FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

一匹狼の公務員ランナー「川内優輝」に訪れた2つの転機

【スポーツON&OFF】

 結果が良いときでも悪いときでも、話題に事欠かないのが、男子マラソン界の異端児、公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)だ。

 4月20日にはトップ選手が出ることは少ない「とくしまマラソン」に出場。吉野川沿いには川内目当ての観衆も多く詰めかけたが、レース途中で腹痛が激しくなり、20キロすぎにコース沿いのトイレに直行。タイムを3分以上ロスし、2時間15分25秒の大会新で優勝したものの、「応援してもらったのに申し訳ない。レース前に水分を取りすぎたのが原因かも…」と意気消沈していた。

 川内はすでに今秋のアジア大会(仁川=韓国)の代表に決まっている。アフリカ勢のいないアジア大会は優勝の可能性も十分にある。アジア大会で金メダルを取れば、来年の世界選手権(北京)の代表に内定し、世界選手権で日本人トップで8位以内に入れば、2016年リオデジャネイロ五輪の切符を獲得する。ロンドン五輪代表を逃した川内にとっては、アジア大会から五輪に向けた戦いが始まることになる。

 今年もスタイルを変えることなく、週末ごとに全国各地のレースに出没している。すでにフルマラソン4本、ハーフマラソンも7本走った。実業団選手のように一緒に練習する相手がいないため、レースに出て他の選手と競り合うことこそが練習。スピードが問われる短い距離の大会に出場する機会も多く、「レースにたくさん出ることで、いろんな展開に対応できるようにはなった」とも話す。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |