1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

恋人はほしい時ほどできないって本当!?

先日、“オール独身女子”の女子会に参加した時のこと。「彼氏ってほしい時ほどできないよね~」と嘆く友人Aに、その場にいた全員が「分かる~!」と激しく同意。数カ月前に長年付き合った彼と別れたAいわく、彼がいたころは、男友だちや同僚に頻繁にアプローチされていたのに、別れたとたん声をかけられなくなったのだとか。確かに、「恋人はほしいと思っている時ほどできない」とはよく聞くけど、これって本当なの!?

そこで20~30代女子に、「『彼氏がほしいと思っている時ほどできない』という説は、本当だと思いますか?」と、アンケートで聞いてみたところ、な、なんと71%が「思う!」と回答。一気に、この説の信ぴょう性が高まってきました(笑)。でも、そう感じる理由ってなに?

●「彼氏作りに必死になり、合コンに行きまくる友人。積極的なのはいいけど、いろいろな男性を見ているせいか、目が肥えて無駄に理想が高くなっている」(33歳)
●「ガッツいてるのが相手に伝わってしまい、空回りしている友人が…。何も考えてない方が男の人も近づきやすいよと言いたい」(25歳)
●「飲み会などに参加すると、目がギラギラしている友人。獲物を狙っている感じで、コワイ!」(32歳)
●「ある程度ゆとりがある方が、男性から見ても隙があるように見える気がする」(28歳)
●「『彼氏を作ること』に必死になっていて、相手の気持ちに気が付いていない人が多いから」(29歳)

彼ナシの友人を見て、「ガツガツした感じが相手に伝わって引かれている」、「相手探しに必死になるがあまり、彼選びのハードルが上がってしまっている」と、ほしい気持ちが空回りしていると感じている人が多い様子。いや~この空回りスパイラル、絶対ハマりたくないです(涙)。

…というように、アンケート結果では「彼氏がほしいと思っている時ほどできない」を実感している人が多いものの、そもそもこの説は、正しいのでしょうか?心理カウンセラーの原裕輝さん、真偽のほどを教えてください!

「『恋人がほしいと思っている時ほどできない』というのは、正しいと言っていいと思います。ただ、この説が起こるには原因がきちんとあって、焦りや不安がある時に起こってしまうのではないかと思います。恋人を作るうえで“ほしい”という意欲を持つことは、とても大事ですが、焦りのある“ほしい”では、うまくいかないことが多いのです。なぜなら、焦りがある時は、『まわりの友だちは結婚してるのに、私は一生結婚できなかったらどうしよう』と “怖れ”の心理が働くから。すると、結果を早急に求めてしまったり、相手にどう思われているかを気にしすぎるなど、普段の自分より余裕を欠いてしまいます。その余裕のなさは、その人の魅力を損ねてしまうし、相手に伝わってしまうと、『この人とは、リズムが合わない』、『一緒にいても落ち着かない』とマイナスの印象を与えてしまうのです」

また原さんによると、焦る気持ちが強くなると相手によく見られたいという気持ちが高まり、“自分の演出”に夢中になってしまうのだとか。結果、相手の些細な表情の変化や動きを見落として、会話が空回りしてしまうとのこと…。アンケートで目撃情報が多数寄せられた“頑張っているのに空回りしている女子”は、「この出会いを無駄にしたくない!」と思うあまりに、自己演出に意識が行き過ぎた結果ということなんですね(涙)。

では彼がいない状況下でも、心に余裕を持つにはどうしたらいいですか?

「まずは、真実のパートナーが現れることを信じてください。これは、自分を信じることでもあります。不安になった時は、『大丈夫だよ~』と、肯定的なことを言ってくれる人に相談すると前向きになれますよ。行動面でオススメなのは、『恋人がほしい!』ということを周囲に宣言すること(笑)。すると、何かあった時にその会話が生きてきて、例えば友だちの紹介やコンパのお誘いなど、 “外からの援助”がもたらされやすくなるのです。現実のチャンスにたくさん触れることで、焦りからも少しずつ解放されますよ」

「今は彼いらないし~」と話していた女子ほど、サクッと彼ができるのは、心に余裕があるからなのかも。恋愛において焦りは禁物ということがよ~く分かりました。友人Aにはまず、堂々と恋人募集中であることを宣言するようにアドバイスしよっと。(平田 桃子/verb)

【取材協力】
原裕輝さん
カウンセリングサービス所属の人気カウンセラー。カウンセリングサービスのコンテンツにて心理学講座などを執筆するなど、執筆活動も精力的に行っている。著書に、『こころがちょっぴり満ち足りる50のヒント』(すばる舎)、『『女子校育ち』の恋愛講座』(すばる舎)がある。

【データ出典】
ゼクシィnetユーザーアンケート「彼氏がほしいと思う時や女性に厳しい男性について」
調査期間/2011/8/25~8/29
有効回答数/109人(女性)

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

恋人との過ごし方、理想は

Q1. 2012年のクリスマスの予定は?

最も多かった答えが、「クリスマスだからって特別なことはしない」の41%。
次に多いのが32%の「コツコツ仕事」。
うーん、オトナレンアイ世代はクリスマスにイベント気分を求めない人が多いのか、それとも理想と現実の違いが表れたということなのでしょうか。「恋人とラブラブ」は6%と少なかったのですが、その答えはQ4で見ることにしましょう。


Q2. クリスマスにプレゼントされてうれしいものは?

プレゼントをもらうのはうれしいけれど、誰かのために選ぶのも心躍るもの。でも自分があげたいものと、相手が欲しいものは必ずしもイコールではないのが難しいところ。
男性の回答で圧倒的に多かったのは、お決まりではない、その人ならではのサプライズな演出がいいという声でした。いちばん難易度が高く、でもいちばん喜んでもらえるパターンかもしれませんね。
女性の第1位はやっぱり「時計、アクセサリー」。お金がかかるな~なんて思ってる男性の皆さん、これは好きな人をいつも身近に感じていたいという女心の表れです! 
相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら……あなたならどんなプレゼントを選びますか?


Q3. 恋人とクリスマスを過ごしたい場所は?

大好きな人と過ごすクリスマス、相手はどんなことを望んでいるのでしょうか? 
二人で話し合って計画を立ててもいいし、相手の驚いた笑顔を見るためにこっそりリサーチするなんていうのもクリスマスのお楽しみ。
Q4の自由回答の中では、「イルミネーションを見て手をつないで歩きたい」という意見が多数見られました。やっぱり、ロマンチックな夜を夢見る方が多いんですね。
まだ今年の予定が決まっていない方、もしくは来年こそ恋人とクリスマスを過ごしたいという方はぜひご参考に!


Q4. 「こんなクリスマスを過ごしてみたい!」

皆さんが心に描く、すてきなシチュエーションを聞いてみました。何でもアリのクリスマス妄想劇場、はじまりです!
まずはこんな意見から。

 ● つきあう一歩手前の女性と二人でディナーを楽しみたい。(20代後半・男性)

あ~、これはよくわかります! つきあう一歩手前って確かにトキメキ最高潮ですよね。
一緒にクリスマスを過ごすなら、トキメキも倍増かも?!

 ● 1億円がもらえるクリスマス。(20代後半・女性)

サンタさんにお手紙を書きましょう!

さてQ1では、「特別なことはしない」「仕事」という答えが半数以上を占めたものの、クリスマスといえば恋人同士で! という文化はすっかり定着しているらしく、独りであるこの淋しさを痛感する人も多いようです。ため息まじりのこんなご意見もちらほら。

 ● 一緒にいたい相手といられればそれだけで十分なのですが、それが難しいことなのですね……。(40代後半・女性)
 ● クリスマスって何ですか?(´・ω・`) (40代前半・男性)

と、クリスマスがどんなものか、忘れちゃった人まで! では思い出していただくために、こんなご意見をどうぞ。

 ● あ~今日も仕事終わらない~と思って仕事を終え、9時頃家路につこうとしたら、あこがれの上司から「ちょっと飲みに行かないか」と誘われ、行った先がすてきなレストラン。美味しいお酒とお食事のあとに、すてきなストールなどをプレゼントされ、おつきあいを申込まれる、的な!?完全に妄想だー (30代前半・女性)
 ● 朝早くに出掛けて、買い物やウィンドウショッピング。ちょこっとゲームセンターとかにいって夕方前にホテルにチェックインして、荷物を置いたらイルミネーションのきれいなところをブラブラ「寒い」とか言って、手をつなぎながら散歩。ホテルに戻ったら、小さなケーキに火をつけてクリスマスを祝いながら、いつもは飲まないシャンパンとか口にして一緒に朝まで起きてたいかなぁ。でも、朝には二人とも寝ちゃってて先に起きて彼女の寝顔を幸せそうに見てるなんていいなぁ。(20代後半・男性)

聞いてるだけでも幸せな気分になれちゃう意見! まずはイメージすることが現実を引き寄せる第一歩なのかもしれないですね。
そしてやはり、記念に残るクリスマスを夢見る人も。

 ● 普段よりは少しだけおしゃれをして、少しだけ贅沢なレストランで食事をした後プロポーズ! ……すてきだな、と妄想は尽きません(笑)。(30代前半・女性)
 ● 大きなクリスマスツリーを見上げながら、突然女性からプロポーズ!まさか……。(30代前半・男性)

クリスマスにプロポーズ、うれしいですねー。友だちにも自慢できそうです。
意外にも逆プロポーズを期待する男性も! 女子の皆さん、ここは勇気をふりしぼってみては?

いかがでしたでしょうか。
2012年のクリスマスまであとわずかですが、人生には思いがけないサプライズがたくさん。まだ予定のない方も、明日すてきな出会いがあるかもしれません。急にクリスマスの約束が入ったときのために、心の準備をしておいてもいいかも?!
皆さんぜひとも、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね!

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |