FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

婚活ビジネス、会員数減のカラクリ…相次ぐ独自サービスは晩婚化を救えるか?

 婚活ブームを経た2013年の現在、ネット婚活サイトや結婚相談所の会員数は減少しているという。『「婚活」時代』(ディスカヴァー携書/山田昌弘・白河桃子)が刊行されてから5年。同書をきっかけに、「婚活」という言葉が社会現象になり、同じくして結婚相談所やネットの婚活サイトの会員数が増加した。

「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/10年3月27日号)の記事『勢いに乗る婚活サイト“すれ違う”結婚相談所』によると、ネットの婚活サイト最大手「エキサイト恋愛結婚」の会員数が2万9301名、結婚相談所最大手「オーネット」の会員数は4万8598名だ。その後、東日本大震災を経て「無縁社会」が叫ばれるようになり、より一層「結婚したい」という声が大きくなっているように感じるが、大手の婚活支援サイトや結婚相談所の登録者数に変動はあるのだろうか。

●大手3社の動向

 現在、「エキサイト恋愛結婚」の会員数は2万7859名(13年7月18日時点)、「オーネット」の会員数は3万9037名(13年1月時点)。大手結婚相談所「ツヴァイ」も10年の3万9000人から3万6320名(12年2月時点)と会員数を減らしている。

 この変動について、各社に話を聞いてみた。

(1)エキサイト恋愛結婚

「婚活を頑張られた結果、結婚によって退会する方が多いですね。単純に会員数が増えるだけが、私どものビジネスの性質上いいとは限らないんです。累計の入会者数は19万8886名になっています」

(2)オーネット

「08年からサービスの見直しでプランを変えたため、それが原因で減少したと考えています。12年には1万8929名の入会者がありましたが、4026人もの方が成婚されて退会しています」

 いずれも、成婚による退会数へ言及しており、「ツヴァイ」の第29期有価証券報告書によると、「対処すべき課題」として「成婚退会率の向上」が挙げられている。つまり、婚活をあきらめて退会するのではなく、結婚してやめる人が増えてほしい、と考えているということだ。結婚相談所は会員が純増し続ければよいのではなく、より多く入会してもらい、より多く結婚・退会してもらうことが大事ということだ。

●独自サービスを打ち出す結婚相談所も

 一方、ネット婚活サイトや結婚相談所が多数の会員を集めようとする中、独自の広報戦略でターゲットを絞って会員を集める結婚相談所がある。

 例えば「ブライダル」では、新聞広告のほかに有名大学の卒業生向けの同窓会誌に広告を出し、これらの大学の卒業生には登録料50%オフなどの優遇策を打ち出している。同社の営業戦略を聞いたところ、「男性の方については、大卒以上の方に入会してもらいたいと考えています。そのため、広告を同窓会誌などに出しているのです。あらかじめターゲットを絞りこむことで“質”に強みを持つことを目的としています」と、明確な返答が返ってきた。

 厚生労働省の発表によれば、11年の平均初婚年齢は男性30.7歳、女性29.0歳であり、東京都では、男性31.9歳、女性30.1歳。都会ではより一層晩婚化が進んでいるのだ。婚活サイトや相談所の登録者数が減っているからといって、実生活での出会いが増えているという単純な話ではない。

 晩婚化が進む現在、婚活ビジネスはより興隆する可能性は高い。各社が今以上に力を尽くし婚活ビジネスを発展させれば、より多くの人々が家族という未来を思い描けるようになるかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

30代半ば女子には参加できる婚活パーティがない? 迷走するアラサーたちの現実

 現在、日本では30代前半男性の2人に1人が独身、女性も3人に1人が独身といわれ、2000年の電通による調査では、婚活市場の規模は300億円だったものが、07年の経済産業省の調査では600億円へと成長、年々増加の一途をたどっている。中でも「婚活パーティ」に対する人気は根強いが、最近ではその傾向に少し変化が見られるという。

 これまでの婚活パーティは「有名大学卒業」「年収1000万以上」など、男性に求める条件もざっくりしたものが多かった。実際、筆者も何度か参加したことがあるが、身分証以外の提示は求められないために、「男性は年収1000万円以上限定」のパーティに参加しても「実は高校卒」「実は年収300万円」という男性がごろごろいたものだ。

 しかも、そういう彼らは悪びれることなく、ナンパ感覚で参加していることが多い。女性にとっては、オシャレをして、気合を入れ、「狙いを定めて臨んでいる」にもかかわらず、ふたを開けてみたら理想とはかけ離れすぎていたというのでは、婚活パーティに参加する意欲も失われてしまう。

 こうした実情があるからか、最近では陸上自衛隊の「駐屯地」をパーティの会場とする催しなどが開かれている。

 駐屯地で行われるのは、男性陣を自衛隊員に限定したパーティだ。また、自衛隊に限らず、消防隊員や地方公務員など、安定的職業に条件を狭めたパーティに人気が集まっているというのだ。

 特に自衛隊員を対象にしたパーティは、東京での開催なのにもかかわらず、関西や九州からも日帰りで参加する女性がいるほどだという。彼らが持つ頼りがいのある体格(筋肉)はもちろん、その安定した収入が何よりの魅力なのだという。
 
 ほかにも、最近人気のパーティとしては、5対5などの少人数であったり、趣味が同じ人同士が集まるものなど、誰でも参加できるというよりは、ターゲットを狭めたものに変化しているといっていい。

●33歳を越えると、参加できるパーティが急激

 ここまでは、男性の条件だけについて書いてきたが、ターゲットが狭まるということは、女性にとって非常に深刻な問題が生まれてくる。

 それは年齢の壁。男性はいくつになっても、というよりむしろ年齢が上がれば年収も地位も上がるので、婚活市場では売り手市場に継続的に参加できる可能性は十分にある。一方の女性は、だいたいが20代限定、よくても32歳まで。いくら若く見られるから、といっても身分証を提示するから、年収のように年齢はごまかせない。だから33歳を超えると、参加できるパーティが急激に減ってしまう。

 現在、私は33歳。20代だった頃は合コンも婚活パーティも結構参加し、それなりに楽しんできたが、今年になって久しぶりに参加してみようとインターネットを調べると、参加できるものがほとんどない……。

「女性が収入や肩書などで男性を選ぶように、男性が女性を選ぶ最初のポイントは年齢。20代女性限定とうたっている会は男性の集まりもいいのですが、30代や40代も可能となると、一気に参加者が減ってしまうんですよ」とはパーティの主催者。

 つまり、女性は30代も半ばになれば、婚活パーティでは参加資格すらなく、結婚相談所に登録しても見向きもされなくなる。普段仕事などで出会いがない限り、婚活のスタートラインにすら立てないという厳しい現状が待っている。

 周囲の独身アラサーたちも、妊娠のリミットギリギリになって結婚を焦るあまり、マンションを買ってみたり、マラソンに参加してみたり、遊びだと明らかにわかる人と付き合ってみたりと、とにかく迷走している人が多い。

「いつかもっといい人が現れる」なんて呑気に構えていた20代の自分自身を恨みたくなるほど、現在の婚活市場は30代女性にとって厳しい状況なのだ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |