FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

「山本太郎議員が陛下に手紙」何が問題なのか 高崎経済大・八木教授に聞く


 山本太郎参院議員が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した問題が波紋を広げています。山本議員は手紙の内容について、福島第1原発事故をめぐる現状を書いたものだと説明していますが、「皇室の政治利用だ」「非常識だ」などと批判する声もあります。山本議員の行動をどう見るか。皇室問題に詳しい高崎経済大学の八木秀次教授(憲法学)に聞きました。
.

「直訴」をどう見る

――――今回の山本議員の行為をどう見ますか。
 まず話を持っていく先を間違えています。天皇陛下はそういう存在ではありません。現在の天皇は「政治的中立」であるということが理解できていない。彼は国会議員なので国会の中で訴えていけばいいのです。田中正造(足尾銅山の鉱毒問題を天皇に直訴した明治時代の政治家)を気取ったのでしょうが、非常に滑稽に見えます。

 そして場所も間違えています。園遊会は政治的な事を言う場ではありません。実際、手紙を渡しても、天皇陛下から侍従長に手渡されスルーされてしまった。現行憲法における天皇陛下の位置付けが分かっていないのでしょう。天皇は国政に関与できません。まるで専制君主制のイメージを持っている印象を受けます。

 今の憲法における天皇は、政治に関与しないことで国民を統合していく。そこを期待されています。それを、無理に「反原発」という国民の間でも賛否が分かれている問題に引きずり込もうとした。憲法が分かっていないから、こんな失礼なことができたのでしょう。国会議員の取る行動ではありません。

 彼は国会議員だから、ちゃんと手続きを踏んで、信念を政策に実現できる立場が与えられています。例えば、福島の方がやむにやまれず、陛下に辛い現状を伝えるのとはわけが違います。質問主意書を出したり、メディアを使って訴えるとか、いろんな手法があるにも関わらず「直訴」するというところが理解できません。
.

「政治利用」に当たるのか

――――皇室の政治利用だとの見方もあります。
 皇室の政治利用とは、政治的主張などを「天皇の権威によって権威付ける」ことですが、そういう意味で、山本議員の行動は政治利用「未遂」と言えるかもしれません。

 明治憲法下で、昭和天皇は2回だけ政治的意思を示したといわれています。二・二六事件(1936年に起きた陸軍青年将校によるクーデター事件)と終戦のときです。しかし、今はその余地はありません。そこの部分が現行憲法では強められました。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

多くのドラマを生んだ甲子園から15年 松坂世代の現在地


松坂世代と呼ばれる選手たち

 1998年の春・夏の甲子園で松坂大輔を擁する横浜高校が連覇を遂げた。気が付けば、あれから早15年の歳月が過ぎ去っている。

 当時の横浜はエース松坂(メッツ)、後藤武敏、小池正晃(ともに横浜DeNA)らを中心に、次々と強豪校を撃破。甲子園で対戦した東福岡のエースで4番だった巨人・村田修一内野手が「松坂のボールを見て、投手を辞めた」という逸話もあるほどだ。その村田もその後、打者に専念し、今では巨人の主軸として活躍している。

 この年、同じ神奈川では館山昌平(ヤクルト)が日大藤沢の主戦投手だったが、県大会で松坂の横浜に優勝をさらわれた。センバツ甲子園での決勝戦では関大一の久保康友(阪神)が敗れ、夏の甲子園ではノーヒットノーランを達成した鹿児島実業の杉内俊哉(巨人)も横浜に屈した。多くの名場面を生んだ1980年生まれの選手たちは当時、眩い光を放っていた。

「松坂世代」と呼ばれる男たち。一時は90人近くがプロ野球チームに所属していたが、これまで多くの選手がユニホームを脱いでいる。しかも現在、彼らが差し掛かっている30代という年齢は、消耗した肩、肘など肉体のあちらこちらに異変を感じる時期でもある。松坂も右肘の手術を行い、長いリハビリ期間があった。人によっては体が思うように動かなくなってきているだろう。今年、33歳となる彼らはプロの世界で勝負所を迎えているに違いない。

 そんな松坂世代の現在地とはどのようなものなのか。2013年、チームの貢献度の高かった上位4選手を挙げてみたい。
.

貢献度の高かった選手は?

