FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

中国「二人っ子政策」で粉ミルク争奪が激化

「一人っ子政策」を緩和

中国国営新華社は15日、中国指導部は人口抑制のため1979年に導入した「一人っ子政策」を34年ぶりに緩和することで合意したと報じた。夫婦いずれか片方が一人っ子の場合、その夫婦は2人目の子供を持つことができるようになる。

食料危機を回避するという所期の目的は達成したが、祖父母世代4人、親世代2人、子供世代1人という「4・2・1」の少子高齢化が急激に進行。経済成長の重要なファクターとなる労働力人口の減少が現実問題になっていた。

このため、一人っ子政策は2002年以降、地域によって緩和が始まり、夫婦の双方が一人っ子の場合、第2子をもうけることが認められるようになった。そして、事実上の「二人っ子政策」ともいえる今回の「一人っ子政策」緩和は、強制中絶の中止を求めてきた国際人権団体にとっては朗報だ。

しかし、世界にとって本当に歓迎すべきニュースなのかは疑わしい。

英国では粉ミルク販売規制

先日のエントリー「母乳で育てれば3万円の商品券という英国の試み」に対し、BLOGOSで記事を読んだMain Endoさんがこんな意見を下さった。


粉ミルクと言えば、最近イギリスで、中国人による粉ミルクの買い占めが度を過ぎて、一人が一度に買える数を制限する店が出て来て話題沸騰しましたね。中国では海外製の粉ミルクが人気なので、大量買いして本国に送る人が多発したらしい。

私も日本帰国となると、中国人の知人がしきりに「粉ミルクお土産にイイから買ってけ」と薦めて来ます(笑)。しかも中国ではお年寄りが滋養強壮剤として飲むらしい。

英メディアの報道をチェックすると、世界各地で中国人による粉ミルクの買い占めが発生し、「1人つき1日2缶まで」などという割り当て販売が目立ち始めているという。

「三鹿集団」粉ミルク事件

2008年に中国で「三鹿集団」が販売した粉ミルクに有機化合物メラミンが混入され、腎不全で乳児6人が死亡、推定30万人が腎臓結石を発症するという毒粉ミルク事件が起きた。

この事件をきっかけに海外で安全な粉ミルクを買い求める中国人消費者、観光客が増えた。しかし、粉ミルク買い占めは、今回の「二人っ子政策」を先取りした動きではなかったかと思えてくる。

消費市場調査会社ユーロモニターによると、中国の粉ミルク市場は今後4年間で倍の250億ドル(約2兆5千億円)に拡大。オランダ系金融機関ラボバンクによると、中国は今年4~6月だけで、過去1年間を合わせたより27%多い粉ミルクを購入している。

ウクライナ農地に手を伸ばす中国

ウクライナは今年、全農地の5%に当たる300万ヘクタールを50年契約で中国に提供した。この農地で生産された乳製品は優先的に中国に輸出されるという。

ドイツも今年1~5月、中国への乳製品輸出が昨年同期に比べ138%も増加した。英国では昨年から粉ミルクの販売規制が導入された。今年に入ってからはほとんどのスーパーマーケットで「消費者1人つき1日2缶まで」と粉ミルク販売が制限され、大騒ぎになっている。

英BBC放送によると、粉ミルク不足は欧州より早くアジアで始まり、香港では1人につき1日2缶までという規制を破った場合、最大禁錮2年と6万4500ドル(約645万円)の罰金が科せられるという。

明治は中国から撤退

日本の食品大手、明治は先月、中国での粉ミルク販売から撤退すると表明。2010年に日本で口蹄疫が流行、明治はオーストラリアから高い原料ミルクを輸入しなければならず、中国当局からは価格抑制を求められ、採算が取れなくなったと報じられている。

明治は中国では毒粉ミルク事件以降、代表的な海外ブランドとして人気があったが、競争激化でタオルを投げ込んだ格好だ。

ユニセフによると、母乳のみの授乳率(6カ月未満の乳児)は中国では28%。世界平均の40%を大きく下回る。このため、中国は20年までに50%まで引き上げることを目標に掲げている。

スーパーから粉ミルクが消える?

