FC2ブログ
1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

「AKB48大人気」から来年のトレンドを分析!

 2010年はみなさんにとってどのような1年でしたか。「大激変の年」だったのではないでしょうか。

 デフレの長期化で企業経営は非常に厳しい状況が続いていますが、一方で今年1年間は世の中に新しい胎動が見られ、次の一歩につながるような流れも現れはじめています。

 私自身、今年はたくさんのメディアから取材を受けました。1つ1つは関連性がないテーマですが、それらを俯瞰してみると、次のビジネストレンドがいくつか見えてきました。

 来年は何が売れるキーワードになるのか。新たに着目すべき市場や商品特性とは何か、今年の流れからをまとめたいと思います。

さまざまな「変化の胎動」を感じる
2010年のトレンドキーワード

 2010年のトレンドキーワードをまとめると、以下の8つのテーマを挙げることができます。

1.地方発(離島・B級グルメ、街づくり、県産品、町おこし、商店街活性化)
2.流通業の変化(百貨店業界の巻き返し戦略、GMSの新しい取り組み、SPA業界、ファストファションブランドの隆盛)
3.価格競争(激安戦争、激安業態、低価格飲食店の隆盛、新しいリサイクルショップ)
4.ライフスタイルの変化・価値観の変化(子ども、高齢者、おひとり様など)
5.新業態開発(会員制ディスカウントストア、買い物弱者向けスーパー)
6.異業種参入(一般企業による農業ビジネス参入)
7.街・立地の地殻変動(銀座、新宿、原宿の変化、ネットへのシフト)
8.アジア進出・外国人観光客の取り込み(銀座詣で)

 今年1年だけでも、さまざまな「変化の胎動」が感じられるテーマかと思います。もちろん今年になってはじめて登場したものばかりではなく、これらはすべて以前から変化の兆しが現れていたものが大きなうねりになり、トレンドとして形成されたのです。

 私はこれを軸にして、「2010年ビジネストレンド番付」というものを作ってみました。

 番付で有名なものには日経MJの「ヒット商品番付」がありますが、ヒット商品に限定していることもあるため、ここでは商品以外の「ビジネスの潮流」や「トレンド全体」に幅を広げて、「2011年の時流を読むための番付」を考えてみました。


 東は「ライフスタイル・テーマ」、西は「消費・商品トレンド」という内容で整理しています。したがって西では具体的な商品名や明確な消費トレンド名として世の中に認知されたものを挙げています。

 ビジネスの流れを読み、新しい事業を興す、もしくはそこに切り込んでいくためのポイントは、大きな流れを汲み取りつつ、同時に身の回りの小さな具体的な動きに目をやることです。この大きな流れと小さな流れの両輪こそが、時流を掴むために必要となります。

ツイッター、無縁社会、地域活性化…
ライフスタイルはどう変化した?

 ライフスタイルとして今最も注目すべきであり、またこれからのビジネストレンドとして中核になるであろうものがCGMです。CGMとは「Consumer Generated Media」の略で、「消費者主導型媒体」のことを指します。わかりやすく言えば、クチコミメディアです。

 2010年に最大のトレンドとなったのではないかと思われる東の横綱にこれをおいたのは、ツイッターの威力をあらゆる世代の人が実感し、ここから情報を発信することが当たり前になった年だからです。今のトレンドを作るきっかけになっているのは、クチコミメディアであることが多くなりました。この勢いは当面続いていくことでしょう。日本でもあっという間にツイッターユーザーが1000万人以上になったように、さまざまなクチコミメディアが引き続き増加していきます。SNSやブログも含めて、個人が媒体を持つ時代になったのです。

 したがって企業側もこのクチコミメディアを上手に活用し、マーケティングに活用するケースが来年以降、さらに増加すると思います。クチコミを作り出し、どのようにそれを展開していくか。これが大きなポイントになります。

 また、ライフスタイル上、非常に重要なテーマのひとつが、子育てです。子どもを取り巻く環境全般と言ってもいいかもしれません。

 具体的には、少子化対策、子ども手当、待機児童解消、学校教育、受験、幼保一元化、いじめ問題など、考えなければいけないテーマはたくさんあります。

関連記事
スポンサーサイト



ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |