FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

<はだしのゲン>松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」

 漫画家の故中沢啓治さんが自らの被爆体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」について、松江市教委が市内の全小中学校に対し、児童生徒に貸し出さないよう要請していたことが分かった。「描写が過激」として昨年12月、教師の許可なく自由に閲覧できない閉架措置を求め、全校が応じていた。出版している汐文社(ちょうぶんしゃ)(東京都)によると、学校現場におけるこうした措置は聞いたことがないという。

【どう思いますか?】写真で見る「はだしのゲン」の原画

 ゲンは1973年に連載が始まり、87年に第1部が完結した。原爆被害を伝える作品として教育現場で広く活用され、約20カ国語に翻訳されている。

 松江市では昨年8月、市民から「間違った歴史認識を植え付ける」として学校図書室から撤去を求める陳情が市議会に提出された。同12月の本会議で全会一致で不採択となったが、市教委が漫画の内容を改めて確認。「首を切ったり、女性への性的な乱暴シーンが小中学生には過激」と判断し、その月の校長会でゲンを閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めた。

 現在、市内の小中学校49校のうち39校がゲンを全巻保有しているが、全て閉架措置を取っている。古川康徳・副教育長は「ゲンは平和教育として非常に重要な教材。教員の指導で読んだり、授業で使うのは問題ないが、過激なシーンを判断の付かない小中学生が自由に持ち出して見るのは不適切と判断した」と説明する。

 一方、汐文社の政門一芳社長は「原爆の悲惨さを子供に知ってもらいたいとの願いで描かれた作品。閉架によって風化しないか心配だ。こんなに悲しいことはない」と訴える。

 「ゲン」を研究する京都精華大マンガ学部の吉村和真教授は「海外で注目される中、松江市教委の判断は逆行している。ゲンは図書館や学校で初めて手にした人が多い。機会が失われる影響を考えてほしい。代わりにどんな方法で戦争や原爆の記憶を継承していくのか」と話した。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

子ども相談電話、75%つながらず…聞き手不足

 全国のNPOなど76団体が連携し、いじめなどの子どもの悩みを聞く民間相談電話「チャイルドライン」への電話が年々増加し、2012年度は80万件を超え、4回に1回しかつながらなかった。

 聞き手のボランティアや回線の数が電話の増加に追いついていないためで、関係者は「子どもの悩みを受け止められるよう、聞き手の確保などを進めたい」としている。

 チャイルドラインは、全国共通のフリーダイヤルに電話すると参加団体の相談電話につながる仕組みで、聞き手のボランティアが子どもたちの声に耳を傾ける。年間約2000万円の通話料は寄付などで賄っている。

 NPO法人「チャイルドライン支援センター」(東京)によると、12年度の共通ダイヤルへの発信件数は82万1591件で、フリーダイヤルを本格的に導入した09年度に比べて10万件近く増加。一方、12年度に電話がつながったのは21万4643件(受信率26・1%)で、回線が塞がってつながらずに相談をあきらめる子どもも少なくないとみられる。

 全国で約2000人が聞き手として登録しているが、ボランティアのため活動できる日数は限られており、要員確保は多くの団体に共通する悩み。熊本、沖縄両県の団体は要員不足のため、今年度から相談事業を休止した。現在、一番多い時で35回線で電話を受けているが、要員や費用の面などから、大幅に回線を増やすことは難しいという。

 47人が登録している福岡市のNPO法人・チャイルドライン「もしもしキモチ」でも、日常的に活動できる人は大学生や会社員など10人足らず。登録前に半年かけて研修を行うが、受講者は年々減少し、登録する人も半数程度にとどまる。深刻な相談も多いため、臨床心理士がサポートするなどしているが、尻込みする人も少なくないという。

 東京の13団体は、これまで別々に行ってきた聞き手の募集を今年から一本化。PR活動に力を入れ、新たなボランティアの掘り起こしを進めている。

 同センターの高橋俊行事務局長は「多くの人に協力を呼びかけて要員や回線を増やし、子どもの悩みを漏らさず聞ける態勢をつくりたい」としている。(後田ひろえ)

 ◆チャイルドライン=18歳以下を対象とした相談電話。世界130か国以上で同様の取り組みが行われている。日本では1998年に東京都で始まり、現在、44都道府県の76団体が参加。月~土曜日の午後4~9時、全国共通ダイヤル(0120・99・7777)に電話すると近くの参加団体につながる。名前は名乗らなくてよい▽秘密を守る▽切りたい時に切ってよい▽どんなことも一緒に考える――との“四つの約束”を掲げている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

さんまにもたけしにもないタモリだけが持つ凄さとは

先日、ある仕事でタモリさんにお会いすることがあった。タモリさんと言えば「笑っていいとも」を筆頭に冠番組が長寿番組になっているものばかりだ。

さんまさんのように毒があったり、自分が回しやすい出演者を固めるわけでもなく、たけしさんのように人と違う視点や表現をするタイプでもない。確かにいろいろな方面で博学だが、押し出しが強いタイプではないが、間違いなく日本を代表する司会者だ。

タモリさんはお会いしても、芸能人オーラをこれでもかと出すわけでもない。いたって飄々としている。実は前日にたまたまある店で江原啓之さんをお見かけしたり、その数日前に別の芸能人の方とお会いするなど、普段はあまりお会い出来ない方々との接点が多い一週間だったのだが、タモリさんの凄さを表現するのは難しい。ただ数十年間続く長寿番組を維持し続けていることは、力もあり、知名度もある司会者の方でも難しいものだ。

今日お会いすることがあり、タモリさんの凄さが少し分かったような気がした。タモリさんの凄さは、人のことを悪く言わない凄さなのだ。つまり、根底にやさしさがあるから、共演者との空気が和気あいあいとしているのがテレビを通してもにじみ出て来る。そして、ただ優しいだけではない。

共演者同士のやりとりがネガティブな要素が含まれていたりすると、すかさずフォローの短い一言を入れるのだ。このネガティブな要素とは共演者だけでなく、スタッフであったり、スポンサーだったり、テレビの前の視聴者だったりする。また、全体の話の流れが淀んだりすると、面白い面白くないではなく自分からおどけてみせたりすることで、場の空気を戻そうとする。こんな能力を持つ司会者は他にはいない。

さんまさんも、たけしさんも、最近で言うなら上田さんも、この能力はない。タモリさんだけが持つ稀有な力だ。だから「笑っていいとも」でも「タモリ倶楽部」でも「ブラタモリ」でも、なんとなく観てしまい、なんとなく笑っているのだが、観終わった後に、強烈な印象は残らないのだ。タモリさん自身が強烈な印象を残そうとせず、その場の空気全体が楽しい雰囲気になるようにリードしているのだから、これは最高の結果なのだ。

「笑っていいとも」は毎週月曜日から金曜日まで放映している。タモリさんほど活躍した人ならば、正直これ以上働かなくてもまったく問題ないはずだが、それでも黙々と番組に出続けている。普通の人ならば、有名になりたいとか、お金を持ったら休みをもらって旅行したいとか「欲」があるはずだが、タモリさんにはそれも感じられない。かといって、取り巻き芸能人グループを作って、飲んだくれているわけでもない。

タモリさんが「笑っていいとも」を始める前には、キワもの的な存在だったときく。私はその時代を残念ながら知らない。ただ、その時代を経て、今はあらゆるものを達観した存在のようになっている。

もし、タモリさんの後継者がいるとしたら有吉さんなのかと思う。今は毒舌を売りにしているが、有吉さんの毒舌の裏には優しさがにじみ出ている。あと数年~十数年すれば、もしかしたら若き日のタモリさんが変わっていったように変わるかもしれない。タモリさんも苦労した時代が若い頃はあったそうだが、有吉さんも猿岩石時代の絶頂と苦労を味わっている。

ただ、タモリさんのような存在は、もう出ない存在なのかもしれないとも思うのだ。学びを頂いた一日だった。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ドイツが世界一韓国嫌いなワケ 「恩を仇で…」過激な嫌韓行為も〜日韓は意外に友好的?

 日韓関係が冷え込んで久しい。思えば、2012年8月10日、李明博大統領が竹島に上陸したことをきっかけに、両国の関係はいっそう悪化の一途を辿ったと見ることができる。それを表すように、韓国を訪れる日本人観光客数は、同年3月に月間36万人と過去最高に達したものの、9月以降は前年割れが続いている。

 現在の日韓関係は、世界的に見ても、険悪ムードなのだろうか。そして日本人の多くが“嫌韓”なのだろうか。

 それを知る客観的なデータとして、イギリスBBC放送が行っている世界16カ国とEUを対象にした“国家イメージアンケート”が参考になる。全25カ国を対象にした同アンケートを見ると、日本人の韓国に対する評価は、肯定派19%、否定派28%。意外にも、どちらでもないと考えている層が過半数を超えており、“嫌韓層”ともいえる否定派は、2割台にすぎなかった。韓国否定派が約5割のフランス(47%)やメキシコ(45%)、4割のカナダ(41%)やイギリス(40%)と比較すると、日本人の韓国に対する評価は、相対的に悪くないのだ。

 では、最も韓国を否定的に評価した国はどこかというと、2位フランスに大差をつける、否定派65%のドイツである。

●ドイツ人が韓国を嫌う理由

 なぜドイツは、それほどまでに韓国を嫌うのだろうか。ドイツ留学経験を持つある韓国人は自身のブログで、「ドイツの人たちはとても秩序があり、規則的。それに比べて韓国人は、無秩序で、ラフな人が多い。私たちは、我の強い国民性をどんなときでも堅持する。さらに、自分たちの非を直そうとしないから嫌われていると思う」と、その理由を分析。

 また、韓国のネチズン(ネット上の市民)たちは、「韓日ワールドカップで韓国がドイツと対戦した際、『ヒットラーの子孫たちは去れ!』というプラカードを掲げたことを根に持っているのでは」「ロンドン五輪のとき、ドイツのフェンシング選手のフェイスブックに、韓国人がサイバー攻撃をしたことが原因」などと憶測している。

 しかし、ドイツの韓国嫌いには、もう少し複雑な社会背景があるという見方もある。ドイツ在住のある日本人女性は、こう話す。

 「ドイツの知人らの話を総合してみると、一つは、韓国企業がドイツ経済に影響を与えているという点にあると言えます。『経済至上主義』に映る韓国企業のイメージは、ドイツではあまり好まれません。もう一つ挙げるとすると、分断国家であるということ。統一を果たしたドイツにしてみれば、分断状況にあるコリアには『何か問題がある』という印象を持つ傾向があります」

 そもそも韓国は1960年代、ドイツの協力を受けて経済発展を実現し、90年代後半IMF経済危機に陥ったときも、ドイツに大規模な経済使節団を派遣してもらった過去を持っている。それが昨今、グローバル事業を展開する韓国企業が増え、ドイツの輸出業を脅かしているというのだから、ドイツからすれば恩を仇で返されたように映るのかもしれない。ドイツと韓国は世界的に見ても輸出依存度が高い国家であるため、経済面での対立は容易に想像できる。

 また先述の通り、朝鮮半島が分断状況にあるということも、イメージが悪い一因だという。戦後補償を真摯に履行するドイツからすると、韓国はいまだに“戦後問題を抱えたままの国”と見えてしまうわけだ。ちなみに、韓国は戦後補償問題について日本を非難する際、「日本に比べて、同じ敗戦国のドイツは……」と、ドイツをロールモデルとして議論する傾向が強い。前出したBBCアンケートでも、韓国人のドイツ否定派はわずか8%にすぎず、肯定派は76%にも上っている。

 にもかかわらず、ドイツにおける“嫌韓行為”は犯罪にまで発展しているのだから皮肉だ。例えば、2011年7月、ドイツのマグデブルクに住む韓国人女性が2人の子どもを連れて遊園地に向かう途中、とあるドイツ人女性からタバコを投げつけられるという事件があった。韓国人女性が抗議すると、そのドイツ人女性は彼女を殴打。さらに大声で「目が小さい!」と叫びながら、韓国人女性の首を絞めたという。当然だが、そのドイツ人女性は、警察に逮捕されている。日本のいわゆる嫌韓層は、主にネットを通じて韓国を誹謗・中傷することが多いが、ドイツでは犯罪まで起きているため、事態はより深刻と言わざるを得ない。

 世界一、韓国を嫌う国・ドイツ。それに比べると、韓国否定派が25カ国中13位タイにすぎない日本は、まだまだ“韓国嫌いな国”とは言えなそうだ。今年も終戦記念日を前後して、日韓でひと悶着ありそうだが、ドイツをはじめとした世界各国は、「それほど仲が悪いわけでもないのに…」と冷めた目で両国を見ているのかもしれない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

