FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

沢尻エリカ「ぴったんこ-」「A-Studio」初出演!

 女優、沢尻エリカ(27)が11月15日放送のTBS系「ぴったんこカン★カン」(金曜後7・56)と「A-Studio」(同後11・0)にそれぞれ初出演することが31日、分かった。「A-Studio」の収録では司会の落語家、笑福亭鶴瓶(61)と“ぶっちゃけトーク”を展開。自身にとって約6年ぶりのバラエティーで「すごく新鮮で楽しかった~」と笑みが弾けた。

 白いカーディガンにジーンズ姿。華やかな女優とは違う“等身大”の沢尻が、表情豊かに語り出した。

 「私のイメージって悪いんでしょうね。街で人と会っても『エリカちゃ~ん』でなくて『あっ』とか言いながら引かれるし…。たまにキツいこと言っちゃうけど、普段はフツーなわけですよ」

 都内で行われた「A-Studio」の収録。終始にこやかに、身ぶり手ぶりを交えながらトークを繰り広げる沢尻に、司会の鶴瓶も「めっちゃ話しやすいやん」と驚きを隠せない。

 収録後、サンケイスポーツの取材に応じた沢尻。約6年ぶりのバラエティーに「すごく新鮮で楽しかった~」と笑みを浮かべた。冒頭の“イメージ”について「もともと人を気にしないタイプだし、自分のことをあまり言わなかったことが原因かも」と自己分析。「年齢のせいか考え方も変わってきて、思っていることを伝えていこうと思っていて」と冗舌な理由を打ち明けた。

 収録では昨年7月公開の主演映画「へルタースケルター」にも言及。大胆な濡れ場を交えた熱演で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するも、体調不良でプロモーション活動を休止した。

 「精神的に役柄を引きずってしまい休止しましたが、プロとしては本当に申し訳ないことで…」と反省。「ただ、あのまま宣伝活動をしたら、変なことを言ってしまって違う方向に進んだかも」と当時を振り返った。

 「へルターが成長の糧になっているし、今後はオープンマインドでいろいろなものを取り入れていきたい」と瞳を輝かせる沢尻。「バラエティーは好きな分野だし、また出たいですね。鶴瓶さんと飲みに行って、いろいろお話をしたいです」と新境地に目覚めていた。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

インテルDF、病気のため21歳で引退

インテルに所属するDFフェリーチェ・ナタリーノが、21歳の若さで現役生活にピリオドを打つこととなった。イタリア各メディアが報じている。

イタリアの各世代別代表を経験し、インテルでは若干18歳でデビューを飾るなど、将来が期待されていたナタリーノ。だが2月、心臓の不整脈で手術を受けることとなり、戦列を離脱した。

当初から引退の危機が心配されていた同選手だが、復帰を願う本人や周囲の想いは実らず。ナタリーノは自らの『ツイッター』で、元インテルFWサミュエル・エトー(現チェルシー)との練習中の写真を掲載し、「残念ながら運命は違うように望んだ。でも、彼のような神たちと一緒にプレーしたことは、僕の中でずっと名誉として残る」とツイートした。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ナタリーノのコメントを次のように伝えている。

「実際には、2週間前からすべてを知って、受け入れていた。ツイートはお遊びのようなものだったんだ。これほど注目を集めるとは思っていなかった。個人ドクターから、無理をするケースではなく、心臓に過度のストレスをかけることは避けなければいけないと言われたんだ。悲しいけど、一方では幸せだよ。僕は元気だ。大事なのはそれだよ」

『ガゼッタ』によると、ナタリーノは国外でのプレーも提案されたが、自ら引退を選んだそうだ。

「外国ならプレーに戻れるかもしれないと言われた。でも、僕が心臓に負担をかけたくなかったんだ。今は父のサッカースクールを助けている。たくさんの子供がいるから、何かしらのアドバイスができるように努めるよ。時間があるときは、悲しい自転車事故で亡くなったおじが開いたジムで仕事している」

「人生は続くんだ。もっとうまくいったかもしれないけど、もっと悪くなることもあり得た。とにかく、みんなに感謝している。特に、僕のそばにい続けてくれるインテルにね」

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

相続増税で“相続貧乏”増える? 支援ビジネスに乗り出す住宅各社

 増税と言えば、来年4月の消費税増税が大きな関心を集めているが、実はその後にもうひとつの増税が待っている。平成27(2015)年1月以降の相続税増税だ。現在は相続税を支払う必要がないレベルまで相続遺産額の基準が引き下げられるためで、相続税を支払う必要がある課税対象者が増えると予想されている。納税に困る“相続貧乏”に陥る人が増えるとみられる中、早くも住宅各社が相次ぎ支援事業に乗り出しており、関連ビジネスは盛り上がりをみせている。

 今年3月の国会で決まった税制改正の関連法案。この中に、相続税の課税強化も含まれていた。平成27(2015)年1月以降に発生した相続分から、相続税を支払う必要がない「基礎控除額」について、現状の基準から4割程度縮小されることになる。立田博久税理士事務所(大阪府吹田市)の小林健二税理士は「課税対象者が1.5倍~2倍程度に広がる可能性がある」と指摘する。

 基礎控除額の計算式はこうだ。現状なら「5000万円+(法定相続人の数×1000万円」だが、27年1月以降は「3000万円+(法定相続人の数×600万円)」の基準に変更される。例えば、相続人が3人の場合、現状ならば8000万円まで相続税の課税対象にはならないが、27年1月からは4800万円まで課税免除の基準額が下がることになる。

 国税庁によると、相続税の納税額はバブル経済で盛り上がった時期には年間4兆円程度あったが、平成23(2011)年度には1兆2500億円前後と、ピーク時の約3割まで減少している。バブル崩壊後の土地価格の下落など日本経済の低迷の影響が色濃く出ており、今回の相続税強化には課税対象者を増やすことで少しでも税収増を図ろうという政府の思惑が垣間見える。

 実は、「相続」は良いことばかりではない。相続人である遺族にとっては、相続税を納める条件は厳しいものだ。というのも、相続人は財産所有者の死亡を知ってから10カ月以内に、現金で相続税を納付しなければならない。しかし、遺産額は現金だけでなく、土地や有価証券なども評価対象に含まれる。

 相続人に手持ちの現金があれば別だが、相続税相当額がなければ、土地や有価証券を売却するなどして現金化するしかない。だが、うまくいかず「相続税滞納」となり、高い利子に苦しむ例もある。滞納が長期間続くなど、最悪の場合は資産差し押さえなどにもつながるケースもあるという。こうした“相続貧乏”に陥る可能性のある人が増えると見込んだ住宅関連各社は、早くも支援ビジネスに相次いで乗り出し始めた。

 大和ハウス工業は11月から、グループ会社の日本住宅流通(大阪市北区)を通じ、首都圏と近畿圏で、相続税の納付に必要な資金の立て替え融資や土地売却などの支援サービスを始めた。日本住宅流通の南浩史・執行役員事業部長は「(相続人は)納付期限までに急いで土地をたたき売る必要はない」と新サービスの意義を強調する。依頼者に対する立て替え融資額は、500万円~3億円に設定。また、現金化する土地の売却支援も行い、相続税の納付期限に間に合わない場合は、大和ハウスグループで査定価格の9割を上限に土地を買い取り、現金化を保証する。初年度は100件程度の利用を想定している。

 大和ハウスグループにとっては、土地を買い取ったとしてもグループ内の事業で必要になる土地が確保できるというメリットがある。日本住宅流通の藤田実社長は「国税庁の統計によると、相続人の3分の2は三大都市圏で占める。今後は名古屋など中部圏での展開も進めたい」と事業拡大に意欲を見せる。住友不動産販売も三井住友銀行と連携し、今年8月から首都圏で、融資額の上限を3億円に設定し、相続税の立て替え融資サービスを始めた。9月以降は関西、名古屋圏でも同様のサービスを拡大している。

 東急リバブルは今年7月から首都圏のみで、融資額1億円を上限に立て替え融資を行うサービスを始め、問い合わせは「増えてきている」(同社)という。関西での展開は検討中といい、今後の商機拡大を虎視眈々(たんたん)と狙う。一方、積水ハウスは、アパートなどの賃貸住宅を経営すれば「相続時の課税対象額が圧縮できる」という形で、遺産相続の“節税”についての指南を行い、新たな住宅の建設需要を掘り起こそうとしている。今後、支援サービスの形はさらに進化しそうだ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

トリアージタグ改善へ…救急医学会が検討

 災害や事故現場で負傷者の重傷度を色分けして識別する「トリアージタグ」の様式に不備があるとして、見直しを求める声が上がっている。

 現行の様式では妊婦の識別欄がないほか、色覚異常がある人は色の違いを判別しにくい場合があるためだ。日本救急医学会は改善に向けた検討に乗り出した。

 トリアージタグは治療の優先順位を示す札で、氏名や性別、搬送先などの記載欄があり、原則、右手首に付ける。4色に分類され、黒は「死亡か救命の見込みがない状態」、赤は「最優先で治療が必要な重傷」、黄は「すぐ治療しなくても生命に影響はないが処置が必要」、緑は「軽傷」。

 東日本大震災をきっかけに、タグの不備も問題視されるようになった。

 支援活動に関わった産科医からは、震災時、被災妊婦の居所がわからず支援が難航し、妊婦の識別欄が必要との声が上がった。識別できないと、エックス線検査を避けるなど胎児への影響に配慮できない懸念もある。交通事故現場でも、けががなく治療対象にならなかった妊婦の容体が後に悪くなり胎児が死亡した例があるという。日本産科婦人科学会は今年7月、識別欄を設けるよう日本救急医学会に要望した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

