1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

妻が夫を「殴る蹴る」DVが増えている 神奈川ではパソコン投げつけ、夫が意識不明重体

薄暗く、人けのない夜の道。後方から「コツコツコツ」と足音が聞こえたかと思うと、次第に大きく、早くなり・・・。女性なら誰もが不安を抱くシチュエーションですが、みなさんは普段、どれくらい「ストーカー」対策をしていますか?

働く未婚女性600人を対象にしたアンケート調査によると、「日常生活の中で身の危険や不安を感じることがある」という人は全体の49.3%と約半数にのぼりました。

5人に1人が「実際に身に危険が及んだ」

特に外出時では「夜一人で歩いている時」(68.6%)、「街灯や人通りの少ない(ない)道を歩く時」(48.3%)といったシーンが選ばれていましたが、対策方法を聞いてみると「できるだけ明るい場所を歩く」(57.3%)、「大通りを歩くようにする」(48.2%)は支持されていたものの、「防犯ベル、ブザーを持ちあるく」という人はわずか3.2%。不安を感じながらもしっかりとした対策をとっている人は少数派のようでした。

不安が取り越し苦労ならいいのですが「実際に日常生活で身に危険が及んだことがある」という回答は22.0%と実に5人に1人。また、「ストーカー被害に遭いそうになったことがある」という人は8.8%、「遭いそうになったことがある」を含めると20.0%に達し、決して少なくありません。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

忙しい時にキュンとさせる男性の行動4つ

「猫の手も借りたい」時に、彼からさり気ないフォローやヘルプがあるとキュンとしますよね。
社会で忙しく働いたり子育てをする女性にとって、夫の協力は無くてはならないもの。それにより夫婦の絆も深まりますよね。

そんな、思わず涙が出るほどありがたい夫の行動を厳選しました。早速ご紹介しましょう。

◆全ての洗濯をしてくれる

忙しかった日数分溜まってしまう洗濯物。山の様に積み重なっていく洗い物を見る度、気分がどんよりしてしまいそうです。しかし、そんな時に、先に帰っていた夫が少しずつ夜洗濯をしてくれたり、もしくは、休日出勤などで居ない妻に代わって、まとめて洗濯をしてくれていたら、感謝の気持ちでいっぱいになるのではないでしょうか。

◆帰ったら温かい料理を出してくれる

忙しさが続く時こそ、家庭的でバランスの良い食事を摂らないと体調を崩してしまうかもしれません。そんな時、もしも先に帰っていた夫が料理を作り、しかも妻が帰るタイミングでお皿に盛りつけてくれたら、一気に疲れも吹き飛びますよね。買ってきたお惣菜でも、温め直してお皿に盛り付けられていることで、疲れた心にもたらす効果は大きいようです。

◆聞き役に徹してくれる

忙しければ、仕事でのストレスも大きくなる可能性が高いもの。そんな状態の時、夫の弾丸トークが始まったり、もしくは全く会話が無いと、余計にストレスが溜まってしまうかもしれません。しかし、もしも夫が聞き役に徹してくれたら、その穏やかな受け皿で、心の重圧や、やり場のない憤りも癒されていくはずです。

◆仕事から切り離してくれる

いつまでも仕事脳、いわゆる交感神経が優位なままだと、全くリラックスできません。しかし、仕事に追い込まれていると、そんな状態が続くこともありますよね。だからこそ、夫が仕事から切り離してくれる存在になってくれることは非常に有り難いのです。ちょっとしたユーモアのある会話や、テレビも仕事を思い出させる番組を選ばないなどの気遣いが、妻を副交感神経が優位な状態に導いてくれるかもしれません。家に帰って副交感神経を優位にすることは、心身の疲労を回復し、食事の消化活動も盛んにしてくれるものです。

いかがでしたでしょうか?

自分が大変な時に、沢山のありがたい行動をしてくれた夫が忙しくなった時には、是非、同様に助けてあげてくださいね。そんな夫婦が、やっぱり素敵ですよね。(モデルプレス)

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「ハーフタイム彼女」はイヤ!元カノとヨリを戻す可能性大な男性の特徴・4つ

「ハーフタイム」とは、一部のボール競技試合の前半と後半を区切る休み時間のこと。そしてこれを女性に例えると、「ハーフタイム彼女」=彼が元カノとうまくいかない期間に付き合って結局フラれる女性のこと。もしあなたの彼が元カノと大恋愛をした様子ならチェック!本当に試合の合間に挟まれた休憩のような期間的な存在だったなら、心に大きな傷を負うのは目に見ています。ここはやっぱり、「元カノが忘れられないけどとりあえず彼女欲しいし・・・」なんていう中途半端な男は事前に見分けたいところ。というわけで今回は、元カノに未練タラタラな男性のチェックポイントをご紹介します!

1.彼が自分からは買わなそうなものを持っている

「若い時ふざけて買ったんだよねーって彼が言ってるリング、どう見ても彼の趣味じゃないんだよね。絶対触らせてくれないけど、こっそり見たらなんか名前が入っててヘコんだ・・・」(24才/経理)
アクセサリーに限らず衣服や小物等、彼の趣味から少し外れたものって注意!女性のカンは当たります。今カノのあなたが「ん?」っと思うものがあれば正直に聞いてみるか、彼の友人に聞いてみてもいいかもしれません。

2.元カノにフラれている

「元カノにフラれてる人って、ヨリ戻したがるよね。私のことを「元カノに散々振り回されてたけど、やっと落ちつける存在をみつけた」っていってたけど、刺激が足りなかったみたい。アタックしてきたくせに、フラれました。」(22才/大学生)
男性にとって「フラれたけどヨリを戻したい元カノ」って彼にとってちょっと刺激的な存在だった場合が多いのだそう。そんな彼女を失ってしばらく経つと、やっぱりその刺激的な日々が懐かしくなっちゃうみたいです。

