FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

若返りには「筋トレ」が有効!?

デスクワーク中心の生活で運動不足を自覚している筆者は、アラサー世代になった頃から全身の筋肉がずいぶん落ちてきた気がする。でも、そもそも20代前半の頃だって大して運動していなかったわけで、生活習慣は大差ない。なのに体がゆるんでいくのは、一体なぜなんだろう。

「若い頃に運動をしていた経験がある人でも、男性は20代後半から徐々に筋肉が落ちやすくなります。これは、体の成長や肌の代謝をコントロールする“成長ホルモン”の分泌量が減少するため。これによって、疲労した筋肉の修復スピードが遅くなるほか、肌の保湿力が低下してハリがなくなる、髪の毛のツヤがなくなるなど、全身の老化現象が加速してしまうんです」

と教えてくれたのは、一般向けにランニングやトライアスロンの指導をしているトレーナーの大西勇輝さんだ。じゃ、成長ホルモンを増やすにはどうすればいいの?

「脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるタイミングは、主に運動後2~4時間と睡眠中。20代後半以降でも、腕立て伏せや腹筋といった、筋肉に負荷をかける運動をすれば、成長ホルモンの分泌量は増やせるんです。筋肉量が増えれば見た目にも若々しい体型をキープできるので、筋トレは一石二鳥ですね。男性にとって特に重要なのは、腹筋・背筋・お尻といった体幹部の大きい筋肉。ここが鍛えられていると、スラリと背筋が伸びた正しい姿勢をキープしやすくなるし、体力もアップして疲れにくい体になります。自分の体に自信がつくので、ビジネスをするうえでもメリットは大きいはずですよ」

具体的には、どんな運動をどれくらいのペースで実践すればベストなんだろう?

「トレーニングの頻度は週2~3回が理想ですが、1回あたりの時間は15分程度でもOK。反動を付けずゆっくりと筋肉に負荷をかけ続ける『スロートレーニング』を取り入れると、成長ホルモンが分泌されやすくなってより効果的ですよ。それに加えて、ジョギングなどの有酸素運動によって全身の新陳代謝を良くすることも若さの維持には大切。個人的には、週に1回くらいはアウトドアで運動するのがオススメですね。晴れた日に公園をジョギングすると、開放的な気分になってストレス解消効果も高いです」

運動習慣がない人にとってはなかなか難しいけれど、若々しさを内と外からキープするためには、継続的な筋トレとジョギングが手っ取り早いわけか。まずはウェアを一式そろえるところから始めてみようかな。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

メイドはもはやアイドル!?秋葉原の進化するメイドカフェ

前田敦子さんのAKB48卒業公演時、ファンで騒然となった秋葉原。独特の世界観とカルチャーの発信基地でもあるこの街で「メイドカフェ」が進化している。かわいいメイドさんが給仕してくれるだけでなく、イベントや撮影会の開催から、メイドさんのCDデビューに至るまで実に多彩なのだ。

“アイドルがライブをしながら給仕する”スタイルが人気の「ディアステージ」。2007年に誕生し、秋葉原が“2.5次元の街”として話題になり始めた頃から営業を続けている長寿店だ。

「オープン時、秋葉原が発信する音楽を扱う店は珍しかったので心配もありましたが、当初はホコテンやメイド喫茶の最盛期。口コミやネットワークのおかげで連日行列でした」と、仕掛け人の一人であるオーナー・福嶋麻衣子さんは語る。「アイドルに限らず、いまはセルフプロデュースが上手な人が多い。自分自身を表現できる才能にあふれた人たちが集まる秋葉原。世界に発信できる文化がもっと生まれるといいですね」(福嶋さん)。

秋葉原は“5年で街が変化する”と言われている。「PCゲームやアニメが流行し2次元の世界と言われたのが2000年ごろ。2005年からは2.5次元としてメイド喫茶が、2010年以降、今は3次元としてのアイドルの街かな」(福嶋さん)と話すとおり、メイドカフェのスタッフがCDを発売するなど、アイドル路線をウリにする形態が増えているんだとか。福嶋さんはTOY'S FACTORYとコラボし新レーベル「MEME TOKYO」を発足。昨年には、メンバー全員が“オタク”というアイドルユニット「でんぱ組.inc」がメジャーデビューを果たした。ライブの様子はUSTREAMでも同時中継され、秋葉原のディープでパワフルなカルチャーを世界に発信している。今後もそれに次ぐユニットを誕生させていく予定だという。

こうした流れからか、海外でも最新の“メイドカフェ”情報がよく知られるようになった。中国のメディアとして「めいどりーみんHeaven’s Gate店」に取材に来ていた李さんに話を聞いた。

「今日初めて、実際にメイドカフェに来ました。とても楽しみにしていましたが、その予想よりも面白かった! メイドさんたちはまるでアニメから出てきたみたいでリアリティがあり、明るく元気で、楽しい気持ちになりました」と絶賛。「つい最近、北京に“メイド居酒屋”や“メイドコンビニ”ができて、評判になっています。中国にはまだ“メイドカフェ”はありませんが、是非作ってほしいと感じますね」(李さん)。

秋葉原駅周辺に5店舗を展開している「めいどりーみん」には、海外からのお客さんも数多く来店する。今後、異文化交流が楽しめるメイドカフェが出てくるかもしれない。

ほかにも“メイド×花屋×カフェ”や“戦国コスプレ×バー”、“男の娘×メイド×カフェ&バー”など、個性的な店舗が多数登場している秋葉原。店舗が作り出す世界に、客が飛び込んで楽しむ形式のメイドカフェが多いという。夏バテ気味で元気がなかったり、夏休みに遊び疲れてしまった…という人は、進化を続ける秋葉原のメイドカフェで癒されてみては?

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

視点・論点 「電子書籍と出版の未来」

大手ネット企業が参入したり、アメリカの最大手事業者のサービス開始が噂されたり、それらに対して日本の既存ビジネスの対抗策が次々打ち出されるなどして、電子書籍が本格的に普及する兆しが見えてきました。みなさんの中にも、スマートホンやタブレット型コンピュータで新しいタイプの電子書籍を試された方も多いのではないでしょうか?
 電子書籍は実は急に出てきたものではなくて、CDを使った電子書籍などは20年以上前からありますし、電子辞書なども含めて考えれば、かなり前から普及しています。
 それがいま改めて脚光を浴びつつあるのにはいくつかの背景があります。


 第一はこの10年間くらいで、読む機械をインターネット、それも無線でつないで、いつでも欲しいと思った時に書籍が入手できる環境が整ってきたことです。私の職業がら外国の本を沢山買うのですが、昔だと、店頭ではなかなか買えず、取り寄せようと思っても何週間も待たないと入手できなかった本が、一分も待たずに入手できて、送料もいらず買えることに、時代の変化を感じています。

 二つめのより最近になって登場した大きな要因が、ネットワーク上に「自分の本棚」ともいえる買った本の格納スペースを提供するサービスが始まったことです。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<サカナクション>ボーカルの山口一郎に聞く「大きなお山のマイノリティーでいたい」

 5人組ロックバンド「サカナクション」がニューシングル「夜の踊り子」を8月29日にリリースした。ボーカル&ギターの山口一郎さんは、人気グループ「SMAP」のシングル曲「Moment」の作詞・作曲を手掛けたことでも知られ、最近は活動の場が広がってきている。そんな、バンドのフロントマンである山口さんに、自身の音楽ルーツや新作を含む近況について聞いた。(水白京/毎日新聞デジタル)

 --山口さんは北海道出身で、ご両親が小樽で喫茶店をやっていたという環境が今の音楽性にも影響しているそうですね。

 昼は喫茶店、夜はバーみたいな感じでちょっとしたステージがあって、いろんなフォークミュージシャンがうちの店を使ってたんです。中でも友部正人さんが歌ってたのをよく覚えていて、それが生まれて初めて見たライブだったんですけど、それで自分も音楽をやってみたいなと思ったし。喫茶店で流れている音楽もすごく多種多様で「サイモン&ガーファンクル」や遠藤賢司さん、「クラフトワーク」とか。夜になるとよりコアな音楽が流れて、店の上が住居だったんですけど、寝ていると大人の笑い声としゃべり声とその音楽が下から聴こえてくるというのが子守歌になっていたというか。そのうちに、家にあるフォークギターを弾き始めたりして、イルカさんの「なごり雪」を歌ったり。それが(ルーツに)あるので、今でも曲はアコギ1本で作ってますね。

 --現メンバーの岩寺基晴さんも在籍していた前身バンドをへて、サカナクション結成時にクラブミュージックの要素を取り入れたそうですが、フォークやロックをベースにそれを付加した経緯は?

