FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

児童買春容疑で男逮捕=「JKお散歩」女子高生に―警視庁

 女子高校生が客との食事やデートに応じる「JKお散歩」と呼ばれるサービスの店で知り合った高校2年の女子生徒(17)にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課は11日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、東京都豊島区雑司が谷、会社員山本雅春容疑者(54)を逮捕した。
 逮捕容疑は8月10~31日、3回にわたり豊島区や台東区のホテルで、女子生徒に現金計11万円を渡し、わいせつな行為をした疑い。山本容疑者は容疑を認めているという。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<コナミ>社員が提訴 「不当な配置転換」取り消し求め

 退職に追い込むための配置転換は無効だとして、コナミデジタルエンタテインメント(本社・東京都)の50代の男性社員が11日、配転の取り消しなどを求め東京地裁に提訴した。

 訴状などによると、男性は1991年、コナミ工業(当時)に入社。ゲームソフトの開発などに携わり、2011年5月に子会社のコナミデジタル社キャリア開発グループへ配転された。

 配属後はカードキーを取り上げられて原則自宅待機となり、応援業務としてパチスロ機の製造業務などに従事した。賃金は780万円(10年度)から計234万円減額された。

 代理人の指宿昭一弁護士は「配転命令は退職に追い込む不当な目的で、ゲーム開発のキャリアとは無関係の業務を強いるなど権利の乱用であり無効だ」と話している。

 同社は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

TSUTAYA図書館、生徒の利用制限 中学校VS市長

 書店やカフェを併設する佐賀県武雄市図書館は「商業施設」に当たるとして、近くの県立武雄青陵中学校(平川年明校長)が登下校時に生徒だけで立ち寄るのを禁止し、帰宅後もカフェは保護者同伴でないと利用してはならないと指導していたことが分かった。市立校ではこうした指導はなく、樋渡啓祐市長が抗議。学校側は10日、保護者に「登下校時であっても生徒だけで図書コーナーを利用することを認めたい」とする文書を配布、指導を撤回した。

 武雄市図書館はレンタル大手のTSUTAYAを展開する企業が運営。蔦屋(つたや)書店やスターバックスコーヒーも入居、年中無休で午後9時まで開館している。

 武雄青陵中は、カフェなどの併設を理由に「校則で商業施設と同じ扱いになる」と判断。6月発行の「生徒指導便り」で、生徒だけでの利用は帰宅後や休日の図書コーナーに限ると通知。下校後に生徒と保護者が待ち合わせに使うのも「何らかのトラブルに巻き込まれるなど、あまり好ましくない」と自粛を求めていた。

 樋渡市長は9日の市議会や自身のブログで「異議あり」などと抗議。学校側が10日に配った文書は「諸般の事情に鑑み、利用を制限すべきではないとの判断に達した」としつつ、夜間やカフェは「保護者の責任のもと」で利用させるよう求めた。文書を見た市長は「迅速な方針転換を歓迎するが、説明は不明確だ」と話した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「リベンジポルノ」サイト運営と恐喝の疑いで男を逮捕 米

 インターネット上で「リベンジポルノ」と呼ばれる嫌がらせ行為のサイトを運営し、被害者から金を脅し取っていた疑いで、米カリフォルニア州サンディエゴの男が逮捕された。

リベンジポルノは恋愛関係や夫婦関係が終わった後、相手の性的な写真をネット上に流出させる行為。米国内などで最近大きな問題となっている。

州司法当局によると、ケビン・ボラート容疑者(27)は10日、共謀と個人情報窃盗、恐喝の重罪容疑計31件で逮捕された。

同容疑者は昨年12月、元恋人に恨みを持つ男性らの依頼を受けて性的な写真を本人の了承なく掲載するサイトを開設。依頼者には写っている被害者の実名や撮影場所、年齢、フェイスブックの自己紹介ページへのリンクなどの情報を要求し、写真とともに公開したとされる。

同容疑者はさらに別のサイトを通し、写真を削除するための料金として被害者から1人につき最大350ドル(約3万6000円)を脅し取った疑い。合わせて数万ドルの利益を得ていたとみられる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

俊輔MVP 史上初2度目&35歳最年長 松田さんに感謝「彼なしに今の自分いない」

 「Jリーグ・アウォーズ」(10日、横浜アリーナ)

 Jリーグは10日、年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手(MVP)は、J1で2位の横浜Mを主将として引っ張ったMF中村俊輔(35)が2000年以来、史上初めて2度目の受賞を果たした。

【写真】松田直樹さんのトレードマークだったヘアバンドを付け喜ぶ横浜マリノスOBイレブン

 MVPが発表されると、中村は照れくさそうに頭を下げた。「2つ気持ちがあります。1つ目は素直にうれしいということ、2つ目は感謝の気持ちです」。35歳での受賞は最年長。13年前の初受賞時は最年少の22歳。2度目の受賞は史上初。まさに、歴史に名を刻む活躍ぶりだった。

 MVP選出の前段階に行われるJ118クラブの監督、選手によるベストイレブンの投票では、全体でも最多の213票を集めた。優勝は逃しても、同業者の評価は断トツだった。

 受賞に際して、俊輔は2人の仲間の名を挙げた。1人は元横浜M所属で、11年に亡くなった松田直樹さん。「彼なしに今の自分はいないと思っています。前橋の方によい報告ができると思います」とプロ入り当初、よき相談相手になってくれた戦友に感謝した。

 もう一人はベストイレブンに選ばれた中沢佑二(横浜M)だ。「私の中のMVPを言わせていただきます」と名を呼ぶと、「ここ数年のプレーをみてもこの賞にふさわしい」と会場に拍手を求めた。

 チャンピオンシップで敗れた初受賞の13年前と同じく、今季もあと1歩で優勝を逃した。「この賞に恥じぬよう、いいプレーをし続けサッカー界に貢献できたらなと思います」。13年前と同じ言葉で、来季の優勝を誓った。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動