FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

佐藤浩市 30年関係断絶していた認知症の母を自宅で介護中

 現在、老人ホームで暮らしていることを『週刊文春』(9月13日号)に報じられた三國連太郎(89才)。その息子である佐藤浩市(51才)は、認知症の母の看病を続けている。

 これまでに三國は4度結婚しており、佐藤の実母・A子さん(81才)は彼の3番目の妻にあたる。1952年、すでに人気俳優として活躍していた当時29才の三國は、東京・神楽坂の売れっ子芸者だったA子さんと恋に落ち、同棲生活を経て、1957年に結婚。その3年後に生まれたのが佐藤だった。

 しかし、1972年、三國とA子さんは離婚する。このとき、佐藤はまだ小学6年生。幼な心に大きなショックを受けたことだろう。以後、佐藤はA子さんと母子2人で暮らすことになる。A子さんは離婚後、スナック経営を始めた。

 そして、佐藤が中学に上がると、その母を手伝う男性・Bさんが現れる。“よっちゃん”と呼ばれた彼は、いつしか“内縁の夫”として一緒に自宅で暮らすようになる。突然自宅に転がり込んできた見知らぬ男。思春期だった佐藤に、この事実は耐えられなかった。

「“この家に自分の居場所はない”。そう思った佐藤さんは、高校2年のときに家を飛び出したんです」(佐藤の知人)

 そして以後30年にわたって、母子関係は断絶状態となったが、転機が訪れたのは4年前のことだった。A子さんは、2008年7月に脳梗塞で倒れ、都内の病院に入院。さらに同年12月には、内縁の夫・Bさんも他界する。

 内縁の夫を失い、独り身となってしまった母。しかも、母親は脳梗塞の後遺症からか、認知症を患い、その症状は急速に進んでいった。皮肉にも、この病が30年間断絶状態だった母子関係の雪解けのきっかけとなったのだった。

 変わりゆく母の姿を目の当たりにした佐藤は、妻・C子さんと相談のうえ、母の面倒を見ることを決意する。平穏な家庭に、母とはいえ認知症の家族が増えるという現実。簡単な決断ではなく、妻、そして子供たちの理解とともに、家族一同相当な覚悟が必要だったに違いない。

 こうして、2008年の年末、彼は母を退院させ、自宅に引き取った。ここから、佐藤一家の闘いが始まる。

「もうお母さんは自分で歩くこともできず、佐藤さんの顔さえわからない状態だったんです。そんなお母さんを、食事はもちろん、入浴から排泄まで全部、佐藤さんの奥さんが付きっきりで介護していました。心底できた奥さんだと思いますよ」(別の佐藤の知人)

 親の介護が原因で家庭内に不和が生じるケースは多いが、佐藤の家は違った。

「佐藤さんは、幼いころから“ずっと家でひとり”という環境で育ってきた。だからでしょうか、“どんな状態だろうと、家の中に家族は多い方がいい。家族は一緒に暮らした方が絶対にいいんだ”って。奥さんもお子さんも、認知症となったお母さんが同居することに文句は一切言わなかったそうです」(前出・佐藤の知人)

 当時、佐藤が母を迎えたマンションは充分な広さがなかった。そこで昨年5月、都内に地下1階、地上3階建ての豪邸を建築する。

「この家には、A子さんのためにエレベーターを設置しました。車いすの移動に不自由がないようにスロープも完備するなどバリアフリーな設計で、その家は、“最後まで自宅で面倒見よう”という佐藤さんの意志の表れのような家でした」(前出・佐藤の知人)

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

またまた不倫疑惑が浮上した尾野真千子とほっしゃん。

 6月に写真誌「フライデー」(講談社)で深夜の密会を報じられた女優の尾野真千子とお笑いタレントのほっしゃん。が2人で熱海に旅行した様子を今週発売の同誌が報じている。

 尾野は俳優の高橋一生との同棲が報じられており、ほっしゃん。には妻子がいるが、6月に同誌が報じたところによると、2人は手を重ねて相合い傘をするなどただならぬ関係を伺わせていただけに、不倫疑惑が浮上したが双方はあくまでも友人関係を強調していた。

 ところが、今週発売の同誌によると、6月の報道が出た後、尾野は高橋との同棲を解消し、その直後、京都市内の喫茶店で尾野とほっしゃん。の姿が目撃されていたという。

 そして、9月1日、サングラスをした尾野が運転する黒い四駆車の助手席にメガネにマスクをしたほっしゃん。が座って熱海まで旅行する姿を激写しているだけに、どうやら2人はかなり深い関係にあるようだ。

 同誌が尾野にほっしゃん。との旅行を直撃すると尾野は無言で立ち去り、尾野の事務所は「ただのお友だち」と説明しているが、2度にわたってあまりにも親密過ぎる“証拠”を押さえられてしまっているだけに、もはや不倫疑惑で済まされそうにない。

 「尾野は今のところ仕事が一番だったため、同棲していずれ結婚することを望んでいた高橋とは関係がギクシャクし、ほっしゃん。との不倫疑惑報道が破局の決定的な原因となったようだ。尾野にとっていま一番大事なのは仕事だが、仕事のストレス解消のため、いろいろとほっしゃん。に相談するうちに深い関係になってしまったと思われるが、ほっしゃんといえば、芸能界一の巨●との呼び声も高いだけに、“不適切な関係”を疑われても仕方ない」(芸能記者)

 演技力が評価されて成り上がってきた尾野だが、不倫疑惑報道は少なからず仕事に影響を与えそうだ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

黒田勇樹「ワイン瓶で殴られ入院…」妻が語るDV現場

「まず、夫のアカウントを勝手に使ったこと、夫のファンの方に勝手に(夫婦ゲンカの)画像を見せたことを、謝罪します」と元俳優・黒田勇樹(30)の妻で歌手の中村瑠衣(26)は、そう口を開いた。

’90年代、美少年俳優としてドラマ『人間・失格~たとえば僕が死んだら~』などで活躍した黒田。8月末、妻の中村は夫のアカウントを無断で使い、傷痕の画像とともにツイッターで黒田のDVを訴えた。これを発端に、夫婦はツイッター上で壮絶なケンカを繰り広げ、大騒ぎになった。

「最初に暴力を受けたのは、入籍する前の昨年8月です。その1カ月ほど前に、勇樹くんの浮気を見つけたんです。問いつめたら、ワイン瓶で頭を殴られ、顔も叩かれ、1週間ほど入院しました。彼が手を上げるときは、だいたいお酒が入っている。朝から晩まで飲んでるんですよ」

入籍前からたび重なるDV被害に遭った中村。だが、6歳になる彼女の連れ子に優しく接しつづける黒田を信頼し、結婚を決意する。入籍は、今年の7月10日だった。しかし、今年の8月末に騒ぎが起こってしまう。

「家に遊びに来た友人の前で蹴られて、踏まれ、気絶しました。ツイートする前の週は3回、暴力を振るわれました。最後の日も蹴られて、勇樹くんは私を踏みつけながら『俺、このままじゃ殺しちゃう』と言って、自分で警察に連絡していました」

ただ、中村は「ケンカは、いつも私が彼に手を上げて始まるんです。去年も、今回もそう」とケンカは自分にも非があると反省する。現在、別居中の二人。中村は今後についてこう話した。

「今は、メールで連絡しています。今後について、まだ具体的には話していません。彼は子供にも一人の人間として接することができる。息子と血はつながっていないけど、本当のお父さんだと思ってきました。ふだんは、すごくいい人なんです。私はもう一度、勇樹くんとやり直したいと思っています」

二人が幸せな夫婦に戻る日はくるのか。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。