 クラブミュージックって、音が一つずつ増えていくことやループすることで高揚したり感情をコントロールする音楽だと僕は思っていて、それが、文学でいうと俳句や短歌のように決められたリズムの中で美しさを競うというか、何かを隠喩(いんゆ)したり比喩したりすることにつながる気がして。そういう日本古来の奥行きや深みをロックに取り込んでどう鳴らすかっていうのが、クラブミュージックを交ぜ合わせるようになった一つの流れです。

 --バンド名のサカナクションは“サカナ"と“アクション"を合わせた造語ということですが、実は釣りがお好きなんですよね。

 見えている世界の、そのさらに下に、あるルールで魚が生活していて、こういう地形でこの時間帯だからここに隠れてるだろうなっていうのを想像してさおを投げて、実際に釣れたときは「来た!」って思うし、見えないものを意識するというのが、音楽を作ったり言葉を考えるときの感覚に近いんですよね。それが、言葉にするのは恥ずかしいから、何かに比喩したり隠喩するという制作スタイルになっていったのかなって。

 --なるほど。新曲「夜の踊り子」についてお聞きしたいのですが、今作は12年度の「モード学園(東京・大阪・名古屋)」のCMソングとして制作されたそうですね。

 今の若者って、学校選びとか将来を考える意味で“どんな未来が待ってるんだろう”ってすごく不安が多いと思うんですよ。そこで、クモの糸じゃないけど、何か1本たぐり寄せられるような歌になればいいなと思って。自分も前のバンドが解散したときはどうしようと思ったけど、好きなものに引き寄せられるようにクラブに行って、そこで得たものをまたライブに転換したいと思ってサカナクションを作って。そういう自分の経験を音楽にすることで、なにかメッセージになればなと思ったんです。

 --「夜の踊り子」というタイトルに込めた意味合いは?

 冒頭の「跳ねた跳ねた~」っていうのが自分の中では日本舞踊というか、日本の伝統的な音階の感じがして、それがアタマ(冒頭)に来ることで曲を印象づけて、最終的にハイパーなものにつながっていくっていうのは、すごい僕ららしいなって。それを体現したとき、「伊豆の踊り子(踊子)」っていう言葉があるくらいだし、そこも連想してもらえればと思ってつけました。

 --ところで、SMAPに提供した「Moment」(TBSロンドン五輪テーマソング)も大会の時期によく耳にしましたが、自分の曲がテレビから流れてくるって、どんな気持ちですか。

 いまだに慣れないですね。ロンドン五輪の男子サッカーの試合を深夜見ていたときも、いきなり流れてきて「うわっ、変な感じ」と思って。隣に誰かいたら「聴いた? すごくない?」って言いたくなる感じなんだけど、実際一人だから“はにかむ”みたいな(笑い)。でも、この曲は「サカナっぽい」「一郎さんっぽい」みたいな意見がすごくあって、それは安心したというか。時代の中に自分の音楽が入り込むっていうのは、“らしさ”みたいなものがないと(自分の)カラーにならないと思うし、五輪で流れたっていうのもスペシャルなことだからうれしいですね。

 --そういう意味で、今後J-POPシーンに訴えていきたいという思いはありますか。

 そうですね。ロックバンドという小さいお山で有名になるんじゃなくて、エンターテインメントという大きなお山のマイノリティーでいたいです。その、大きなお山にロープウエーでたまに行って戻って来るというか。テレビからしか情報を得ず、音楽を深く探らない人たちにも、洋楽しか聴かない人たちにも、面白いねって言ってもらえるバンドになれたらいいなと。だから、テレビとかもあんまり出たくないけど(笑い)、でもその世界で勝負して広めていくっていうチャレンジもしていきたいなと思ってます。

 <プロフィル>

 メンバーはボーカル&ギターの山口一郎さん、ギターの岩寺基晴さん、ベースの草刈愛美さん、キーボードの岡崎英美さん、ドラムの江島啓一さんの5人。05年に地元の札幌で活動開始。07年、ファーストアルバム「GO TO THE FUTURE」をリリース。 山口さんが初めてハマッたポップカルチャーは、エラリー・クイーンの推理小説「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」で、「読んだ本の一番古い記憶がこの小説で、言葉って面白いなって読み始めたのが最初。それが小4のときで、そこからはかなりのスピードで早送りのように本を読んでましたね。小5では普通に(作家の)安部公房(の著書)とかを読んでました」と話した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

フジ大島由香里アナ、夜ニュースの顔に!

 フジテレビ系報道番組「ニュースJAPAN」の新キャスターに同局の大島由香里アナウンサー(28)が就任することになった。2009年9月からキャスターを務めている同局の秋元優里アナ(28)が9月末で降板。10月から大島アナが新たな“夜の顔”となる。

 大島アナは成城大経済学部出身。現在は、平日夕方の「スーパーニュース」のサブキャスターを務めている。フジの入社試験に一度落ち、2度目の挑戦で2007年に入社した「苦労人」として知られる。

 入社後も「ショーパン」の愛称で早くから活躍した同期の生野陽子アナ(28)の陰に隠れがちだったが、現場取材やニュース番組での落ち着いた仕事ぶりで評価が急上昇。メーンキャスターの座を射止めた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。