マンガ『進撃の巨人』、韓国で異例の大ブーム&社会現象化のワケと裏側~日韓同時放送も

 どう見たって強そうに見えないが驚くほどの大きな体で、なんの理由もなく人間たちを食い尽くす巨人たち。その巨人が、日本はおろか海を越えて韓国にまで進撃している。

 新人作家・諫山創によって2009年から別冊少年マガジン(講談社)で連載中の人気コミック『進撃の巨人』。単行本は現在11巻まで発売。各種漫画賞レースを総なめにし、累計発行部数2000万部を超える大人気作だ。13年4月からはテレビアニメ化がスタートし、14年には実写映画化も予定されている。現在、日本で絶大なる支持を得ているこの作品が、韓国でも大ブームを巻き起こしているのだ。

●異例の日韓同時放送

 アニメ『進撃の巨人』は、とどまるところを知らない人気ぶりである。第1話がTOKYO MXテレビで放映された4月7日、韓国最大のポータルサイト・NAVERでは「進撃の巨人」がリアルタイム検索キーワードランキングで1位になった。日本での放映だったにもかかわらず、韓国のファンたちの間ではアニメがどんな仕上がりなのかがツイッターやFacebookで話題となり、「早く韓国でも見たい!」などの期待が集められたのだ。

 そんな関心の高さに応えるかのごとく、それから3日後の4月10日にはアニメ『進撃の巨人』の韓国内版権を持つ日本アニメ専門チャンネル「アニプラス」で第1話が放映。たった3日のタイムラグでのオンエアは異例ともいえる。

 しかし、この3日のタイムラグすら耐えられず待ちきれないという要望が「アニプラス」に殺到。抗議にも近いその熱い要望に驚いたアニプラスは、第10話からTOKYO MXでの放送時刻とまったく同じ毎週日曜日午後11時30分という「日韓同時進行」で放映を行っている。韓国では98年から順次、日本の大衆文化のオンエアを開放してきたが、「日韓同時進行」は珍しい。それだけ『進撃の巨人』人気が凄まじいことを物語っている。

 それだけではない。話題の主題歌「紅蓮の弓矢」が収録されたLinked Horizonのシングル『自由への進撃』も、日韓ほぼ同じ時期に発売。澤野弘之によるオリジナルサウンドトラック(OST)も正式発売された。いくら日本のアニメが人気とはいえ、主題歌やOSTまでほぼ同時に発売されることは、韓国ではめったにないことだ。

 「WEB TOON」と呼ばれるインターネット上の漫画が市場を占領し、紙の漫画がまったく売れなくなった韓国で、11年から正式翻訳出版されているコミックスも35万部以上の売り上げを記録。漫画では異例の総合ベストセラー・ランキングで4位まで上がった点も、その人気の高さを物語る。

●社会現象まで引き起こす

 まさに、日本はもちろん、韓国でも“快進撃”を巻き起こしている『進撃の巨人』。日本発のアニメが、日本と同時期に韓国でも盛り上がり、社会現象にまでなるのは、とても珍しい。もともと韓国の若者たちの中には、日本の漫画やアニメ・ゲームのようなサブカルチャーを好む“トクフ”(日本の“オタク”と同じ意味)が潜在的に多いとされてきたが、『進撃の巨人』は“トクフ”だけじゃなく、流行に敏感な小・中・高校生や20・30代はもちろん、中年世代からも「一度見てみたい」という声が増えているほどだ。韓国では19歳未満視聴禁止の指定を受けている『進撃の巨人』だが、そのことを気にする人もほとんどいない。極端な話、まるでジブリ作品のような大作として扱われる不思議な現象が起きている。

 それどころか、作品の設定やタイトルからアイディアを得たパロディもあふれている。MBC放送の人気バラエティ番組『無限挑戦』では、怪力を誇るとある番組レギュラーのことを巨人に例えて「進撃の○○」と名付けたり、新聞の4コマ漫画では元大統領府代弁人をこれまた巨人として風刺したりなど、韓国では最近「進撃の○○」「○○の巨人」という造語を、よく目と耳にするようになった。