飲食店などで割引サービス…「センキョ割」で投票率は上がるか

 1ドリンク無料、レンタルCD1枚無料-。選挙で投票に行かない若者たちになんとか1票を投じてもらおうと、投票に行けば飲食店などで割引サービスを受けられる動きが広まりつつある。10月27日投開票の神戸市長選でも、地元の商店主や学生らが主催し、市内の飲食店など238店舗が賛同した。ほかにもレンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)」も、地元FM放送局とのコラボレーションで投票率向上をうたい、投票関連サービスを展開した。こうした取り組みは、投票に行かない若者の心をつかむことができるのだろうか。(森勇人)

■写真がクーポンに

 「投票に行くと、お得ですよ」

 神戸市長選真っただ中の10月19日、神戸市中央区の繁華街・三宮で、約10人の大学生たちがチラシを配りながら、こう呼びかけていた。彼らがPRしていたのは、市長選に投票すると、市内の飲食店などで割引などのサービスが受けられる「センキョ割」だ。

 すでに8月の横浜市長選や、神戸市と同じ日程で行われた川崎市長選で、「センキョ割」を主催したウェブ制作会社「ワカゾウ」(東京都)によると、投票に行った人に割引を行うサービスが始まったのは、平成16年の参院選から。東京・早稲田商店街が、投票済証を見せた客に割引を行ったことが起源なのだという。

 その後、同社が、投票所で撮影した写真を見せると割引サービスを受けられるという仕組みに変更して実施。24年12月の衆院選で初めて「センキョ割」と名付け、さいたま市で始めた。今年7月の参院選では神奈川県で実施し、143店舗が参加した。

■「選挙ありがとうダンス」まで

 同社の活動に刺激され、神戸市内の飲食店経営者や学生らが「神戸市長選挙 勝手に投票率向上委員会」を設立。10月27日投開票の神戸市長選で「センキョ割」を行い、市内の飲食店や美容院など238店舗(10月末現在)が賛同し、参加した。

 では、どんなサービスが提供されたのか。

 ある居酒屋では「1ドリンク無料」を、別の居酒屋では「飲み放題980円」を掲げている。中には「選挙ありがとうダンス」を披露してくれるカレー店もあり、サービス内容は店によってさまざまのようだ。投票したことを示す写真・画像か投票済証があれば、11月18日まで受けられる。

 同委員会代表の尾崎秀則さん(45)は「お客さんが写真を持ってきてくれたという連絡が、参加店から続々と寄せられた」と手応えを感じたようだ。

■音楽も「センキョ割」

 これだけではない。ツタヤと神戸のFMラジオ局「Kiss FM KOBE」がコラボレーションし、投票率アップを呼びかけた。

 ツタヤでは投票日の27日、投票に行った人にCDのレンタルを1枚無料にするキャンペーンを市内16店舗で展開した。

 店内には、同局でこの日放送された音楽番組「MUSIC APPLE」の選挙特番で、神戸を拠点にするアーティストらが推薦するアルバム45タイトルを紹介するコーナーを設置。さらにツタヤがこの番組のスポンサーになり、“神戸の音楽シーン”が選挙の投票率アップを呼びかけた。

 ツタヤ六甲道店店員、赤田圭祐さん(35)は「投票帰りに来る学生や家族連れの人も多く、反響は大きかった」と手応えを話す。

■センキョ割に問題は?

 こうした活動に対し、投票率の向上を呼びかけていた神戸市選挙管理委員会は、一定の距離を置く。市選管は「店側が勝手に行っているキャンペーンで、当局は関係ない」とした上で、「特定の候補者が有利になる活動ではない限り、公職選挙法上は問題はない」としている。

 だが、「投票率の向上」をうたいながらも、一方で割り引きなど、特典目当てに客が寄せられ、その店の売り上げ向上につながってしまうのではないか、と勘ぐってしまう。

 この点について、神戸大大学院法学研究科の品田裕教授(選挙研究)は「昔の若者も投票には行っていたが、近所の人や職場から頼まれた候補者に投票していた人も少なくなかった」と指摘する。「きっかけはどうであれ、自分でどの候補者が良いか考えることが大切」と話し、「センキョ割」を評価する。

 ただ、こう付け加えた。「本当に望ましいのは、普段から家庭で政治の話をして関心を持ち、投票所に向かうことではないでしょうか」

 12年ぶりに新人同士の争いとなった神戸市長選の投票率は、前回市長選を約5ポイント上回ったものの、36・55%と6割以上の有権者が投票しなかった。

 この結果に、尾崎さんは「3人に2人が行かなかったことになり、(センキョ割が)貢献できたとは言い切れない。ただ、システムを得ることができたので、今後の選挙で、事前の周知を徹底するなどして取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動