FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

松井秀、ヤ軍戦に「4番・右翼」で先発も完敗

 ヤンキース7-0レイズ(5日、ニューヨーク)レイズの松井秀喜外野手(37)が古巣・ヤンキース戦に「4番・右翼」で先発出場した。今季のメジャーの試合で4番に座るのは初めて。

 松井の第1打席は先頭打者だった二回。2年ぶりに現役復帰した元チームメートの左腕・ペティットと対決した。ニューヨークのファンは、エンゼルス、アスレチックス時代と同じく、ヤンキースタジアムに立った松井に、大きな拍手と声援をおくった。松井はカウント2ボール2ストライクから、外角のスライダーに泳がされ、遊ゴロに倒れた。

 第2打席は四回2死無走者の場面。肩口から入ってくるカーブを強振したが、タイミングがずれて高い左飛に終わった。先頭打者だった七回の第3打席も、ペティットのスライダーを打ち損じて一邪飛。九回の第4打席は1死無走者から、右腕・ガルシアの落ちる球に空振り三振だった。今季初めて4番に入った試合はミスショットが目立ち、4打数安打に終わった。打率は.188から .150に下がった。

 試合はヤンキースが一回にレイズの失策で2点を先制。四回にはマーティンの満塁本塁打が飛び出し、7-0で快勝した。ペティットは7回1/3を投げて無失点。10三振を奪い、3勝目を挙げた。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

C・ロナウドがレアルでの現役引退を熱望「10年契約にサインしたい」

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現在所属するレアル・マドリードで現役引退を迎える希望を語った。スペイン紙『マルカ』のインタビューで語った。

 C・ロナウドは、「自分に決定権があるならば、レアル・マドリードで現役引退までプレーしたいよ」とコメント。「マドリードでのプレーを望み、できれば今にも10年間の契約にサインして、マドリードで現役を終えたいんだ。それは他の人の意向にも左右されるものだけどね」と続け、クラブへの愛着を明かした。

「今は選手として一番の時を迎え、心身ともに充実している。この調子を続けたいし、ファンとはさらに喜びを分かち合いたい。この数カ月、ファンからの愛情を大きく感じ、彼らとの関係は非常に厚くなっている。彼らとの一体感を感じて、それもマドリードで長くプレーしたい理由の1つなんだ。このユニホームに対する自分の愛情をもっと出したいし、そのためには自分の持っている最大限の力、ベストのプレーをしなければいけないね」

 2011-2012シーズンは、リーグ戦で自己記録となる46ゴールを挙げ、クラブの4シーズンぶりのリーグ制覇に大きく貢献。連覇を目指す新シーズンについては、「自分の記録を更新することを目指すし、それは間違いのないこと」と、早くも決意を語っている。

「今シーズンと同じか、より良い記録を残すために全力を尽くすよ。得点で上回れなくてもアシスト数を増やすことはできる。挑戦は難しくなっていくけれど、いつでもそれを上回ることを目指している。例えば、ウサイン・ボルトは100mを9.58秒で走る。記録を更新することは不可能に近いけれど、間違いなく彼はその記録を更新するはずだよね」

 C・ロナウドは、2009-2010シーズンにマンチェスター・Uからレアル・マドリードに加入。2011-2012シーズンは、在籍3シーズン目で初のリーグタイトルを手にしていた。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

あっちゃん、タモリの「AKB踏み台?」に苦笑

 人気アイドルグループ・AKB48の総選挙開票イベント当日の6日、前田敦子(20)がフジテレビ系『笑っていいとも!』(月~金 正午)に生出演し、総選挙やAKBの思い出などに言及した。司会のタモリから「女優になったね」と振られ、さらに「(AKBは)踏み台だ」と突っ込まれると「違います! タモリさーん!」と苦笑いで否定。その後も卒業発表時に「誰か泣きながらガッツポーズしてるやついなかった?」といじわるな質問連発にたじたじだった。

 AKBについて前田は「もともと目指す場所が違いますね。私は最初から女優でした」ときっぱり。「AKB48っていう場所からみんなで飛び立っていくっていうのを秋元(康)先生も言っていて…」と続けると、タモリから「結局踏み台だ。だって秋元も言ってるんだからいいんでしょ?」とチクリ。前田は「タモリさん~踏み台とは言われたことないですよ」と否定していた。

 今回の総選挙の話題では、速報4位につけた指原莉乃に「びっくりじゃないですか」と驚きの様子。前夜は大島優子と一緒に過ごしたといい「これで緊張がほぐれたよって言ってたので、みんな緊張してるんだろうな…」とメンバーを気遣った。

 AKBの思い出ベスト3には、3位に「さいたまスーパーアリーナ公演での卒業発表」、2位に「総選挙」、1位に「レコード大賞」を選出。2位には「選挙に順位をつけちゃいけないと思うんですけど」と複雑な心境をのぞかせ、1位のレコ大には「総選挙は一人じゃないですか。AKB全体として秋元さんに恩返ししたいと思っていた」と思いを明かしていた。

 前田は午後7時から同局の『AKB48第4回選抜総選挙生放送SP』にも出演する。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

社会保障と税の一体改革関連法案で自民、採決日程の明示要求を確認

 自民党は6日の臨時役員会で、社会保障と税の一体改革関連法案をめぐる修正協議について、民主党側から衆院採決日程の提示がなければ協議には応じない方針を確認した。同時に、今後の対応を谷垣禎一総裁に一任することも決めた。

 これに関連し、自民党の石原伸晃幹事長は役員会後の記者会見で「民主党執行部の言動は法案をまとめようとしているのか、採決しないようにしているのか分からない」と批判。「法案を通したいならお願いするのが筋だ。与党としての認識が甘いんじゃないか」とも述べ、衆院採決日程を明示するよう求めた。

 一方、公明党の山口那津男代表は同日の党参院議員総会で、修正協議に関して「この短い期間内に修正するのは相当な無理がある。単なる採決引き延ばしのための道具にされているという感を強くする」と述べ、現時点では参加しない方針を改めて示した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「パナソニックがオリンパスに出資」の報道に、両社ともノーコメント

 パナソニック株式会社は6日、「パナソニックがオリンパスに出資する」との一部報道について「当社からは何も発表しておらず、話せることは無い」(広報グループ)とコメントした。

 オリンパス株式会社も、「当社から発表したものではない。報道はあったが、そうした事実は(社内で)把握していない」(広報・IR室)と答えた。

 当該報道は、パナソニックがオリンパスに最大500億円を出資することで調整に入ったというもの。パナソニックがオリンパスの第三者割当増資を引き受け、筆頭株主になるという内容。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。