FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

彼女・友人をレンタル、心を満たす 食事やおしゃべり…

行きたい店があるけど、一人では心細い。誰かに話を聞いてほしい。でも、相手がいない。そんな人たちの心のすき間を埋めようと、「レンタルフレンド」と呼ばれるサービスが生まれている。

■11時間4万円超

 9月8日、東京五輪の決定で日本中が沸いていた。

 男性は北関東の自宅から車を都心に向けた。35歳、独身。月1回の「ささやかな楽しみ」が始まる。

 午前11時、東京・原宿の洋服店前。待ち合わせはいつもこの場所、この時間だ。待っていた女性を連れて秋葉原へ。

 自分がプロレス好きと知った女性が店を探してくれ、一緒に覆面マスクやTシャツを見て回る。恥ずかしくて名前は呼べない。それでも、気づくと身の回りの心配事を口にしていた。

 「母ちゃんが入院しちゃって」

 「そうなんですか、心配ですね」

 昼ご飯はカレー。店を巡り、最後に寄った美術館を出ると、どしゃ降りの雨だった。女性がぬれないように傘を傾けた。

 午後7時、お別れの時間。財布から取り出した3万1千円を渡して帰路に就いた。

 この女性は「レンタルフレンド」。「女性だけの便利屋」として東日本を中心に展開する「クライアントパートナーズ」(本店・東京)のスタッフの一人だ。

 男性が同社に電話をかけたのは昨年春。交際相手から一昨年、別れ話を切り出された。あきらめきれず、繰り返し電話をかけ、家を訪ねた。警察からも注意を受けた。「このままじゃ捕まる」。悩んでいたころテレビで同社を知った。

 「サービスを利用し始めて変わった。ビリヤードやダーツも初めて経験し、公園でキャッチボールも。別れた相手を考える時間が減っていった」

 朝6時半に起き、工場で機械と向かい合う。午後8時ごろ帰宅し、寝るだけ。人付き合いが苦手で、酒も飲めない。そんな日々に変化が生まれた。

 横浜の観光地をめぐった時は11時間、一緒にいてもらった。支払いは4万円を超えた。

 お金を払って相手をしてもらうことに最初は抵抗もあった。「でも、いろんな所に行って悩みを聞いてもらうと嫌なことを忘れられる。これでいいと思うようになった」。職場で「最近怒らないな」と言われるようになったという。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

上野千鶴子先生、働く女は幸せですか?

日本の女たちを「不良債権」にしたのは誰か

雇用機会均等法から約30年。日本の働く女性は、幸せになったか?

日本のフェミニズムを牽引してきた上野千鶴子さんは、新刊『女たちのサバイバル作戦』(文春新書)で、このテーマに取り組んだ。

結論から言うと、その答えは「イエス・アンド・ノー」だと言う。安倍政権は、成長戦略の柱のひとつとして、女性の活用を推進。女性管理職の登用目標数値を掲げる会社も増えた。「働く母」を支援する各種人事制度の整備も進んだ。

実際、「ワーキングマザー・サバイバル」にご登場いただいた女性たちのように、産後、職場復帰する女性は増えている。それでもなお、働く女性の悩みが尽きないのはなぜか?

誰が働く女を「不良債権」にしたのか?

――上野さんは新刊『女たちのサバイバル作戦』で、今の日本のワーキングマザーは、いわゆるマミートラック(お母さん向けコース)に乗せられ、二流の仕事しか与えられないか、男と“機会均等”に戦って体がボロボロになるかの二択しか用意されていないと指摘されました。なぜ、そのような状況が続くのでしょうか?

結局、企業が女を余分でいらないと思っているからでしょ。女を戦力にしようと思ったけど、男と同じ働き方しか想定してこなかった。仕事の仕方や職場のルールを、男仕様にしたまま、女に「入ってこい」「活躍しろ」と言ったって無理。女は傷ついて去っていくか、残って腐るだけです。

――傷ついて去っていった女とは、出産退職した女性のことですか?

企業にとって誤算だったのは、戦力になりそうな女性総合職が意外と会社に残らなかったことね。

彼女たちが参入していった職場とは、「24時間戦えますか」とテンパってる企業戦士が跋扈(ばっこ)する世界。そして、彼らの背後には家事も育児もやってくれる妻がいる。女性総合職は、主婦付き男性労働者と違って、家庭責任を免れられないから、最初から負けが込んだ勝負に挑んでいるのよ。

それでは、結局、ほかの誰か(母や姑)に家庭責任を押し付けるか、さもなければ頑張って体を壊すのがオチ。それで、ギブアップして退職したとしても、本人たちは「自己都合退職」としか言わないじゃない。だから、「出産退職」にカウントされないのよね。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「若手は出世願望がない? 」の謎を解く

出世という言葉を、最近、口に出したことはありますか? 

