FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

出川哲朗、番組表の誤字で笑い生む

テレビ情報誌『ザテレビジョン』のWebサイト「webザテレビジョン」の番組表に掲載された“誤字”が大きな話題になっている。

その誤字は、同サイトの、NHK夜の帯番組『ニュースウォッチ9』(12月2日放送分)の番組詳細ページにおいて起きてしまった。ページでは、その日報じられる予定となっていた大きなトピックが3つ紹介されており、その中には「川上哲治氏お別れ会」という項目があったのだが、これが「出川哲朗氏お別れ会」と誤って記載されてしまっていたのである。(編集部注:番組放送前に「川上哲治氏」に修正済み)

12月2日には、10月28日に死去した元読売ジャイアンツ監督・川上哲治氏の「お別れの会」が開かれ、同番組でもこの会の模様が報じられたが、“川”と“哲”という字が入っていたからか、サイトではお笑い芸人の出川哲朗と誤字されてしまったというわけだ。

出川といえば、長年リアクション芸で活躍し、最近では“天然”な部分も指摘されるようになってさらにお茶の間に笑いを届けている生粋のお笑い芸人。この誤字がめざとく発見されると、ネットユーザーたちがこれも笑いのネタとして扱うこととなった。

2ちゃんねる・ 番組ch(NHK)板のスレッド「【悲報】出川哲朗氏お別れ会【追悼】」に書き込まれたそのような声は、

「てっちゃん引退しないでー」
「出川引退か
時代が一つ終わったな」

など、出川が芸能界から引退するとして誤字の内容に乗っかるものや、

「不謹慎だがフイタwww」
「おいしいネタができちゃった」
(コメントすべて原文ママ)

と、単純にウケたり、芸人である出川にとって“おいしい”誤字だと考えたりする反応など様々だ。

誤字によって「webザテレビジョン」内のページへの注目度が上がったのか、サイト内の「地上波 番組アクセスランキング」で、『ニュースウォッチ9』(12月2日放送分)のページは同日夕方頃から1位に浮上。トップ10に入っているほかの番組はバラエティ番組ばかりであることから、ニュース番組のランクインは非常に珍しいことといえるだろう。

同スレッドには、「映像無しでここまで笑い取れるんだからやっぱ出川は一流芸人だわ」と、この奇跡的な誤字によって名前だけで笑いを生む出川を称賛する声も書き込まれている。少々不謹慎な誤字かもしれないが、結果的には大きな笑いを生む面白い誤字となったようだ。
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

10代女性を誘拐、容疑の34歳男を逮捕 2人を鳥取県境港で発見

 浜松市内で10代女性を誘拐したとして、鳥取県警境港署は4日、未成年者誘拐の疑いで、同市中区十軒町の派遣社員、寺坂晃弘容疑者(34)を逮捕した。女性は11月27日から行方が分からなくなっており、4日午後2時ごろ、同県境港市内で寺坂容疑者と2人で歩いていたところを同署員が発見した。女性にけがはなかった。

 逮捕容疑は、11月27日、浜松市内で女性に声をかけて誘拐したとされる。寺坂容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。

 静岡県警浜松東署によると、2人は共通の知人を介して知り合い、面識があったという。27日夜、女性が帰宅しないことから家族が同署に相談し、翌日、母親が行方不明届を出した。

 その後の捜査で、女性の部屋から寺坂容疑者の名前が書かれたメモが見つかったほか、女性の友人から寺坂容疑者といるとの証言があったことなどから、同署が12月3日に逮捕状を取って全国指名手配していた。

 寺坂容疑者はレンタカーなどを使って鳥取県まで移動したとみられ、同署で犯行後の足取りや詳しい動機について調べている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【巨人】山口、3億2000万円でサイン!コンビニ時代から月収300倍

 巨人・山口鉄也投手(30)が4日、東京・大手町の球団事務所で契約更改を行い、8000万円増の3億2000万円でサインした。6年連続60試合登板と、今年もフル回転。恩師である工藤公康氏(野球評論家)の最高年俸3億円(01、03年)を超えた。またプロ入り前、山口が時給800円で勤務していたコンビニ店店長は12年越しの「300倍更改」を祝福した。

【写真】野球教室で子供に投球フォームを指導する山口

 今年も安定感は抜群だった。山口は「高く評価していただき(年俸を)上げていただきました」。シーズン前には2度目のWBCに出場。例年より早めに肩を作り、休むことなくシーズンイン。64登板4勝3敗6セーブ。防御率は1・22。42ホールドポイント(HP)で2年連続の最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。日本シリーズでも4登板で、4回1/3を無失点と最後までフル回転した。

 巨人では阿部、杉内、内海、村田に続き、3億円プレーヤーの仲間入り(阿部、内海は未更改で今季年俸)。9年目で3億円は、6年目の上原、7年目の高橋由、8年目の松井に次ぐチーム4番目のスピード到達だ。また山口は今季レギュラーシーズン、ポストシーズン計1093球を投げた。1球あたり29万2000円にふさわしい、価値ある投球だった。

 06年オフに米アリゾナ自主トレに誘ってもらい、飛躍のきっかけを与えてくれた工藤氏の最高年俸を超えた。来年1月の米グアム自主トレでは、練習熱心と聞いていた育成の柴田章吾投手(24)の参加を内海と決めた。山口は工藤との合同トレを思い出し「それまでは普通に練習していただけだった。けど、目的意識を持ってやるだけでも効果が違うということを学んだ。教えていけたらいいです」と話した。

 自身も進化を目指す。右打者の被打率が2割2分6厘、左が1割5分4厘。「(右打者の)膝元にスライダーを投げたり、内角への精度を上げていきたい」と課題を挙げた。11月で30歳になった。「まだ体幹が弱いので、もっと強化する。そうすれば体に負担なく楽に投げれるかなと思う」。日本一奪回と48歳で引退した工藤氏のように長い現役生活へ、技術も肉体も鍛え上げる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

杏 『ごちそうさん』撮影で開眼「和食店の女将になりたい!」【杏】

放送開始から6週連続で週平均視聴率20%超を記録し続けているNHK朝ドラ『ごちそうさん』。そんな国民的ドラマのヒロインを務める杏(27)は、ドラマ同様、日増しに“食”にハマっているという。

「相変わらず収録で出た料理を必ず完食していますよ。収録は大阪がメインなので、出演者の方々は基本、ホテル住まい。しかし、杏さんだけは局が借り上げたマンションに住んでいます。『自炊をしたいけど、ホテルだとキッチンがないので…』と杏さん自ら希望したそうで、局としてもそのほうが安上がりなので快諾したそうです」(制作関係者)

 杏の食に関する探究心は収録中だけにとどまらず、オフの時間にまで及んでいた。

「収録が早く終わると、近所の商店街へ買い物に出掛けては料理法を聞いているそうです。またスタッフと外食した際、運ばれて来たサラダの匂いを嗅いだ杏さんが『バルサミコ酢を使っていますか?』と店員に聞いたんです。分からなかった店員が調理場に確認すると『香りづけ程度に使っています』との答えが。鋭い嗅覚に拍手喝采でしたよ」(局関係者)

 もはやプロの域にまで達した食通ぶり。今回のドラマを演じているなかで“開眼”した杏は、ある夢を抱き始めたという。

「スタッフたちから『お店をやったら?』と言われていますが、本人もまんざらでもないみたいです。『熱燗が似合う小料理屋がいいな』とか『和の創作料理店を出したい!』と話していました。料理プロデュースにも興味があるみたいで『NHKを訪れた人たちがドラマの料理を食べられるブースを作ってほしい』と提案していましたね」(前出・製作関係者)

 将来、和食店の女将として切り盛りする杏の姿が見られるかも!?

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

『ごちそうさん』いけず小姑・キムラ緑子の素顔

「ドラマが大正時代の設定なので、着物に慣れておかないと芝居ができないなぁ、と思ったんです。毎日着ていたら、それはもう、凝っちゃって(笑)」

 そう話すのは、NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』で主人公・め以子(杏)の義姉、和枝を演じるキムラ緑子。強烈な嫁いびりがドラマの人気を押し上げた。

「お膳をひっくり返すなんて、台本を読んで、『あっ!』と声が出ちゃった。和枝を演じるようになってからは、朝目覚めたときにはもう眉間にしわが寄っているんです。おかげでしわが深くなっちゃったのよ、やーね!(笑)」

 ケラケラと笑うその顔は、年中、苦虫顔の和枝とは大違い。とにかく、中年女の濃~いキャラを演じさせたら絶品だ。自身と重なる部分は?

「ありますよ。私はコンプレックスの塊だから。和枝は真面目で一生懸命なんだけど、ものすごく不器用なんです。私は好きです。でも、私はあんないけずじゃないですよ。(兵庫県の)島生まれだからなのか、すごくのんきで、姉御肌というより、頼りないんです。仕事でも、『絶対、この役を取ってやる!』という競争心や、他人を嫉妬するってことが不思議となくて、それがダメなのよ」(キムラ・以下同)

 ドラマでは、め以子が悠太郎にプロポーズし、2人は結婚へと発展。じつは、キムラも劇作家で脚本家の夫・マキノノゾミ氏に2度プロポーズしている。というのも、一度は離婚したマキノ氏と、’11年に復縁。

「今から思えば震災婚です。東日本大震災後、精神的に不安定になってしまって、そのとき助けてくれたのがマキノでした。ほかにいなかったのかな?って感じですし、しかも1回断られたんです。『今さら籍を入れなくても』って。でも、私の祖母が亡くなった日に無理やり判を押させました(笑)」

 週間平均視聴率が22%を突破。ますます面白くなってきた『ごちそうさん』。今後の見どころを、キムラは次のように語ってくれた。

「め以子は、どんどんきれいになります。杏ちゃんがすごく色っぽくて、もう、うっとり。悠太郎役の東出くんは、あの太い眉毛を上手に動かして、微妙な表現をするのよね。私、彼の芝居に何度も泣かされました。物語は時代も変わりますし、内容はもりだくさん。絶対、飽きさせませんよ!」

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動