FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

視聴率1%=100万人説 総世帯視聴率の低下で定説に疑問も

 今年はドラマの『半沢直樹』(TBS系)や『あまちゃん』(NHK)のような大ヒット番組が生まれたが、総じていえば日本人がテレビを見なくなったことは明白だ。
 
  実際、テレビ番組全体がどれくらい見られているのかの指標となる「総世帯視聴率」(HUT)も、ゴールデンの時間帯で1997年の71.2%から63.5%まで大きく下がり、かつていわれた「視聴率1%=100万人」という時代ではなくなった。上智大学教授の碓井広義氏(メディア論)が語る。

「今、視聴率1%が何人になるか、数字を挙げるのは難しいですが、視聴率1%で100万人に見られているというのは、統計学上はともかく、実態とズレている可能性は高い。いわば、業界で物事がうまく回っていくためのひとつの“物語”のようなものだったのかもしれません」

 こうなると、CM枠を売らなくてはいけないテレビ局の立場としては厳しい。

「業界では数年に1度、CM価格の『改定』が行なわれますが、実は『改定』で単価が下がったことはこれまで一度もないんです。つまり表向き、視聴率がこれだけ落ち込んでいても、CM料金は下がっていないことになっている。

 しかし、もちろんこれだけ視聴率が下がれば、企業も同じ条件で同じ額を払うわけがないですから、テレビ局側はあの手この手で、CM枠を売る努力をしているんです」(広告代理店関係者)
 
 つまり、その“営業努力”のたまものが、裏で料金を大幅値下げしたり、他の番組を買ってくれたオマケにしたりといった “バーゲンセール”につながっているというわけだ。また、視聴率が当初の予定を大幅に下回るケースも増え、無料で別の番組のCM枠を提供する“補償制度”もフル回転しているという。

 しかし、大手企業の宣伝部には未だに強いテレビ信仰がある。

「低視聴率に不満を抱いてはいても、やはり“マスに向けた情報発信力”、つまり宣伝効果という点では、テレビはまだ頭ひとつ抜けている。そうはいってもこれだけ視聴率が悪化しているといわれているのに、広告戦略の中核にテレビを置かざるを得ないというのは、スポンサーにとってジレンマに近い。このままの状況が続けば、さすがに企業のテレビ離れも進むことになる」(前出・広告代理店関係者)

 テレビは視聴者だけでなく、無料視聴を支える企業にも見離されようとしている。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

楽しんごさん 傷害容疑で書類送検へ 被害の元マネジャーは恐喝容疑で捜査

 個人事務所の30代の男性マネジャーを殴って負傷させたとして、警視庁四谷署がお笑い芸人の楽しんご=本名・佐藤信吾=さん(34)を、傷害容疑で近く書類送検する方針を固めたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。事件後に楽しんごさんから現金100万円を脅し取ったとして、このマネジャーも恐喝容疑で捜査している。

 楽しんごさんは7月21日朝、東京都新宿区の自宅マンションで、マネジャーの顔や腹を複数回殴り、軽傷を負わせた疑いがもたれている。同日は参院選の投票日で、任意聴取に「投票に行こうとしたのに頼んだ時間に起こしてもらえず、その後の態度にも腹が立った」などと供述している。

 マネジャーは昨年5月ごろに楽しんごさんと知り合い、個人事務所でスケジュール管理などをしていたが、事件後に退職。「カネを払わなければ暴行の事実をばらす」と脅迫し、100万円を受け取った。その後、現金を返し、9月に同署に被害届を出していた。

 楽しんごさんはよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。女性っぽいキャラクターと「ラブ注入」というギャグで人気を集めた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

AKB、発売初日ミリオンならず「鈴懸‐」惜しくも91・7万枚

 アイドルグループ・AKB48の34枚目の新曲「鈴懸(すずかけ)の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」が11日、発売され、初日売り上げ91・7万枚を記録した。通算7作目、連続4作目の「発売初日ミリオン」達成は惜しくもならなかった。

【写真】AKB優子 こじはる 智美…下着メーカーイメキャラに!

 初日では達成できなかったが、今後100万枚に達するのはほぼ確実。AKB48は前作の「ハート・エレキ」まで、B’zと並ぶ歴代1位タイ記録の「通算ミリオン獲得数15作」を達成しており、「鈴懸‐」により通算16作の新記録を達成する可能性は高い。

 9月に行われた「第4回じゃんけん大会」の上位16人が歌う同曲。頂点に輝いたSKE48の松井珠理奈(16)がソロでは初のセンターを務めた。曲名が異例の76文字あることでも話題を集め、公式の略称として「鈴懸なんちゃら」と呼ばれている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ゲーム業界、セット販売に活路 苦肉の策…年末でも“目玉”なし

 人気ゲーム機の後継機種「プレイステーション4」と「Xbox One」の年内発売が実現せず、目玉商品不在で迎えた家庭用ゲームの年末商戦。新機種を待つユーザーの買い控えが懸念されるなか、メーカー各社はソフトや周辺機器をつけた「セット販売」でしのぐという展開となっている。業界が開発費の安いスマートフォン(高機能携帯電話)ゲームに主軸を移す中、かねてからささやかれる消費者のスマホゲーム移行も今後加速するのだろうか。

