1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

「若手は出世願望がない? 」の謎を解く

出世という言葉を、最近、口に出したことはありますか? 

 「出世して、親を喜ばせたい」

 「いい家を買って、子供を大学に行かせる」

 自分だけでなく、家族も望んでいる希望……出世には、昔も今も変わらず、そういう響きがあります。

 日本における「出世」の歴史自体は、そう古くはありません。江戸時代までは身分秩序の社会で、出世ではなく「世に認められ、一人前になる=立身」こそ、誉(ほまれ)と認識されていました。ところが明治に突入し、身分社会が崩壊すると、誰もが「上昇志向=出世」の志を持てる時代に。努力による身分の移動が可能になり、

 「学問を志して、官僚を志す」

 と「立身出世」という呼称が用いられるようになりました。明治政府も「身分相応」ではなく「実力相応」の時代をあおり立てた政府文書を発して、“野心解放”を促しました。努力して社会的地位を得ることは、後ろ指を指されることではない。むしろ、司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』の登場人物のように、駆け上がることこそが美学でした。

 現在は「立身」が抜け落ちてしまった感じもありますが、そんな出世について、今回は考えてみたいと思います。

■ バブル世代vs.ゆとり世代の出世感

 当方の世代、バブル崩壊までに入社したビジネスパーソンたちは、同期と競争して出世することをいとわない傾向があります。出世こそが仕事の動力源と言い切る人もいました。同期で1番に課長になりたい。それが無理なら●●君よりは早くなりたい……と競争意識をあおられたものです。

 「あなた、出世競争で負けたら、恥ずかしくて街を歩けません」

 と、家族に扇動される場面を、TVドラマでもよく見たものです。おそらく、その最後の世代が半沢直樹かもしれません(半沢氏の奥さまは出世に関心が低かったようですが)。当方が大学を卒業して入社したリクルート社も、激しい出世争いのある職場でした。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

職場で泣く部下の取扱説明書

■なぜ人は会社で取り乱してしまうのか

 人が職場で取り乱す理由は、個人的なものから仕事上の問題までたくさんある。職場でどれだけ多くの時間を過ごしているかを考えると、人々がときおり職場で感情を抑えられなくなるのは避けがたいことのように思われる。だが、マネジャーは部下の涙にどのように対処すればよいのだろう。

 感情的な行動に対しては、それが陽気なものだろうと悲観的なものだろうと、多くのマネジャーが戸惑いを感じる。「人々はプロフェッショナルであろうとし、そのためには自分の感情や周囲の人々の感情を無視する必要があると思っている」。こう語るのは、ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスの経営組織論准教授、ジェフリー・サンチェス・バークスだ。彼の調査によると、この姿勢はアメリカのほとんどの職場で規範とされている。だが、この規範を守れる人はほとんどいない。「われわれは職場の入り口で人間らしさを脱ぎ捨てるわけではない」と、彼は言う。 『It's Always Personal: Emotion in the New Workplace』の著者、アン・クリーマーも同意見だ。「会社に何を着ていくかを決めるとき、ましてや商談をまとめたり重要なプレゼンテーションを行ったりするときは、必ず感情が関わってくる」と、彼女は言う。泣くことはストレスに対する生物学的反応であり、「感情のリセット・バルブ」なのだ。だから、部下の涙を無視するのではなく、きちんと対応しよう。実際の場面で役立つ対応のコツをいくつか紹介する。

■社外と同じように振る舞おう

 泣いている部下を前にしたとき、マネジャーがまず抱くのは「力になりたい」という思いのはずだ。職場の外で交流している相手に接するように、その部下に接しようと、バークスはアドバイスする。「泣いている相手に語りかける言葉と語りかける能力をわれわれはすでに持っている。だが、それを職場で行うにはどうすればよいかは理解していない」と、彼は言う。マネジャーがとる具体的な行動(ティッシュを差し出す、どうしたのかと尋ねる、外の風に当たってくるよう勧めるなど)は、その部下との人間関係やともに働いてきた年月、それに職場の文化によって決まる。重要なのは、その部下を無視したり批判したりするのではなく、案じる気持ちを示し、泣きたいだけ泣かせてやることだ。

 涙の理由が明白なように感じられるときでも、それは本当の理由ではないことがある。部下が業績評価の面談ですすり泣きを始めたとしても、実は病気の母親のことで動揺しているのかもしれない。部下が感情を抑えきれなくなったとき、「事情を聞き出して、君の力になるにはどうすればよいかと尋ねるのはマネジャーの責務だ」と、クリーマーは言う。マネジャーは根本的な原因に行き着くような質問を穏やかに発することができなくてはいけない。「どうしたんだね? 」とか、「ほかに何か話したいことはないかい? 」などと問いかけてみよう。「セラピストになる必要はない。いつでも話を聞くよ、という姿勢を示すだけでよい」と、バークスは言う。同時に、部下との境界線を尊重しよう。彼は上司には打ち明けたくないと思っているかもしれないのだ。だが、気分を害してはならない。距離を置いて状況を観察したり、その部下と親しい別の部下に、事情を聞き出して力になってやってくれと頼んだりしよう。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

1年契約、それでも… キャリアなげうってCAになる女性〈AERA〉

 ピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパンなど、格安航空会社(LCC)が次々に日本に就航し、空の旅も低価格で楽しむことができるようになった。この「空の変化」によって、大きな人生の転換期を迎えた人たちがいる。客室乗務員(CA)を夢見て、これまでのキャリアをなげうって、この世界に飛び込んだ女性たちだ。

