FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

幸せを呼ぶ美しい人の特徴とは?

内側から輝く「美しい在り方」を開花させるために

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 仕事においても恋愛においても、幸せやチャンスに恵まれる人には、共通した特徴があります。

 それは「美しさ」です。

 ここで「美しさ」と言ってしまうと、多くの人が、容姿の綺麗さであるとか、女性的な華やかさ、言葉づかいの丁寧さだと誤解してしまいます。

 幸せやチャンスに恵まれる本当の美しさというのは、表面上の容姿的な美だけではなく、多くの場合、内側からあふれる「美しい生き方(在り方)」であることがほとんどです。

 実際に、顔が綺麗な雑誌のモデルであったとしても恋愛がうまくいかない……、綺麗な容姿をしていても、職場で周囲の人から嫌われてしまい孤立している……という相談者のかたもいらっしゃいます。

 反対に、派手な服装やメイクをしていなくても、突然内面を変えただけでモテるようになってしまった……、服装もメイクも変えていないのに、在り方を変えたらいきなり周囲の人から「綺麗になったね」と言われるようになった……、という女性もいらっしゃるんですね。

 人は決して、外側の条件だけを見て女性を美しいと判断しているわけではありません。

 その人の印象を左右するのは、目に見える美だけではなく、こうした目に見えない「美しい在り方」にかかっているのです。

 それではここで、「幸せを引き寄せてくれる美しい在り方」とはどんなものか見ていきましょう。



□「自分の存在を低めない」

 「私なんてこの程度だから」と自分を嘲笑する発言をしたり、「嫌いになってもいいですよ」というように他者を敬遠するような態度は、それだけで卑屈で矮小な印象を与えてしまいます。

 そして、他者から見れば、「なんだかいつも自分を卑下していて嫌だな」と、一緒にいる自分までも粗末にされているように思えてしまうものです。

 たとえ自信が持てなくても、自分を低めずに「自分の存在を馬鹿にしないようにしよう」と心がけるだけで、あなたの価値は変わっていきます。

 自分の存在を大切に思うことは、一緒にいてくれる人に対する尊重も生んでくれるのです。

□「他者を貶めない」

 たとえ口に出さなかったとしても、心の中で誰かをつい馬鹿にしてしまったり、芸能人の悪口が書かれた情報ばかりに触れてしまったり……。

 このような人を貶める情報に触れ続けていると、あなたの潜在意識にはいつのまにか「私は人を馬鹿にしている酷い人間だ」という意識が生まれていきます。

 そして、「人を馬鹿にしているからこそ、私も同じことをされるかもしれない」という恐怖が生まれたり、「こんな酷い人間は幸せになってはいけない」という無意識の制限がかかってしまうんですね。

 言葉でも心の中でも、他者を貶めないように心がけましょう。

□「社会的な条件で差別しない」

 無意識にやってしまうのが、「社会的な条件で相手にへりくだる・媚びる」ということです。

 本来、人の命は対等なものであり、すべての人が同じく等しい価値を持っています。だからこそ、他者に対しては一貫性を持って接することが大切です。

 どんなに「セレブ」と呼ばれるような地位の相手に対しても、相手の条件を見て「この人とは仲良くする、この人は仲良くしない」ということを決めていたとしたら、強欲や傲慢さが伝わってしまいます。

 最終的には、本当に対等に人と接することができる人が、温かい人生を創ることができるのです。

□「自分の性、他人の性を尊重する」

 どんな人生であったとしても、私たちは生まれながらに「性別」を持って生まれてきます。

 その生まれ持った性を尊重せず、わざと女性であることを貶めたり、無視してしまえば、それはあなたの命そのものを軽視していることになります。

 女性らしい装いをしたり、メイクをすることに気を遣うだけでなく、あなたの肉体や存在を女性として丁寧に扱い、常に女性としての自分を意識しながら行動してみましょう。

 ひとつひとつ丁寧に行動したり、あなたという存在を大切に扱うことで、他者にもあなたの尊さが伝わるのです。

□「自分の美意識を尊重する」

 整形して美しくなる・流行の雑誌を見ながら装いを綺麗にするということではなく、「あなた自身の美意識」を大切にしてみましょう。

 「他人に対して失礼にならないように接する」「言葉づかいを丁寧に話す」「自分の美をできるだけ表現する」「できるだけ今の自分を綺麗にする」など、あなたの中で美しいと思える在り方を実践してみてください。

 逆に自分自身に甘えてしまい、美しく心がけることをやめて「どうでもいいや」となってしまうと、そのだらしなさも他者にも伝わってしまいます。

 「私は美しいと思えるこういった態度を心がける」といった一本筋の通ったその意志こそが、あなた自身を自立した大人の女性として輝かせてくれます。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |