1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

福島県、10月末に全避難所を閉鎖へ

 福島県災害対策本部は22日、県内の被災者支援のロードマップを公表し、10月末までに現在42カ所ある一次避難所と、旅館やホテルなど512カ所の二次避難所をすべて閉鎖する方針を明らかにした。

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のため、県内外で避難を続ける県民は約7万5千人に上っている。県によると、22日現在の県内避難者は1万4528人。このうち一次避難は2199人、二次避難は1万2329人だ。

 県は、9月末までに仮設住宅と民間借り上げ住宅を計約3万5千戸用意する計画で、「県外から戻る人も含めて十分対応できる」と見込んでいる。

 夏休みが終わる8月末には、ほぼすべての一次避難所を閉鎖。2、3カ所だけを残して、自立が難しく避難所を離れられない人などを集約する方針だ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

内閣府が衝撃の報告 タレント自殺報道は本当に自殺者増加に繋がるのか

 13年連続で自殺者が3万人を超える異常な世の中。内閣府の自殺対策会議で内閣府参与らが「今年5月に自殺が急増した原因は女性タレントの自殺と関連報道の影響」と報告した。「マスコミのせい」ともとれる指摘だが、自殺報道がどのように影響するのか、専門家に聞いた。

 【報道後は自殺増える?】

 今年初めからの自殺者数は1日平均82人だったが、タレントの上原美優さんが自殺した翌日5月13日から1週間は1日平均124人に増加。増加分の半数以上を20~30代が占め、女性の伸び率が高かったという。

 日本精神神経学会理事で池上クリニック(川崎市)院長の池上秀明医師は「自殺の報道などに反応して模倣した自殺行動が生じることは、専門家の間では以前から認識されている」とこう話す。

 「1940年代から60年代にかけて、米国でニューヨーク・タイムズの第1面に自殺記事が掲載された時と、掲載されない時で、その後の自殺者数の比較を調査した研究では、掲載時の方が有意に増加することが報告されています。また日本では明治時代に華厳の滝で投身自殺した“藤村操(みさお)”の例が有名です」

 旧制一高の学生だった藤村が「人生不可解」という遺書「厳頭之感」を残して自殺。エリート学生の死は当時の社会に大きな影響を与え、死後4年間に同所で自殺を図った若者は185人にも上っている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

受け入れ拒否、最多1万6千件=昨年の救急搬送調査-消防庁

 総務省消防庁は22日、昨年1年間の救急搬送の受け入れ状況に関する調査結果をまとめた。重症者で3回以上受け入れを断られた件数は前年比約3217件増の1万6381件で過去最多となった。同庁は「搬送件数全体が増えており、医療機関が対応しきれなかった部分があるのではないか」としている。
 調査は(1)重症患者(2)妊産婦(3)15歳未満の小児(4)救命救急センターへの搬送-の4区分(重複あり)について、東日本大震災により集計不能となった岩手県の陸前高田市消防本部を除く全国の消防本部を対象に実施した。
 10回以上受け入れを断られたのは重症727件、妊産婦18件、小児332件、救命救急センター搬送1467件。最も受け入れを断られた回数が多かったのは大阪府の救急患者のケースの64回だった。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「Facebookは敵ではない」――foursquareに聞いた、モバイルの次の一手

 スマートフォンの位置情報を使ったソーシャルアプリの代表格「foursquare(フォースクエア)」。2009年末のサービス開始以来、爆発的な人気を集め、2011年6月には全世界のユーザー数が1000万人を突破した。今いる場所にスマートフォンから「チェックイン」する、という文化を定着させた立役者だが、最近ではライバルも増加。企業や店舗と提携し、チェックインすると割引クーポンが得られるようにして利用者開拓を図っているが、6月にはFacebookがほぼ同じ機能を導入し、攻勢を強めている。

 foursquareはFacebookに勝てるのか。クーポンに続く新たな機能拡張はあるのか。今回、編集部ではfoursquareのモバイル担当バイスプレジデント、ホルガー・ルドルフ氏に独占インタビューを実施。日本法人がないだけに、日本での利用実態などもあまり知られていないfoursquare。日本のユーザーの傾向からFacebookへの対抗策、foursquareの「次の一手」までを聞いた。

※foursquareとは:スマートフォンの専用アプリから、今いる場所に「チェックイン」して利用するのが基本。チェックインの回数やチェックインした場所に応じて称号や仮想のバッジなどが得られる、というゲーム性が付加されている。チェックイン情報はfoursquare上の友人と共有されるほか、チェックインしたスポットに参考情報を書き込むこともできる。最近では企業や店舗がマーケティングツールとして活用し、チェックインに対して割引クーポンを提供する例も増えている。

日本のユーザー数は世界5位

――foursquareの日本での状況と、世界での状況について教えてほしい。

ホルガー・ルドルフ氏(以下ルドルフ):今年の2月に日本語のユーザーインターフェースを用意したこともあり、ユーザー数は急激に伸びている。2011年はここまで、昨年比で約250%の伸びを示しており、今の日本は世界で5番目にユーザー数の多い国だ。日常的に使っているアクティブユーザーの割合も高い。ちなみに、世界で1日あたりのチェックイン回数が最も多いのは東京の渋谷駅だ。

 foursquareの全世界のユーザー数は、この6月に1000万人を突破した。昨年の同じ時期のユーザー数は約200万人。この1年間は本当にエキサイティングだった。

――どんな仕事を担当しているのか。

ルドルフ:foursquareにとって最も重要な、モバイル部門を統括している。モバイル向けの優れたアプリケーションの開発は、foursquareの成長を支えるもの。加えて、さまざまな業種とのパートナーシップの開拓・発展も私の担当分野だ。日本での大きな成果の一つは、KDDIとのパートナーシップの締結だろう。auの一部のスマートフォンにはfoursquareのアプリがプリインストールされている。

 提携関係の開拓が進んでいる米国では、あらゆる業種とのコラボレーションが実現している。5軒のスターバックスにチェックインすると特別な「バリスタ」バッジが手に入る、MTVのアカウントをフォローすると周辺のライブハウスなどの情報が手に入る、といった試みがいい例だ。ケーブルテレビの「ヒストリーチャンネル」は、認知度向上のため、米国内などのさまざまなランドマークに歴史情報を書き込んでいる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

セの“守護神軍団”とパの強力打線が激突!=オールスター第1戦・見どころ

 プロ野球のオールスター第1戦が22日、ナゴヤドームで行われる。
 第1戦の先発投手を務めるのはセ・リーグが岩瀬仁紀(中日)、パ・リーグは寺原隼人(オリックス)。通算289セーブの日本記録を誇る岩瀬が、先発マウンドに上がる。岩瀬の今季の成績は0勝1敗13S・防御率2.79。一方の寺原は9勝5敗0S・防御率2.96。

 落合博満監督(中日)が指揮を執るセ・リーグは中継ぎ、抑えの投手リレーで第1戦を戦う構え。威力のあるストレートを投げ込む藤川球児(阪神)、林昌勇(東京ヤクルト)ら“守護神軍団”と、中村剛也(西武)、中田翔(北海道日本ハム)ら強打者をそろえたパ・リーグ打線との戦いに注目が集まる。
 秋山幸二監督(福岡ソフトバンク)が率いるパ・リーグでは、注目ルーキーの斎藤佑樹(北海道日本ハム)が第1戦、第3戦にリリーフ登板する予定だ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動