1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

新人王有力候補のダルビッシュに、早くも囁かれ始めたサイヤング賞。

 5月27日のブルージェイズ戦で今シーズン7勝目、日米通算100勝を挙げたレンジャーズのダルビッシュ有。日本での注目度の高さは相変わらずだが、アメリカでもその評価と認知度はデビュー後着実に高まってきている。

 そのことが如実に出ていたのが、ジム・ボウデン、ジム・ケイプル、ジェイソン・スタークらスポーツ専門局ESPNの解説者8人が、MVPなど主要賞を現時点で予想した企画の結果だ。ダルビッシュはエンゼルスの外野手、マイク・トラウトを抑え、ア・リーグ新人王のトップに位置づけられたのである。

 3割ほどの打率をあげているトラウトもすごいとしながらも「防御率2.60(選考時)とイニング平均1三振以上を挙げているダルビッシュと比べるのは難しい」と評し、さらにトラウトが出塁率と長打率を合わせた指標、OPSで1.013といった好成績を残さなければ「ダルビッシュが逃げ切るだろう」としている。OPSは0.8を越えれば好打者とされており、例年1を越えるのはトップ打者クラスのみ。ダルビッシュがこのまま好成績を維持し、新人王を獲得するのは確実と見ているのだ。

新人王のみならずサイヤング賞との同時受賞もある!?
 さらにリーグ最高の投手に贈られるサイヤング賞についてもダルビッシュはジャスティン・バーランダー(タイガース)、ジェイク・ピービー(ホワイトソックス)、ジェレッド・ウィーバー(エンゼルス)に続く4位に挙げられている。新人王とサイヤング賞の同時受賞は過去1981年のフェルナンド・バレンスエラ(ドジャース)だけで解説者らは「ここまで有力な結果を残している」とし、史上2度目の快挙の可能性は十分にあることを示唆した。

 またスポーツ専門サイト、ブリーチャー・レポートのコラムニスト、ランス・リービス氏はそのものずばり「ユウ・ダルビッシュがルーキー・シーズンにサイヤング賞を獲る理由」と題したコラムを執筆している。その中で同氏はやはり投球イニングに対して三振が多いこと、さらにサイヤング賞を受賞するには好投手として強い印象を与えることが重要と解説。ダルビッシュは素晴らしいスタートによりそれらを実現しているとし、同賞の最有力候補となる要因を挙げた。

完全復活を遂げたストラスバーグとの投げ合いに注目。
 一方、老舗スポーツ誌スポーツ・イラストレイテッドのコラムニスト、トム・ベルドッチ氏はウェブ版のコラムで現在最も勢いのある選手の5位にダルビッシュを選んでいる。ちなみに1位は同じレンジャーズで1ゲーム4本塁打を記録するなど打撃が絶好調のジョシュ・ハミルトン。

 ダルビッシュをはじめ、ナショナルズのブライス・ハーパーなど5人中3人は若手選手で、同氏は3人がまだシーズンを通してプレーした経験がないことを認めながらも、その“新しさ”が彼等の存在感を強めることにつながっていると指摘している。やはり最初に印象づけに成功したことは大きいようだ。

 そして同氏は今最も魅力的な投手対決はダルビッシュとナショナルズのスティーブン・ストラスバーグの投げ合いだろうとしている。23歳のストラスバーグは2009年ドラフトで1位指名され、全米から注目を集めた逸材であり、怪我から完全復活した今シーズンは5勝1敗とやはり好スタートを切っている。

 ダルビッシュについては「運動能力と創造力にすぐれた注目の投手」とやはり高い評価をしているだけでなく、「彼が登板する限りレンジャーズのテレビ中継視聴率は上がり続けるだろう」と既にアメリカ、特に地元での人気が高まっていることも取り上げていた。

ロードでも好投を見せるダルビッシュの実力は“想定内”。
 さらに好スタートについて本拠地で無傷の4連勝を飾った先発投手、という視点から見た記事を書いたのがスポーツ誌スポーティング・ニュースのクリス・バー氏。

 4連勝した投手は6人いるのだが、同氏はダルビッシュをエンゼルスのジェレッド・ウィーバー、ブルージェイズのリッキー・ロメロと共に「驚きのない3人」に選んでいる。“驚きのない”とはつまり、予想通り、実力どおりということで、それだけ事前評価が高かったということだ。

