1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

眞鍋かをり新ブログ開設 「元祖ブログの女王」が復活

 かつて「ブログの女王」と呼ばれていたタレントの眞鍋かをりさん(31)が2011年5月31日、新たなブログを開設した。以前のブログは2010年1月の更新を最後に閉鎖。約1年4か月ぶりのブログ更新で、これからは「旅」をテーマにしていくという。

 ライブドアブログに新設され、タイトルは「眞鍋かをり Official Blog」。「ずっとずっと、書きたかったブログをこうして開始することができて本当に嬉しいです」と思いを綴った。

■ブログ閉鎖中もコメント読んでいた

 旧ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」が更新できなかった間も、寄せられたコメントは全て読み、元気をもらっていた。「本当にありがとうございます。その他にも、いろいろな形で応援してくださった方々、支えてくださった関係者の方々すべての皆様に感謝します」と書いている。

 今後のブログのテーマは「旅」だ。サイトトップにもトランクケースに座った写真が掲載されている。この1年半で10か国回ったといい、旅のスタイルは「スケジュール通りなんてつまらない!知らない場所に飛び込んでいっぱいドキドキしたい!」。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

イタリアでの初タイトルに喜ぶ長友「夢を見ているような気分」

 29日にコッパ・イタリア決勝が行われ、インテルがパレルモを3-1で下し、2年連続7度目の優勝を勝ち取った。

 右サイドバックでフル出場し、イタリアに渡り初となるタイトルを獲得した日本代表DFの長友佑都は、様々な経験をしたこの1年間を振り返り、「夢を見ているような気分」とコメントしている。

「この1年間、本当にたくさんの出来事がありました。南アフリカ・ワールドカップで日本代表が敗退して涙を流していたのに、今はこんなに大きな喜びを味わっているなんて、信じられないくらいです。本当に、まるで夢を見ているような気分です。今後も努力し続けて、もっと上達したいと思います」

「インテルでの6カ月間は、ものすごく勉強になりました。ここで1年間過ごすことは、他クラブで10年過ごすぐらいのものなんです。来シーズンの僕の目標? 世界一のサイドバックになることです」

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

IMF専務理事訴追 加速する後任人事

国際通貨基金(IMF)専務理事のストロスカーン容疑者が性的暴行の疑いで訴追されたことで、後任人事をめぐる観測が加速してきた。「指定席」を死守したい欧州に対し、IMFでの発言力拡大を狙うアジアや新興国は人心一新につながる人事を模索。各国の思惑が交錯する背景には、IMFの組織運営をめぐるせめぎ合いがある。

 ストロスカーン容疑者の辞任は不可避の情勢。後継を探る素早い動きを見せるのが、専務理事ポストを独占してきた欧州勢だ。同容疑者の逮捕直後の16日、ドイツのメルケル首相は「欧州出身者がトップを維持するのが望ましい」との見解を披露。オランダやスペインからも同様の声が相次ぎ、欧州の信用不安への対処には欧州の指導力が必要との主張も聞かれる。

 「ポスト・ストロスカーン」の本命とみられてきたのが、フランスのラガルド財務相。20カ国・地域(G20)議長国として財務相会合などでの指導力が評価されるが、「容疑者と同じフランス出身者は厳しい」(国際金融筋)との見方があり、シュタインブリュック元独財務相やブラウン前英首相を推す声もある。

 一方、IMFは欧州、世銀は米国の出身者が就く慣習に反発するのがアジアや中南米などの新興国。後任には、トルコのデルビシュ元財務相や、メキシコ出身のグリア経済協力開発機構(OECD)事務総長など複数の候補が取り沙汰されている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

山本太郎「事務所、辞めました!これ以上迷惑かけられない」福島の子どもたちのため覚悟の決意表明

 俳優の山本太郎が、27日、自身のツイッターで所属事務所のシスカンパニーを辞めたことを報告した。

 山本は、27日21時半ごろのツイッターで、「事務所辞めました!今日。これ以上迷惑かける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度も引き止めて下さった。最後には僕のわがままを聞いて貰いました。13年もいたSISは正義感強く情に厚い事務所。もう関係ないから事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる(原文ママ)」と報告した。

 福島第一原発で起こった原発事故のあと、「 反対。って言うと、芸能界で仕事干されるんです、 御存知でした?でも言ってやります、反対!」と山本は、脱原発を自身のツイッターで声高に訴え、デモに参加するなど原発反対運動を続けてきた。

 福島の子どもたちを疎開させるべく立ち上げられたプロジェクト「OPERATION KODOMOTACHI」では、7分以上にわたるメッセージを送り、23日には文科省の前で、福島県の親たちとともに、福島県の学校に通う子どもが受ける放射線量を年間1ミリシーベルト以下にするように訴えた。 

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

AKB48大島優子、連覇の自信は「五分五分」 総選挙投票&リバイバル公演初日

 人気アイドルグループ・AKB48は24日、都内のTOKYO DOME CITY HALL(旧・JCBホール)で20日間に渡って開催するリバイバル公演『「見逃した君たちへ」~AKB48グループ全公演~』の公開リハーサルを行い、初日を迎える新旧チームKのメンバーが取材に応じた。1年前、同所で行われた「AKB選抜総選挙」で初の“トップ当選”を果たした大島優子は、きょう24日午前10時からスタートした総選挙での連覇への自信を問われると「五分五分ですかね」と笑顔を見せた。

 同公演は、2005年12月、東京・秋葉原にAKB48劇場がオープン以降、AKB48グループ(AKB48、SKE48、NMB48、SDN48)がこれまでチーム別に行ってきたライブの演目を、20日間にわたって新旧メンバーが入り混じって再現するもの。チームK5th「逆上がり」公演(2009年4月~昨年2月開催)を皮切りに、6月12日のチームA1st「PARTYが始まるよ」公演(2005年12月~2006年3月開催)まで、順不同で一挙に上演する。

 公演初日を迎えるメンバーは緊張した表情を見せ、大島は「先陣を切ってチームKの公演ができるのはうれしいけれど、不安な気持ちも」と本音を吐露。レッスン中、思い出話にも花が咲くといい、宮澤佐江は「なかなかリハーサルが進まない」と苦笑いしていた。

 なお、本公演は、チケットを入手できなかったファンの要望にこたえ、全国20の都道府県の映画館計35館で、史上初の連続20日間生中継(6月9日は第3回AKB選抜総選挙の開票を中継)することも決定している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。