FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

作家の北杜夫さん死去 「どくとるマンボウ航海記」「楡家の人びと」

 大河小説「楡(にれ)家(け)の人びと」やユーモラスな「どくとるマンボウ」シリーズで親しまれた作家で日本芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名・斎藤宗吉=さいとう・そうきち)さんが24日午前6時2分、腸閉(へい)塞(そく)のため東京都内の病院で死去した。84歳。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、斎藤喜美子(さいとう・きみこ)さん。故人の遺志でお別れの会などは行わない。

 23日の昼食後に体調を崩して入院。24日早朝に容体が急変したという。

 昭和2年、アララギ派の歌人で精神科医だった斎藤茂吉の次男として東京に生まれた。東北大医学部を卒業。父の歌集や独作家、トーマス・マンの影響を受け、医師として働くかたわら小説などを発表した。船医としてマグロ調査船に乗り込んだ経験をユーモラスに書いた「どくとるマンボウ航海記」を昭和35年に出版し、人気作家に。同年、ナチス支配下の精神科医の苦悩を描いた「夜と霧の隅で」で芥川賞を受賞した。39年には斎藤家3代をモデルにした長篇「楡家の人びと」を発表。毎日出版文化賞を受賞するなど高く評価された。

 主な作品に、自伝的小説「幽霊」、南米日本人移民を題材にした大作「輝ける碧(あお)き空の下で」(日本文学大賞)、父茂吉の人生を描いた評伝4部作(大仏次郎賞)など。兄は精神科医でエッセイストとして知られた斎藤茂太さん、長女はエッセイストの斎藤由香さん。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

エルメスの手帳を愛用する武田修宏 「結果を出すには計画性をもって…」

深刻な話題の多かった2011年。できれば2012年は、活気に満ちた1年であってほしい。そんな日々を刻むために、まず手帳から替えてみてはどうだろうか? 有名人の手帳へのこだわりを聞いてみた。  

タレントの武田修宏さんは、赤いエルメスの手帳を愛用。「赤はパワーを象徴する僕のラッキーカラー」と語る武田さんが、この手帳に出会ったのは5、6年前。「パリで見つけて、華やかな赤に惹かれました。リザードも好きな素材。かなり使い込んでいますが、それだけ味が出てきたかな。ずっと使い続けたいですね」(武田さん)    

リフィルは、見開きで1週間分がひと目で見られるタイプを愛用。「時間さえあれば、いつもスケジュールを見てるんです。自宅用にはA4判のダイアリーも使ってますし、一年分のカレンダーを貼って、それを眺めながら計画を立てたり。サッカーでもテレビの仕事でもそうですが、結果を出すには計画性をもって準備して本番に臨まなきゃならない。そのためには手帳は必需品。洋服を見に行ったり、ネイルサロンに行くなど、ストレス解消の時間を見つけるうえでも手帳は欠かせません」(武田さん)    

次に独自の手帳術を紹介するのは、さまざまなテレビ番組への出演もあり、多忙を極める弁護士の八代英輝さん。愛用するのは、フランスのダイアリーブランド、クオバディスの「エグゼクティブノート」。16cm×16cmの正方形で、革製のカバーに見開き1週間のダイアリーやマンスリーページ、別冊ノートなどがセットされている。ダイアリーは、タイムラインが縦に組んであるのが使い勝手がよく、お気に入りのポイント。「iPhoneやノートPCで事務所のスタッフとスケジュールを共有していますが、やはり手書きのスケジュール帳はなくてはならない」とのこと。    

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

<自転車>車道走行促す 歩道は原則禁止 警察庁が対策強化

 自転車の交通ルール違反が後を絶たず、事故も多発していることから、警察庁は25日、自転車の原則車道走行を促すことを柱とする自転車交通総合対策をまとめ、全国の警察本部に通達した。自転車通行が可能な歩道を減らすとともに自転車レーンの整備を進めることにより、自転車と歩行者の分離を図り、悪質で危険な運転の取り締まりも強化する。歩道走行を事実上容認してきた従来の姿勢を転換した。

 「自転車通行可」の標識がある歩道は全体の46%を占める。このうち幅3メートル未満の歩道について警察庁は、自転車の走行を原則禁止する方向で検討するよう指示。ただし、幼児やお年寄りは除外し、車の交通量が多く車道走行が危険な場合なども例外と位置付ける。どの歩道を見直しの対象とするかは交通事情に応じて各警察本部が判断する。

 また、自転車が通行しやすい環境を整備するため、縁石などで車道と区切られた自転車道や、自転車専用通行帯(自転車レーン)を増やすことも総合対策に盛り込んだ。

 街頭での取り締まり強化も指示した。速度を上げて走る自転車は車道を走行するよう指導し、やむを得ず歩道を走る場合は徐行するよう注意する。注意に従わなかったり、ブレーキをつけないピスト(競技用自転車)など悪質な違反には交通切符(赤切符)を切って摘発する。

 統計によると、昨年の自転車関連事故は15万1626件で交通事故全体の2割を占め、死傷者の3分の2に何らかのルール違反があった。自転車利用者のマナーの悪さに対する批判も絶えず、警察庁は抜本的な対策を検討していた。担当者は「今回の総合対策で自転車は『車両』であることを徹底し、ルール順守の意識を浸透させたい」と話している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

50万人の雇用創出へ=被災地支援で基金拡充―厚労省

 厚生労働省は25日、東日本大震災の被災者雇用を支援する基金事業の拡充などにより、
50万人程度の雇用創出を目指すとした対策をまとめた。同日開いた「被災者等就労支援・雇用創出推進会議」で決めた。
 具体的には、円高対策も含め、各自治体に設けた基金事業を3510億円拡充することで、
産業振興と一体となった雇用対策などを支援。震災からの復興に向けた長期安定型の雇用を生み出したい考えだ。
予算規模は総額6兆1000億円で、主に2011年度第3次補正予算案に盛り込まれている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動

<ゆるキャラまつり>経済効果、4億3000万円--彦根・滋賀

 滋賀県彦根市で22、23の両日行われた「ゆるキャラまつりin彦根~キグるミさみっと2011」の実行委は24日、同まつりの経済波及効果が約4億3000万円に上ったと発表した。09年の4億5000万円は下回ったが、昨年とほぼ同額だった。

 集計によると、2日間に彦根を訪れた観光客は前回を3000人上回り、これまでの4回で最高の約7万8000人だった。宿泊客は2000人(前泊を含む)、日帰りは7万6000人。経済波及効果は過去4年の調査を基に、宿泊客と日帰り客が使う平均金額から算出した。

 実行委は「観光客数は予想を8000人上回ったが、不況の影響で宿泊客、日帰り客とも消費単価を抑えたようだ。一過性ではなく、継続して認知度を上げることが今後の課題」と分析している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
前のページに移動  | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。