 国内の過去10年のゲーム機の売上高(ファミ通調べ)は、平成19年の3278億円がピーク。22年には1755億円まで下がり、以降は毎年1700億円台での横ばいが続いている。今年6月までの半年間で見ると、663億円とやはり低い水準にとどまっている。

 逆に、スマホやタブレット端末向けのオンラインゲームは23年に3648億円、24年は4943億円と大幅に拡大。売上高の推移では、明暗がはっきり分かれた格好だ。

 だが、販売現場の感覚は、数字とは少し様相が異なる。大手家電量販店の上新電機(大阪市浪速区)の高天洋正J&E営業部部長は、家庭用ゲームとスマホゲームとの競合について、「なくはないが、ソフト供給の充実の方が(売り上げを左右する)大きな要素」と解説する。

 実際、ゲーム機の19年の好調は「脳トレ」シリーズの人気で任天堂の「ニンテンドーDS」が伸びたことが要因だった。結局、本体そのものよりも、メガヒットソフトがあるかどうか。ソフトの充実がハードの売れ行きを左右しているのだ。

 今年、売り上げが低迷した家庭用ゲーム機。だが、9月にニンテンドー3DS用ゲームソフト「モンスターハンター4」発売後は、盛り返しもみせている。「モンハン4」は発売から約2カ月半で国内出荷400万本突破という記録を達成。シリーズの累計販売は2800万本という超人気シリーズだ。

 シリーズ初となる高低差を活かした立体的なアクションや、インターネット通信によるマルチプレイにも対応した「モンハン4」。メーカーの高い技術力が発揮されたハイレベルなソフトで、幅広いユーザーから支持を集める結果につながった。

 一方、スマホゲームはゲーム機用に比べて開発コストが安いため“乱立”も続いており、ヒットが出づらい環境となっていることも否めない。粗製乱造も目立つため、「内容の濃いゲーム機に戻ってきているのでは」との観測もあるほどだ。

 また、人気のスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」は今月12日、ニンテンドー3DS向けに、ストーリーやゲーム性を高めた形で「パズドラZ」のタイトルで発売。こうした「逆輸入」も、家庭用ゲーム機には追い風となっているという。

 とはいえ、人気ゲーム機の後継機種「プレイステーション4」と「Xbox One」は国内発売は来年。年末商戦が「目玉商品不在」である状況に変わりはない。そこで家電各社が期待するのは、昨年の発売以降、不振が続く任天堂の据え置き型ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」のセット販売による売り上げ増だ。

 任天堂は10月末、本体に「NewスーパーマリオブラザーズU」「Wii Party U」の人気ソフト2本と専用リモコンなどをつけた「ファミリープレミアムセット」を3万2800円で発売。ゲーム機とソフトを別々に買うより1万6100円お得で、今月5日には健康管理ソフトの「Wii Fit U(ウィー・フィット・ユー)」をつけた3万4800円のセットの店頭販売も開始した。

 上新電機の高天部長は「もはやハード(ゲーム機)単体では売れなくなるかもしれないが、今月は『二段式ロケット』に火がつくタイミング」と、来年以降の伸びに期待している。

 競合社もセット販売に活路を見いだす。ソニー・コンピューターエンターテイメントは今月5日、携帯用ゲーム機「PS Vita」にメモリーカードや表面の保護フィルムをつけたバリューパック(2万2千円)を発売。「プレイステーション3」では12日、同社のゲームソフト「パペッティア」(9月発売)をつけたセットを発売。価格はハードのみと同じで2万4980円で「実質無料でソフトが手に入る大変お得なセット」(同社)とPRに躍起だ。

 新作ソフトとタイミングを合わせての本体販売までは、セット販売で…。華々しさはないが、メーカー側にとっては「苦肉の策」が、次世代機発売までの売り上げを牽引(けんいん)することになりそうだ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

スタジオジブリ最新作は米林宏昌監督「思い出のマーニー」!

 スタジオジブリの新作が、米林宏昌監督が手がける「思い出のマーニー」に決定した。配給の東宝が12月12日、都内の同社で行われたラインナップ発表会で明かした。

【フォトギャラリー】スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」ビジュアルはこちら

 「思い出のマーニー」は、イギリスの作家ジョーン・ロビンソンの児童文学が原作。海辺の村の老夫婦に預けられた内気な少女アンナが主人公。固く心を閉ざし、毎日ひとりで過ごしていたが、不思議な少女マーニーと出会い、友だちになる。しかし、村人は誰もマーニーの存在を知らなかった。映画では、日本を舞台に置き換えて描かれることになるという。

 興行収入92億5000万円の大ヒットを記録した「借りぐらしのアリエッティ」(2010)に続き2作目となる米林監督は、96年にスタジオジブリに入社。「千と千尋の神隠し」のキャラクター、カオナシのモデルだったことでも知られているが、「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「コクリコ坂から」「風立ちぬ」などで原画を担当している。

 「思い出のマーニー」は、2014年夏に全国で公開。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動