FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

公益大生殺害で幼なじみ逮捕、凶行なぜ? 実家周辺は絶句と涙

 明るく真面目で、友人も多い青年の命を奪った容疑者は幼なじみだった。東北公益文科大2年の設楽亮介さん=当時(19)=が刺殺された事件で、同大に通う同学年の男子学生(20)が23日、逮捕された。同じ学区で育ち、大学で再会した2人の間に何があったのか。非情な現実に、関係者の口は一様に重かった。

 容疑者の元少年と設楽さんは山形市内の同じ公立小中学校を卒業した同窓生だった。市北西部の学区内でともに育った。中学を卒業後、元少年は私立高、設楽さんは県立高に進学し、大学で再会した。「信じられない」。幼いころの2人を知る周辺住民は元少年の逮捕にショックを隠せない。

 「あいつが…」。小中学校で同級生だった大学生の男性(19)は絶句した。元少年とは小学校時に2年間、同じスポーツ少年団に所属した。「ひっそりと遊ぶ感じで、あまり友達はいなかったと思う」。2人が一緒に遊んでいる姿は記憶にない。

 スポ少で元少年を指導した60代の男性は「まじめに練習に励んでいた。人のことを気遣える優しい子だったのに」と振り返る。近くの40代主婦も「とても人を殺すようには見えない」と元少年の印象を語り、涙を浮かべた。この主婦も2人が特別に親しかった記憶はないという。

 元少年の逮捕後、設楽さんの父は山形新聞の取材に応じ「犯人が逮捕されたことで、亮介も安心していると思う」と静かに話した。元少年の父とは消防団活動を通じて知り合いだったという。

 一方、元少年の実家は夜になっても電気が消えたままだったが、午後8時すぎに親族とみられる女性が玄関から出てきた。記者の質問には答えず、迎えの車で外出した。

元少年のアパート、捜査員正午すぎまで捜索
 酒田市にある元少年の自宅アパートでは、10人ほどの捜査員が23日午前中から居室内や玄関付近の家宅捜索と鑑識作業を行った。終了したのは正午すぎ。捜査員は室内で押収した物品を入れたとみられる段ボール箱1個をワゴン車に積み、その場を離れた。

「知らない」「実は友達」不自然な受け答え
 逮捕された元少年について、一部の学生の間では事件発生直後から「犯人ではないか」とのうわさが広まっていた。寮生活をしていた1年生のころ、寮生共有のゲーム機を壊したり、友人が所有するポスターを破ったりしたことがあったといい、学生の1人は「切れたら何をしでかすか分からないタイプ」と話していた。捜査本部も早い段階でこうした情報を得ていた。

 元少年は設楽さんの遺体が発見された5月29日、酒田市内の小売店でアルバイト採用の面接を受けた。店の関係者によると、6月1日から勤務することになったが、当日朝になって本人から「今週は設楽君の葬式があり、いろいろ落ち着かないので、当面は勤務シフトに組み入れるのを待ってほしい」との電話があった。

 一方で、事件後の本紙記者の取材に対し、元少年は不自然な受け答えをしていた。設楽さんの葬儀があった6月3日夜、酒田市の自宅アパートで取材に応じた元少年は、葬儀に参列していたにもかかわらず「(設楽君は)同級生だが、知らない」と回答。しかし、数分後に記者が再度部屋を訪ねてインターホン越しに質問すると「実は友達だった」と説明を一転させ、「もう言うことはない」と一方的に話を打ち切った。

車乗り継ぎ、庄内署へ
 通勤、通学の車と歩行者の往来が慌ただしくなった23日午前7時42分、容疑者の元少年(20)は酒田市内のアパートから姿を現した。オレンジ色のTシャツに白いジャージー。手には紺色のバッグを持っていた。一緒に出てきた男性が付き添い、近くの路上に停車していた白いワゴン車に乗り込んだ。取り調べが行われた庄内署に姿を見せたのは、それから約30分後。出発時とは違う紫色の乗用車の後部座席から降りると、捜査員に促されるようにして庁舎に入った。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

元管理人、「譲渡」後も「2ちゃん」から広告料

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」の元管理人・西村博之氏(36)が、同掲示板を管理・運営する権利を海外法人へ「譲渡した」と公表した2009年以降も、同掲示板の広告収入約3億5000万円を受け取っていたことが関係者の話で分かった。

 西村氏はうち約1億円について、東京国税局から申告漏れを指摘されたという。譲渡後も同掲示板と密接な関係だったことが、金銭面から裏付けられた。

 西村氏が自身のブログで2ちゃんねるの譲渡を公表したのは09年1月。譲渡先とされたのは、シンガポールに法人登記されていた「パケット・モンスター社」だった。同年6月に出版した著書「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」では「管理人を外れ、アドバイザーもしくは単なるユーザーになった」などと記していた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

GACKTさんの女性暴行事実なし 警視庁が捜査結果を書類送付

 人気歌手のGACKT(ガクト)さん(40)から性的暴行を受けたなどとして、20代の女性が警視庁に被害を訴え、同庁が強姦(ごうかん)と強制わいせつの罪で捜査し、「犯罪事実なし」との捜査結果を東京地検に書類送付していたことが23日、警察関係者への取材で分かった。地検はガクトさんを不起訴処分とした。

 警察関係者によると、女性は平成23年9月、ガクトさんに酒に酔わされた上、強引に車の中に押し込まれ、わいせつな行為をされたと主張。さらに、ガクトさんの自宅に連れ込まれ、乱暴されたと訴えていた。

 警視庁はガクトさんや女性のほか、直前に2人が立ち寄った飲食店関係者らに事情聴取するなどして捜査。その結果、食事をしたことや自宅に行ったことは確認されたが、車内や自宅で性的暴行を受けたという訴えについては「客観的証拠がない」と判断した。

 女性は今年4月になって、警視庁に強制わいせつと強姦の罪で被害届を提出、受理された。警察当局は被害届を受理した場合、捜査結果を検察当局に送付しなければならない。警視庁は6月下旬に「犯罪事実なし」との捜査結果を送付し、地検が即日、不起訴処分とした。

 この騒動をめぐっては、5月に一部週刊誌が女性の主張に基づく記事を掲載し、ガクトさん側が「自宅には招いたが、暴行の事実は一切なかった」と反論していた。ガクトさんの所属事務所は産経新聞の取材に対し、「困惑していたのでほっとしている。今後については弁護士に任せており、(ガクトさん)本人からの回答は控えたい」とコメントした。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |