FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

メンズエッグ休刊 「渋谷発・ギャル男」終焉の理由〈週刊朝日〉

「ギャル男(お)」という若者文化が危機にひんしている。ギャルのような服を着た男性を、こう呼んできた。

「日焼けサロンで黒く焦がした肌に、長く伸ばしたメッシュ入りの金髪。そして派手なアクセサリーで飾り立てた若者男子の総称ですよね」(スタイリスト)

 その文化を牽引(けんいん)してきた男性ファッション誌「メンズエッグ」(大洋図書)が、10月12日発売の11月号を最後に無期限の休刊となった。

「14年の歴史に幕を下ろす事実上の廃刊です。原因は出版不況だけではなく、ギャル男ブームが終わったのが大きい」(出版関係者)

 芸能界に多くの人材を送り出してきたギャル男の世界。11月2日発売の『渋谷(ヒロム)と呼ばれた男~ギャル男の終焉~』(鉄人社)の著者で、元「メンズエッグ」カリスマモデルの植竹拓(ヒロム)さんは、こう振り返る。

「1990年代後半に火がつき、最盛期は2005、06年ごろでした。今の若者は『ギャル男』という言葉自体、ほとんど使いません。とはいえ、ギャル男にあたる若者が消えた訳ではない。男性のファッションが多様化、細分化したことで、『ギャル男』という言葉ではひとくくりにできなくなったのが現実だと思います」

 渋谷という街の求心力が低下したこともブームが衰退した原因ではないかと、植竹さんは分析する。

「ブログやSNSなどが普及するにつれ、若者は街に出かけなくても自己主張できるようになった。渋谷という街に出なくても、仲間がつくれるようになった」

 渋谷区内で飲食店を営む男性は、別の角度から「渋谷」を語る。

「渋谷では、地元商店主が中心となったSCGPという自警団が組織され、05年ごろから路上でたむろする若者を排除するようになりました。街が清潔になった一方、居場所を求める若者は追いやられてしまった」

 そんな若者が、ネットの世界に足場を移したのか。最後に、植竹さんはこう総括する。

「ギャル男は男性による渋谷発信の若者文化としては、過去最大規模だったと思います。『なんでもあり』という折衷主義的なファッションスタイルは、日本のオリジナルです。元祖ギャル男代表として、その精神は継承していきたい」

 時代の鏡として浮上し、消えたギャル男。そのハートよ、永遠なれ。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

上原、オバマ大統領の称賛に興奮!「だ、だ、大統領から…」

 米オバマ大統領が現地時間4日、MLBレッドソックスのファレル監督に電話し、ワールドシリーズ制覇を祝福するとともに上原浩治投手を称賛したことを明らかにした件で、上原投手がツイッターで反応した。

 フォロワーからこのニュースを伝え知った上原投手は5日、「だ、だ、大統領から… ((o(*▽*)o)))」と驚きのつぶやきをして興奮した。

 オバマ大統領は「信じられない投球を見せた」などと上原について語ったという。来春予定されているホワイトハウスへの表敬訪問で上原投手らは大統領と顔を合わせることになる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

高島屋6店で食材偽装表示 最長9年半、18万点販売

 大手百貨店の高島屋は5日、店内のレストランや総菜店などで、ブラックタイガーを「車エビ」と称するなど表記と違う食材を最長9年半使っていたと発表した。日本橋高島屋(東京都中央区)など6店でレストランや総菜店の表記が違う例が見つかったほか、全国の店舗で売られたおせちにもブラックタイガーを「車エビ」とする例があり、偽装表示の販売数は18万点を超える。偽装表示はホテルにとどまらず、百貨店などにも広がっていた。

【写真】フォションのおせち=ジェイアール名古屋タカシマヤ提供

 6店は、日本橋店、岡山店、横浜店、新宿高島屋レストランズパーク、タカシマヤフードメゾン新横浜店、子会社が運営する商業施設「柏高島屋ステーションモール」(千葉県柏市)。6店内のレストランや総菜売り場の計10カ所で62点のメニューで偽装表示がわかった。偽装表示されたものの売上額の合計は3億円程度にのぼるという。

 日本橋店では、高島屋が直営する総菜店「フォション」で2006年10月~今年10月に売っていた「車海老(えび)のテリーヌ」でブラックタイガーを使っていた。同店に入るレストラン「麦星byグリル満天星」では、04年4月~今年11月1日に提供した「牛テキ丼」などで、ブロック肉を結着材でつなぎあわせていたが、「ヒレ肉」と表示していた。横浜店のレストラン「ニホンの食卓つくみ」では、11年10月~今年10月末に提供された「和牛メンチカツ」が、実際は和牛50%・豚肉50%の合いびきミンチ肉を使っていたという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ワクワク感が消えた日本の家電 シーテックなぜ活気失ったのか

 日本最大のIT・家電見本市「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)」の来場者、参加企業が激減している。10月5日まで開催された今年の来場者数は過去最低を記録。米アップル、韓国サムスン電子など世界的なデジタル・IT企業は参加せず、会場で話題を集めたのは家電メーカーではなく、自動車メーカーという体たらく。米国で開かれる同様の見本市には世界中の最先端企業が集まり、熱気であふれかえるだけに、シーテックの惨状はニッポン家電の象徴でもある。

[シーテック] 会場を盛り上げるコンパニオンの女性

 「行列に並ぶことなくランチを食べることができるなんて…」。10月1日。千葉・幕張のシーテック会場を訪れた関西系電機メーカーの担当者は、開催初日とは思えない人の少なさに驚いた。会期中(10月1日から5日)の来場者数は14万1348人。過去最低の数字となり、ピーク時(平成19年20万5859人)に比べ3割以上も減少した。

 出展企業も587社と19年の895社から減少傾向が続いており、なかでも海外企業は20カ国348社から18カ国163社へと激減している。デジタル家電分野で世界を席巻するサムスン電子、LGエレクトロニクスといった韓国勢をはじめ、中国、台湾の有力企業は不参加。IT・家電見本市といっても家電色が濃いため、米アップルや米グーグルなど米IT大手も参加していない。海外の有名企業の出展が少なければ来場者が少ないのも当然だが、「会場内の展示物にワクワク、ドキドキすることもなく、回を重ねるごとにつまらなくなっている」(業界関係者)という。

 『テレビがもたらす感動の原点』-。こんなキャッチフレーズが大型テレビの画面に浮かび上がり、大音量の音楽をバックに、女性ダンサー2人が華麗なダンスを披露する。「REGZA」ブランドを冠した東芝の4Kテレビのプロモーションだ。今年のシーテックで家電各社が繰り広げたのはテレビなどの「画質競争」。ソニーが有機ELディスプレーを採用した4Kテレビを国内初公開したほか、パナソニックも4Kテレビのほか、法人向けの20インチ4Kタブレットなど「4K」に絞った商品を展示。シャープはフルハイビジョンの規格でありながら、輝度を調整して「4K並み」の画質を保つ技術をPRした。

 ただ、こうした画質競争は、技術が追いつかれては価格の低下を招く、日本の家電メーカーが陥ってきた悪循環の入り口でもある。また、4Kテレビの“展示ラッシュ”は、1月に米ラスベガスで開催された世界最大のIT・家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES)で見られた光景で目新しさはない。

 「シーテックでは去年も4Kが話題だった。今年も4Kかとがっかりする。画質もそれほど上がったようには見えない。参加企業の力不足が、シーテック自体のアピール力不足につながっている」。著書「ネットテレビの衝撃 -20XX年のテレビビジネス」で知られる情報通信総合研究所の志村一隆・主任研究員は、シーテックの現状をこう解説する。

 しかも、今年のシーテックで来場者の話題をさらったのは家電ではなく、自動車。近年、自動車は「テレマティクス」と呼ばれるIT化が進み、シーテックにも自動車大手が相次ぎ参加している。昨年からは会場内に乗用車の試乗エリアが設けられるようになり、まるで「モーターショー」。特に今年は「自動運転技術」が話題を呼び、日産自動車の同技術は海外のジャーナリストがすぐれた技術を選ぶ「米国メディアパネル・イノベーションアワード 2013」のグランプリを、自動車として初めて受賞したほどだ。

 シーテックの不人気はIT・家電業界の現状を表しているわけではない。毎年1月に米ラスベガスで開催されるCESには、世界中の有力企業が参加し、最先端のIT・デジタル家電技術を披露。会期中、CESの会場内はあふれんばかりの来場者で埋め尽くされ、熱気に包まれる。つまり、シーテックの不振は日本特有の問題というわけだ。

 志村氏は「シーテックは新製品発表の場でなく、参加会員企業による惰性になってしまっている」と厳しく指摘する。その上で、シーテックについては「日本発としての場を残しておくことは必要だ。『ニンジャイノベーション』と言って表に現れない動きから革新が起きることもある。CESで小さなブースで出展していたマイクロソフトは今や巨大企業に成長した」と話す。ニッポン家電の不振を象徴する見本市となってしまったシーテック。再び来場者であふれ、活気を取り戻す日は来るのか…。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

吉野家1号店で「つめしろ」「ギョクの黄身だけ」などの注文可

 全国の年間消費量が実に10億食ともいわれる「牛丼」は、いまや日本の国民的ファストフード。ところが、知っているようで知らない秘密がまだまだ残されている。そのなかからチェーン店でも存在する“裏注文”について迫った。

 大衆食文化に詳しいライターの松浦達也氏によれば、メニューに載っていない注文が可能な店が牛丼チェーンにも存在するという。

「吉野家は1899年に東京・日本橋の魚市場にオープンした店舗が築地に移転し、現在も『築地1号店』として営業しています。ここは社員研修の場にもなっていて、店員のレベルも高い。しかも、他の店舗にはない、さまざまな“裏注文”に応じてくれるため吉野家フリークの聖地になっています」

 そこで本誌は吉野家の築地1号店に潜入取材を敢行。ネットで話題になっている裏メニューにどこまで対応してもらえるか試してみた。

 店員に牛丼並盛の「つめしろ(冷ましたご飯)」、「ネギだくだくだく(玉ねぎの増量)」、「ギョクの黄身だけ」、「味噌汁お湯割り(薄味の味噌汁)」と告げると、怪訝な顔をされることもなく、すんなりオーダーが通った。

 調理場に目をやると、ご飯を平皿に乗せ放置し、穴のあいた専用の計量カップで玉子の黄身だけを取り出している。7分ほど経過したところで、ご飯に肉が盛られた。その上に「だくだくだく」の玉ねぎが乗せられる。登場した牛丼は、肉が見えないほど大量の玉ねぎが乗せられ、まるで「玉ねぎ丼」のようだ。もちろん肉の量も値段もそのままだ。

 店員によれば、このほかにも「トロだく(脂身増量)」、「つゆ抜き」、などのオーダーが時々あるという。

「混雑時はお断わりすることもありますが、なるべくお客様のご要望にはお答えしたいと思います」(店員)

 吉野家以外の2社も「つゆだく」「つゆ抜き」程度のアレンジは規定の範囲で対応している。また、すき家ではメニューに載っていない「牛丼キング」(肉が並盛の6倍、ご飯は2.5倍)がほとんどの店舗で注文可能だ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動