FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

マー君48日ぶり3勝目「今日はイマサンぐらい」

 (セ・パ交流戦、楽天8-3阪神、最終戦、楽天3勝1敗、6日、Kスタ宮城)先発の田中が9回を8安打3失点に抑え、打線の援護もあり4月19日以来の今季3勝目を挙げた。

 田中は初回、先頭の平野に初球の直球を中前に弾き返されると、一死二塁から鳥谷に左中間を破られる適時二塁打を許し、先制点を与えた。

 しかし楽天は二回、一死から中村、高須、枡田の3連打で満塁にし、伊志嶺の二ゴロの間に1点を返し、1軍に昇格したばかりの9番・鉄平が左中間を破る適時三塁打で逆転に成功した。

 五回にはフェルナンデスの2号2ラン。六回には鉄平の右前適時打、フェルナンデスの左前適時打で7-2とリードを広げた。

 九回には1点を奪われたが、田中は復帰2戦目で9回132球を投げ切った。

 今季本拠地初勝利の田中はお立ち台で「ご迷惑をおかけしました。どうもすみませんでした」と謝罪。「今日のピッチングはイマイチでもなく、イマサンぐらい。全然よくなかったです。相手が早打ちできて、球数が少なかったので、長いイニングを投げられた。野手の方々に点をたくさん取ってもらったので、楽な形で投げることができました」と反省を口にした。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

Dragon Ash・IKUZONEさん「献花式」にファン1万人超 Kjらメンバーも参列

 4月21日に急性心不全のため急逝したDragon Ashのベーシスト・IKUZONEこと馬場育三さん(享年46)の『馬場育三 追悼献花式』が6日、東京・SHIBUYA-AXで行われた。式は午後3時から始まり、メンバーが選曲した楽曲と思い出の映像が流れるなか、Kjらメンバー6人のほか、一般のファン1万人以上が参列し故人を偲んだ。

 同ライブハウスは、Dragon Ashがこけら落としを行った縁の地。巨大な献花台は、馬場さんのトレードマークの羽を模したディスプレイをシンボルカラーの赤と青の花で装飾し、祭壇には馬場さんの写真のほか、17本のベースギターや愛用していたライブ用機材が並べられた。メンバーのKj、桜井誠、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vは、1分間の黙祷と献花を行った。

 また、メンバーとスタッフは、当日訪れたファンに向け、会場のスクリーンに感謝のメッセージを寄せた。以下、コメント全文。

馬場育三 追悼献花式

馬場育三が46歳という若さで旅経ってからもうすぐ四十九日となります。
そんな中ご遺族のご協力もあり、本日の追悼献花式を行うこととなりました。
ここAXは何度も何度もライブをしたホームグランドと呼べる場所です。
そろそろ馬場さんも楽器が無くてうずうずしてくるころだと思いますので
いつでも彼が音を出せるようにベースとアンプとエフェクターはいつもと同じところに
しっかりセッティングしてあります。
ファンとバンド仲間が大好きだった馬場さん、
今日はみんなが会いにきてくれたので、さぞかし喜んでくれていると思います。

平成24年6月6日
Dragon Ashメンバー、株式会社イノベータースタッフ一同

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

牛ボツリヌス症か、子牛48頭死ぬ…岐阜

 岐阜県は6日、岐阜市柳津町の畜産農家で、牛ボツリヌス症が疑われる感染が発生し、子牛48頭が死んだと発表した。

 同県での牛ボツリヌス症の集団感染は初めてで、県は農家に牛の移動自粛を要請し、牛舎周辺の消毒を実施している。県は「人に感染する恐れはない」としている。

 県畜産課によると、農家で四つある牛舎の一つで、5月24日から今月6日までの間に80頭のうち48頭の子牛が死に、5頭では立てなくなるなど牛ボツリヌス症の症状が見られるという。

 獣医師からの連絡で県岐阜家畜保健衛生所が検査した結果、ボツリヌス菌が作る毒素の反応が出た。牛舎は不衛生な状態で、汚物に発生したボツリヌス菌がエサなどを介して感染したのが原因とみられる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<郵政グループ>成果給拡大の新体系を検討

 日本郵政グループが、基本給を2割引き下げる一方で成果給を拡大する新給与体系を検討していることが6日、分かった。改正郵政民営化法成立を受けて、グループの経営改善が急務となる中、「高コスト体質」とされる給与体系を改めるのが狙い。既に日本郵政グループ労働組合(JP労組)に原案を提示しており、今後、労使間で導入時期や制度の詳細を協議する。

 基本給の引き下げ分を、成果給拡大の原資に充てる。成果給は、5段階の人事評価を行った上で、役職に応じて上乗せ額を決める。

 年功序列の色合いが濃い現行体系について、労組側も従来「社員の意欲を引き出す制度を」と改善を求めている。しかし、労組内には社員間で給与の格差が広がる懸念もあり、結論が出るまでには難航も予想される。JP労組は13日から東京都内で開く定期大会で原案について議論する予定だ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

橋下市長に桂三枝さんチクリ「守らねば続かぬ」

 来月上方落語の六代目桂文枝を襲名する桂三枝さんが6日、大阪市役所に橋下徹市長を表敬訪問した。文楽協会への補助金の見直しなどを進める橋下市長の文化政策が話題になり、三枝さんが注文をつける場面もあった。

 橋下市長が、「伝統芸能を軽視しているわけではない。税の使い方が市民の理解を得ていない」と改革への理解を求めた。

 三枝さんは、上方落語協会の落語会「島之内寄席」への補助金30万円が今年度、凍結されたことについて、「文楽と違い、我々は時代に合わせて生きていくのが一番大事なこと。我々はどうか、ご心配なく」とした。

 一方で、「税金は有効に使ってもらいたいし、頑張れるだけ頑張るのが芸人の務めだが、守らなければ続かない芸もある」と、文楽への姿勢を暗に批判した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。