FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

三十路のなっち 沙也加の元カレと熱烈キス!?「酔ってたので…」

 元モーニング娘。で女優の安倍なつみ(30)が21日、一部で俳優・山崎育三郎(25)との熱愛を報じられたことについて「お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げた。  この日、都内で行われた出演中のミュージカル「ドラキュラ」(9月11日まで、東京国際フォ ーラム)のイベントに出席し、山崎とのキスが報じられたことについて「(舞台「嵐が丘」の)打 ち上げの席で、酔っていたので…」と弁明。「(友達として)仲良くさせていただいています」と 話し、所属事務所も「交際はしていません」と否定した。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

千葉市4人死亡火災現場の住宅ベランダから火の手 放火か

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の社長だった大東(おおひがし)隆行さん(72)が本社前で射殺された事件で、犯人が大東さんの体に直接触れるくらいの至近距離から、拳銃を連射したとみられることが21日、捜査関係者への取材で分かった。また、見つかった弾などから、使われたのは25口径の拳銃とみて詳しく鑑定している。 

 捜査関係者によると、司法解剖の結果や残された薬莢(やっきょう)の位置などから、犯人は大東さんに至近距離まで近づき、体に拳銃を押し当てるようにして連射した可能性があるとみられる。25口径は、警察官が主に使っている38口径よりも小型で、発射時の反動が少なく、初心者でも扱いやすいとされる。大東さんを狙った4発はすべて命中しており、犯人が服などで拳銃を隠して近づいた可能性がある。

 一方、現場付近では「パン」という音を聞いたという証言もあるものの、捜査幹部は「明確に銃声と断定できる証言は出ていない」という。犯行は19日午前5時40分すぎから同6時ごろまでに行われたとみられるが、現場から数十メートルしか離れていない家の住民も「何も物音はせず、いつも通りだった」と話している。捜査関係者は、犯人がサイレンサー(消音装置)を取り付けた拳銃を使った可能性もあるとみている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「半沢」効果も? 日銀大阪支店の見学者が急増

 日本銀行、略して「日銀」。お堅いイメージで、近づきがたい印象のある日銀ですが、約1年前から日銀大阪支店(大阪市北区)の行内見学者が急増しています。2012年度になって初めて3千人を突破。2013年4月から11月までの見学者もすでに3537人(前年同期比約75%増)と伸びており、このペースでいけば2013年度見学者は5千人をうかがう勢い。人気の背景には、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の影響や、銀行を舞台としたテレビドラマ「半沢直樹」のヒットなどがあるのかもしれません。

レトロな外観の「辰野作品」
 日銀の業務は日本銀行券(いわゆる紙幣)発行・管理や、政策金利(旧公定歩合)の決定などのほか、アベノミクスと連動した「異次元の金融緩和策」もリードしています。また日銀の当座預金を使って金融機関同士が決済するため「銀行の銀行」ともいわれ、金融関係者以外には縁遠い場所に思えます。しかし日銀大阪支店の見学者は2011年度は2千人台だったのが、2012年度になって3120人に増加。今年度も順調に伸びており、来年1月まで予約がほぼ埋まっている人気ぶりです。大阪支店は明治建築のレトロな外観で、観光スポットしても最近口コミサイトなどで評価が高く、「昨年後半から見学者が増えてきた実感がある」(大阪支店)といいます。

 日銀大阪支店は堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島にあり、御堂筋をはさんで大阪市役所の向かいに位置します。特に旧館は明治36年(1903年)に建設され、「ネオ・ルネッサンス様式」と呼ばれる石造りの重厚感ある建物として知られます。設計者は19世紀末から20世紀前半にかけて活躍した建築家、辰野金吾氏です。辰野氏は赤レンガ造りの東京駅丸の内駅舎の設計を手がけたことでも有名で、昨年10月に同駅舎の復原工事が完成したことで辰野作品である同大阪支店も再注目されました。同支店では「最近テレビや旅行雑誌などのマスコミに取り上げられことが多く、口コミもあって日銀の業務に興味を持つ人が増えたようだ」と話しています。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

オルフェの背で味わった希望と絶望

 三冠制覇、GI5勝、凱旋門賞2年連続2着という輝かしい勲章を誇ると同時に、阪神大賞典での逸走など、個性的な一面も持ち合わせているオルフェーヴル。その稀代の名馬が、有馬記念を最後に引退する。頂点の喜びと共に地獄のような苦しみも味わった、主戦池添謙一騎手に、現在の心境を語ってもらった。(取材・文:赤見千尋)
有馬で4冠を獲った後はプレッシャーがキツかった

オルフェーヴルとコンビを組んで3年半。池添は、どんな想いでこの時間を過ごして来たのだろうか。

「この馬がデビューしてからは、頭から離れることはなかったですね。3年半、ずっとです。新馬戦でいい勝ち方をして、クラシックへの手応えを感じ、そこから実際に三冠獲って。古馬になってからもいろいろありましたからね。有馬記念で最後ですが、今はまだ実感はないです。淋しさは、レースが終わってから感じるんじゃないですかね」

 この3年半、オルフェーヴルと共に歩んだ道のり。1番人気でのダービー制覇、そして三冠達成、3歳での有馬記念制覇。池添の心に一番強く刻まれたレースは――。

「一番嬉しかったのは、やっぱりダービーです。この馬に乗ってガッツポーズしたのはダービーだけなんですよね。よくあの時ガッツポーズ出来たなと思いますよ。いつも落とされますからね(笑)。一番緊張したのは菊花賞。三冠が懸かってましたから、またダービーとは違うプレッシャーがありました。ゴールした瞬間は、嬉しさよりもホッとしたというのが一番でしたね。その後は有馬記念で4冠目を獲って、負けちゃいけない馬になったので、プレッシャーもキツかったです」
世紀の大逸走を振り返る

無事に三冠を達成し、その年の有馬記念も制したオルフェーヴルは、池添の言葉通り負けてはいけない馬になった。しかし、古馬になっての初戦・阪神大賞典で、レース途中で外へ逸走、その後猛烈に追い上げて2着という、誰もが目を疑うような負け方をした。

「まさかレース中にああいう風になると思わなかったです。一瞬止めようかと思ったんですけど、もうしがみついてるしかなかったです。『やってしまった……』という感じでした。ハミは利かないし、なんとか止めようとした時に、内側の馬が見えたんですよ。そしたら、自分から追いかけて行ったんです。『戻るんかい!』って思わず言ってしまいました(苦笑)。レースが終わったと思ったのに、まだだったって思ったんでしょうね。言葉を交わすことはできないので、どう思っていたのかはわからないですけど。周りのジョッキーもびっくりしてました。安藤さんは二度見してましたし、福永先輩もゴールした後、『え?』って感じで二度見してましたから。普通なら止まってますもん。外行って、戻って、しかも2着って……。でも、あそこまで行ったら勝たなきゃいけなかったんですけど」

 この世紀の大逸走は、競馬ファンのみならず、日本中を驚かせた。続く天皇賞・春も、1番人気に支持されながらの11着。一度崩れた歯車は、三冠馬オルフェーヴルといえどもなかなか元には戻らなかった。

「阪神大賞典と天皇賞の時は、騎手を辞めようかなって初めて思いました。今までそんなこと思ったことなかったですけど、相当ヤジられましたし(苦笑)。精神的に、かなりキツかったです。なかなか眠れなかったり、夢に阪神大賞典が出て来て、ハッと目が覚めることもありました。でも、宝塚記念もこのまま行くからって言っていただきましたし、乗り越えなきゃいけないなって思いました。宝塚に挑む時は、『もう天皇賞と大賞典とは違うんだ』って思って。レースも2200mですし、『この馬の競馬をすれば大丈夫だ』って信じてました」

 迎えた宝塚記念。オルフェーヴルは中団でキッチリと折り合い、4コーナーで馬群を割って内から進出。池添に導かれ、再び圧倒的なパフォーマンスを見せた。

「宝塚は折り合いもしっかり付きましたし、内に入って行ったのもいい判断だったと思います。自分の中でも上手くレースが出来たなって思いますし、自分が助けることが出来たレースだったんじゃないかなって思いました。一時は本当に辛かったけど、そこから勝てたので、自信にもなりました。宝塚を勝ったら凱旋門賞へ行く予定だったので、その時は自分も一緒に行けるって思っていたので、もうウキウキでしたね」

 大きな試練を乗り越えた先に掴んだ、宝塚記念完勝の喜び。しかし、池添は再び絶望を味わうことになる。次なる試練は、凱旋門賞乗り替わりという現実だった。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

働く親に欠かせない子育ての「冗長化」

4歳と2歳の子育てをしながら仕事をしていると、もろもろの不測の事態に遭遇します。私は研究者なので自宅でもそれなりに仕事もできる一方、学会などで泊りがけの出張をする機会も多くあり、二重三重の「冗長化」をしないといけないことを学んできました。

