1日1日のニュースを心と日記に記録していく
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

【最近 お金事情】円高回避 「対策」より「政策」を

先週の政府・日銀による為替市場介入で、1ドル=82円台にまで進んでいた円高が85円台にまで後退した。経済界からは、まだ円高状態にあり、せめて90円台にまで戻してほしいという声が挙がった。一方で市場関係者は、基調は円高であり、いったんは後退したが、早晩再び80円をうかがう流れになると見る向きは少なくない。さてどうなるのか。

■為替メリット吹き飛ばす

 デフレ不況下での円高で、企業は相当な苦境に立たされた。一義的には輸出産業が直撃を受けるが、輸出産業のリストラによって内需産業にもマイナスの影響が及ぶ。円高は悪いことばかりではない、という意見もあるが、「円高を利用する」という産業構造になっていない以上、やはり円高はいまの日本経済には明らかにマイナスだ。

 もちろん円高で海外旅行には行きやすくなるし、石油や鉄鉱石など資源輸入はコストダウンが図れるなど一部のメリットはある。しかし、経済全体から見ればほんの一部でしかなく、円高不況が長引けば、海外旅行客そのものが減少。資源輸入にしても、世界的な需給変動から個別の理由で値上がりすれば為替メリットを簡単に吹き飛ばす事態も十分に考えられる。

 一方で、円高が続けば食料や雑貨、衣類などでは輸入品が増えるだろうし、値下がりもするだろう。農業や漁業を含めこれらの国内産業・企業はいや応もなく値下げ競争の渦に巻き込まれてしまう。デフレ脱却どころか、デフレ加速となり、全国的に倒産や廃業が相次ぐ可能性が大きくなる。

関連記事
スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

婚活で集客拡大 人気呼ぶ競馬・競艇場、近鉄は「スペイン村」ツアー

「婚活」をうたい文句に、集客拡大を図る“婚活ビジネス”が、幅広い業界に広がり始めた。競馬場や競艇場を舞台にしたイベントが話題を呼び、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気ぶり。婚活イベントを絡めて事業の収益向上を図る動きが活発化、景気回復のカンフル剤との期待も高まっている。(香西広豊)

[フォト]元モデルらの「美バスツアー」 婚活ツアーも提案

 JRA(日本中央競馬会)は今月11日、阪神競馬場(兵庫県宝塚市)で婚活イベント「馬カツで婚活in阪神競馬場~競馬場で本命との出会い~」を開催した。予約でキャンセル待ちが出るほどの人気となった同イベントには、20~40代の未婚の男女あわせて約100人が参加した。

 会場では、参加者同士が会話を楽しむフリータイムに加え、競馬にちなんだゲームを行うなど競馬場ならではの企画で交流を深めた。この日は11組のカップルが誕生した。

 JRAでは「イベントを通じて競馬にも興味をもっていただけたのでは」(担当者)と手応えを感じている。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

10月19日にフリーター家を買う 放送開始!

フジテレビ10月期の火曜よる9時枠のドラマは『フリーター、家を買う。』をお送りします。主演は、二宮和也さん。二宮さんが演じるのは、3ヵ月で就職先を辞めた、夢なし、貯金なし、甲斐性なしのフリーターですが、とある出来事をきっかけに仕事に対する思いや、家族再生の希望をみつけていく武誠治役です。そして、ヒロインには香里奈さん。二宮さん演じる誠治が働くことになる、土木現場で出会う明るくたくましい先輩で、誠治が「もう一度、立ち上がろう」と思うきっかけになる千葉真奈美役を演じます。

原作は、第10回電撃小説大賞でデビューした有川浩さん。代表作の「図書館戦争」は、「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位となり、2007年度本屋大賞で第5位を獲得。「図書館戦争」シリーズ(6冊)は累計125万部を売り上げています。そして2009年秋に出版された「フリーター、家を買う。」は堂々のベストセラーとなった話題作です。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

出版業界の救世主とアイドル復興の鍵を握るAKBのしたたかさ

──今や、表紙を飾れば雑誌の売り上げが跳ね上がるとまでいわれ、何を出してもハズレなしの“AKB48本”。しかし、流用などが多く見られるそのクオリティには、疑問を投げかけられることもしばしば……。そこで今回、改めてAKB48と出版社の関係を追及し、カメラマニアとグラドルに写真集レビューをしていただきつつ、各メンバーのソロ写真集から見えるプロダクションごとの戦略の違いなどを検証した。

「選抜総選挙」が世間の話題をさらい、8月28~29日放送の『24時間テレビ33 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でも番組パーソナリティーを務めることが決定するなど、躍進を続けるアイドルグループ・AKB48。そんな彼女たちを出版業界はデビュー当初から起用し、写真集やMOOKを次々と発売、ブレイクの素地をつくってきた。だが、今でこそ、発売すればたちまち売り上げランキング上位にランクインする彼女たちの関連本ではあるが、ほんの2~ 3年前までは話題にならないものばかりだった。当時は出版社側も半信半疑だったのか、特に初期の写真集やMOOKに関しては、ほかの出版物用に撮影された写真の流用も多く、2006年3月発売の『密着!「AKB48」~写真集 Vol.1 the・デビュー』(講談社/1890円)は「TOKYO1週間」(同)の連載をまとめただけの構成。また、昨年発売されたAKB48初の水着写真集『AKB48総選挙! 水着サプライズ発表』(集英社/1000円)は同社発行の「週刊プレイボーイ」における連載写真やグラビア写真の使いまわしが多く、こちらも一部ファンの不評を買った。

関連記事
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。