客観的な数字より、漠然とした情報が錯綜(さくそう)するネット情報に頼っている現状も色濃く浮かび上がる。

 弁護士や専門家などが連携して発足した「ブラック企業対策プロジェクト」(東京)は「若者は企業のイメージに惑わされずに離職率や募集要項に記載された労働条件など客観的なデータをしっかりと見て判断しなければならない」と強調。大学生向けのガイド本『ブラック企業の見分け方』や『企業の募集要項、見ていますか?』と題した冊子を製作し、冷静な就職先選びを促している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動