 これまで韓国では「進撃」という単語そのものが日常的にあまり使われない単語だったが、その独特な語感を日常に持ち込むことで面白さを感じている人々が増えているのだ。

 釜山に暮らす20代の男性はこう語る。

 「職場で営業成績が良い者がいると“進撃の○○”と呼んだりするし、態度が横柄だったり、図体がでかいと“釜山の巨人”というあだ名がつく。ネットにもいろんなパロディ動画が上がっているので、それを真似てみたり。話題は尽きませんよ」

 実際、TwitterやFacebookといったSNSやブログ上では、『進撃の巨人』に関する話題が後を絶たない。キャラクターの役割と秘密、巨人の正体、どんな結末なのかについてのネタバレや推測、解釈も活発に行われている。作品の地名、キャラクター名などが北欧の神話と似ていることを細かく分析したり、「抑圧されている人類は、長い不景気によって無気力になった日本人を象徴する」という主張など、作品をめぐって、さまざまな解釈ができるのも、多くの韓国人がこの作品に熱狂する理由の一つである。

 その一方で、10年に原作者の諫山創のブログが波紋を呼んだ。作品中のキャラクターであるピクシス司令のモデルが、日本騎兵の父といわれた旧陸軍軍人秋山好古で、彼を尊敬するといったコメントや、ミカサというヒロインの名前の由来は戦艦「三笠」からだという点を挙げて、「諫山の政治的性向が右傾している」「軍国主義的な話なので見てはいけない」と主張する人たちも出てきた。挙げ句の果てには今年6月、反日感情むき出しにした韓国人読者が、諫山のブログを荒らす事件も起きた。明るい未来を語ろうとする作品に、過去の話を押し付けて足を引っ張るのは残念なことだが、それはこの作品が韓国でもたくさんのファンに支持を得ていて、大きく注目されている証拠でもある。

●人間は、巨人よりもっと偉大な存在

 ある映画評論家は、ケーブルテレビ番組で『進撃の巨人』を称賛し、「政治的に解釈せずに、純粋な漫画として、作品自体を楽しむべきだ」と主張。また、大衆文化評論家たちは、「圧倒的な巨人の存在とちっぽけな人間の死を見ると、人間の尊厳を疑うようになる。その気持ち悪さは我々の不安と恐怖に似ている」「若者たちがこの作品に感情を移入する理由は、巨人を不安な未来に見立て、自分たちも戦おうとする気持ちになるから」など、作品に対するさまざまな意見を出しながら人気の理由を探っている。

 「巨人の正体についてのミステリアスな設定こそが、この作品の一番の人気要素であり、巨人は何にでも例えられるカオスな存在だからこそ、この作品が大きな力を持つ」という分析もある。

 確かに『進撃の巨人』の世界の中で生きる人類は、閉塞感に苦しみ、絶望的かのようにも映る。それは今の日本と韓国が置かれた政治・経済・社会的状況と似ており、現実の問題が投影されていると言えなくもない。

 ただ、個人的に共感を覚え、日本のファンたちにお伝えしたいのは、文化評論家として韓国で有名なムンガン・ヒョンジュン氏の分析と提言である。

 「人間は巨人になれるけど、意志のない巨人は巨人以上にはなれない。だったら、人間は巨人よりもっと偉大な存在ではないか」

 一見すると謎かけのように思える言葉だが、『進撃の巨人』には誰もが忘れがちな“人間の尊厳”が隠れ潜んでいる。

 日本人や韓国人に限らず、誰もが一度ぐらいは蟻を指でブチュッとつぶした経験があると思う。その瞬間、蟻にとっては人間が巨人であり、理解不能な存在だったはずだ。『進撃の巨人』を見ていると、そんな哲学的なことまで考えてしまうのは、韓国人だけではあるまい。

 外の世界に対する好奇心と強い意志を持つ主人公・エレンの生き様は、人間として生まれたからには家畜とは違う何かを、すなわち自分なりの革命をなすべきだと言っているようでもある。もしかすると、その静かだが強烈なテーマ性こそが、『進撃の巨人』が日本はおろか韓国でも支持される理由なのかもしれない。

 まだまだ先が長い『進撃の巨人』。展開によっては韓国での評価は変わるかもしれないが、とりあえず今は日韓両国の楽しめる作品が誕生したことを素直に喜びながら、その行く末を見守っていきたい。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動