FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

クリスマス☆イルミネーション、各地で開始 地方の演出力がスゴい

 冬の夜を彩るクリスマスイルミネーションが各地で始まっている。電飾のきらめく都会のデートスポットのイメージだが、近年は冬場の観光誘客に活用する自治体が増え、専門家は「地方の演出力が高くなっている」と指摘している。(寺田理恵)

【フォト】浦安ではXマスツリーの飾り付け大会も

 ◆通年型観光へ

 「為替レートが回復したおかげで中国や台湾からの観光客が増えてきた。まだ日帰り客が多いが、冬の閑散期に夜の景観を整備することで宿泊客の増加につなげたい」と話すのは、北九州市門司港(もじこう)レトロ課の担当者。

 明治から昭和初期にかけ、大陸貿易や石炭輸出で栄えた同市門司区の「門司港レトロ地区」は港町としては衰退したが、明治・大正期に軒を連ねた商社や銀行の建物を生かし、観光地としてよみがえりつつある。

 今年は、まちづくり団体と共催で新たに「大正浪漫」をイメージしたイルミネーションを始める。23日から来年2月23日まで、レトロ調の7色のキャップを付けたLED(発光ダイオード)電球で街路樹を飾り、ロマンチックに演出。名称を漢字表記にこだわった「門司港レトロ浪漫灯彩」とするなどアジアからの観光客を意識した。

 神奈川県藤沢市の江の島はイルミネーションに力を入れた結果、関東地方有数の人気スポットに成長した。「12月から定期観光バスの運行が始まる。急いで島内に大型バスの駐車場を整備しなければならない」(同市観光課)と勢いづく。

 湘南といえば夏の観光地だったが、10年前に展望灯台が建て替えられたのを契機に同市は通年型観光へと転換を図った。「海水浴客数は気候による影響が大きく、年間100万人程度の違いも出る」(同)のが、その理由だ。

 かつてクリスマスを中心に実施していたイルミネーションをバレンタインデーまで拡大。同課によると、同市を訪れる年間観光客は10年前の約850万人から現在の約1500万人超に増加した。江の島を訪れる人の数は夏と冬で変わらなくなったという。

 今年も同市や江ノ島電鉄などで構成する実行委員会主催で30日から来年2月16日まで光の祭典「湘南の宝石」が開催され、展望灯台をライトアップするなど島の頂上を中心に幻想的な光の大空間が出現する。

 ◆3Dによる演出も

 民間施設もイルミネーションを集客に生かす。富士山を望む遊園地「富士急ハイランド」(山梨県富士吉田市)では今夏、入り口に入場無料のテーマパーク「リサとガスパールタウン」を開園。イルミネーションを通年で実施している。9日からクリスマス仕様になり、同県で初めて「3Dプロジェクションマッピング」(建物や空間などに映像をぴたりと重ねて投射する技術)による演出を取り入れた。

 富士急行の担当者は「周辺は昼間の観光施設が多く、イルミネーションは富士山観光に来た方が夜に立ち寄る人気スポットとなっている。世界遺産登録を契機に外国人の観光客が増えており、認知度を上げたい」と意気込んでいる。

 ■日本人は明かり好き 夜景に経済効果期待

 「日本人は昔から月をめでるなど明かりが好き」とみるのは、夜景プロデューサーの丸々もとおさん。「東日本大震災後に節電で明かりが減ったが、灯火は希望や平和の象徴であると気づいて再点灯していった」と指摘する。

 夜景は宿泊を伴う観光客の増加による経済効果が期待できるため、近年はイルミネーションに力を入れる地方自治体が増えているという。「夜の観光資源が他にもある都会より、地方で演出力や技術が進化している。有料で見せる日本独自のシステムが成功した施設もある」と話している。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

D・レッシング氏死去=英ノーベル文学賞作家

 ドリス・レッシング氏(英ノーベル文学賞作家)英BBC放送(電子版)によると、17日、ロンドンの自宅で死去。94歳。
 19年ペルシャ(現イラン)生まれ。南ローデシア(現ジンバブエ)で育ち、49年に英国に移住した。アフリカの植民地支配を描いた「草は歌っている」(50年)でデビュー。62年の「黄金のノート」で脚光を浴びた。07年「懐疑と情熱、先見性を持って分断された文明社会を叙述した」としてノーベル文学賞を歴代最高齢で受賞。フェミニズム運動にも影響を与えた。 

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

乃木坂46柏幸奈&宮澤成良、イベントでファンに卒業の挨拶

本日11月17日、都内にて乃木坂46が6thシングル「ガールズルール」購入者特典スペシャルイベントを開催。このイベントをもってグループを卒業する柏幸奈と宮澤成良が、ファンに向けて最後の挨拶をした。

これまでも似顔絵会、録音会など個性的なイベントを開催してきた乃木坂46。今回も2期生お見立て会、お茶&トランプ会、私物サイン会といった乃木坂46ならではのイベントが盛りだくさんの1日となった。

各回の冒頭に登場し、集まったファンに向けて最後の挨拶をした2人。宮澤は「また1からがんばって、モデルをはじめ幅広く活動できるようになりたいと思うので、これからも温かく見守っていただけたらうれしいです」、柏は「学生としてがんばらなきゃいけないことがあるのでそれをまず優先し、あとは学生のうちにしかできないことを一生懸命がんばっていこうと思っています」とそれぞれ今後の抱負を語った。

その後メンバーはさまざまなイベントに参加。2期生お見立て会では2期生13人が、参加したファン1人ひとりに初めてサインをしていった。彼女たちは初めてサインをすることもあり緊張した表情を見せたが、最後は笑顔でイベントを終えた。またイベント冒頭では、11月1日に14歳の誕生日を迎えた渡辺みり愛をファンがお祝いするというサプライズもあり、渡辺がうれし涙を流す一幕もあった。

そしてお茶&トランプ会では、1期生メンバー1人がファン5人とお茶を飲みながら神経衰弱で勝負。各グループで1位になったファンには、メンバーとのハイタッチというボーナスが与えられた。さらに私物サイン会ではファンが持参した私物に1期生メンバーがサインをしていき、独特の空気の中スペシャルイベントは幕を閉じた。

柏幸奈 挨拶全文

今日11月17日をもって卒業させていただきます、柏幸奈です。この2年間を振り返ってみると、本当に皆さんの温かさに助けられてここまでがんばってくることができました。握手会のときに「学業がんばってね」とか励ましてくださる皆さんのおかげで、本当に楽しく活動することができました。つらいこととかもあったんですけど、大好きなメンバーやスタッフさん、ファンの皆さんのおかげでがんばることができたので、本当に周りの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。これからは、学生としてがんばらなきゃいけないことがあるのでそれをまず優先し、あとは学生のうちにしかできないことを一生懸命がんばっていこうと思っています。皆さんに柏幸奈を応援していてよかったと思ってもらえるように、これからも自分なりに一生懸命がんばっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。皆さんこれからも乃木坂46のことを応援してくださるとうれしいです。ありがとうございました。

宮澤成良 挨拶全文

私は今日で乃木坂46を卒業します。卒業してまた1からがんばって、モデルをはじめ幅広く活動できるようになりたいと思うので、これからも温かく見守っていただけたらうれしいです。乃木坂で活動していく中で楽しいことばかりではなかったけれど、あのメンバーだったからこそ乗り越えられてきたと思います。そしてファンの方には感謝の気持ちでいっぱいです。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ロシアで旅客機が墜落、炎上 乗客乗員50人全員が死亡

 ロシア、タタールスタン共和国の首都カザニの空港で17日夕、モスクワ発のタタールスタン航空のボーイング737型旅客機が着陸に失敗。イタル・タス通信によると、乗客乗員50人全員が死亡した。ロシア緊急事態省の関係者によると、なんらかの原因で着陸をやり直そうとして、2回目の滑走路への進入時に墜落、炎上したという。タタールスタン航空が発表した乗客乗員名簿には、日本人らしい名前は見あたらない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

大島優子、小6後藤さんにゾッコン「一目ボレ」…AKBドラフト指名あいさつ

 AKB48グループのキャプテンらが16・17日の2日間にわたって、10日に行われた『ドラフト会議』で交渉権を獲得した1位指名らの自宅へ指名あいさつに訪れた。

【写真】優子ら人気メンバーの訪問にドラ1もガチガチ

 自宅に人気メンバーを迎え、候補生たちは緊張を隠しきれなかったが、チームKキャプテンの大島優子は“ドラ1”の小6・後藤萌咲さんに「一目ボレだった」と殺し文句。グループ総監督の高橋みなみも、不安を感じて涙ぐむチームAのドラ1・西山怜那さんに「早くみんなと一緒のステージに立てることを願っています」と優しくエールを送った。

 候補者たちは今後、12月31日までをメドにチーム加入に向けて、具体的な交渉に入る。

■AKB48チームA 1位:西山怜那さん(青森・中1)
 訪問メンバー:総監督・高橋みなみ、キャプテン・横山由依
 指名理由は「資料やパフォーマンス時の表情や受け答え(なまりもかわいい)も良かったこと」。不安を感じて涙ぐむ西山さんは、高橋から「自分を強く持って頑張ってほしい。早くみんなと一緒のステージ立てることを願っています」とエールを送られると、持ち前の愛らしい笑顔でうなずいた。