 「出世して、親を喜ばせたい」

 「いい家を買って、子供を大学に行かせる」

 自分だけでなく、家族も望んでいる希望……出世には、昔も今も変わらず、そういう響きがあります。

 日本における「出世」の歴史自体は、そう古くはありません。江戸時代までは身分秩序の社会で、出世ではなく「世に認められ、一人前になる=立身」こそ、誉(ほまれ)と認識されていました。ところが明治に突入し、身分社会が崩壊すると、誰もが「上昇志向=出世」の志を持てる時代に。努力による身分の移動が可能になり、

 「学問を志して、官僚を志す」

 と「立身出世」という呼称が用いられるようになりました。明治政府も「身分相応」ではなく「実力相応」の時代をあおり立てた政府文書を発して、“野心解放”を促しました。努力して社会的地位を得ることは、後ろ指を指されることではない。むしろ、司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』の登場人物のように、駆け上がることこそが美学でした。

 現在は「立身」が抜け落ちてしまった感じもありますが、そんな出世について、今回は考えてみたいと思います。

■ バブル世代vs.ゆとり世代の出世感

 当方の世代、バブル崩壊までに入社したビジネスパーソンたちは、同期と競争して出世することをいとわない傾向があります。出世こそが仕事の動力源と言い切る人もいました。同期で1番に課長になりたい。それが無理なら●●君よりは早くなりたい……と競争意識をあおられたものです。

 「あなた、出世競争で負けたら、恥ずかしくて街を歩けません」

 と、家族に扇動される場面を、TVドラマでもよく見たものです。おそらく、その最後の世代が半沢直樹かもしれません(半沢氏の奥さまは出世に関心が低かったようですが)。当方が大学を卒業して入社したリクルート社も、激しい出世争いのある職場でした。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

学資保険、元本割れ返還へ 住友生命、和解勧告受け入れ

子どもの教育資金をためる「子ども保険(学資保険)」で、支払った保険料よりも受け取る額が少ない「元本割れ」が起きたとして、大阪府に住む男性(51)が元本割れした分を返すよう求めた訴訟が大阪高裁であり、今月、和解が成立した。元本割れ分の返還を高裁が勧告し、保険会社が受け入れた。

 元本割れの穴埋めを高裁が勧告したのは、保険を勧めた外交員が、元本割れする可能性について十分説明していなかったと判断したためだ。金融トラブルに詳しい弁護士によると、子ども保険の元本割れは最近相次ぎ、訴訟も多いが、生保会社がその穴埋めに応じるのは異例という。同様の訴訟に与える影響は大きく、生保各社に今後、説明の徹底を強く促す効果がある。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

山岸舞彩アナ 村尾キャスターとあまり会話が無く関係に心配も

 その美貌と知性を買われ、NHKから三顧の礼で『ニュースZERO』(日本テレビ系)に迎えられた山岸舞彩アナ(26・フリー)。最近、日テレ局内での猛烈な逆風に苦しんでいるという。

「山岸アナが『ZERO』に出演を始めたのは今年4月からですが、視聴率は“山岸以前”と全く変わっていない。“ミニスカ封印”を宣言したせいなのかはわかりませんが、局内では期待はずれの声が上がっている。

 その一方で、最近は他局でバラエティの仕事を受けるようになり、そっちでは露出の多い服装をしているんですよね……。局の上層部からは、スタッフを通じて“ニュースキャスターとして節度ある振る舞いを”“番組を選ぶように”という意向が伝えられているようです」(日テレ社員)

 風向きが変わったのはあの「セクハラ事件」以降だった。6月、番組プロデューサーが更迭。山岸アナにセクハラ行為をしたことが理由と報じられた。

「山岸アナはもちろん被害者なんですが、あの頃からスタジオ内の空気がギクシャクし始めたことも事実。特にメインキャスターの村尾(信尚)さんとはほとんど会話がない。口うるさい村尾さんを、山岸アナが避けているフシがあるんです。スタッフ内でも2人の関係を心配する声が聞かれます」(『ZERO』スタッフ)

 自分を取り巻く雰囲気の変化には、山岸アナ本人も過敏になっているようだ。

「先日、山岸アナが出演した日テレの『おしゃれイズム』は、彼女が元ジュニアオリンピック出場の水泳選手で、バイオリンも習っていた才女だとアピールする内容でした。その放送後“あれ、嫌味な感じに受け取られませんかね?”とスタッフに尋ねるなど、周囲の反応を気にしていた。共演者、スタッフ、局上層部の視線に押し潰されそうな山岸アナは欧米列強にABCD包囲網で取り囲まれた旧日本軍のようですよ(苦笑)」(前出・日テレ社員)

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動