FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

「仕事もない」避難準備区域解除…諦めと反発

 緊急時避難準備区域の指定が解除された福島県南相馬市など5市町村の本格的な除染はこれからだ。指定区域は解除後も前日までと何も変わっていなかった。戸惑い、反発、諦め…。住民らの反応は複雑だ。

 南相馬市原町区のスーパーの駐車場はほぼ満車だった。店内のレジには牛乳や野菜などを買い物かごに入れた主婦らが並ぶ。

 「解除されても何も変わらない」。同区に住む主婦、桜美智子さん(34)はそう話す。

 同区ではインフラも4月には復旧し、スーパーも再開。避難準備区域にいた4万7千人のうち、30日現在で2万7千人が帰還した。桜さんも夫の仕事の再開に合わせて4月に帰宅。「生活には困らないし、放射線量も住めないほどではない」と桜さん。ただ、「子供にとってつらい思い出が続くのも変わらない」ともいう。

 震災前まで毎日自宅の外で友人と鬼ごっこをしていた長女の小学5年、美咲さん(11)は被曝

(ひばく)を恐れて「毎日家でゲーム。友達も全然来ない」と話す。

 体力もなくなり、体育で校庭を3周しただけでクラス全員が筋肉痛になった。

 南相馬市で書店を営む大内一俊さん(56)は「みんな帰りたいだろうが、仕事がないと暮らせない。なかなか戻らないのではないか」と冷ややかだ。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |