FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

国民生活センター、消費者庁に移行せず存続へ

 独立行政法人「国民生活センター」の機能を消費者庁に移行する構想を巡り、森消費者相は13日の閣議後記者会見で、移行せずに存続させる考えを示した。

 民主党政権時に業務内容が重なるとして移行が決まったが、政権交代後に森消費者相が再検討していた。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

北朝鮮、忠誠競争過熱か=金一族の「血統」誇示、粛清正当化

北朝鮮の金正恩第1書記は、親族を処刑し、大々的に公表するという「恐怖政治」の極致を見せた。北朝鮮メディアは1950年代の金日成主席による反対派粛清事件になぞらえ、張成沢氏粛清を正当化し、金第1書記への絶対的忠誠を要求した。体制の安定を誇示する思惑もうかがえ、軍部の忠誠競争が過熱し、軍事挑発につながる可能性も指摘されている。
 韓国の金寛鎮国防相は13日、国会で「権力闘争とは評価していない。軍部が主導したわけではなく、唯一指導体制確立のための権力再編」との見方を示した。発表されたクーデターの企てが事実かは不明だが、少なくとも金第1書記が張氏を、自らを脅かす存在とみたのは間違いない。
 13日付の労働党機関紙・労働新聞は論説で、50年代後半に金主席が反対勢力を粛清した事件に言及し、「今回、わが党が分派分子の策動を見抜き、断固として粛清したことは、党の唯一的指導体制を確立する一大事件となった」と意義を強調した。8日の張氏粛清決定以降、北朝鮮メディアは金主席、金正日総書記、金第1書記を指す「白頭の血統」を盛んにアピールしている。義理の叔父の張氏は一族ではないと切り捨てる狙いは明白だ。
 一方、柳吉在統一相は13日、「南北関係はむしろ9~10月より今の方がうまくいっている」とも指摘した。北朝鮮は急激な変化による混乱を嫌い、張氏勢力の粛清も時間をかけて行う可能性がある。
 ただ、金国防相は「党による統治が持続するとみられるが、軍内部の忠誠競争などが軍事挑発につながる可能性がある」と指摘。軍事挑発やミサイル発射、核実験などに危機感を示した。 

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

原宿の伝説「ゴローズ」創業者の高橋吾郎が死去

 原宿でインディアンジュエリーを販売する「goro's(ゴローズ)」のオーナー兼デザイナー高橋吾郎が、逝去したことがわかった。1972年に立ち上げられて以来、「goro's」は木村拓哉など多くのファンに愛され最近では板野友美など女性の著名人も愛用していることで知られる。

【その他の情報・画像】

 高橋吾郎は1939年生まれ。イエローイーグルというインディアンネームを持ち、インディアンジュエリーの第一人者として27歳のときに青山にショップを出店した。その後、「goro's」は青山から現在の原宿に移転し、1990年代前半には制作が間に合わないほどオーダーが殺到。現在も店の前には毎日行列ができ、品薄になるほどの人気ブランドになっている。

 高橋吾郎の告別式は12月11日に執り行われた。長年にわたり「goro's」を愛用してきた金子賢は、「ゴローさんありがとう」と題した自身のブログで「まぎれもなくゴローズは日本を代表する世界一のアクセサリーブランドだと思います」とメッセージを掲載している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<卵子の若返り>「染色体置き換え」で可能に 高齢出産に光

 独立行政法人「医薬基盤研究所」などの研究チームが、ヒトの卵子から染色体だけ取り出して、別の卵子の染色体と置き換え、体外受精技術によって受精させることに成功した。この技術を応用すると、高齢女性の卵子の染色体を、染色体を抜き取った別の若い女性の卵子に入れる「卵子の若返り」が可能になる。若返った卵子でできた受精卵を子宮に戻せば、高齢女性も妊娠できる可能性が高まる。

【ついに来た“卵活”】「卵子が老化する」広まり、凍結保存希望者が急増

 専門誌「リプロダクティブ・バイオメディシン」(電子版)に発表した。生物の遺伝情報を担う染色体は、卵子の核の中にある。卵子の老化は、卵子の核外にある細胞質が加齢に伴い変質することが原因で、妊娠しづらくなる。そこで若い女性の卵子の細胞質を利用し、核は高齢女性の遺伝情報を受け継がせるのが、染色体の置き換え技術だ。

 従来の手法では、染色体を抜き取る際、細胞質に含まれるミトコンドリアDNA(デオキシリボ核酸)も一緒に取り出され、別の卵子に移植された。異常なミトコンドリアDNAが起こす難病「ミトコンドリア病」の遺伝を確実に防ぐためにも、染色体だけを抽出する技術が必要だった。

 山海直・同研究所主任研究員、永井クリニック(埼玉県)の大月純子博士らのチームは、未熟なヒトの卵子を培養する途中、一時的に卵子の核内に散らばっていた染色体が塊になることに着目。不妊治療患者の同意を得て、治療に使えなかった未熟な卵子を培養、直径5~6マイクロメートルの極細の針を使って染色体が集まった塊を取り出した。極細の針のため、ミトコンドリアDNAは含まれないとみられる。

 染色体を取り出した25個のうち13個が、別の卵子の染色体との置き換えに成功、3個は精子と受精した。

 大月博士は「良好な卵子を使い、移植技術を向上させれば、受精率を上げることは可能」と話す。一方、受精卵には、精子、卵子の染色体、細胞質のミトコンドリアDNA--という3者の遺伝情報が受け継がれるため、治療に使うには、倫理的な課題も浮上しそうだ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

中古品ばかり…フジテレビの淋しい年の瀬

 フジテレビの年の瀬が淋しい。年間視聴率トップの座をめぐり日本テレビとテレビ朝日がデッドヒートを繰り広げており、フジはすっかり蚊帳の外だ。他局の何歩も先を行く全盛時代を知るだけに信じられない思いだが、確かに最近の番組作りを見ても、いまひとつわくわくしないのである。

【写真】織田裕二「踊る」100億円締め目指したい

**********

 わくわくしない理由は人それぞれだと思うが、個人的にしょんぼりなのは、番組作りが「往年の」とか「再び」ばかりで中古感が漂うことだ。来年1月の連ドラは「医龍4」という。無難ではあるけれど、カラフルさやダイナミックさというお家芸がどこかへ行ってしまったように思う。

 「ロングバケーション」「踊る大捜査線」などで知られる名物プロデューサー、亀山千広氏が今年6月に社長に就任して以来、この路線が徹底している。25年ぶりに“W浅野”とか、「ショムニ2013」「救命病棟24時」など過去のタイトルを続々と再生産。「ビーチボーイズ」(97年)っぽい「SUMMER NUDE」とか、「踊る-」の織田裕二を起用した「Oh,My Dad!!」とか、17年間連ドラ主演がなかった広末涼子を起用した「スターマン」とか。保守なチャレンジが着々とすべる横で、TBS「半沢直樹」に最高視聴率42・2%の大記録を打ち立てられた。

 ヒットメーカーが社長になって、制作現場が萎縮しているのだろうか。亀山氏は、朝ドラの常識をことごとく打ち崩した「あまちゃん」や、ウケないといわれていた銀行モノで当てた「半沢直樹」など他局のヒット作について「ヒットする作品には『発明』がある」とうらやましそうだ。しかし、定例会見で語る現状は「疲れている番組が目立つ。悩みながらフォームを変えて、元のフォームに戻れなくなった感じ」。

 ベテラン放送担当記者は「企画力の低下が激しい。ドラマ枠も増えた中、過去の作品リストから平均視聴率13%くらいの作品を探して再登板させている。この時代向けの切り口でリニューアルするわけでもないから、鳴り物入りで復活させた『料理の鉄人』(アイアンシェフ)を半年で潰したりする」。「トリビアの泉」が再登場する案が検討されているという話も聞く。「入社した時から民放王者。新しい手法で一発当ててやるというギラギラした発想がない」とも指摘する。

 ダイナミックな企画力とイケイケのフットワークで他局の何歩も先を行くフジテレビを見てきたこちらにとっては、ちょっと信じられない姿である。

 入社して放送担当に配属された89年、フジは12年連続3冠王の真っただ中だった。当時は深夜枠で革命を起こしており、思い切った若手ディレクター陣の起用で「カノッサの屈辱」「カルトQ」など新しい感性の番組が次々と生まれた。「深夜で冒険的な番組を作り、ゴールデンに昇格させる」というフォーマットを確立したのもフジテレビだ。後に「世にも奇妙な物語」になる「奇妙な物語」や、脚本家三谷幸喜を世に出した「やっぱり猫が好き」など、後の人気番組や人脈につながるコンテンツを次々と生んでいた。トレンディードラマで一時代を築いたのもこのころだ。

 当時は本社が新宿区河田町にあり、局内もイケイケだった。プロデューサーが廊下で見つけた雑誌記者に立ち話で番組を売り込んでいたり、「宣伝方針が気に入らない」という芸能事務所からの電話を宣伝部員が一喝していたり。小ネタに事欠かないので、紙面スカスカの日は私のようなスポーツ紙記者がいつの間にか集まっていた。「楽しくなければテレビじゃない」の旗印のもと、「こう作ってこう売る」というビジョンが各々にあり、ものづくり集団の自意識がみなぎっていた。

 今や、イケイケ精神はテレ朝に移ってしまった。10年くらい前に「ミドル3」として先物買いしたさまぁ~ず、雨上がり決死隊、くりぃむしちゅーが盤石。改編期でなくても2番組合体SPを連発する安上がりなフォーマットをひねり出し、ゴールデンで3時間「アメトーク」を放送した後に深夜でも「アメトーク」とか、節操なさげなフロンティアをガンガン開拓している。ドラマでも、毎年同じ時期に万全のクオリティーで新シリーズを投入する「相棒」の覚悟がすごいし、「黒革の手帖」(04年)以来徹底的に米倉涼子を育てて「ドクターX」につなげた息の長い女優育成法も結果を出している。やわらか頭と先物買い。みんな、かつてフジがやっていたことだ。

 実は、フジテレビが7年連続年間視聴率3冠王の最後の年となった2010年12月、局と放送記者会の懇親忘年パーティーで乾杯のあいさつをさせていただいた。たまたま幹事社だったニッカンに大役が回ってきた。絶好調の局に記者会からつける注文も特になく、短く終わらせようと、当時流行っていたWコロンのなぞかけで翌年にエールを送った。「富士(フジ)」と「日本一」をかけたオチの分かる素人作品だったけれど、お祝いとあってどのお歴々も盛大に喜んでくれた。翌年、エールを送ったこちらは担当替えでフジを離れ、年間視聴率も日テレに抜かれて2位となり、今では週や月によっては民放4位になることもある。

 私がさげまんと言われないためにも、来年こそは1位を奪還してください。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動