1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

“二股”塩谷瞬 1日にも会見…テリー「お金大好き男」と非難

 俳優の塩谷瞬(29)がモデルの冨永愛(29)と料理研究家の園山真希絵(34)と二股交際していた問題で、塩谷が早ければ5月1日にも会見する意向であることが29日、分かった。

 塩谷が出演予定の舞台「土御門大路 陰陽師・安倍晴明と貴船の女」(5月9日開演、東京都渋谷区文化総合センター大和田さくらホール)の関係者が「会見するつもりのようだ。きょう(29日)にもという話があった」と明かした。

 この日は都内で舞台稽古が行われたが、塩谷は登場シーンがないため姿を見せなかった。あす1日の稽古は参加予定で、その場で事情説明する可能性もある。関係者は、塩谷の様子について「本人は特に変わったところはない」と話した。

 塩谷は園山と婚前旅行した翌日、冨永にプロポーズ。一部では“三股疑惑”とも報道された。演出家のテリー伊藤(62)は29日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で「とんでもない男。誰にでも結婚しようと言ってる。お金大好き男で、金のにおいがするところにどんどん行く」と厳しい口調。「来週(番組に)来い!おまえの死に場所はここだ」と話した。

 希代のプレーボーイから、どのような説明がされるか注目が集まる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

格安で人気のツアーバス、過当競争で安全対策犠牲も

 今回事故を起こした高速バスは定期の路線バスと異なり、旅行会社が観光バスを借り上げて運行する「ツアーバス」だった。格安を売りに人気を集め、年間利用者は600万人。一方で過当競争による過酷勤務などから重大事故も起きており、国土交通省はツアーバスに路線バスと同じ法令を適用するよう方針転換したばかりだった。国交省は29日、日本バス協会などに大型連休中の安全確保を徹底するよう通達した。

 業界団体「高速ツアーバス連絡協議会」によると、ツアーバスは、運行を企画・実施する旅行会社が、主にインターネット上の販売会社を通じて乗客を募集し、運行は貸し切りバス会社へ委託する仕組み。定期の路線バス会社の高速バスが道路運送法の適用を受けるのに対し、ツアーバスは旅行業法が適用される。

 平成12年からの規制緩和により一気に普及した。17年に21万人だった利用者は22年に600万人と5年で30倍に。閑散期でも全国で1日200台前後が運行され、大型連休など繁忙期はその数倍に増便される。

 今回のバス料金は金沢-浦安で3500円と、特急と新幹線を乗り継ぐより1万円近く安い。関西大学の安部誠治教授(公共事業論)は「何より値段が安く、快適なサービスも増えて人気が出た。だが、過当競争で旅行会社はチケットを安売りし、そのしわ寄せでバス会社に無理が行きがちとなる」と話す。

 19年2月には大阪府吹田市でスキー客を乗せた長野県のツアーバスが事故を起こし、乗客ら27人が死傷。大阪地裁は運転手が過労状態だったと認定した。事故を受け、国交省はバス会社に対し1日当たりの勤務を9時間、670キロまでとするなど安全策を強化した。

 一方で、貸し切りバス会社は11年度の2336社から22年度の4492社へ倍増。行政処分も18年の237件から昨年は過去最高の625件に増えた。バス会社の関係者は「過当競争で旅行会社からの無理な金額設定を断れず、法令順守など安全対策がおろそかになっている零細のバス会社も多い」と打ち明ける。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

琢磨、驚異の追い上げでインディカー初表彰台を獲得

 ブラジル、サンパウロで開催されているIZODインディカー・シリーズ第4戦。29日に行われた決勝レースでは、ポールからスタートのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が勝利し、2007年のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)以来となる3連勝を飾った。25番手スタートだった佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)は、序盤にドライブスルーペナルティを科されるも速さを見せ、インディカー初の3位表彰台を獲得した。

 今年で3回目の開催を迎えたブラジル、サンパウロでのインディカー・レースは、ポールポジションからスタートしたパワーが優勝を飾った。3年連続の優勝だ。今シーズン3度目のポールポジションを獲得したパワーは、75周のレースを2ストップで走り切る作戦を採用し、燃費とスピードを見事に両立させて完勝した。

 2位でゴールしたのは、パワーと同じ作戦で戦ったライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポーツ)だった。予選5番手から1回目のピットストップを22周目まで引っ張ったことが功を奏し、2番手へと浮上してパワーに挑んだ。しかし、レース終盤に2度あったリスタートでもパワーはハンター-レイにアタックさせる隙を与えず、ゴールへと逃げ切った。

 今回のレースからホンダ勢はターボの変更を認められ、シボレーに対するパワーでの不利は解消されたようだった。ウイングの角度のセッティングも関係しているため、単純にストレートでのトップスピードでパワーを計ることはできないが、ロングビーチではシボレーが速かったのに対して、ブラジルではホンダ勢が若干だが速かった。しかし、まだ燃費ではシボレーが優位にある模様で、彼らふたりは2ストップで75周のフル・ディスタンスを走り切った。

 予選2番手だったダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)は、26周目のリスタートでマイク・コンウェイ(AJ.フォイト・レーシング)と接触し、マシンにダメージを受けて後退。そこから3番手まで順位を挽回したのはさすがだったが、残り8周のリスタートで佐藤琢磨にパスされ、さらにエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)にも先行を許して5位でフィニッシュした。

 琢磨と彼のチームは見事なレースを戦った。ブラック・タイヤでスタートし、最初のピットストップを早めに行う作戦が正解で、レッドを装着したセカンドスティントからは燃費セーブも行いつつ走行。レース終盤に5番手まで浮上し、リスタートで強者二人、フランキッティとカストロネベスをまとめてパス! 見事3位フィニッシュを果たしインディカーで初めてとなる表彰台に上った。

 琢磨陣営は土曜日のプラクティス1回目でギヤボックス関連のトラブルに見舞われ、プラクティス2回目にはエンジンブロー。予選に出場できず、決勝日の朝のファイナルプラクティスはウエットコンディションだった。ほとんどまともな走行ができないまま決勝レースを迎えるしかなかったのだ。

 それでも、25番手グリッドから最初のスタートで21番手までジャンプアップ。26周目のリスタートでは、前方で混乱が発生してシケインを避けて走ったことで19番手から11番手へと大きくポジションを上げ、最初のピットストップで受けたピットスピード違反のペナルティを軽々と跳ね返して見せた。

 琢磨の走りは周回を重ねる毎に鋭さを増し、燃費をセーブしながらも着実に順位を上げていった。ライバル勢の作戦の悪さや、アクシデントもあって、レースがゴールまで15周を切ったところで5番手にまで浮上。そこからベテランふたりをパスして表彰台へと手を届かせたのだった。ここまでチェッカーを受けることなくレースを終えていた琢磨だったが、この1度の3位フィニッシュで琢磨は一気にシリーズランキングは16位から一気に7位にまで上がった。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

コーヒー専門ブースを展開=7月から―日本マクドナルド

 日本マクドナルド<2702>は29日、国内店舗で最大の広さを誇る大型店「原宿表参道店」を、東京都渋谷区にオープンした。原田泳幸社長は開店に合わせて記者会見し、客の目の前でコーヒーを手作りでサービスするコーヒー専門ブース「マックカフェ バイ バリスタ」の展開を、7月に同店から始める方針を発表した。原田社長は「新しいお客を呼び込む大事な戦略の柱になる」と強調した。 

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【天皇賞・春】池江師「あそこから届く馬いない」

【池江師と一問一答】

 ――まさかの結果でした。

 池江師 またファンの方の期待を裏切って、申し訳ありません。はっきりした敗因は分からないが…。パトロールビデオを見ると馬場を気にしていた。直線で何度か脚を取られていた。

 ――池添騎手は返し馬の感じが一息と。

 いつもの弾むような感じがなかった。妙に下を気にして、折り合っている感じ。レースもそんな感じだった。同じ良馬場でもカチカチの馬場。確かに同じ条件で他の馬は走っているがその辺も影響したと思う。

 ――特殊な展開。

 確かに厳しかった。あそこから届く馬はそういないでしょう。それでも、普段のオルフェなら、あそこからまくり切る脚は持っている。それができなかった。

 ――レース後は脚元をチェックしていました。

 (引き揚げる時の)上がりを見る限り、幸い大丈夫だった。それでも2、3日はしっかりと経過を見ていきたい。とりあえず、現時点では大丈夫でした。

 ――凱旋門賞のプランは?

 今のところは白紙。この着順では大きなことも言えない。ゼロになったわけではないが、5月9日の締め切りまでに登録するかしないかを含め、オーナーサイドと話し合う。宝塚記念も選択肢にあるが、それも含めて白紙。とりあえず、敗因をしっかり分析してから。出直しです。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動