FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

ラクにお金を稼ぎたい人ほど、お金に困るのはなぜ?

ある知り合いの女性から仕事のことで相談を受けました。
その方はアメリカで暮らしていて、ウェイトレスをしています。アメリカのウエィトレスはチップを客から受け取るシステムになっているので、時給はとても安いのですが、チップと合わせれば、かなりの高収入が見込める仕事なのです。
ところが、その女性は、「お金がない」「お金をたくさん稼ぎたい」「生活をラクにしたい」と常に考えているようなのですが、まったくお金が貯まらないと言います。
そして、このたび、とうとう仕事までクビになってしまったと言います。ますますお金に窮する状況に追い込まれてしまったというわけです。
彼女は接客には自信があると話します。けれど、彼女が仕事をクビになった経緯を聞いていると、あることに気づいたのです。
彼女はチップを払ってくれる人をお客様と考えているようで、電話でお店のことを尋ねてきたり、チップに結びつかないサービスを求める人をお客様とは思っていないようでした。ある時、電話の応対が悪い、とオーナーに注意されたようなのですが、チップももらえない人にいちいちサービスする必要ないでしょう?と逆に注意されたことが納得いかないようでした。
どうやら、その意識が、「お金をたくさん稼ぎたい」「生活をラクにしたい」と考えながらも、まったくお金が貯まらない、ましてやクビという事態を招いてしまったのではないかと思い当たったのです。
彼女は電話の応対は接客のうちに入らない、自分のやるべき仕事ではない、と考えていました。料理を注文してくれる人だけがお客様であり、チップをくれる人だけに愛想を良くしていればいい、という考えだったのです。
ところが、人間というのは意外と細かい所を見ているものですよね。チップをくれる人に愛想良くするのは当たり前のこと、と誰もが思っていることなので、愛想が良くてもその人の人柄が良いなどとはあまり評価されないものだと思います。逆にチップが入らない、嫌な仕事をきちんと熱心に仕事をしている人ほど、その人柄が評価されるものだと思います。
「あの人は皆が嫌う仕事を率先してやっている・・・意外といい人なのかも知れない」
「あの人はどんな時でも裏表のないサービスをしている」
とお金に結びつかないサービスをしているようでいて、自分の評判をあげているわけです。常連さんであれば、その働きぶりも徐々に見えてきて、チップをはずんでくれるようになるはずなのです。そして、オーナーも影の働きぶりを見て評価してくれるようになり、信頼されて優遇されるようになると思います。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<長野県松本市長>北海道まで出向き医師確保 「意気込み示すこと大切」

長野県内の医師不足は深刻だが、トップが率先して気持ちを述べれば、医師の心を動かすこともできる--。松本市の菅谷昭市長は18日の会見で、市内の病院の後任院長探しで、候補者がいる北海道まで自ら出向いて就任を要請、了承にこぎつけたと明らかにした。菅谷市長は「幸運もあったが、首長自らが陣頭に立つ意気込みを示すことが大切」と語った。

 発端は昨年10月。松本市中心部から北へ約13キロ離れた四賀地区の市国民健康保険会田病院(31床)で、70歳となる鈴岡正博院長が、高齢などを理由に今年3月末の退任を申し出た。菅谷市長によると、自身の出身の信州大付属病院に後任の医師派遣を打診したが良い返事が得られず、難航していたという。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

KARAの専属契約解除通知、リーダーのパク・ギュリは知らなかった

人気グループKARAのメンバー4人がリーダーのパク・ギュリ抜きで法定代理人を通じ所属事務所に専属契約解除を通知した中、パク・ギュリが国内のあるメディアとのインタビューを通じて遺憾を示した。

インタビューによると、パク・ギュリは専属契約解除通知に対してまったく知らずにおり、きのうのラジオ収録が遅く終わったため現在はメンバーらと別々にいるため状況把握を先にしなければならないと話した。

法定代理人を通じて専属契約解除を通知したKARAの4人のメンバーらは、所属会社との信頼関係が回復できないほど破綻したと主張している。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「サメに色は識別できない」豪チームが襲撃防止の研究

西オーストラリア大学の研究者らがこのほど、オーストラリア近海にすむサメの一部について目の構造を調べた結果、色を見分ける仕組みがないことが分かったと発表した。サメによる襲撃の防止に向けた研究の一環だという。

同大学とクインズランド大学との共同チームが、メジロザメなどの目を「顕微分光測光法」と呼ばれる方法で測定した。その結果、光を感じる視細胞の「錐体細胞」が1種類しかないことが判明した。人間の錐体細胞は3種類あり、それぞれが青、緑、赤の光に反応する。これらの信号を比較することによって、色の識別が可能になる。

この研究は、襲撃を防ぐための装備や、サメがはえ縄に引き寄せられて掛かってしまう事象を防いだ漁具などの開発を目標としている。メジロザメは浅くよどんだ水にすみ、攻撃的な性質で知られる。

チームを率いるネイサン・ハート准教授によると、人間を襲うサメは計画的に待ち構えているわけではなく、珍しい刺激への好奇心から行動する。目標物を察知するうえで重要なのは色でなく、背景とのコントラストだと考えられる。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「悪妻は百年の不作」――女性選びを間違えると大変なことに!

あなたには、自分を正しく磨いて大人の男になってほしい。

 しかし、どれほど自らを磨こうとも、男性は、つまらない女性に引っかかったばかりに人生を踏み外したり、思いっきり足を引っ張られる恐れがあることを忘れてはならない。

 男は女次第であるし女もまた男次第だが、女が男次第である以上に、男は女次第である。また、「悪妻は百年の不作」でもある。

 夫婦や家族の相談を日々お受けする中でそれを実感している。

女性が「男性選び」を
間違えた場合

 たとえば、だめな男性を選んだ女性はどうなるか。人並みの収入はあっても人格がだめな男性を選んだとしよう。

 彼女の生活は、まわりから見て幸せではないかもしれない。しかし、彼女はだめな彼と一緒にいることに自身の存在価値を認めることもある。

「だって、あの人は私がいなければもっとだめな人になっちゃうもん」

 これは、だめな男性が、借金や薬物依存症、暴力など歪んだ甘えで依存し、女性がそれを献身的に受け入れることで「尽くす私、耐える私」を肯定し女性の側からも依存する、共依存関係ではあるが、彼女本人がそのことに気づかない間は、満たされていると思っている。

 気づいたときにはそこから逃れる困難さと向き合わなければならないが、抜け出した後は幸せな生き方ができるため、生き方を変えることもできる。

 男女関係にかぎらず、人間関係は多かれ少なかれ共依存的でもある。そのこと自体を否定はしない。それが病的にエスカレートしたり、どちらか一方が生命の危機に瀕する大事とならないかぎり、ゆるやかな共依存は思うほど悪くはないものだ。

 また、歪んだ甘えで女性に依存するタイプの男性は「大人の男」ではないため、彼自身は幸せも不幸も感じ取ることはない。彼女自身が陥っている共依存関係から抜け出したいと望むまでは援助者の介入も難しい。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動