FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

「和牛」ユッケに交雑種の肉、卸業者が加工納入

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の客4人が死亡した集団食中毒事件で、食肉加工卸業者「大和屋商店」(東京・板橋区)が同チェーンの店舗にユッケ用和牛として卸していた肉の中に、和牛には該当しない交雑種の肉が含まれていたことが7日、読売新聞の取材でわかった。

 店側では「和牛」と表示してユッケを提供していた。富山、福井、神奈川の3県警と警視庁の合同捜査本部は、肉が汚染した経緯と共に、ユッケの材料となった肉について詳しく調べる。

 一般的に、交雑種は肉牛と乳牛をかけ合わせたもので、和牛は、肉牛の黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種とこれらを交配した牛。

 交雑種であるにもかかわらず「和牛」として扱われていた肉は、先月13日に大和屋商店が加工した後納入されたもので、個体識別番号から、福島県内の畜産家の男性が飼育していたことが判明。男性によると、さいたま市食肉中央卸売市場で1頭約45万円、1キロ当たり約1000円で競り落とされた。男性は「和牛と称して売っていたなら、偽装だ」と話している。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

前田健、初監督作品公開に感無量 「人に見てもらう喜び」を実感

 お笑いタレントの前田健がメガホンをとり、自身の処女小説を映画化した『それでも花は咲いていく』の初日舞台あいさつが7日、都内で行われた。初監督作品が公開初日を迎え、前田は「自分は子どもを産めないけれど、作品が子どもの代わり。1人っ子じゃ寂しいので、“2人”、“3人”と産んで、愛されていけばと思う」と感慨深げに語り、今後も映画監督業に携わっていく思いを明かした。

 同作では、セクシャル・マイノリティーの人々をテーマにした原作の9つの短編から、人には言えない心の痛みを持つ3人の男たちの姿を描いた3篇「エーデルワイス」「ヒヤシンス」「パンジー」を映画化。監督経験は皆無の前田だったが「信用できる人たちが素晴らしい演技をしてくれた。つくづく俳優さんって素晴らしいと思った」とキャスト陣に感謝し、「何もかもが楽しく、ずっとドーパミンが出てました」とすっかりハマッた様子だった。

 観客を前に前田は「夢は、監督として映画を撮ることじゃなく、人に見てもらうこと。だから、夢が叶った喜びをかみ締めてます」としみじみ。「世の中、生きてる限りは幸せに向かうしかないと思う。(東日本大震災の)被災地に行った知り合いから、瓦礫の下にタンポポが咲いていると伝え聞いた。この作品も、瓦礫の中で咲いてく花になれば」と、同作が放つメッセージ性が根強く多くの人々に届くことを願っていた。

 舞台あいさつには出演者の仁科貴、滝藤賢一、南野陽子も登壇した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ボクシング 亀田興毅、TKOで初防衛…WBAバンタム級

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトルマッチ12回戦が7日、大阪府立体育会館であり、同級王者、亀田興毅(24)=亀田=は世界初挑戦の同級14位、ダニエル・ディアス(27)=ニカラグア=を十一回終了TKOで降し、昨年12月に獲得した王座の初防衛に成功した。世界王座通算防衛回数はWBAライトフライ級(1回)を合わせて2回目。日本の現役世界王者(男子)は6人のまま。

 また、亀田興の弟でWBAバンタム級7位、亀田和毅(19)=亀田=はフィリピン・スーパーフライ級6位、ネイサン・ボルシオ(21)=フィリピン=とノンタイトル10回戦(契約重量54.5キロ)を行い、3-0で判定勝ち。デビュー19連勝(12KO)を飾った。

 ◇亀田興 序盤から鋭く踏み込み完勝

 スピードに勝る亀田興が序盤から鋭く踏み込み、完勝した。一回、早くも左右を顔面にヒットさせる快調な滑り出し。中盤に攻めが雑になった面もあったが、八回にはバランスを崩したディアスに左フックを合わせてダウンを奪った。相手に疲れが見えた終盤はロープ際に追い込んでラッシュ。十一回終了後、挑戦者のダメージが大きいと判断したレフェリーが試合を止めた。

 ◇インファイト続ける王者

 王者は迷いながら戦っていた。「スピードでうまく戦いたいが、でも倒さなあかんからな」と亀田興。結果的に、前へ出るインファイトを続けた。

 身長で約8センチ、リーチで9センチも上回る長身のディアスだったが、スピードが乏しい。サウスポーの亀田興は序盤から鋭い踏み込みで懐に入り、左ストレート、左ボディーアッパーを再三好打。八回に左フックでスリップ気味のダウンを奪うと、あとは一方的な展開。左フックからのラッシュで相手をダウン寸前に追い込んだ十一回が終わった後、レフェリーが試合を止めた。

 世界戦では初のKO勝ちに「素直にうれしい」と笑みを浮かべた。1年間のブランクがある下位ランカーとの試合。マッチメークが批判されることは承知のうえで、「先を見据えて、やりにくい背の高い選手と戦う」と挑戦者を選んだ。作戦は「スピードと出入りで戦う」だったが、「小さいころから夢だった大阪での世界戦で力んだ」と苦笑い。それでも「力むのは分かっていたので、それでも倒せるように一発狙いのスパーリングもしてきた」という。

 ただし、亀田興の武器は、接近戦のどつき合いではなく、抜群のスピードを生かしたカウンターだ。しかも、今回は勝って当然の相手。元世界王者の鬼塚勝也さんは「誰もが認める強い選手と戦う方が、興毅選手の良さが出る」と提言する。次こそ、世界の強豪と渡り合う姿を見たい。【来住哲司】

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

阪神・小林宏、自滅で3失点…横浜に逆転負け

 (セ・リーグ、横浜5-4阪神、4回戦、横浜3勝1敗、7日、横浜)阪神は3番手で登板した小林宏が2点のリードを守りきれず、横浜に逆転負けで2連敗となった。

 阪神は初回、先頭マートンの左安打を皮切りに一死満塁の好機を作り、5番ブラゼルが右翼線へ先制の適時打。横浜先発の須田から2点を先取した。

 1点を返された直後の四回表には、城島が左翼席最上段に届く特大の3号ソロ本塁打を放ち、リードを3-1に広げた。3-2とされた七回表には、二死二、三塁の好機で平野が大原慎から左前適時打を放って4-2と引き離した。

 阪神先発のメッセンジャーは7安打を浴びながらも、6回2失点で勝利投手の権利を得て降板。だが八回から3番手で登板した小林宏が2四球と死球で満塁のピンチを背負うと、暴投で1点を返されて4-3に。さらに二、三塁から内藤に右翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びて、痛い逆転負けを喫した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

“応援購入”売り上げ10倍 都内の福島県観光施設

 原発事故で風評被害が深刻な福島県だが、平成21年7月にオープンした「福島県八重洲観光交流館」(東京都中央区)がいま、大人気となっている。事故後の3月下旬から客足が伸び始め、4月の来客数は前年同月の4・6倍にあたる5万725人、売り上げは約10倍の4000万円に達した。来客の多くは福島を応援しようという人たちで、「大変だけど頑張って」などと声をかけていく客も多いという。

 大河原薫・県観光交流局長によると、酒類、菓子、加工食品などが売れ筋で、「週末は入場制限をお願いすることもある」。市町村ごとに行うイベントも人気で、6日には「計画的避難区域」となった飯舘村産の試飲・即売会に765人が来店し、218万円を売り上げた。いずれも過去最高を記録したという。8日は湯川村の会津湯川米のイベントで、ご飯や米粉パンが楽しめる。

 だが、福島の観光地は大型連休も県外客は少なめ。「最大の応援は来ていただくこと。会津など放射線量が少ない観光地も多いですよ」(大河原局長)。原発事故で一気に高まった“知名度”を、観光などに生かせる日が待ち遠しい。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動