1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

なぜ「23人いれば同じ誕生日の人がいる確率は50%」なのか

実は41人いれば確率は90%
この問題は「誕生日の奇跡」と呼ばれ、数学の世界では有名な話だ。「そんなに高い確率になるの」と驚いた人も多かったであろう。

このように「少なくても2人の誕生日が同じ」という場合は、まず「誰も誕生日が一致しない確率」を計算し、起こりうるすべての確率である「1」から引く。その差が「少なくても2人は誕生日が同じ確率」となる。

いまいるのがAとBの2人とする。Aの誕生日は365日のどれでも構わない。一方のBがAの誕生日と違うためには、「365-1=364日」のどれかであればいい。つまり、AとBの誕生日が違う確率は「364÷365」で求められる。

次にCが加わって3人になったらどうなるか。Cが先の2人と違う誕生日ということは「365-2=363日」のどれかであり、その確率は「363÷365」。3人が同時に異なる誕生日である確率は、「364÷365」と「363÷365」を掛け合わせればよい。そして、その計算を人数が増えた分だけ繰り返し、最後に「1」から引けば、その人数で少なくても2人の誕生日が同じ確率になる。

ここで注目したいことは、人数が増えるほど、掛け合わせていく割り算の項の分子の数が小さくなる点である。つまり人数が増えるほど、誰も誕生日が一致しない確率は限りなく「0」に近づいていく。ということは、2人の誕生日が一致する確率は逆に「1」に向けて限りなく大きくなる。

そうやって実際に計算した結果が左のグラフである。確かに23人で50.7%になり、奇跡に思えた誕生日に関するこの問いは、確率として正しいことがわかる。人数がさらに増えると確率はぐんぐん高まり、41人目で90.3%に達する。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

TVはつまらなくなったと7割回答

コラムサイト『瞬刊!リサーチ』が紹介した「テレビ」に関する調査結果がネットで大きな議論を呼んでいる。アンケート会社リサーチパネルが、「昔にくらべて、テレビ番組は全般的にどうなったと感じますか?」というアンケートを行ったところ、

面白くなった:6.7%
変わらない:15.8%
つまらなくなった:71.2%
わからない:6.3%
(回答者数は、17万4805人、『瞬刊!リサーチ』掲載時)

と「つまらなくなった」と答えた人が7割以上にものぼったという。回答のコメント欄をみると、理由は

「バラエティ番組が多く、品位が欠けていていて見る気がしない」
「マンネリ化してる気がする」
「昔と違い娯楽の多様と情報がいろいろなところから取れるようになった」(原文ママ)

といったもの。この調査結果に関する議論は2ちゃんねるにも波及。ニュース速報板にたてられたスレッド「【調査】「昔に比べて、テレビ番組はつまらなくなった」71.2%…リサーチパネル」は半日もたたないうちに3スレッド目を更新し、

「テレビなんて昔からつまらなかったよ。 それをやっと今になってみんな気づいただけ」

という意見があるものの、

「地上波より面白いチャンネルが増えただけ」
「出演者が楽しむだけの番組と
スポンサー様が喜ぶような番組ばっかりだもんな」

と、理由は様々ながら調査結果に納得する声が多数あがっている。また、「基本的にニュースしか見ない。 その分、ネットにシフトした」と、テレビ以外のメディアにより時間を割くようになったという声もあがっている。

実際メディアの利用はどのように変化しているのか。NHKが昨年6月に発表した「生活時間調査からみたメディア利用の現状と変化」によると、確かにテレビを見る人は92年から減少を続けている。特に10代から30代で低く、1995年と2010年の割合を比較すると、10代(男性90%→82%、女性91%→83%)、20代(男性81%→78%、女性90→78%)、30代(男性88%→80%、女性94→86%)と最大8ポイント減少。また平日に、1日にテレビを見る時間でも10代は男性で2時間を切り(1時間50分)、女性も2時間1分と全世代のなかでもっとも短くなっている(ともに2010年の結果)。

“若者のテレビ離れ”が語られて久しく、テレビを見る人の割合や視聴時間は減っているものの、いまだに8割程度の人が見ているテレビ。今これだけ「テレビはつまらなくなった」かどうかが話題になるのも、テレビに対する期待の裏返しかもしれない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ダイエット 具体的な目標ないと続けるのは困難になる

 ダイエットや運動も「実感系」であるべき。それは、運動の効果を実感して達成感を得ることが、やる気につながるという心理があるからこそだ。

「ダイエットは達成感の積み重ね」と語るのは、自らもフルマラソン出場を成功させた心理学教授の戸梶亜紀彦さん。

「具体的な目標がないと、続けるのが困難になるのは当たり前。目標をクリアして達成感につなげる、効果を数字などで一目瞭然化する、この2つが基本です」(戸梶さん)。

 さらに長期、中期、初期の3つの時期に分けて目標を決める「3段階方式」がメンタルコントロールのポイントだ。

【長期目標】
 いつまでにどうなりたいのか、それはどうしてか、この理想像をできるだけ具体的に考える。例えば「結婚前のスタイルに1年で戻りたい。ウエスト5cm減、9号のワンピースで同窓会に出たい」という風に、数字で設定する。数字とイメージの両方があれば、効果が測りやすく、なぜ運動を頑張っているのかがはっきりするのでモチベーションにつながる。運動に飽きたら、ここに立ち返って自分を見つめてみよう。

【中期目標】
 一足飛びにダイエット後の理想である長期目標を叶えるのは難しい。そこで、ちょっと頑張ればたどり着けるご褒美目標を設定する。例えば、1か月後に体重やサイズを測定して記録し、効果が上がっていれば好きなものを食べる、2週間で10km走るなど、努力の積み重ねがわかるようにする。ご褒美の設定は、目標を考える時に一緒に考えておく。トレーニング途中に気分で設定すると、怠慢や甘えにつながるので注意。

【初期目標】
 毎日、あるいは1週間という目先の目標は、理想で立ててはダメ。達成できることを前提に考えることが大切だ。まず、自分はどの程度ならできるのか、生活リズムと体力を考えること。さらに、月水金は運動するという風に厳しく縛ってしまうより、週3回は運動する、というように少しの誤差なら調整ができるようゆとりを持った設定にするのがコツ。自分に合った運動を模索する時期でもあるので、いろいろ試してみるのもあり。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ストレスが寿命を縮める?

 セロトニンという神経伝達物質が心を安定させるが、このセロトニンの原料になるトリプトファンは、肉に多く含まれている。つまり肉を控えていると、セロトニンの量が増えないのだ。
 悪玉コレステロールは、脳にセロトニンを運ぶ役割があり、血中の悪玉コレステロール濃度が低いとうまくセロトニンを運べない。決して『悪』ではないんですね。


◆ストレスが寿命を縮めるこれだけの根拠◆

自他共に認める長寿大国・日本。今年7月の厚生労働省発表によると、2011年の日本人の平均寿命は男性が79.44歳、女性が85.90歳。女性が今回世界2位に下がったとはいえ、依然、世界トップクラスの水準を保っている。

●順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授の白澤卓二氏。

 いまの日本には、百歳以上のお年寄りが約4万8千人いますが、そのうちの7~8割はほぼ寝たきり状態。元気に暮らしているのは2割程度でしょう。


 がんや心臓病といった生活習慣病の防止が思い浮かぶかもしれませんが、認知症と骨粗しょう症も厄介です。


 これらは、一度なってしまったら治療はほぼ不可能ですが、死に直結しない。だから、寝たきりで長生きするというパターンが多いのです。


 これらは予防できますが、病院は予防医学に力を入れていないので、当てになりません。50歳を越えたら、自分自身で予防を始めましょう。

ウォーキングやストレッチをする、規則正しい生活を送る、といったことに日々気を配っていることだろう。
 心の健康対策は、その他の健康対策と同じくらい、いやそれ以上に大切です。ストレスは、長寿にものすごく関係していますから。


 強いストレスを受け続けることは、活性酸素を生み出すことにつながる。
活性酸素とは細胞内にあるミトコンドリアで酸素が消費されるときに生じる、酸素の残り滓のようなもの。
 活性酸素が生まれると、ミトコンドリア自身を攻撃します。そして、細胞自体を壊して老化を促進させる、がん細胞をつくり出す、とさまざまな悪さをするのです。活性酸素が多ければ、それだけ老化は早まってしまいます。


●順天堂大学医学部免疫学特任教授の奥村康氏。

ストレスとNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の関係だ。NK細胞とは、リンパ球に含まれる免疫細胞の1つ。身体に異変がないか、つねに監視を続けている。
 ウイルスが体内に入ってきたり、がん細胞が増えてきたりすると、致命傷になる前に退治する。
 NK細胞が元気なら、そう簡単にがんにはなりません。ところが、NK細胞は、ストレスを受けるとガタンと働きが弱まる、という欠点がある。ただでさえ、NK細胞は50~60歳ぐらいから弱くなりますから、高齢になってから大きなストレスを受けると、非常に弱くなってしまうのです。

 コレステロール値が高いのは問題というのは大間違い。むしろ数値が低いほうが問題です。
そもそもコレステロールとは、身体の細胞を構成する有機化合物。細胞をつくるためには欠かせない物質だ。コレステロールが少ないと、細胞が壊れやすくなる。すると、血管の細胞が弱くなって脳卒中のリスクが高まるし、NK細胞もつくれなくなるので、免疫が下がるというわけだ。

いまは総コレステロール値が 220mg/dl以上だと高コレステロールとみなされますが、大阪府の調査では、男女ともにコレステロール値が 240~260mg/dlのグループが最も死亡率が低かったという結果も出ています。


 私は、心臓が悪い人でなければ、総コレステロール値が 300mg/dlまでなら放置していいと思います。へンに気にして、気に病んでいたらもったいない。

コレステロールには善玉と悪玉がある。悪玉は悪者とされているが、和田氏は悪玉も大事だという。悪玉コレステロールが低い人はうつになりやすく、回復しにくいからだ。

悪玉コレステロールは、脳にセロトニンを運ぶ役割があり、血中の悪玉コレステロール濃度が低いとうまくセロトニンを運べない。決して『悪』ではないんですね。

●国際医療福祉大学大学院教授の和田秀樹氏

 なぜコレステロールは悪者のようにされてきたのか。理由は、循環器病(心臓など)専門医が動脈硬化のリスクが高まると指摘していた。


 過剰なストレスがかかれば、うつ病になる。意欲が低下すれば、脳や身体を使わなくなるので、老化がどんどん進みます」と語る。とくに高齢者は要注意だという。

高齢者はうつになりやすいのです。まず、親や親友など大切な存在を失う『対象喪失』に遭ったり、病気や死に対する不安も起こりやすい。それが原因でうつになる人が少なくありません。


 また歳をとると、心を安定させる働きをもつセロトニンという神経伝達物質の分泌が少なくなります。若い人以上に、気をつけなくてはいけません。

その代表的な例が、牛や豚などの肉の摂取を控えることだ。肥満や動脈硬化を防ぐためとはいえ、行きすぎると思わぬ弊害を招く。うつ病になりやすくなるのだ。

セロトニンという神経伝達物質が心を安定させることはすでに述べたが、このセロトニンの原料になるトリプトファンは、肉に多く含まれている。
つまり肉を控えていると、セロトニンの量が増えないのだ。

 うつ病の治療薬は、セロトニンを脳に取り込みやすくするだけで、セロトニンそのものを増やす働きはありません。だから、元の量が少ないと、薬が効かないのです。
 歳をとると、セロトニンが減るわけですから、若い人以上に肉を食べないといけない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

お金が貯まらない人に共通する生活習慣

*「必要なもの」と「欲しいもの」の区別がついていない

「必要なもの」というのは、人が生きて生活していくために絶対に欠かせないもののことです。衣食住にかかる最低限度のお金がそれに該当します。「欲しいもの」というのは、生きていく上では必ずしも必須とは言えないけれど、あれば人生や生活を豊かにしてくれるもののことです。お金が貯まる人の場合、この両者を明確に区別しているものですが、お金が貯まらない人の場合、その区別が極めて曖昧であることが多いものです。端的に言うと、なんでもかんでもが「必要なもの」に分類されてしまっているということです。



*買い物それ自体が自己目的化している

お金が貯まる人が何かを買う場合、それが「必要なもの」か「欲しいもの」かに関わらず、少なくとも必要性があるからこそ買っているわけです。それに対してお金が貯まらない人の場合には、商品が欲しいからというよりもむしろ、商品を選んで買うというプロセスそのものを楽しむことが目的となってしまっているケースがけっこうあります。私の知っている人でも、冷蔵庫の中に入りきれないほどの食べ物を買って、結局は捨ててしまっていたり、ろくに使いもしない商品を次から次に買ってしまう人がいます。このタイプの人は、わざわざお金を出してゴミを買っているとしか言いようがないのですが、当人は全くその自覚がないようです。いわゆる買い物依存症というやつですね。



*収入がもっと増えたら貯金を始めようと思っている

これはお金が貯まらない人の典型的な言い訳の代表格です。何か特殊な事情を抱えている人を除けば、これは単なる言い訳にしかならないことがほとんどです。この手のことを言う人は、大抵の場合、たとえ収入が増えても貯蓄はできません。



*お金に関して「いい人」であろうとし、妙にプライドが高い

お金が貯まらない人というのは、「自分が他人にどう思われているか」ということを必要以上に気にしている人が少なくないと思います。例えば、「他人にケチだと思われたくない」「店に入った以上、何か買わないと店の人に悪い」「人に誘われたり、頼み事をされたら断れない」といった具合。このタイプの人はお金が貯まらないものです。何も”お金に汚い嫌な奴”にまでなる必要はありませんが、お金に関してはある種のシビアさや冷徹さも必要です。これはビジネスの世界でも重要。



*浪費癖があるという自覚がない

何をもって浪費癖とみなすかというのは非常に難しいのですが、たとえお金を無駄遣いしても、その自覚がない人はけっこういるものです。客観的に見れば、明らかに浪費としか思えないのに、当人には全くそれが理解できないというパターン。これはもう頭のどこかがトチ狂っているとしか思えません。小銭を節約する一方で大金を浪費していたり、やっていることがとにかくちぐはぐだったりします。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。