1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<名古屋・栄>ホコ天、来年も継続 売り上げ2~3割アップ

名古屋・栄の地元商店街で作る「南大津通歩行者天国協議会」は29日会合を開き、9~11月に27年
ぶりに大津通で復活した歩行者天国を、来年も春と秋に各2カ月間実施することを決めた。
人出が1日6万人から15万人程度に増え、集客効果が確認されたという。
今後、愛知県警や市などと渋滞解消策などを協議する。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<東日本大震災>復興財源確保法が成立 事業執行に弾み

東日本大震災の復興財源を賄う臨時増税などを盛り込んだ復興財源確保法案が30日の参院本会議で賛成多数により可決、成立した。これにより、21日に成立した11年度第3次補正予算に盛り込まれた復興事業の財源が裏付けられ、執行に弾みが付く。

 増税規模は10.5兆円。所得税は13年1月から25年間、2.1%の定率増税▽法人税は実効税率5%減税を実施し、12年4月から3年間、減税の範囲内で引き上げ▽個人住民税は14年6月から10年間、1人あたり年1000円の均等割り--などを実施する。

 政府提出の当初案では、所得税は増税幅を4%として10年間実施し、1本あたり2円のたばこ増税も盛り込んでいたが、自民、公明両党が負担増に反発。所得税の増税期間を延長して、単年度の上げ幅を圧縮したり、たばこ増税を除外するなど大幅に修正した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<殺人未遂>容疑で20歳母を逮捕 コンビニに乳児遺棄

 千葉市若葉区のコンビニエンスストアで10月、生まれたばかりの女児がトイレのごみ箱に遺棄されているのが見つかった事件で、千葉県警捜査1課は30日、同県八街市八街に、会社員、山崎裕美容疑者(20)を殺人未遂容疑で逮捕した。山崎容疑者は「妊娠や出産について知られたくなかった」と話し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、10月20日午後9時40分~同10時35分ごろまでの間、若葉区千城台北1のマンション1階にある「ローソン千葉千城台北店」のトイレ内で女児を出産、そのままごみ箱に入れ、ふたをして殺害しようとしたとしている。女児は間もなく店員に発見され無事だった。
 同課によると、山崎容疑者は別に住む姉が運転する乗用車で来店していた。防犯カメラから車種が判明し、山崎容疑者が浮上した。山崎容疑者は母子手帳の申請や定期診断の受診をしておらず、姉も妊娠は知らなかったとみられる。山崎容疑者は県内の食品会社で働いており、出産翌日も通常通り勤務していた。女児は現在、同市花見川区の乳児院におり、健康状態も良いという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

現代の結婚式は、“みんな”が主役のきずな婚

以前、「自分の妻や夫をどう呼んでいるのか」や「結婚式の演出費用」についての記事をお送りしたことがある。
実は上記の2つの記事の根拠となるデータを集計してくれたのは、株式会社リクルートの「ブライダル総研」であった。
そして今回は、同社が発行する『ゼクシィ』が主催となって10月19日にある記者発表会が行われている。昨年の4月から今年の3月31日までに結婚したカップルの結婚スタイル(首都圏)の詳細をまとめた「結婚トレンド調査2011」の発表会が開催されたのだ。ここで披露された内容がまたしても興味深かったので、皆さんにもお伝えさせていただきたいと思います!

まず、パッと目につくのは挙式・披露宴にかける総額が増加傾向になっているということ。2011年の平均額は356.7万円で、昨年(336.5万円)より20.2万円も増加している。ここ5年で見てみると、2006年(312.2万円)より約45万円も増加していることになる。
じゃあ、具体的に何にかける費用が増加しているのか? データを見ると、5年前と比較して招待客人数が増えているわけではない。そこで気になるのが「招待客1人あたりの費用」ではないだろうか。こちらに関しては今年の平均額が5.9万円で、2006年(5.0万円)に比べると増加傾向にあることがわかる。
では、1人あたりの費用の一番多くをかけているのは? それは、何と言っても「料理と飲み物」でしょう! この部分の式全体における平均額が、ここ5年で10万円増加しているという集計が実際に取れている。近年、ずっと顕著な「感謝の気持ち」や「おもてなし志向」が一番表しやすいポイントは、まさに「料理と飲み物」なのだ。

では、なぜこんなにもゲストにお金をかけるようになったのだろう? それは、このデータを見るとわかりやすいかもしれない。
「披露宴・披露パーティを挙げた理由」(複数回答)というアンケートが行われ、それに対しての回答のトップ3を占めるのは「親・親族に感謝の気持ちを伝えるため」(72.8%)、「親・親族に喜んでもらうため」(61.1%)、「友人など親・親族以外の方に感謝の気持ちを伝えるため」(57.6%)なのだ。これらは、どれも“他人軸”と表現すべき回答ではないだろうか? 逆に“自分軸”ともいうべき「以前からあこがれていた」(47.8%)、「親・親族に勧められたから」(7.5%)、「けじめなので」(30.8%)といった回答は、明らか“他人軸”に圧倒されている。

では、結婚式の中で目に見えた変化はあったのだろうか? ……あった。“他人軸”に傾いている現代の結婚事情は、演出面にも形となって表れている。
皆さん、「ベールダウン」という演出を御存知でしょうか? 挙式の入場の際、新婦はお父さんと入場するのが王道。そしてその時、お母さんはまったく表に出てこなかった。
しかしベールダウンを行う場合は、最初にお母さんが登場する。何のために? それは、新婦のベールを下げるため。新婦のベールはキスの際に新郎が上げるため、それを下げたまま入場するのがかつての主流だった。しかし、この演出ではお母さんがベールを下げる。その役割を果たすために、最初に現れるのだ。

この演出、現場で見ていると実に感動するらしい。色んな思い出が甦っているお母さんの思いと、ベールを下げてもらっている新婦の思いが会場中に伝わるとのこと。これが、“ゲスト満足度”を非常に高くさせているのだ。
このベールダウン、今年の「挙式に関して実施した演出」の第3位に入っているという大躍進ぶりだそうだ。何しろ、2011年の調査では実施したカップルの割合は41.4%! 昨年の25.8%と比較して、大幅にアップしている。
「新郎新婦が華やかに見える演出よりも、“きずな”を強調する演出が定着している気がします」(『ゼクシィ』編集長・伊藤綾氏)

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

働く女性の2割は“仕事の日も3食自炊”

 朝日新聞ジョブラボと月刊女性誌FRaUが実施した女性に対する共同アンケートで、食生活について尋ねたところ、働く女性の2割は、朝・夕食を作り、昼は弁当を持参する“3食自炊派”であることがわかった。このうち5人に1人は、3食ともひとりで食べると答えており、食事はひとりで手早く済ませるという人が多かった。

 全回答者のうち22%が、仕事をしている日の朝食を自分で作って食べていて(Q13)、昼食は弁当を持参し(Q10)、夕食をほぼすべて自分で料理(Q15)していた。

 「仕事の日に何回、食事をひとりでとりますか」という問いには、「1回」と答えた人が36.0%、「一人ではとらない」と答えた人が29.2%いたものの、「3回すべて」と答えた人が19.1%いた。

 3食自炊派は、食事の時間も短かった。「仕事の日の昼食にかける時間」(Q9)の問いでは、全員が「1時間未満」と答え、うち、「30分未満」と答えた人が7割いた。仕事の日の夕食(Q14)も同様で、「30分未満」「30分~1時間未満」と答えた人を合わせると、9割近くに上った。

 「ここだけは譲れない食へのこだわりは何ですか」という問いには、「コンビニ弁当を買わない」「節約もしっかりする」「毎日ごはんを食べる」「食べたいものを食べる」というこだわりが並び、自炊で節約と健康に配慮しつつ、食べるものにも妥協しない姿勢が見える。

 3食自炊派の年代別構成を比べると、アンケート回答者全体より30代の割合がやや高かった。

・調査概要
  調査テーマ:FRaU×ジョブラボリアル白書(食生活&ダイエット)アンケート
  調査期間:2011年10月31日~11月15日
  回答者数:412人
  調査方法:インターネット調査

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。