FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

鳥インフル 宮崎で2例目…41万羽飼育養鶏場

宮崎県は23日、同県新富町の採卵鶏農場で死んだ鶏20羽が見つかり、遺伝子検査の結果、6羽のうち5羽で高病原性の「H5亜型」ウイルスを検出したと発表した。今年の宮崎県での感染は、宮崎市佐土原町に続き2例目。これを受け農水省は防疫対策本部を開催した。感染が今後さらに拡大すれば、昨年の口蹄疫に続き、宮崎県の畜産は再び大きな影響を受けることになる。

 県によると、鶏の死がいが見つかった採卵鶏農場は、宮崎市の発生農場の北東約8.5キロにあり、20羽は23日朝、12棟ある鶏舎のうち最北西にある鶏舎の中央付近で死んでいるのが見つかった。加盟する児湯(こゆ)養鶏農協を通じて宮崎家畜保健衛生所に連絡し、簡易検査で陽性と分かった。

 県は22日、1例目の発生を受け、移動制限区域にあるこの養鶏団地でも目視で状況を調べたが、その際は異常はなかったという。農場から半径約10キロを新たに移動制限区域に設定した。これにより、新たに100農場、300万羽が加わり、異常がないかを調べる。23日に県庁で会見した河野俊嗣知事は「迅速な防疫に徹するしかない」と述べた。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

アルバニア反政府デモが激化、3人死亡で治安部隊兵に逮捕状

アルバニアの首都ティラナ中心部で21日、大規模な反政府デモが行われ、首相府に詰めかけたデモ参加者らと治安部隊が衝突、市民3人が撃たれて死亡した。ベリシャ首相は野党がチュニジアで起きたような政権崩壊を企てていると非難。検察当局は、この衝突で治安部隊の6人に逮捕状が出たと明かした。

 ヨーロッパで最も貧しい国の1つであるアルバニアでは、2009年の選挙でベリシャ首相率いる与党・民主党が勝利したが、選挙に不正があったなどとして野党の社会党が結果の受け入れを拒否。また、政府内の汚職についても批判が出ている。

 社会党党首であるティラナ市長のラマ氏は22日、デモで死亡した市民の葬儀で「平和的に、賢明に抵抗を続ける」と表明。これに対し、ベリシャ首相は、市民が死亡したのはラマ氏らに責任があると強く非難した。

 検察当局によると、この衝突で治安部隊責任者ら6人に対して、「過剰に反応した」容疑で逮捕状が出されたという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

お墓を持たずにネットでお参り 「ネット墓地」に対するユーザーの意外な反応

お墓参りの新しい形が徐々に広がりつつある。お墓や遺影、戒名、生前の写真がパソコンや携帯電話の画面にあらわれる「ネット墓地」だ。お寺に足を運ばずにお参りすることができるとあって、高齢者や遠方に住んでいてお墓参りに行きにくい、子どもがいないため実際のお墓だと今後の管理が難しいという人には嬉しいサービス。まだ利用者は少ないが画期的な試みとして注目を集めている。

「ネット墓地」を始めたのは東京・巣鴨にある功徳院・すがも平和霊苑内。同寺は墓前に設置されたテレビ画面に戒名や故人の写真を映しだしてお参りすることができる電脳墓~翔天~も考案している。また、方等院(愛知県名古屋)には実際にあるお墓をネット上でお参りしたり、葬儀や法事にパソコンを通じて参加できるサービスがある。

 ネット社会が生んだ柔軟な発想のユニークな試みだが、ネットユーザーの反応は意外にもおおむね好意的だ。「実際のお墓にはなかなか行けないし頻繁にお参りできるほうがいいかもしれない」「場所を取らなくていいかも」などや、「生前書いていたブログで故人をしのぶことも今では多いようなので、今後増えていくサービスかもしれない」というコメントも。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

CO2が見える!? 東急不の省エネ・マンション

【すごいぞ!ニッポンのキーテク】

 東急不動産は、オフィスビルやマンションなどで実際に使用したエネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を数字として示す「見える化」によって、省エネにつなげる取り組みを強化している。

オフィスビルや商業、リゾート施設にエネルギー使用量を一括して把握できるシステムを導入し、今月から稼働させた。対象は全国に保有または使用するほぼ全部の施設で、その数は約200に達する。本社ビル(東京都渋谷区)のほか、渋谷東急プラザ(同)などの施設、各ゴルフ場などに導入された。

 各現場の管理運営者がインターネットを通じて電気やガス、水道など項目別にエネルギーデータを入力。これらの情報を本社部門で集計して、CO2排出量などを算出する。

 集計データは目標値や前年同月、前月などと比較分析したり、省エネ法などの法令に対応したデータとして閲覧できる。これまで分かりにくかったエネルギー使用量やCO2排出量についての現状を効率的に分析でき、さらなる省エネにつなげる。オフィスビルや商業施設などに入居しているテナントにも、同様に数値で示せる。

 導入したシステムは、ソフトをネットを通じて利用者に貸し出すASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式。東京電力などが出資する日本ファシリティ・ソリューション(東京都新宿区)がシステムを提供した。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

松井 モンペリエに移籍の可能性も

昨年末にトム・トムスクを退団し、フランス2部グルノーブルが保有権を持つ日本代表MF松井大輔(29)が1月の移籍市場でフランス1部モンペリエに移籍する可能性が高まった。

 フランス全国紙レキップが報じた。現在リーグ7位で、欧州リーグにも参戦中の強豪が新たな攻撃力として松井の獲得に乗り出したという。南仏に本拠を置くモンペリエは熱狂的サポーターを抱えるクラブとして知られる。一方、松井は左太腿の肉離れでアジア杯(カタール)を離脱し、都内でリハビリ中。去就は今月中にも決定予定で今後の動向が注目される。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。