【1】村田修一(巨人) 【1980年12月28日生まれ。東福岡―日大―横浜】

 今年、最も活躍した松坂世代と言えるだろう。序盤は打率が低迷し、交流戦で9番を務めた試合もあったが、終盤からは巨人の4番に座った。8月には月間46安打をマークし、クロマティらの記録を抜いてセ・リーグ新記録を樹立。守備での貢献も大きく、投手からの信頼も厚い。シーズンを通じて打率3割1分6厘、25本塁打でリーグ優勝に貢献。MVP級の活躍を残した。

【2】木村昇吾(広島)【1980年4月16日生まれ。尽誠学園―愛知学院大―横浜】

 意外かもしれないが、彼の貢献度も大きかった。プロ生活11年の中で最も重宝された年でもある。昨年までは主に守備固めのポジションを担い、控え野手としてベンチを温めることが多かった。今年も変わらぬ立ち位置で開幕したが、レギュラー選手の堂林翔太が8月20日の中日戦で左手にデッドボールを受けて骨折すると、堅実な守備で知られる木村がサードのスタメンに抜擢されるようになった。規定打席にこそ到達しなかったが、主に相手が右投手の際に先発し、しぶとい打撃で打率3割2分5厘をマーク。好守備でもチームを盛り立てた。Bクラスにいたチームも9月から加速し、球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)に進出。CSで2位阪神も撃破している。

【3】木佐貫洋(日本ハム)【1980年5月17日生まれ。鹿児島・川内高―亜細亜大学―巨人―オリックス】、杉内俊哉(巨人)【1980年10月30日生まれ。鹿児島実業―三菱重工長崎―ダイエー、ソフトバンク】

 15年前に鹿児島県内でしのぎを削った2人を3位タイとした。木佐貫はオリックスから日本ハムに大型トレードで移籍し、今季開幕ローテーションに入った。2ケタ勝利まではいかなかったが、24試合に先発し、9勝8敗、完投も「2」をマーク。巨人でプレーした2008年以来、勝利数の貯金ができたシーズンだった。5月20日には札幌ドームでの巨人との交流戦で、杉内と98年の鹿児島県大会決勝戦以来の投げ合いを演じ、7回1失点で勝利。15年前に決勝で敗れた宿敵に投げ勝った。来季もローテとして期待がかかる。

 一方、杉内は昨年痛めた左肩の影響で本来の投球とはいかなかったが、シーズン11勝を挙げて巨人の優勝に貢献した。好不調が交互に訪れており、村田ほど貢献度が高かったとは言えないが、シーズン11勝6敗に加え、CS、日本シリーズにも先発している。経験も豊富で、最も実績のある投手と言える。

 彼ら4選手は松坂世代の中で光り輝いた部類だが、今年は怪我や手術をした選手やリハビリから復帰を果たした選手も多かった。

 松坂大輔(メッツ)や和田毅(オリオールズ)、藤川球児(カブス)、久保裕也(巨人)、館山昌平(ヤクルト)は、これまで負担をかけてきた肩や肘にメスを入れた選手たちだ。万全な状態になるまではもう少し時間がかかる。ただ、今季終盤で松坂が復調してきたように、彼らは実績も力も十分にあり、来季にかかる期待は大きい。

 反面、現役引退や戦力外となった選手もいた。小池正晃、森本稀哲は横浜DeNAから戦力外となり、小池は引退を決意、森本は移籍先を探している。

 一概に松坂世代と言っても、その野球人生には様々な軌跡がある。志半ばでプロの世界を去った選手も多い。ただ、野球界を席巻した彼らにもう一花、ふた花を咲かせてもらいたいと願うファンは多いはずだ。野球を愛する人たちにとって、同じ時代を生きたプロ野球選手、とりわけ「松坂世代」のような強烈な才能たちは希望の光なのだから。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

JOY、矢口真里に偶然遭遇 「元気そうだった」と近況明かす

 タレントのJOYが、10月31日付の自身のブログで、芸能活動休止中の矢口真里に偶然遭遇したことを明かし、「元気そうだったよ」と近況綴っている。

<矢口は今…>5ヶ月ぶりにブログ更新 ファンに感謝

 JOYは「ラジオが終わって車に向かってたら、なんと路上で矢口っちゃんに遭遇したよ!!笑」と矢口に偶然会ったといい、「驚きすぎて『上からマリコ』に対抗して『路上でヤグチ』をリリースするところでした」とふざけながらも「いやぁ、久々に会ったなぁ!! 元気そうだったよ、おう♪♪」と近況報告している。

 矢口は、今月13日に芸能活動休業を正式発表。同日に5ヶ月ぶりにブログを更新し、ファンらに謝罪と感謝を綴っていた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

KDDI、auスマートパスに"シンプルすぎる"入会・退会ページを追加

スマートフォン購入時に、auスマートパスなどのオプションになかば強制加入させられると一部で批判を受けていたKDDIが、auスマートパス会員ページに"シンプルすぎる退会画面"を追加した。あまりのシンプルさにネット上では「公式じゃないかと思った」「最高のUIを見た」などの声が出ている。

【もっとほかの写真をみる】

新たに追加した「各種サービス入会・退会」は、各種サービスの「入会」「退会」ボタンが並ぶシンプルなページ。「退会」ボタンを選択すると、各種サービスの退会案内に移動し、案内に従うことで退会手続きを行うことができる。同ページでは「auスマートパス」「ビデオパス」「ブックパス」「うたパス」の入会・退会が案内されている。

この件について同社広報部では、一部で言われているオプションサービスの件とは関連性がないとした上で、「KDDIでは日頃からユーザーの声をサービスに反映させており、今回の各種サービスの入会・退会案内ページについても"入会・退会ページをもっと分かりやすくして欲しい"といったユーザーの声を反映したもの」だとコメントした。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

寝台特急:“聖地”出雲大社へ 女性に人気「良縁祈願の旅」

 東京と島根県出雲市を12時間かけて結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」が、女性たちに人気だ。目指すは、縁結びで名高い出雲大社。出雲は旧暦10月、全国八百(やお)万(よろず)の神々が集まる「神在月(かみありづき)」だ。800万倍のご利益を当て込む女性らでにぎわう列車に同乗し、一路、良縁成就の聖地・出雲へ向かった。【山崎明子】

 ◇旧暦10月はご利益800万倍? 個室やシャワースペースも

 10月18日午後9時半、JR東京駅の「サンライズ出雲」の出発ホーム。発車を30分後に控え、キャリーバッグを引いた若い女性グループやカップル、親子連れが続々と集まってきた。木曜日とはいえ乗車率83%。車内販売がないため、それぞれ手にはお菓子やお総菜、缶チューハイが入った買い物袋を下げている。宴会の準備も万端、といったところだ。

 埼玉県に住む会社員、金子佳代さん(41)と公務員、小林由里子さん(42)の2人組に出会った。中学、高校の同級生でともに独身の2人は、出雲大社へ向かうという。金子さんは「10月は出雲に神様が集まり、大きなお願いもできるというので、ぜひ良縁を」と気合十分。小林さんも「寝台列車に乗ってみたかった」と満足そうだ。

 「こんな機会に、友人とおしゃべりしたり、ゆっくり過ごせるのはうれしい」。こう話すのは、東京の旅行会社に勤める明石真紀子さん(39)。同僚の大森こずえさん(34)と三橋聡子さん(41)も一緒だ。3人はそれぞれ個室を予約しているが、発車早々、大森さんの個室に集まり「女子会」が始まった。ベッドのみの個室だが、3人が入れる広さ。大きな窓も開放的だ。

 3人は早速、ベッドに上り、持ち寄ったビールで乾杯。「夜行列車だと、新幹線より旅を実感できるよね」と大森さん。三橋さんは「これから先のルート作りをみんなでできるのが醍醐味(だいごみ)かな」。大森さん以外は独身で、出雲大社への縁結び祈願と山陰観光のため乗車したという。

   *

 「サンライズ出雲」は98年に運行を開始。JR西日本によると、座席や個室は、当初、ビジネス利用を念頭に設計された。間仕切りのみの「ノビノビ座席」もあるが、寝室の大半はテンキーで外からもカギがかかる個室。寝間着やスリッパ、電気ひげそり用のコンセントも備え、共有のシャワースペースもある。こうした設備が、プライバシーと安全性を重視する女性の心をつかんだ。さらに、パワースポットや婚活ブームに乗って、山陰へ向かう女性たちの足として利用されるようになった。金曜日ともなると、乗車率は99%に跳ね上がる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動