■AKB48チームK 1位:後藤萌咲さん(愛知・小6)
 訪問メンバー:キャプテン・大島優子
 大島は「紙資料をもらった時点で一目惚れだった。今のAKBにはない元気やパワーを持っていて、それをチームに対していい効果を生んでほしいと思った」とゾッコン。「チームKにとって希望の存在として見ている。同い年の(2位指名)下口ひななちゃんと“なまいきっず”として一緒に自由にやってほしい」と気持ちを伝えると、後藤さんは小6ながらも「チームKの個性を崩さないように頑張りたい」としっかりコメントした。

■AKB48チームB 1位:横島亜衿さん(愛知・中2)
 訪問メンバー:キャプテン・梅田彩佳
 緊張して自分を出せていない様子の横島さんに対して梅田は「今までのチームBにいないキャラ。大人に気を使わないグイグイいくタイプのキャラを生かしてかき乱してほしい」と熱望。「公演でいいポジションをもらえたときは、その代わりにそのポジションに立てないメンバーのことを思いやってほしい。逆に後列端のポジションになっても、腐らずに頑張って。どんな位置でも見てくれている人はいるから」と心構えを伝えた。

■AKB48チームB 2位:川本紗矢さん(北海道・中3)
 訪問メンバー:柏木由紀、島崎遥香
 北海道の広大な大地と大自然のパノラマに圧倒される柏木と、牧場の牛を見て興奮する島崎。指名した理由について「席にいた5人の意思が一致して指名しました。小嶋(陽菜)さんがかわいいと絶賛していました」と川本さんに伝えた。大ファンの島崎を前に、終始緊張しっぱなしの川本さん。「『天使のしっぽ』を劇場で披露するのが夢」と語ると、島崎は「一緒にやろう!」と“神対応”をみせた。

■SKE48チームS 1位:松本慈子さん(大阪・中2)
 訪問メンバー:リーダー・中西優香
 中西は終始緊張気味の松本さんに「チームSにはダンスがうまい子はたくさんいる。他の要素として、何にも染まっていない若くて自然味あふれている純粋な慈子さんを選んだ」と指名理由を伝えた。「ダンス経験がないので、覚えられるか不安」と本音を漏らす松本さんに「努力すれば大丈夫。腹筋、背筋の筋トレを行ったほうがいい」とアドバイスした。

■SKE48チームE 1位:小石公美子さん(兵庫・高3)
 訪問メンバー:リーダー・松井玲奈
 同期や後輩メンバーの自宅に行ったことがないという松井は、インターホンをどう押すのかわからないほどド緊張。対する小石さんは「玲奈さんに後悔させたくないので、一生懸命頑張ります」と力強く伝えた。松井は「小石ちゃんのようなハツラツとした子がポンと入ってくると雰囲気も変わると思う。方言などは無理に直さないほうがいいかもしれない」と個性を生かせるようなアドバイスをした。

■NMB48チームN 1位:須藤凜々花さん(東京・高2)
 訪問メンバー:キャプテン・山本彩
 山本は指名理由について「凛とした姿が印象的で、チームNにはいないタイプ。席にいた5人の意見が一致して、中でもみるきー(渡辺美優紀)が強く推していた」と伝えた。1巡目最多3チーム競合の末、自ら交渉権を引き当てた山本は、当たりクジにチームNメンバー全員のサインを入れてプレゼントした。

■NMB48チームBII 1位:磯佳奈江さん(茨城・大2)
 訪問メンバー:キャプテン・上枝恵美加
 AKBグループ最年少チームで、自身より1つ上の磯さんを指名した上枝は「若い子が多いチームだから、お姉さんとしてまとめていってほしい」と遠慮はいらないことを伝え、「チームBIIは去年の10月10日にできたばかりでまだまだ認知度も低い、これからのチームなので一緒に引っ張っていってほしい」とアピールした。

■HKT48チームH 1位:山本茉央さん(福岡・高2)
 訪問メンバー:劇場支配人・指原莉乃、キャプテン・穴井千尋
 穴井は「HKTは若いというイメージが強いけど、個性も出せるグループ」、指原は「仲の良いチームだから、得意の変顔などもどんどんアピールしていってほしい」と伝えた。不得意なダンスも含め、ついていけるかが不安という山本さんに「ダンスの先生や先輩たちがしっかり指導するし、最近入った3期生もいるので同期のように一緒に頑張ってほしい」とサポートを約束。「楽曲を聴いて体にリズムを覚えさせることを習慣づけたほうがいい」とアドバイスした。

※SKE48チームKII 1位・神門沙樹さん、NMB48チームM 1位・武井紗良さんの指名あいさつは18日に行われる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動