3.理想の女性像がヤケに明確である・元カノに通ずるものがある

「男友達がながさわまさみ似の元カノと付き合ってから、タイプがながさわまさみ似の子なんだって。(笑)相当未練タラタラ。」(25才/保険)
あなたはカレの元カノがどんな女性かご存知ですか?また彼のタイプと自分はマッチしているでしょうか。知りたいならこちらも本人・友人知人あたりに聞いてみてもいいですが、劣等感が強い自覚があるなら調べない方がいいでしょうね。

4.引き離された境遇である

「上京した彼女と地元に残ったカレ。仕事が忙しくなって連絡もろくに取れなかったから別れちゃってたみたい。前にまた会って飲んだときに気持ちが戻ってきちゃったみたいで、私は別れを告げられた。」(23才/編集)
どちらもお酒が入って、感情的になったことで思いが復活してしまったのだとか。大好きだった彼女と時間が合わないことが辛く、好きだったけれど解放されたい思いで別れたのだそう。「好きだったけどやむを得ず別れた」パターンはなかなか危なそうですね。

おわりに

あくまでも客観的に見た場合のポイントであって、本当にそうなのかは彼の心の中をのぞかない限りわかりません。決めつけてしまわず、あくまで判断ポイントとしてご利用ください。これらの判断ポイントを参考にしてどんな行動をとるかはあなた次第。彼を問い詰めるのではなく、ぜひ、あなたの恋愛が長く続くために生かす方法を考えてみてくださいね。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

アラサー男性が結婚しない5のリアルな理由

早婚と晩婚で二極化が進んでいるという昨今。本来なら結婚適齢期とも言える30歳前後の男性が、結婚を選ばない本当の理由は何なのでしょうか?
そこで今回は、世間の一般アラサー男性に結婚しない理由をヒアリングし、5つの項目にまとめてみました。

1.収入が不安だから

「年収350万では正直子どもを育てられる自信がない。そんな状況で彼女に『仕事辞めたいなぁ』とかつぶやかれたらゾッとする」(30歳・飲食)、「一人でも大して余裕がないのに家族を養えるはずがない。それに今はできるだけ自分の趣味や遊びにお金を使いたい」(29歳・メーカー)と、お金にまつわるシビアな意見が多数。女性が求める男性の平均年収は600万円前後と言われていますが、このご時世もはや高嶺の花!?夫婦共働きは大前提と考えた方が良さそうです。

2.まだ遊びたいから

「女性と違って男は30代が華。だから焦って結婚する気はない。適当に遊んで最後に若くて可愛い子と結婚したい」(31歳・不動産)、「自由に飲みに行ったり、遊びに行ったりしたい。家庭に縛られるのはイヤ」(28歳・金融)など、女性にとっては耳を塞ぎたくなる声が。そんなこと言ってるうちにどんどん年取って、一人寂しく孤独死しても知らないんだからねっ!

3.理想の夫婦がいないから

「会社の上司や先輩は飲むと嫁の愚痴ばっかりで聞いてる方が疲れる。なんでわざわざそんな苦労するの?」(30歳・商社)、「もともと両親の仲が悪かったから、結婚に憧れを抱いていない。自分もたぶん向いていないと思う」(32歳・IT)など、周囲に理想とする家庭がないという冷静な意見も。日本は周囲に幸せをアピールするよりもやや自虐的に振る舞う文化があるので、マイナス面だけが強調されやすいということも影響しているかもしれませんね。

4.仕事で精一杯だから

「任されることや責任も増えてちょうど仕事に面白みを感じるようになってきた時期なので、今は結婚は考えられない」(29歳・商社)、「そもそもデートとかする時間的な余裕がない。疲れて帰ってきて電話とかLINEとか求められると辛い」(31歳・IT)と、仕事が忙しいことなどが理由に挙がりました。「結婚して嫁に支えてもらえばいいじゃん!」という発想はハナからないようで、結婚=リスクの方が大きいという考えであることがうかがえます。

5.「今の彼女」とは結婚する気がないから

「見た目が好みなので付き合ってるけど、かなりわがままだから結婚したらめんどくさそう」(33歳・飲食)、「自分にはもっといい人がいるんじゃないかと思ってしまう。今の彼女と一生を添い遂げる自信がない」(29歳・金融)など、辛辣な本音のオンパレード。本当に彼女のことを思うなら、今すぐ別れてプリーズ!こっちがアラサーになってから放り出されたらたまったものではありません。

いかがでしたでしょうか?

彼らの忌憚なき意見を聞くと、結婚までの道のりは気絶するほど遠いように思えます。まずは結婚に前向きな男性を見極める“選球眼”を身につけることこそが、一番の近道かもしれませんね。(モデルプレス)

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

自衛隊宿舎で33歳の女性隊員死亡 自殺か、埼玉・朝霞

26日午後10時半ごろ、埼玉県和光市広沢の自衛隊宿舎(14階建て)で、4階の住人から「ドーンという音がして、下を見たら人が倒れている」と119番があった。県警朝霞署員が駆け付け、1階の玄関付近で女性の遺体を発見。全身を強く打っており、署は飛び降り自殺とみて調べている。

 署によると、女性は同市の自衛隊員(33)。宿舎とは別の場所に住んでいた。エレベーターの防犯カメラに、1人で乗り14階のボタンを押す映像が残されていた。

 27日午前8時半ごろには、夫から「妻が帰らない」と署に連絡があった。遺書は見つかっていないという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動