FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

冬場に電源コードの発火事故など多発 NITEが注意呼びかけ

冬場に、電源コードの発火事故などが多発しているとして、「NITE(製品評価技術基盤機構)」が注意を呼びかけている。
NITEが公開した実験映像では、電源コードとコンセントの隙間に、ほこりがたまり、空気中の水分が加わって発火した。
また、コードを机の足で踏んだり、曲げたままにしておくと、発火するケースがあるという。
NITEは、電源コードや配線器具による事故が、5年間で999件、このうち死亡事故が16件発生しているとして、注意を呼びかけている。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

日本で最初に”初日の出”を迎えるのはどこ?

 国立天文台は、2014年「初日の出」の全国各地の時刻情報を公開している。それによると、東京タワー(高さ333m)の大展望台2階(150m)での初日の出時刻は6時48分、これに対し、東京スカイツリー(634m)の展望台(450m)は6時46分。東京タワーは先月21日に「特別展望台」(250m)の営業を再開したが、それでもやはり、東京スカイツリーよりも1分程度は遅くなる。

これは可愛い ”可愛すぎる小鳥”がネットで話題騒然に!
日本で最初に”初日の出”を迎えるのはどこ?

[表]各地の日の出予想時刻
 でも、たかが1、2分! 日本ではもっと早い所がある。例えば、富士山頂(標高3776m)では6時42分。茨城県の筑波山(876m)では6時45分だ。

 それよりはるかに日本の領土で早いのは、本州から1800km離れた最東端の島、南鳥島の5時27分だ。そこは無人島だが、人が居住している所で一番早いのは小笠原諸島の母島・父島の6時20分。これらの島はいずれも東京都に所属しているので、全国で一番先に初日の出が見られる都道府県は「東京都」ということ。

 島々を除く北海道・本州・四国・九州の平地で一番早いのは千葉県・犬吠崎の6時46分。東京スカイツリー(展望台)と同じ時刻だ。主な都市では千葉市と水戸市が6時49分、横浜市と北海道根室市が6時50分、さいたま市と東京23区が6時51分。今の時期は、地球の太陽に対する地軸の傾き加減から、日本列島では、どうしても関東地方が最も日の出が早いのだ。ちなみに、最も初日の出が遅いのは日本の最西端の島、沖縄県の与那国島で7時27分だ。

 「初日の出はどこが早いか」と言っても、日本人で最初に“初日の出”を見るのは、おそらく若田光一さんだ。何しろ国際宇宙ステーションは地上約400km、約90分ごとに夜明けがやって来る。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

現在策定中 国の原子力政策のポイントは?

国は、中長期エネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の策定プロセスを進めています。12月13日には、各方面の有識者が集う「総合エネルギー調査会」の意見がまとめられました。政府は、各方面とのさらなる議論を踏まえ、必要な修正を行い、年明けにも「エネルギー基本計画」を正式に決める予定です。

国のエネルギー政策どう決める?
どういったエネルギー政策をどのような理由で進めようとしているのでしょうか? 資源エネルギー庁では、14年1月6日までパブリックコメントを求めていますので、ここでは特に関心の高い原子力政策の大きな流れを見てみましょう。

ポイントは3つあります。

(1)原子力依存度を下げる一方で「重要なベース電源」として位置づける
(2)燃料の有効利用のため「核燃料サイクル」は継続する
(3)最終処分場は国が前に出て解決する

これらは別々に議論されるポイントではなくて、中長期的なエネルギー政策を考えるうえで、ひとつの流れになっています。簡単にいうと「できるだけ少ない原発で電力を確保し、出てきた廃棄物は有効利用しながら有害度を下げ、国が申し入れて合意がとれた土地に安全を確保した上で埋めて処分する」という流れです。

この流れを順に見てみましょう。
「安全神話」からの決別とベース電源
総合エネルギー調査会の意見では、まず、福島原発の事故を深く反省し、教訓を乗り越えなければならないと強調。原発は可能な限り減らしていくが、必要な分は確保するとしています。

安全性については、深刻な事故は起こらないという「安全神話」から決別して「世界最高水準の安全性を不断に追求」するとしました。これは、一定の基準をクリアしたら安全だと言って手放しに安全性を容認するのではなく、リスクを許容レベルまで下げ、かつ不断に更なる安全性向上の取組を事業者が行うような仕組みを確保することで、常にその時点での最高レベルの安全性を追求し続けるという方針転換を意味しています。

また、同調査会が出した意見において、原子力は「重要なベース電源」として位置づけられました。ベース電源というのは、真夏の昼時に一斉にクーラー需要が高まるような、突発的な電力需要に対応するために使うのではなく、年間を通じて安定した量を供給するための電源です。安全を前提として、安定的に供給できる燃料であること、運転コストが安いこと、温暖化ガスを出さないことをベース電源に据える理由に挙げています。

現在、稼働を止めている原発ですが、安全性が確認された原発については、再稼働させていく方針です。これは13年6月に「安全性は専門家が判断し、立地自治体の理解を得る」と閣議で決定されています。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

道徳を「特別の教科」に位置づけ、現場からは戸惑いも

 これも安倍カラーの表れでしょうか。道徳の授業を「特別の教科」と位置づける報告書がまとまりました。「特別の教科」となることで、道徳教育の何が変わるのか。現場からは戸惑いの声も聞かれます。

 東京・品川区の小学1年生の教室。

 「みんなはどこが自分のいいところだと思っているか、お勉強していきましょう」(教諭)

 品川区が独自に実施している「道徳」や「総合学習」などを統合した「市民科」の授業です。「自分や友達の“良さ”を見つける」というテーマで、手製の教材に、お互いの良いところを書いて、手渡します。

 「友達に優しくしています」(女の子)
 「ありがとう」(男の子)
 「よく見てるね」(教諭)

 「元気ですごく話しやすいです」(女の子)
 「ありがとう」(男の子)
 「よく見てるね」(教諭)

 「市民科」の授業は、8年前に導入されました。通常の小学校の「道徳の時間」は週1時間の年間35時間なのに対し、「市民科」は年85時間以上で、より“実践”に重きを置いているのが特徴です。

 「市民科はきっちりこういうことを教えようというスタンスが道徳より強いと思うが、それを子どもとかけ離れたところで教えすぎないように、ちゃんと子どもの様子、ふだんの様子に合わせたものになるように気をつけてやっている」(品川区立延山小学校 西田圭子 教諭)

 現在、「道徳」は「教科」として扱われていないため教科書がなく、数値の評価も行われていません。このため、各学校での取組みや教員の指導力に差があるとして、文部科学省の有識者の懇談会は、「道徳を『特別の教科』と位置づける」とした報告書を26日、下村大臣に提出しました。教えるのは現在と同じ学級担任が原則となりますが、記述式などによる評価を実施し、「検定教科書を導入することが適当」としました。

 「国境を越えて、また歴史を越えて、人が人として生きる基本的な社会におけるルールとマナー、教えがあると思う」(下村博文 文科相)

 道徳を「特別の教科」とすることで全国一律での指導の改善が期待される一方、独自の教材やカリキュラムを開発してきた品川区などをどう扱うのか、報告書では明確ではなく、指導方法の変更を迫られる可能性もあります。

 「こういう人間に育てていこうという大きな目標については、みんなどこも全国一律でもちろんあっても当然だと思うので、そのことに向かっていく方法論の部分についての若干の違いについては認めてほしい」(品川区教育委員会事務局 渋谷正宏 指導課長)

 日本教育学会会長の藤田英典教授は、「道徳教育は重要だ」とする一方、「特別の教科」とすることには、否定的です。

 「教科書を作るということになり、教科書はもちろん検定されるわけで、“国定道徳”ということになりかねない。例えその中身がどういうものであろうとも、そういう傾向を持つこと自体に問題がある」(共栄大学教育学部 藤田英典 教授)

 道徳で検定教科書を導入することについては、文科省の幹部の中からも、“どのように検定基準を作ればいいのか”と戸惑いの声も聞かれます。文科省では今後、学習指導要領の改訂などを進め、早ければ2018年から、道徳を「特別の教科」とする方針です。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

来年の元旦おめでたスクープはこれか!? あの杉田かおる、すでに再婚していた!!

 毎年、年末年始になると増えるのが、芸能人の駆け込み結婚&離婚。

「年末年始は週刊誌や情報番組が休みですから、ここで発表してしまえばあまり大きく騒がれなくて済むというのが大きな理由ですね。実際、今週に入ってから鈴木奈々や八田亜矢子が結婚発表していますね」(スポーツ紙記者)

 各スポーツ紙の1面も年末は主にギャンブルや紅白の話題がメインとなり、年明けは箱根駅伝がメインとなる。

「このところ、各紙とも元旦に芸能人の結婚スクープをもっていくのが慣例になっていますね。2011年は浜崎あゆみで、昨年は上戸彩、今年は水泳の北島康介でしたからね。来年も大物が控えているんじゃないかって、すでに話題ですよ」(同)

 そんな中、浜崎、上戸クラスではないにしても、この年末年始に結婚を発表しそうなタレントの名前が芸能界を騒がせているそうだ。

「一番驚いたのは、杉田かおるさんですかね。すでに結婚しているそうですよ。お相手は以前、不倫写真を撮られた編集者ではないそうです。あと、芸人のクワバタオハラの小原正子さんも結婚するそうです。なんでも、彼女が逆プロポーズしたとか(笑)。あと、超大物カップルでは蒼井優さんと三浦春馬さんの電撃婚もあるんじゃないかって、各紙が裏取りに動いているそうですよ」(芸能事務所関係者)

 毎年、元旦は各スポーツ紙のスクープ合戦なだけに、来年はどういった大物の名前が紙面をにぎわせるのか楽しみである。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。