FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

和田アキ子、難病激白「もう、満身創痍」

 歌手、和田アキ子(60)が26日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・0)の中で、涙や唾液が出にくくなる“難病”「シェーグレン症候群」の可能性があることを明かした。関節や筋肉に痛みが出る膠原(こうげん)病の一種で、この2週間、筋肉痛がとれないというアッコは「もう、満身創痍」と胸中を語った。

 昨年末、NHK紅白歌合戦のリハーサルに向かう途中に交通事故で頚椎(けいつい)ねんざに見舞われながらも熱唱した和田が、今度はナゾの病に襲われていた。

 「実は、また首とか腰が調子悪くて…」

 番組冒頭。花粉症の話題の後で突然、和田が体調不良を明かした。

 毎週日曜日に生出演するTBS系「アッコにおまかせ!」(前11・45)の終了後、体力維持のためジム通いしているというが、「すぐ(翌日)に筋肉痛が出るんですけど、この2週間は痛みがとれない。座っていても股関節がピーッと来る」と症状を説明する。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

小向容疑者に勝新太郎さん担当“敏腕”弁護士

 覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕された小向美奈子容疑者(25)の弁護人が、故勝新太郎さん(享年65)の麻薬密輸事件などを手がけた牧義行弁護士(60)になったことが26日、分かった。オウム真理教事件でテレビのコメンテーターを務めるなどお茶の間でも有名な大物。小向容疑者とはこの日、約1時間接見。弁護方針について直接確認したとみられる。

 牧弁護士はこの日午後4時ごろ、警視庁武蔵野署(東京都武蔵野市)を訪れ小向容疑者と接見した。約1時間にわたって弁護方針について確認したようで、同5時すぎ、同署から足早に出てきてワゴン車に飛び乗った。

 牧弁護士の名前がお茶の間で有名になったのは、91年、勝さんが米ハワイにコカインと大麻を持ち込んだとして麻薬取締法違反(密輸出)罪に問われた事件の弁護人になった時。無罪を主張したが翌92年、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が下っている。

 政財界を揺るがした大事件も手掛けており、88年のリクルート事件では当時の同社会長で贈賄罪に問われた江副浩正氏の弁護を担当。95年のオウム真理教事件では民放各局の情報番組でコメンテーターを務めるなど、お茶の間にはすっかりおなじみの顔だ。

 勝さんは密輸事件時「もうパンツははかない」の“迷言”を残すなど連日マスコミを騒がせた。事件の行方だけでなく、小向容疑者も勝さんのような珍発言で世間を騒がせてくれるか注目だ。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

京大入試投稿者 携帯から質問27回 同一名で回答も

 京都大は27日、入試問題が試験時間中にインターネットの質問掲示板に投稿されたことが偽計業務妨害にあたる疑いがあるとして京都府警川端署へ28日に被害届を出すことを明らかにした。同志社大も京大などとの連携を表明しており、追随するとみられる。入試問題漏えいが刑事事件に発展する可能性が出てきた。【高橋望、広瀬登、五十嵐和平】

 京大は、同様の不正が判明した同志社、早稲田、立教の3大学とも情報交換し、協力していくという。合格発表は当初の予定通り3月10日に行う。合格者が不正行為をしたことが判明すれば合格を取り消す方針。

 一方、投稿者の人物像や投稿の手口については、ネット上に残された記録から悩める男性の文系学部受験生像も浮かび上がるのだが、愉快犯の大胆な手口もうかがえる。ユーザー名は「aicezuki」。匿名登録で利用可能の「ヤフー知恵袋」への登録は昨年12月18日。年齢などの個人情報は非公開に設定している。

 昨年12月22日の初質問から、京大入試の英語問題を投稿した今年2月26日午前9時45分までの間に行った質問は計27件(うち3件は削除)。すべて携帯電話(携帯端末)からのアクセスで、試験時間中に投稿した入試問題は文系学部のものとみられる。

 英語、数学の問題以外の質問投稿も。「市販の薬で睡眠薬自殺はできるか?」(1月16日)。「仙台市内でいい心療内科を教えて」(1月18日)。大学入試センター試験が1月15、16日実施なので、悩める受験生の心情をのぞかせていると言えなくもない。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

<京大問題ネット投稿>「携帯持ち込み禁止に」…受験生怒り

 「次の文を英訳してください」「数学の問題です」。インターネットの質問掲示板に掲載された何気ない投稿は、京都大の入試問題だった。掲示板にアップされた「質問日時」はまさに試験中。受験生や大学関係者の間には困惑が広がった。

 京大吉田キャンパス(京都市左京区)にある入試企画課には26日夜、報道陣約10人が詰めかけた。高見純子・広報課長は「携帯から投稿したかどうかなどは、京大として確認したわけではない」と、調査中だと強調した。深夜まで幹部職員が残って対応を協議。午後11時前、大学のホームページに淡路敏之・京大理事名で「試験問題と同一内容の文章がネット掲示板に掲載されるという事態が発生しました。不正行為等が発覚した場合には厳正に対処します」との文章をアップした。

 京大工学部を受験した浪人生(20)=神奈川県=は「まじめに受験している人をあざ笑う行為で許せない。試験会場では携帯電話の電源を切るよう言われるが、本当に切るかどうかは本人次第。不正をしようと思えばできないことはないと思う」と話した。

 法学部を受験した高3の男子生徒(18)=大阪府茨木市=は「受験生が不正をしたのなら許せないが、試験会場には複数の監視員がおり、不正はすぐに見つかると思う」と話した。法学部を受けた別の高3の男子生徒(18)=大阪市淀川区=は「必死で勉強してきた。ずるいことをして受かろうなんて許せない。大学は徹底的に調査してほしいし、今後は、携帯電話の持ち込みを禁止すべきだ」と話した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |