FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

被災者を追い立てる震災復興事業の不条理

 図らずも、東日本大震災の被災地で進む復興事業が、津波から生き延びた住民の生活を脅かす存在になっている。

【詳細画像または表】

 高さ十数メートルの大津波に飲み込まれた宮城県女川町。中心市街地から2キロメートルほど離れた山すそから海辺へと広がる傾斜地に、ポツンポツンと住宅が残っている。震災前には約150戸ほどあった集落の住宅のうち9割が津波で流されてしまい、残ったのはわずかに16戸。ところが、市街地全体をかさ上げする土地区画整理事業が、運良くも家屋が残った住民に立ち退きを迫っている。

 住民の間には「家を失った人を呼び戻すためにも事業への協力はやむをえない」(50代女性)という声が少なからずある。その一方で、貯金を取り崩して津波被害を受けた自宅をリフォームしたばかりの住民から「納得できない」という声が上がっている。

 今後、数十年から百数十年に一度の頻度で押し寄せるとされる津波から住宅を守ることを理由に、海岸に防潮堤を築くとともに、集落全体を対象に高さ10メートルもの土を盛ってかさ上げする。その際に、津波の被害がなかった家屋もインフラ整備を理由に解体・撤去を迫られることから、「計画自体がおかしい」と疑問を抱く住民もいる。

■ 津波被害がない住宅も撤去

 「介護が必要な年寄りを抱えてどこへ行けというのか」

 集落内に残った住宅で暮す遠藤和宏さん(76)は割り切れない気持ちを抱く。

 100歳になる母親、76歳の妻とともに3人で生活する遠藤さんは、「不意討ちに遭ったようなものだ」と憤りを隠さない。「町役場には3回も出向いて、リフォームしても大丈夫かと確認した」という遠藤さんは昨年5月、津波で全壊して骨組みだけになった自宅を1200万円以上もかけて修理した。ところがそれからまもなく、土地区画整理事業の計画が持ち上がり、今年6月の住民向け説明会では大規模な盛り土かさ上げ工事が計画されていることが明らかにされた。遠藤さんは、腰も抜かさんばかりに驚いたという。

 同じ地区に住む白幡喜美雄さん(64)も、「土地区画整理事業には反対だ」と言い切る。自宅の目の前で津波が止まったため、白幡さんの自宅にはまったく被害がなかった。にもかかわらず、家屋の解体と立ち退きを求められている。

 白幡さんが「理不尽だ」と感じているのは、自宅のある場所が土地区画整理事業で「公園用地」に区分けされていることにある。「住まいを取り上げておいて、跡地を公園にするとはどういうことなのか」と白幡さんは憤りを隠さない。

女川町復興推進課の伊藤力課長は「山すそで土砂災害警戒区域に指定されている場所なので、新しく家を建てるのは難しい。そうした理由もあって公園用地にした」と説明する。しかし、我が家を終の住処と決めている高齢の住民にとっては、簡単に納得できる話ではないようだ。 住民が心配しているのは、盛り土かさ上げ工事をしている最中の仮住まいの場所が今一つはっきりしないうえ、土地区画整理事業が終わった後に元の場所に戻れる保障がないためだ。

 立ち退きの際の建物の補償額が低ければ、新たに家を建てたり中古物件を購入することも難しい。「生活が困窮することはあってはならないというのが町の考え。民間アパートや公営住宅を含め、仮住まいとなる住宅は全力を挙げて用意する」(前出の伊藤課長)。とはいえ、立ち退きを求められている女性(61)は、「不安で夜も眠れない」と話す。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

元大関琴光喜を逮捕=不法滞在者雇った疑い―経営の焼き肉店で・愛知県警

 不法滞在の外国人を自分が経営する焼き肉店で雇ったとして、愛知県警は4日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、大相撲・元大関琴光喜の田宮啓司容疑者(37)ら2人を逮捕した。店舗など関係先の家宅捜索も行った。
 捜査関係者によると、2人は田宮容疑者が経営する名古屋市西区の焼き肉店で、在留期限を越えて日本に滞在したり、不正に入国したりした中国人とタイ人の男を雇った疑いが持たれている。
 県警は11月中旬、この中国人らを入管難民法違反容疑で逮捕。中国人は昨年8月から、タイ人は同12月から勤めており、県警は就労時の状況を慎重に調べていた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ヤンキース、イチローの最強ライバル獲得 外野手ではメジャー史上最大の契約

 イチロー外野手(40)が所属するヤンキースが、レッドソックスからフリーエージェント(FA)となっているジャコビー・エルズベリー外野手(30)と7年1億5300万ドル(約156億6千万円)で合意した、と複数の米メディアが3日(日本時間4日)、伝えた。

 スポーツ専門サイト、ヤフースポーツによると、オプションの8年目を含めると総額1億6900万ドル(約173億円)となり、マニー・ラミレス(当時レッドソックス)とマット・ケンプ(ドジャース)の8年1億6千万ドル(約163億8千万円)を上回って、外野手ではメジャー史上最大の契約となる。

 05年ドラフトでレッドソックスから1巡目(全体23位)で指名されたエルズベリーは07年にメジャーデビュー。走、攻、守を兼ね備え、08、09、13年に盗塁王。11年には打率・321、32本塁打、105打点を記録し、大ブレークした。今季は134試合に出場し、打率・298、出塁率・355、9本塁打、53打点、52盗塁だった。

 エルズベリーの獲得でヤンキースの中堅&ベテラン外野手は、イチロー、ソリアーノ、ガードナー、ウェルズと合わせて5人に。ニューヨーク・デイリーニューズの担当記者は自身のツイッターで「中堅・エルズベリー、左翼・ガードナー、右翼・ソリアーノ」と予想した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ドイツ証券を処分勧告へ 監視委、厚年基金幹部に高額接待

 厚生年金基金の資産運用をめぐり、顧客である3つの厚年基金幹部に高額接待を繰り返していたとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法に基づき、ドイツ証券(東京都千代田区)に行政処分を科すよう、金融庁へ勧告する方針を固めたことが4日、関係者への取材で分かった。厚年基金の役職員は厚生年金保険法で「みなし公務員」と規定されている。警視庁も同様の情報を把握しており、贈収賄容疑での立件を視野に捜査を進めている。

 関係者によると、同社は平成22~24年、東京都内の厚年基金役員ら3基金の運用担当幹部に対し、1基金あたり数百万円分の飲食や旅行などの接待を繰り返していた疑いが持たれている。基金の運用先の選定で便宜を受ける目的があったとみられ、各基金は接待の見返りとして、ドイツ証券が販売する計数十億円分の金融商品に投資していたという。

 金商法に関する内閣府令では、業者が顧客に対し「特別利益の提供」を図ることを禁じている。同社は複数の厚年基金幹部を接待していたが、監視委はこのうち3基金への接待が高額に上るため、同法の「特別な利益」にあたると判断した。ドイツ証券は取材に「監視委による調査中のため、コメントできない」と話している。

 厚年基金をめぐっては、昨年11月に福岡県、今年6月には北海道のそれぞれの基金理事長が、運用関係先から金銭を受け取った収賄容疑で逮捕されるなど、両者の癒着が明らかになっている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

警視庁、歌舞伎町などで売春目的の女24人一斉検挙

 東京・新宿の歌舞伎町などの路上で売春目的で立っている女らについて、警視庁は一斉取り締まりを行い24人を逮捕しました。

 歌舞伎町の路上にたたずむ1人の女。女のもとに男性が近寄ります。2人はそのまま歩き、ホテルの前で立ち止まったところで、捜査員が一斉に取り囲みます。警視庁によりますと、女は30歳の無職で歌舞伎町の路上で、売春する目的で客待ちをしたとして現行犯逮捕されました。女は、「ホストクラブに行く金が欲しかった」と供述しているということです。

 警視庁は先月、売春目的で路上に立つ女らの一斉取締りを行い、18歳から60歳までの24人の女を売春防止法違反の疑いで逮捕しました。

 女らは、平均して1万5000円で売春をしていて、このうちの1人は、取り調べに対し、「歩いている男性を見ると顔が福沢諭吉に見えた」と供述しているということです。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動