世界中から粉ミルクが買い占められる背景には、中国での毒粉ミルク事件、母乳授乳率の低さが指摘できる。事実上「二人っ子政策」が導入され、母乳授乳率が上がらなければ、世界中のスーパーから粉ミルクが消える恐れがある。

中国国家統計局などによると、2012年末の労働人口(15~59歳)は前年末比345万人減と初めてマイナスに転じた。労働人口の減少は予想より3年ぐらい早く訪れた。

中国の出生率は11年、20~29歳の女性で推定1.04。10年は全体でわずか0.88だった。人口の自然増と自然減の境目は出生率2.00超といわれており、「一人っ子政策」の転換は不可避になっていた。

しかし、事実上の「二人っ子政策」への転換がもたらす衝撃は計り知れない。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

100円ショップ「セリア」、強さの秘密


消費増税を前に注目を集める企業がある。100円ショップ業界2位のセリア <2782> だ。1987年の設立以来、25期連続で増収を確保。今2014年3月期は売上高1070億円、当期純利益は54億円と過去最高を更新する。 セリアの店内は平日、休日を問わずにぎわう。コンセプトの「カラー・ザ・デイズ(日常を彩る)」が表すように、店内はパステル調に統一され、100円均一とは思えないカラフルな“おしゃれ雑貨”が、余裕を持って陳列されている。

 かつて「デフレの旗手」ともてはやされた100円ショップは、円高と中国の“世界の工場化”を背景に台頭した。が、いずれも外部環境は転機を迎えている、さらにスーパーなど他の小売業態が対抗値下げで集客力を高める中、単純に何でも100円という価格設定は競争力を失っている。

業界首位で「ダイソー」を展開する大創産業は、成長の鈍化に直面した結果、海外市場に活路を求めている。食品の品ぞろえを武器に主婦層を狙う3位のキャンドゥ <2698> は、2013年11月期の業績計画を下方修正し、減益となる見通しだ。消耗雑貨に強い4位のワッツ <2735> も売上高の伸びが鈍り、2014年8月期の利益はほぼ横ばいにとどまる。■ POSシステムをいち早く導入

 厳しい市場環境の中、セリアはなぜ強いのか。その源泉は、2004年に業界他社へ先駆けて導入したリアルタイムPOS(販売時点情報管理)システムにある。

 100円ショップ業界は当時、100円で売れる商品を次々と仕入れて店頭に並べ、顧客を楽しませ、驚かせることが、成長につながると考えていた。だがセリアは、商品点数が急速に増える中、何がどれだけ売れ、何が在庫として残っているか、把握できなくなっている事態に不安を感じた。

【詳細画像または表】
.

 そこで「自律型仮説検証モデル」と呼ぶ、発注支援システムを作り上げた。これは、商品ごとのSPI(Seria Purchase Index)値をベースにして、理想的な商品構成を導き出すものだ。SPI値は、小売業で使われるPI値を、セリアが独自にアレンジした指標。PI値とは、商品が顧客1000人当たりいくつ売れたかを表す。

 セリアは、店舗・商品別と全店ベースのSPI値をリアルタイムに算出し、比較する。

 ある商品が特定の店舗で売れていなければ、売り方を工夫することによって、売れる可能性があると判断する。そして、店舗ごとに理想の商品構成をはじき出し、発注業務を指示するのだ。そうした努力をしても売れない場合は、SPI値自体が低下していく。

 セリアの営業利益率は8%を超え、日用品小売企業の中では群を抜く。それは「在庫管理を効率化すると同時に、合理的に失敗する」(河合映治常務)という精緻な経営の表れだ。

■ 仮説と検証を繰り返す

 一般的な小売業は売れなければ価格を下げて処分するため、商品の売れ行きは需要と価格の関係性で決まる。ただセリアは価格を100円に固定。需要動向の分析を徹底して蓄積し、仮説と検証を繰り返すことで、絶え間なく新たな提案をし続け、売上高を伸ばしながらも失敗を最小限に抑える緻密な経営を実現している。