 特にダルビッシュについてはウィーバーやロメロほど洗練されてはいないものの本拠地でもロードでも防御率が変わらない点を高評価している。本拠地での有利さを基本にした記事でこうした評価を得ていることは特筆すべきだろう。ただし同氏は本拠地では低い四球率がロードではほぼ倍増する点も指摘している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

生活保護法 義務に甘さ

 厚生労働省と全国銀行協会が、生活保護認定にあたって金融機関の「本店一括照会方式」実施で合意する見通しとなったことは、生活保護費の不正受給防止に向けた前進といえる。

 ただ、これは申請者や扶養義務者の収入、資産を把握するため、社会福祉事務所が金融機関本店に対して全国の支店の口座照会を要請でき、それに金融機関側が自主的に応じるというものにすぎず、どこまで正確に収入や資産を把握できるかは不透明だ。

 問題は生活保護法29条の規定にある。同条は社会福祉事務所が金融機関に対し、申請者や扶養義務者の収入、資産について「報告を求めることができる」という規定になっており、報告を義務づける内容にはなっていない。

 同条の改正について、厚労省は「民間機関に義務を課すのはいかがなものか」(担当者)と慎重だが、今や生活保護の不正受給急増は深刻な社会問題だ。

 生活保護費の年間支出は国家予算の3・6%まで膨れ上がっており、財政支出の無駄排除やモラルハザード(倫理の欠如)防止の観点から、生活保護の認定は厳正に行われるべきだ。

 人気お笑い芸人の河本(こうもと)準一さんの母親が最近まで生活保護費を受給できていたのも、扶養義務者の河本さんが高額な収入を得るようになったにもかかわらず、母親が居住する自治体の社会福祉事務所が、河本さんの収入を調査する手段も権限もなかったからにほかならない。

 また、河本さんは母親が受給した生活保護費の一部を返還する意向を示したが、生活保護法77条は「扶養義務者があるときは、その義務の範囲内において、保護費を支弁した都道府県または市町村の長は、その費用の全部または一部を、その者から徴収することができる」としており、当然のことだ。しかし、この規定も自治体に徴収を義務づけてはいない。

 このように、生活保護法は肝心な部分について義務規定が少ない「大甘の法律」だ。

 適正な生活保護制度に向け運用を見直すことも必要だが、その根拠となる生活保護法の改正は避けて通れない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

青山テルマ、「整形した?」とのファンの質問に回答

 歌手の青山テルマがオフィシャルブログでファンからの質問に回答、整形疑惑についてもコメントしている。

 31日付のブログ記事で「Q&A」を行った青山。青山独特のファッションやメイクに関する質問が多い中、「失礼かもしれないし、昔のテルマちゃん知らないんだけど、テルマちゃん整形した?」と質問をする強者も。

 それに対し青山は「知らねーのかYOW。そこんとこ頼むよ。w けどしてないよ。ブスなりに人生最高ょー!!!」とユーモラスに回答するとともに、整形疑惑をきっぱりと否定した。

 今月16日に新曲をリリースしたばかりの青山。過去には、映画『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』『恋極星』などの主題歌を担当したこともある。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

女性86・3歳、男性79・55歳…平均寿命

 厚生労働省は31日、2010年の日本人の平均寿命について、女性が86・3歳、男性が79・55歳になったと発表した。

 5年に1度の国勢調査に基づく「完全生命表」によるもので、毎年発表している「簡易生命表」の確定版にあたる。

 昨年7月に発表された10年の簡易生命表との比較では、男女とも0・09歳短くなっている。前回(05年)の完全生命表と比べると、女性は0・78歳、男性は0・99歳延びた。

 平均寿命は、その年の出生児が平均で何歳まで生きるかを予測したもの。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

東電の清水前社長、富士石油の社外取締役に

 石油開発・元売り大手のAOCホールディングスは31日、傘下の富士石油の社外取締役に、東京電力の清水正孝・前社長を迎える6月25日付の人事を発表した。

 清水氏は福島第一原子力発電所事故当時の東電の社長で、昨年6月に引責辞任した。東電はAOCに8・7%を出資する筆頭株主だが、いったん引責した清水氏を起用する人事に批判が出る可能性もある。

 東電によると、就任はAOCの要請によるもので、清水氏は月20万円の報酬を受け取る。AOCは「清水氏のエネルギー業界への知見を経営に生かすため」と説明している。清水氏は昨年6月から今年3月まで、無給で東電の顧問を務めていた。

 富士石油は同時に、東電の荒井隆男常務を常勤監査役に迎える。AOC傘下のアラビア石油も、6月26日付で東電の武井優副社長を社外監査役に起用する。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動