FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

痛い女化した美人作家・綿矢りさに、「島田雅彦に手を出された」という仰天のうわさ

 高校在学中に刊行された処女作『インストール』(河出書房新社)が話題になった、女流作家・綿矢りさ。翌々年の19歳の時に出版した『蹴りたい背中』(同)は芥川賞を受賞し、綿矢のルックスのよさも注目を浴びた。一時期はメディアの寵児となり、テレビ出演も頻繁に行うほど、人気を集めていた。しかし、ここ数年表舞台から遠ざかっていた期間に、知られざる“交際相手”の影が存在していたという。

 受賞後初作品となる『夢を与える』(同)まで3年、またその次作となる『勝手にふるえてろ』(文藝春秋)も3年以上のブランクがあった綿矢。その間の生活について、綿矢はあるインタビューで「毎日小説を書いてるけど、方々の出版社から『これはちょっと……』って全部ボツ出されてた」と語り、また販売の仕事をしていたことや失恋したことも明かしていた。そして出版関係者の間では、この“失恋相手”について、こんな情報がささやかれていたという。

「当時の交際相手とは、デビュー時から綿矢を評価していた島田雅彦。2人は20歳以上年が離れていますが、島田はイケメン作家として有名ですから、綿矢が惹かれるのも頷けます。交際期間中、綿矢は特に筆が進まなかったという話です。『島田雅彦に手を出されてしまったせいで……』という見方をする関係者もいます」(大手出版関係者)

 芸能界でも、男性との交際が原因となりスランプに陥る女性タレントは多く存在する。が、芸能人とは違い綿矢と島田の交際に決して公になることはなかった。

「どこにも報道されずに、綿矢と島田は破局。それを契機として、本格的に執筆活動を再開できたようです」(同)

 現在は京都で生活を送っている綿矢だが、帰郷の原因に“失恋”が含まれていることを公言している。

「現在では、年1~2冊のペースで新刊を出していますが、今度は作品に『痛い女ばかりが登場するようになった』と業界内で評判に。これも島田との破局が原因なのではと、かつての担当者の間でウワサになっているんです」(同)

 自ら公言した“失恋”ではあったものの、その影響は自身や作品にも及ぶほどに大きかったようだ。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

塚地、デビット伊東…お笑い芸人が役者をやる理由

 人気ドラマで注目されているのが、脇を固める演技が光った俳優陣。中でもお笑いの世界から俳優へと仕事の幅を広げる人々が活躍している。そこで、聞いてみました「僕が役者をやってる理由」。

「ドラマや映画は好きで見ていましたけど、自分が役者をやる気持ちは一切なかったです」

 こう語るのは、ドランクドラゴンの塚地武雅(41)。’07年、放浪の画家・山下清をモデルにした、故・芦屋雁之助さんの代表作ともいえるドラマ『裸の大将』(フジテレビ系)で、主人公の清役に大抜擢された。最初に聴いたとき、ドッキリだ、と思ったという。

「ものすごい名作だし、僕が主演なんてありえないと!坊主頭にして、裸になって、山下清さんの言葉遣いまで練習して……と、ここまでドッキリのシナリオがあるのかと、真剣に思ってたんです。そしたら『え?ほんまやったんや~』って。驚きました」

 いまや俳優としても「実力派」と見なされるようになった塚地だが「僕はたまたま時間があるから、ドラマに呼んでもらってるだけですって。それに、ちょうど僕みたいな見た目のポジションが空いてたんですよ。役者の人がブサイクを演じたら、ちょっと痛いけど、お笑い芸人やったら笑えるでしょう?呼んでいただけるなら、なんだってやりますよ!」と言う。

『半沢直樹』で、東京中央銀行大阪西支店時代の半沢の部下・角田役を演じたモロ師岡(54)。ライブなどでは、一人コントを中心に活動している。俳優としても’96年、北野武監督の映画『キッズ・リターン』に中年ボクサー役で出演。翌年の「東京スポーツ映画大賞」助演男優賞を受賞している。

「撮影現場に行くと、『今日の分です』と助監督から手描きのメモを渡されるんですが、そこにセリフがびっしり書いてあって。だから、その前後の物語がどうなっているのか、僕にはまったくわからなくて(笑)」

 彼にとって、お笑いと芝居にはどんな違いがあるのか、聞いてみると……。

「コントは、自分を素のままでさらけ出す作業。役者は、何か積み重ねていくもの。両極端な気がします。1シーンしか出ていなくても、『この人が出ていると、作品に深みが出るね』と言われるように、いつまでも光っていたいですね」

 ’80年代、お笑いトリオ「B21スペシャル」のメンバーとして、一世を風靡したデビット伊東(47)。その後、ラーメン店での修業を経て、芸能界から完全引退、自分の店をオープンした。現在は8店舗を経営しながら、芸能界に復帰、俳優としても活躍している。

 じつは、引退していた彼を俳優の道に誘った“お笑い俳優”の大先輩がいたという。

「渋谷の店で働いていたら、あのいかりや長介さんがふらっとやってきたんです。店に入ると『元気でやってるか?』『もう、やめちゃったのか』『やんないのか?』『やろうよ』と、一言ずつ、静かに僕に語りかけてきたんです。そして『お前みたいな“やんちゃ”なやつは、(芸能界に)いなくちゃいけない』と」

 それがきっかけで、俳優の道へも踏みだしたという。

「礼儀、作る、見せる、そして味が大切。ラーメンも、芝居もお笑いも同じことです。二足のわらじといわれますが、僕にとっては一つのわらじのサイズが大きくなった感じです。すべてにおいて、まわりの人をいかに喜ばせるか。“親父(いかりやさん)”がそうでしたからね」

 名優から引き継いだ道を、確実に歩んでいる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ダルもマー君連投心配 米球界でも反響「驚きだ」

 ◇日本シリーズ第7戦 楽天3―0巨人(2013年11月3日 Kスタ宮城)

 レンジャーズのダルビッシュが楽天・田中の体を心配した。自身のツイッターで、ファンから田中の連投について質問されると「間違いなく身体には良くないですね。肩、肘の炎症はまだとれてませんので」。

【写真】里田まい日本一に歓喜 9回田中登板は「本当に驚いた」

 前日に160球投げたことには「メジャー各球団のスカウトは冷や冷やでしょうね」とつぶやいた。また、CBSスポーツの看板記者ジョン・ヘイマン氏らも「前日160球投げて、また15球投げるなんて驚きだ」とつぶやくなど、米国でも大きな反響があった。

 ▼元楽天監督・野村克也氏 日本一、おめでとう。球団創設から9年目、そろそろ勝たなければいけない、しかも大震災から2年で、最高のタイミングだった。しかも、マー君(田中)が胴上げ投手になった。この起用は、昔かたぎの星野監督ならではの芸当とも言えるが、良かったんじゃないか。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

MVPの美馬 大仕事2勝 闘病中の母が退院その日に快投

 ◇日本シリーズ第7戦 楽天3―0巨人(2013年11月3日 Kスタ宮城)

 運命の第7戦。第3戦に続いて、巨人打線の前に立ちはだかったのは身長1メートル69の楽天・美馬だった。そして今シリーズ2勝目。小兵右腕が、誰よりも大きい仕事を成し遂げ、MVPに選ばれた。

【写真】日本一の瞬間、歓喜の輪をつくる田中ら楽天ナイン

 「最高ですね。もう本当に出来すぎ。絶対に日本一になるんだという気持ちで、思い切り投げました」

 田中の不敗神話が崩れたことで、巡ってきた第7戦のマウンド。初回、味方の失策もあり、いきなり2死満塁のピンチを招いたが、坂本を中飛に打ち取って波に乗った。右打者にはシュート、左打者にはスライダーで内角を突く持ち前の投球で、6回を1安打無失点に抑えた。

 レギュラーシーズンは6勝止まり。学生時代に3度の手術を受けた右肘はシーズン中に何度も悲鳴を上げ、終盤には出場選手登録も外れた。ポストシーズンで登板できるかどうかも微妙な状況だった。それが、ロッテとのCSファイナルS第3戦(Kスタ宮城)でプロ初完封を達成すると、ポストシーズン3戦3勝で計20回2/3を無失点。これ以上ない活躍だった。

 原動力となったのは、茨城に住む母・明美さん(58)の存在だ。9月に内臓にがんが発見され、千葉県内の病院に入院。10月7日に大きな手術を受けた。数日後、右肘痛で2軍落ちしていた美馬は休日を利用して見舞うと、わずか数カ月で体重が激減した姿に衝撃を受けた。元気づける言葉も出ない息子に母は言った。「お母さんも頑張る。だから、学も頑張って」。逆に勇気づけられた。涙をこらえるのに必死だった。

 明美さんは手術後も予断を許さない状況が続いた。第7戦にもつれることが決まった前夜、美馬は「あしたはテレビを見られる体調ではないかもしれないけど、好投で母を元気づけたい」と語った。決戦のこの日、明美さんが退院し、茨城の自宅に戻ったという朗報が届いた。球場入りした美馬は「テレビも見てくれると思います」と笑顔で話していた。母のためにも絶対に勝ちたかった。

 闘病中の母に贈った好投がチームを日本一に導いた。闘将の就任と同じ11年入団の「星野チルドレン」。歓喜の夜。美馬が最高の輝きを放った。

 ◆美馬 学(みま・まなぶ)1986年(昭61)9月19日、茨城県生まれの27歳。藤代2年時のセンバツに出場して3回戦敗退。中大では4年春に2部優勝に貢献しMVP獲得。09年に東京ガスに入社し、2年連続都市対抗野球8強入り。10年ドラフト2位で楽天入り。通算64試合で16勝16敗、防御率3・45。1メートル69、75キロ。右投げ左打ち。

 ≪同一シリーズで10回以上無失点は5人目≫美馬(楽)が6回無失点で今シリーズ2勝目。初出場で2勝は08年岸(西)以来になる。美馬は第3戦と合わせ、今シリーズ11回2/3を投げて無失点。同一シリーズで10回以上を無失点は

08年岸 孝之(西)14回2/3

04年石井 貴(西)13回

66年益田昭雄(巨)12回

13年美馬 学(楽)11回2/3

97年石井一久(ヤ)11回

 美馬が5人目。初出場の投手では岸に次いで2人目となった。美馬はCSファイナルS第3戦で完封勝利。今ポストシーズン20回2/3を無失点で切り抜けた。

 ≪1メートル60台では初≫美馬がシリーズMVPを獲得。過去のシリーズMVP選手でもっとも小柄だったのは、74年弘田(ロ)の1メートル63。投手では75年山口(阪急)の1メートル70が最も身長が低く、1メートル60台では美馬が初めてだ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

優木まおみ オメデタ生報告「村上さんの1カ月後くらいに…」

 タレントの優木まおみ(33)が4日、曜日レギュラーを務める日本テレビ「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)に出演し、前日に発表した第1子妊娠を自らの口で改めて報告し、出演者から祝福の拍手を受けた。

【写真】セクシーすぎる優木まおみ 胸のチャックは「これ以上開けられない」

 優木は3日に直筆のファクスで発表するとともに自身のブログで、妊娠4カ月で来年5月上旬に出産予定であると明かしていた。

 この日、優木は「このたび妊娠することができました」と話し「村上さんより1カ月後くらいに生まれる予定です」と報告。同じく曜日レギュラーの「森三中」の村上知子(33)も妊娠5カ月で、司会の南原清隆(48)らも「妊婦二人、いいじゃないですか?」と喜んだ。さらに南原に「黒沢さん、想像妊娠は大丈夫ですか?」とふられた森三中の黒沢かずこ(35)はお腹を突き出し叩いて反応。和やかな報告となった。

 優木は今年6月にへアメークアーティストの男性(35)と交際1年で結婚した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。