実際に私が遭遇したケースの中でも比較的一般によくある話は、
•熱が出て保育園に登園できず。病児保育の空きもナシ。
•本人は元気だが、幼稚園が学級閉鎖。
•航空機での子連れ出張の前に幼稚園での風邪や感染症の流行。
•突然の発熱や入院。

などではないでしょうか。

出張の際に困った事例では・・・

夫婦共に別々の日帰り出張が重なってしまい、さらに託児所の予約がいっぱいだったため、親に預ける予定だったある日。親が発熱しインフルエンザにかかってしまうという事態が発生しました。私は自分1人が講演するためにみなさまが集まってくださっている状況でとても欠席はできません。結局、預かってもらったことのある託児所にかたっぱしから連絡をして、頭を下げてお願いし、半日預かってもらうことができ、90分講演と質疑応答をしたのみでとんぼ返りしたこともありました。

また、両親に仕事を調整して有給をとってもらった上で、子どもを預けて国内出張に行った際には、大雪で飛行機が飛ばないかもという事態になりました。結局飛んで帰って来られたのでよかったのですが、新幹線と電車を乗り継いででも無理やり帰ってくるほうが良いか、とても悩みましたし、翌日が日曜だったのでまだよかったのですが、平日だと両親共に仕事だったので危うく大変なところでした。この経験のあと、飛行機の際には「飛行機が飛ばず、予定通り帰れないかもしれない」ことも考慮に入れた上で、預け先を探すようになりました。

他にも、研究者という職業柄では、
•学内保育園に預けていたが自分の卒業と同時に子どもも卒園となり、区の保育園の待機児童に。
•私が早朝から出張で保育園の開所時間に間に合わないため、朝は夫が子どもを送っていく手はずになっていたのに、海外出張からの帰国の便が機体トラブルで飛ばず1日遅れに。

などなど、経験しました。

絶対に子連れで行けない仕事のときには二重三重に預け先を確保する

このような経験を経て、幼稚園、保育園、病児保育、ファミリーサポート、ベビーシッター、などの他に、長期出張の際には、連れていき、現地でベビーシッター手配も考慮するなど、二重、三重にも預け先を想定しておくことを学びました。毎回いろんな想定をしているにも関わらず、「今回はこうきたか!想定外!」というのが今でも絶えず、びっくりするほどです。

一番大事なのは、なるべく夫婦でやりくりをするために、絶対に休めない超重要な仕事を引き受ける際には、時間帯をかぶせない努力をしています。

アンテナを張り巡らせて事例を入手

これまでの経験から「アンテナを張り巡らせて様々な状況を入手し、それに対する対応策を事前によく考えておくこと」を怠らないようになりました。事例をたくさん知ることで、自分の家庭にあった対策をあらかじめ考えることができるからです。

今気になっているイベントは、東京都「子育て応援とうきょう会議」による、子ども・子育て家庭支援の取組みを発信するイベント「子ども未来とうきょうメッセ2014」です。これは、来年2月11日に東京国際フォーラムにて開催されます。

まだ詳細は発表されておりませんが、昨年のリーフレットが参考になるのではないでしょうか。子育てに関係する企業や団体が集まってブースを出展し、講演会・座談会・ワークショップなどが行われるようです。

特に、座談会「皆でトーク!こんなとき、どうしてる?子育てのあるある座談会」などは、とても気になります。私は同業者、同業他社の取り組みや対策を集めるようにしていますが、ときにまったく関係のない事業を行っている団体でも、自分の業界に取り入れると多くの人が助かりそうな取組をすでに行っているところもあるかもしれません。

ワークショップにはぜひ子連れで参加を

他には、ワークショップスペースなどもあるようです。工作や絵画などを親子で楽しんだりすることもでき、親子共にいい経験になるでしょう。私は仕事柄見ておきたいワークショップなどは、土日開催であれば相手のご迷惑にならない範囲で、積極的に子連れで参加するよう心がけています。私だけで参加するときと違った目線から見ることができたり、子どもの発言そのものがいろんなヒントになったりするからです。また、そのような姿を子どもに見せることで、「土曜日なのにお母さんは家にいないのか~」ではなく、「母親のお仕事についていける!」との喜びに変わるからでもあります。

さまざまな子ども向けプログラムや、子どもをもつ親の支援などがあり、気になる企業や団体を見つけるチャンスでもあるので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動