FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

ウクライナ情勢 クリミア、すでに露の支配下か 欧米メディア報道

ロシアのプーチン大統領は1日、ウクライナへのロシア軍投入の承認を上院に求め、上院は全会一致で同意した。プーチン氏は同日、オバマ米大統領と電話会談し、ウクライナ南部クリミア半島だけでなく親露派住民が多い同国東部への派兵を示唆した。露政府は否定しているが、欧米メディアは、ロシア兵とみられる集団がすでにクリミア半島を支配下に置いたとの見方を伝えている。

 国連安全保障理事会は1日、ウクライナ情勢に関する緊急会合を開催。ロシアのチュルキン国連大使はロシア軍のクリミア半島での対応を、「ロシアはクリミア自治共和国から要請を受けた」と正当化した。

 一方、ウクライナ暫定政権は核関連施設や空港などを防護するため、高度な戦闘態勢を取るよう指示した。ただ、米CNNテレビ(電子版)は、クリミア自治共和国の中心都市シンフェロポリ周辺にウクライナ軍の存在は確認できていないと報じた。

 オバマ氏は1時間半にわたる電話会談で、ロシアが「ウクライナの主権と領土的統一を明らかに侵害している」と、深い懸念を伝達。ロシア軍をクリミア半島の基地に撤収させるよう要求した。ロシア系住民の保護はウクライナ暫定政権との対話や国際監視団の展開などにより平和的に行われるべきだとも強調した。

 これに対し、プーチン氏は親露派住民を保護する重要性を強調し、「ウクライナ東部やクリミア半島に暴力が拡大した場合、それらの地域におけるロシアの国益を守る権利がある」と反論した。電話会談後、露大統領府が声明を発表した。

 欧米各国は1日、オバマ氏がカナダのハーパー首相、フランスのオランド大統領と電話で会談するなど、ロシアの大規模介入を阻止するため外交活動を展開。オバマ政権は1日、ロシア南部ソチで6月に予定される主要国首脳会議(サミット)の準備会合参加見合わせを公表。カナダも準備会合への参加見合わせや駐露大使の召還を決め、米国と歩調を合わせた。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

赤西仁が決意を報告「海外での活動も、今まで以上に取り組みたい」

 ジャニーズ事務所を退社した歌手の赤西仁(29)が2日、自身のツイッターとフェイスブックを更新。日本語と英語で「私、赤西仁はこの度、2014年2月28日契約満了に伴い、株式会社ジャニーズ事務所と契約を更新しない旨を合意いたしました」とファンに向けて報告した。

 さらに「今まで様々なことを経験させていただき、支えて下さった事務所関係者の皆様ファンの皆様に心より感謝しております」とし「子供のころからの夢である海外での活動も、今まで以上に取り組みたく、今回の合意に至りました。これからも、ファンの皆様とよりたくさんの思い出を作っていくべく頑張って行きたいと思います。今後とも変わらぬ応援宜しくお願い致します」とあいさつした。

 赤西とジャニーズ事務所は、2月28日付で、契約完了に伴う再契約を行わないことで合意。契約解除にいたった経緯や理由などについては説明がなかったが、英語を話せて海外志向が強い赤西は、KAT―TUN在籍中の06年10月にグループを離れて米ロサンゼルスに語学留学。その後、海外活動を優先するためグループを離脱し、メイサとの結婚を事務所に事後報告するなどさまざまな騒動を起こしてきた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

戦国もの : アニメ・ゲームで相次ぐ武将の美少女キャラ化に賛否両論 制作側にメリット

 戦国武将を美少女キャラクターに置き換えて描いたアニメやマンガ、ゲームが相次いで放送・発売されている。美少女の戦国武将が現代で過ごす「戦国コレクション」が放送中で、12年夏からは美少女の「織田信奈」が天下統一を目指す「織田信奈の野望」が放送される。ゲームでも美少女の戦国武将が続々登場するPSP用ソフト「桜花センゴク Portable」が6月に発売される。戦国武将の女性化についてファンの間でも賛否両論があるが、制作側とファンの側ともにメリットが存在するようだ。(毎日新聞デジタル)

 ◇容姿は別物でも性格は史実を反映

 「戦国コレクション」は、300万人以上の登録会員数を抱えるコナミデジタルエンタテインメントのソーシャルゲームが原作で、現実の歴史とは全く違った時間をたどった異世界の「戦国世界」の美少女たちが、なぜか現代に飛ばされてしまうという物語だ。作品に登場する「小悪魔王・織田信長」は、赤いロングヘアの美少女で、プライドが高く、好奇心旺盛で前向きな生きざまを評価するという設定だ。

 また「織田信奈の野望」は、春日みかげさん作、みやま零さんイラストのライトノベルが原作。平凡な男子高校生がタイムスリップをしてたどり着いた世界は、織田信長と名前がそっくりな「織田信奈」という美少女をはじめ、戦国武将が女の子になっている世界だった……という内容。こちらの「信奈」は、金髪の美少女で奇妙な振る舞いをし、「……であるか」が口ぐせ、好きなことを好きといえない「ツンデレ」な性格になっている。

 「桜花センゴク Portable」は、明智光秀と同姓同名の主人公が、戦国武将たちの生まれ変わりが集う学園に転校し、パワフルで常識はずれな美少女たちに翻弄(ほんろう)されるコメディータッチの恋愛ゲームとなっている。もちろん同作の「織田信長ちゃん」も美少女で、過激な発言と型破りな行動、強烈な天運を持ち合わせている。

 3人の「信長」に共通しているのは、容姿などは全く別だが、歴史上に伝わる織田信長の性格、イメージを何かしらの形で反映したことだ。これは人から好かれたといわれる豊臣(羽柴)秀吉、我慢を重ねて天下を取った徳川家康など、他の戦国系美少女キャラクターにも共通している。

 ◇版権フリーの有名キャラに飛びつく制作側

 こうした美少女キャラ化は戦国時代にとどまらず、三国志の劉備や関羽、果ては第二次世界大戦の兵器である零戦や戦艦大和など人間以外にも及んでいる。こうした動きは賛否両論だが、作品は次々と生まれて定着しつつある。ここ2年のテレビアニメだけでも、柳生十兵衛が美少女になった「百花繚乱SAMURAI GIRLS」、三国志の武将が美少女キャラクターになった「真・恋姫†無双~乙女大乱~」、パチンコのキャラクターが原作で女の子しかいない戦国時代を舞台にした「戦国乙女~桃色パラドックス~」がある。

 ファンの反応もさまざまで、歴史に詳しい人ほど「ありえない」と反発したり、からかうようなコメントを寄せる人もいれば、逆に特定のキャラクターに声援を送る人もいたり、「俺の嫁(お気に入りを意味するネットの俗語)」と最大限の“賛辞”を送る人もいたりする。

 なぜ歴史上の人物が美少女化されるのか。サブカルチャーに詳しい批評家の多根清史さんは、制作側とファンの双方にメリットがあると指摘する。制作側のメリットは「歴史上の人物は『版権フリーで有名キャラクターの宝庫』であること。既に知名度が高い人物ばかりなので、キャラクターを認知してもらうための時間・費用も節約できる」と指摘する。特に戦国時代は「桶狭間の戦い」や「敵に塩を送る」といったエピソードも豊かで、ストーリー上の段取りを省略してキャラを立てたり、物語の「山場を作る」ことも容易だという。さらに、短期決戦となる1クール(3カ月)のアニメではこの認知の省略が強みになり、潜在的にはファンがアニメなどの「聖地巡礼」のコラボも望めるという。

 またファン側の心理について多根さんは「歴史の話だから『親しみやすく、勉強になりそう』というプラスのイメージが働いている。また歴史の美少女キャラは、極端なアレンジが入っていても、どこかに“史実”の要素は含んでいるからなじみやすく、昨今の『雑学・教養ブーム』とリンクしているともいえそうです」と分析している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

漁で転落の母助けようと息子飛び込み、2人死亡

 2日午前6時40分頃、青森県平内町の陸奥湾で、ナマコ漁をしていた同町東滝、遠嶋(とおしま)シナさん(70)が漁船から転落、息子の三喜男さん(47)が助けようと海に飛び込んだが、2人とも溺れた。

 2人は通りかかった別の漁船に救助されて青森市の病院に運ばれたが、いずれも低体温症による死亡が確認された。

 青森海上保安部の発表によると、2人はシナさんの夫秋義さん(76)と一緒に、東滝漁港の約2・5キロ沖で漁をしていた。死亡した2人は救命胴衣を着けていなかった。当時、現場付近の水温は2度で、海上は波の高さが約1メートル、うねりはなかったという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<戦記もの>「ガルパン」「艦これ」ヒットで注目 人気の理由

 ここ数年、テレビアニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」や、ブラウザーゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」など実在した兵器やパイロットをフィーチャーした戦記ものコンテンツが人気だ。現在までに2回のテレビシリーズと劇場版が公開された「ストライクウィッチーズ」も大戦中の空軍兵器をモチーフとしており、テレビアニメが放映されるなど「歴女」(歴史好きの女性)ブームを呼んだとされる「戦国BASARA」シリーズも日本の戦国時代がテーマであり、広い意味では“戦記もの”だ。

【写真特集】キュート&セクシーな「艦これ」の“艦娘”の姿 ハードな戦闘シーンも
 ◇支持される「戦記もの」
 一度きりであれば偶然かもしれないが、ほぼ毎年のようにヒット作が途切れずに現れ、「ガルパン」に至っては舞台のモデルとなった茨城県大洗町がファンの“聖地”となり、観光を活性化して町おこしを助ける現象は、一部マニアの域を超えている。「戦記もの」が、なぜ息長く広い支持を集め続けているのだろう。
 戦記ものが作られ続ける理由は分かりやすい。歴史上の事件や人物は、版権や使用料に気兼ねせずに使える「貴重なフリー素材」というのがまず一つ。すでに数十年から数百年も人々に親しまれた「原作」でもあり、新作の懸念材料である知名度をクリアする上でも申し分ない。
 コスト的な事情以上に、戦記ものは物語を作る人々のイマジネーションがわき出る源泉だ。「鎧伝サムライトルーパー」など戦記から想像を膨らませたジャンルは数十年来のアニメの定番であり、「キングダム」をはじめ戦国マンガも枚挙にいとまがない。数ある歴史小説も、後世に残された資料から生まれた2次創作といえる。
 ◇オタク知識が教養に
 視聴者・ユーザー視点から見れば、戦記ものは、嫌う人がいないコンテンツである。一国の武将や無名の庶民までが生きる群像劇であり、主人公も子供時代から晩年までの人生が描かれ、年齢性別を問わず誰もが「自分」を重ねられる物語だ。
 優れたコンテンツは間口の「広さ」と内容の「深さ」を備えている。ゲームやアニメはパッケージの購入や月額課金の負担を背負い続けるリピーターを引きつける「深さ」に重きが置かれるが、戦記ものはドラマやキャラクターから「史実」へとつながっており、歴史家が一生をかけるほどの「深さ」は保証されている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動