 商品アイテム数は約1万9000、売れ筋商品は消耗雑貨などで、他の100円ショップと大きくは変わらない。しかし、セリアは漫然と商品を並べ続けることはしない。全国約180社の協業メーカーとの共同開発品の売上比率を9割に高める中で、毎月500~600点を入れ替えることで、集客力を引き上げる。

 たとえば、滑って遊ぶためのそり。一見、冬にしか売れないと思われるが、データを検証して春の方が、草原などで使われるケースが多いと分かれば、店頭から決して在庫を切らさない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

鈴木おさむ氏 西野との和解「すっきりした」

 確執が続いていたキングコング西野亮廣と14日夜に放送されたテレビ朝日系「アメトーーク!」で和解した放送作家の鈴木おさむ氏が15日、自身のブログで「すっきりしました」などと心境を明かした。一方の西野はツイッターで、和解の機会を作ってくれた番組プロデューサーをはじめ、鈴木氏、視聴者らに「ありがとうございました」と感謝した。

【写真】みひろ 罰ゲームで全身タイツ「バカ殿とたわむれたい」

 西野と鈴木氏の確執騒動は、鈴木氏の著書「芸人交換日記~イエローハーツの物語~」について、西野が今年2月にツイッターで「ちっとも面白くない」などと批判したことがきっかけだった。その後、鈴木氏の妻で森三中の大島美幸が、イベントなどで「許せない」と怒りをあらわにする騒動になっていた。

 14日に放送された「アメトーーク!」は『好感度低い芸人』で、鈴木氏がサプライズで登場。鈴木氏の登場に「これはアカンわ…」と大焦りの西野が土下座して「お酒の席でつぶやいてしまって…。本当にすいませんです」と謝罪し、鈴木氏と和解の握手をした。

 鈴木氏は15日に更新したブログで「昨日のアメトーーク!すっきりしました。今年のことは今年のうちに!」とわだかまりが消えたことを記し、「いろいろお騒がせしましたが。アメトーークさん、ああいう機会を与えていただきありがとうございました!!」と感謝した。

 また、「西野くん、素敵な芸人さんになってください。これからもよろしくです。」と“元ケンカ相手”にエールも送っている。

 14日の放送には、『好感度低い芸人』代表として、品川祐、陣内智則、ピース・綾部祐二、ジャルジャル・福徳秀介らが出演。西野は出演者の中でも最も好感度の低い“キングオブ好感度低い芸人”にも選ばれた。

 番組放送後の15日未明に更新したツイッターで、西野は「あのあと『好感度低い芸人』達が朝まで呑みに行って、傷をベロベロなめあったコトは言うまでもない」と裏話を披露していた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

米フォーブス・メディア、身売り検討-創刊96年の経済誌出版


 11月15日(ブルームバーグ):非公開会社である米出版社のフォーブス・メディアは買収対象として関心が寄せられたことを受け、身売りを模索している。
.

フォーブスの従業員に送付された文書によると、同社の身売り模索にはドイツ銀行が協力している。フォーブス・メディアは創刊96年の経済誌「フォーブス」および「Forbes.com」を発行している。同社は少なくとも4億ドル(約400億円)を求めていると、事情に詳しい関係者は匿名で語った。
.

原題:Forbes Media Is Exploring Sale of 96-Year-Old MagazinePublisher(抜粋)
.

記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Alex Sherman ;ニューヨーク Jeffrey McCracken ;ニューヨーク Edmund Lee ,asherman6@bloomberg.net,jmccracken3@bloomberg.net,elee310@bloomberg.net
.

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Nick Turner ;Jeffrey McCracken ,nturner7@bloomberg.net,jmccracken3@bloomberg.net

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ミサワホームで施工ミス=5県1600棟に可能性

 ミサワホームは15日、岡山、鳥取、広島、島根、山口の5県で建てた木造住宅の中に、補強材の石こうボードを屋根裏に取り付けなかった施工ミスがあったことを明らかにした。施工ミスの可能性がある住宅は5県で約1600棟。5県以外にも施工ミスがないか調べている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。