FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

(朝鮮日報日本語版) 金正恩氏の元恋人ら公開処刑、わいせつ物制作で

 金正恩(キム・ジョンウン)第1書記とかつて交際していたとされる歌手の玄松月(ヒョン・ソンウォル)さんを含む、北朝鮮の有名な芸術関係者十数人が、金第1書記の指示に反し、わいせつ物を制作・販売したとして、今月20日に公開銃殺刑に処せられたことが、28日までに分かった。

 北朝鮮情勢に詳しい中国の複数の消息筋によると、玄松月さんや銀河水管弦楽団のムン・ギョンジン団長などは今年6月「性に関する録画物を見てはならない」という金第1書記の指示に反した疑いで今月17日に逮捕され、3日後に処刑されたという。処刑されたのは銀河水管弦楽団や旺載山軽音楽団に所属する歌手や演奏家、舞踊家などで、自分が性行為に及ぶ場面を撮影し販売したり、わいせつ物を視聴したりした疑いが持たれている。問題のわいせつ物は中国にも流出したとされている。前出の消息筋は「一部の人は聖書を所持していたことも判明した。処刑された芸術関係者は全員が政治犯として扱われた」と語った。銀河水管弦楽団は金第1書記の妻の李雪主(リ・ソルジュ)氏がかつて在籍していたことで知られている。なお、李雪主氏が今回の事件に関与したか否かは明らかになっていない。なお、銀河水管弦楽団と旺載山軽音楽団は今回の事件で解散させられたという。消息筋は「公開処刑は銀河水管弦楽団や旺載山軽音楽団、牡丹峰楽団などの団員や死刑囚の家族が見ている前で、機関銃によって行われた。家族は全員が政治犯収容所に送られたと聞いている」と話した。

 玄松月さんは普天堡電子楽団に所属する歌手で、金第1書記が李雪主氏と結婚する前に交際していたとのうわさが流れている。また、ムン・ギョンジンさんは2005年、ハンガリーの「カネッティ国際バイオリンコンクール」で優勝した、北朝鮮を代表する演奏家で「功勲俳優」の称号も贈られていた。このほか、銀河水管弦楽団の次席バイオリニストのチョン・ソンヨンさんも今回処刑されたという。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

前田敦子そっくり!? 女子アナに絶賛の声 「あまりに似てるので、ビックリ」

 ものまねタレントのキンタロー。が、元AKB48で女優の前田敦子にそっくりな女子アナウンサーとのツーショット写真を自身のブログで公開している。

 29日に更新したブログではキンタロー。は、自身が出演した日本テレビ「24時間テレビ」の舞台裏で出演者たちと撮影した写真を公開。その中でAKB48風衣装に身を包んだ前田敦子らしき人物と一緒に「フライングゲット」のポーズで撮したツーショットも公開し、「あ....あっちゃん。ついに会えました(o^^o)」と、感激する様子をつづっていたが、そのすぐ後に、「..と言うのは冗談なんですが」と種明かし。この女性の正体は中京テレビの松原朋美アナウンサーであると明かした。

 ブログでは前田敦子に扮した松原アナの写真に続いて、普段通りの格好をした同アナの写真も掲載。前田敦子のものまねを得意とするキンタロー。も、松原アナを一目見たときに「何か似てると思い、(前田敦子の)衣装きてもらったらやっぱり似てる!!」と絶賛しているほどで、確かに通常の松原アナも、外見はどことなく前田敦子に似ているようだ。

 コメント欄にも「たしかに似てる~っ」「ヤバ!似てる」「ほんもののあっちゃんかと思いました」「あまりに似てるので、ビックリ」との声が多数あがっている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

カジノ解禁へ向け 「地固め」進めるパチンコ業界


 「ねじれ国会」解消により今後成立する可能性が高まった法案がある。IR(統合型リゾート)推進法案、通称「カジノ法案」だ。産業競争力会議などで議論が進んでいる他、安倍首相はカジノを推進する超党派の国会議員による国際観光産業振興議員連盟(IR議連)の最高顧問を務める。いよいよカジノ解禁が現実味を帯びてきた状況だ。

 カジノを議論する上で、外せないのが、遊技人口1260万人、市場規模18兆円を誇るパチンコ業界の存在である。カジノ解禁の暁には企業に運営を委託することになるが、現時点で国内に運営ノウハウをもつ企業は存在しない。比較的業態の近いパチンコ業界にとっては好機であり、実際幾つかの企業が動きを見せる。
.

シーガイア買収やマカオ企業への出資

 パチンコメーカーを傘下にもつセガサミーホールディングスは複合施設運営のノウハウ習得のため、2012年に宮崎県の「シーガイア」運営企業を子会社化した。韓国パラダイスグループと仁川市エリアにおけるカジノを含む複合型リゾート施設の開発事業に関する合弁会社も設立したが、加えて安倍首相や国家公安委員長と会合を重ねるなど、ロビー活動も活発化させてきた。

 メーカー主体の同社だが、スロット機の納入でなく、オペレーターの座を狙っている。カジノでのスロット機納入は多くて1000台。ヒットすれば10万台販売できるパチンコホール向けとは比較にならない。

 パチンコホール運営企業では、12年香港証券取引所へホール運営企業として世界初の上場を果たしたダイナムジャパンホールディングスの動きが目立つ。100%子会社のダイナム香港は、マカオでカジノ施設を保有するマカオ・レジェンド社に出資し、カジノ事業のノウハウ吸収を図っている。

 仮にダイナムが日本版カジノのオペレーターになったとすると、同一グループが運営する娯楽施設の片方が合法、片方がグレーゾーンという奇妙な状態となる。

 1つの議論として出てくるのが「パチンコ換金合法化」である。パチンコホールにおける換金行為は違法という声も強く、限りなく「クロ」に近いグレーゾーンで営業をしているに過ぎない。これを合法化しようという動きだ。

 合法化へは様々な障壁があるが、平等性の確保が最低条件の1つと言われる。パチンコ機はパチンコホールが釘調整(厳密には違法)で利益をコントロールしているのが現状であり平等とは言えない。

 そこで考案されているのが、ECO遊技機(封入式パチンコ機)である。玉は機械内を循環する仕組みで、封入密閉であることから釘の調整や基盤変更が物理的にできない。客観的な透明性が確保され、合法化に一歩近づくというわけだ。

 パチンコメーカーSANKYOは遊技機の特許を最も多く保有し、関係者は「毎年50億円程度の特許使用料収入がある模様」と話す。封入式パチンコ機に関する数多くの特許も10年以上前から出願し、取得している。

 12年末時点の全国のパチンコ機台数は約300万台。合法化の流れが加速し、規則改正となれば、パチンコホールは封入式パチンコ機に入れ替えなければならなくなる可能性がある。封入式パチンコは「1台100万円程度」(関係者)と言われており、すべて置き換えられると、3兆円規模の金銭がホール側からメーカー側に流れることになる。封入式の多くの特許を有するSANKYOは他社が作った封入式パチンコ機が売れたとしても特許使用料が入る。SANKYOにとってはカジノ解禁そのものより、パチンコ合法化に関心がある。

 「グレーゾーンだから儲けることができる。ヘタに動いて目立つことはむしろマイナス」と話すパチンコ業界関係者も多く、今のところ各社の動きに統一感はない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

『半沢直樹』高木役が志垣太郎から三浦浩一に 理由に緘口令

 8月25日に第二部として東京編がスタートしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)は、関西地区で平均視聴率32.8%を記録した。いかにも悪そうな新キャラが続々参戦しているが、そんななか、実は第1話に登場していた志垣太郎(61才)が降板し、第4話から三浦浩一(59才)に代わっているのだ。

「いくら脇役とはいえ、これだけの人気ドラマでの降板は異例のこと。しかも代役が立っているのに発表がないのは異例といえます」(テレビ局関係者)

 同ドラマの公式サイトの出演者欄を見てみると、「大阪西支店」のキャスト一覧に志垣は「高木」として名前が残っている。しかし、「東京本部」のキャスト一覧では「高木」は「高木専務」と役名が少し変わり、志垣の名前は消え三浦の名前が記されている。

「もちろんふたりは同一人物だと思いますよ。1話のラストで志垣は頭取と常務と一緒に東京本部で登場するシーンがあり、それは明らかに専務の立ち位置でしたから。三浦さんの出演が決まったのは、7月に入ってからだと聞いています。変更の理由は箝口令がしかれているんです。ただ、ギャラに関しては出演交渉の段階で済ませているので、原因ではないでしょう」(芸能関係者)

 となると病気や怪我だろうか? しかし女性セブンは、6月中旬頃、ある意味、元気な志垣を目撃していた。それは、彼が家族で常連になっている、都内にあるもんじゃ焼き店での出来事だった。

「だから、お前は…。それじゃダメなんだ!」

 志垣がそう怒鳴っていた相手は彼の息子だった。その数日後も同店を訪れた志垣は、30代に見えるその息子に再び声を荒らげていた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

なぜ成功する人は“パクリ”が上手いのか

テレビ東京の番組「美の巨人たち」を見る。

ルネッサンスを代表する3名の芸術家、科学のダビンチ、情熱のミケランジェロ、そして調和のラファエロ。

中でもラファエロは天才的に優れた、”パクリ”の名人だったようだ。

ダビンチからは輪郭をぼやかす手法、ミケランジェロからは躍動的な肉体表現をパクる。

パクリは決して悪いことではない。

相手の優れたものを、一旦吸収して、それに自分の独創を入れ込むのが“パクリ”。

戦略コミュニケーションの世界では“パクリ力”がないと大成しない。

パクリとは様々な視点や発想に敏感に反応、それらと接することにより自分独創の視点、発想を生み出す力である。

真似とパクリは違う。

パクるためには意味付ける感度が問われる。

5分前に相手から聞いた視点に独自の意味付けを行い、新たな発想として別の相手に話すチカラである。

真似では独自の意味付けが無いため、もたない、相手に見透かされる。

自分はどうやってこのパクリ力なるものを鍛えてきたかと言うと、やはり、マスコミ、ジャーナリストとの継続的な対話である。

今までに国内外ほぼ2000人程のジャーナリストとの接点を持つ。

彼らとの長年のやり取りの中でパクリと云うチカラを培ってきた。

対話と言っても、どちらかと言うと格闘技である。マスコミvs広報 ・PRと云う構造の中での対話であるため、守る攻めるの戦いである。

どれだけ記者の人にこちらの視点、発想を打ち込み、納得してもらうかが勝負である。

相手も視点、発想のプロである。なかなか手強い。なまじっかな視点、発想ではあっという間に撃墜されてしまう。

対話がもたない。こちらのメッセージも届かない。

このような状況では、ほって置いても自ずと新たな視点、発想を生み出す意味付け力が備わってくる。

意味付け力を培う相手としてはジャーナリストに限らない、政治家、政策スタッフ、有識者など多様だが、マスコミのように攻める守るの構図がある方が圧倒的にパクリ力向上には役に立つ。

パクリの天才、ラファエロを最も研究したくなった。


☆ご感想・コメント等はFacebook Pageへお願いいたします。→http://www.facebook.com/StrategicCommunication


*「コミュニケーション百景」。このシリーズのモットーは“コミュニケーションを24時間考える”です。寝ても覚めてもコミュニケーションを考えることを信条にしています。コミュニケーションでいろいろと思いつくことを書き綴っていきたいと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~筆者経歴~~~~~~~~~~~~~~~~~

田中 慎一
フライシュマン・ヒラード・ジャパン 代表取締役社長

1978年、本田技研工業入社。
83年よりワシントンDCに駐在、米国における政府議会対策、マスコミ対策を担当。1994年~97年にかけ、セガ・エンタープライズの海外事業展開を担当。1997年にフライシュマン・ヒラードに参画し日本オフィスを立ち上げ、代表取締役に就任。日本の戦略コミュニケーション・コンサルタントの第一人者。近著に「オバマ戦略のカラクリ」「破壊者の流儀 不確かな社会を生き抜く”したたかさ”を学ぶ 」(共にアスキー新書)がある。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動