 CAたちは入社動機も前職も違うが、いずれも「いま」を楽しんでいる。ピーチ・アビエーションの1期生・斎藤葉子さん(31)は「あれもこれも経験したい」タイプだ。外資系製薬会社のMR(医薬情報担当者)として働いていたある日、たまたま募集をインターネットで知った。

「見た瞬間に惹かれました」

 斎藤さんは、興味を持ったら飛び込んでいく。学生時代は、地元・大阪の大学で経済学を学んでいたが、イスラム圏での刑罰に関心を持ち、3年から筑波大学社会学類に編入。法学と社会学を学んだ。

 卒業後は、まったく関係のない教育関連会社に就職。入社2年ほどで「営業という仕事に挑戦したくなった」ために製薬会社に転職。会社にもMRという仕事にもことさら不満は感じず、これから…という時期に、ピーチの募集に出合った。ピーチには原則、正社員は存在しない(全職種が有期の契約社員)。CAは1年契約で、更新は2度まで。決して「安定」した職場ではない。

「期限があるからこそ頑張れるんじゃないか、というところがあります。契約は、最長で来年9月まで。その後のことは、具体的には考えていません。同期の寿退社が続いているので、それにあやかりたいな、とも思いますね(笑)」

 一方、「お婆ちゃんになるまで働きたい…会社がいいと言ってくれればですけど」と言うのは、エアアジア・ジャパンの坂巻理沙さん(32)。ホテルのレセプション、塾講師、英会話学校講師を経て、昨年、ついに「天職」を得た。

「私はずっと逃げ続けてきたんです。やりたいことがない、という理由をつけて、入試でも就職でも、挑戦しないで楽なほうに逃げてばかりだった」

 やりたいことが見つからず、短大卒業後は、親の勧めに従ってカナダに留学した。しかし、神奈川で重機工場を経営していた父親が倒れたため、中退して帰国。家業を手伝ったが、父の死去に伴い工場は閉めた。

 仕事を転々とした後、CAの募集を知った。初めて「自分を変えたい」と感じ、その決意を新婚の夫も後押ししてくれた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

職場にいてほしいイケメンの条件

会社にイケメンがいたら無条件に気分はあがるもの。そこで、職場にいてほしいイケメンとはどんな人なのかL25世代に聞いてみると、半数以上が「困ったときに助けてくれそうな人」がいいと答える結果に。実際に著名人の名前を挙げてもらうと、上司にしたいイケメンに輝いたのは、佐藤浩市さん。「仕事ができそうで優しそう」など、頼りになるイメージで1位に。同僚には、向井理さん。「仕事が早そうだし、相談にのってくれそう」など、能力の高さと性格のよさそうなイメージを重視しているよう。新入社員として入社してほしい後輩には、岡田将生さん。「子犬みたいでかわいい」など、素直そうというコメントが目立った。どうやら会社にいてほしいイケメンの条件は顔だけではないみたい。そこで、アンケートを踏まえて、会社のイケメンの条件について、『生成男子図鑑』の著者・深澤真紀さんに分析してもらった。

「上司や同僚には求めるものがあるので、そこに比重を置いたランキングになっていると思います。上司に求めるのは、自分を助けてくれる人、同僚には協調性や仲間意識を大切にしているよう。新入社員は自分の利害に関係ないので、旬のイケメンで素直なイメージのする方の名が挙がったのだと思います」

役職も関係あるんですね。ところで今の時代、イケメンのキーワードってあるの?

「天然の時代は終わり、性格のよさや素直さがキーワードになっていると思います。また、お笑い文化が浸透している今、突っ込みやすいキャラも好かれます。岡田将生さんはその代表ですね。また、素顔が垣間見られ、作りものではないキャラだと分かると受け入れられやすい。私生活でも仲がいいといわれる、仲良しキャラの嵐がいい例です」(同)

職場にいてほしいのも素直で性格がいい人。そして、仕事ができること。職場イケメンって最強なのかも!?。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

マクドナルド店長・石井未来さんのコミュニケーション術

クルーとのコミュニケーションを通じて目標を達成する、今の仕事が大好きです。

◇石井未来(いしいみく)
 日本マクドナルド(株)経堂駅前店 豪徳寺駅前店 店長
1981年生まれ。15歳からマクドナルドでアルバイトを始め、18歳のときクルーの技能コンテストAJCC(オールジャパンクルーコンテスト)で全国2位に。高校卒業後、演劇活動のかたわらアルバイトを続ける。一度別の企業に就職したのち、再びマクドナルドへ。2008年に社員となり、10年に豪徳寺駅前店店長就任。2011年11月より経堂駅前店店長も兼務。 部下が6名いたらコミュニケーションは6通りです。

 「やっぱり、ここだな」

 1年半ぶりの古巣に、石井未来さんはそう思ったという。15歳からアルバイトとして働き続けてきたマクドナルドを離れ、一度は地元の眼鏡店に就職した。自ら商品を売り込む接客を経験したいと考えたからだ。コミュニケーションを通じて信頼を重ねる接客業の楽しさを再認識し、マクドナルドに戻り、現在は2店舗の店長を兼任している。

 「接客業が大好き」という石井さん。3交代制で、遅番の日は22時に出社する。でも、ほんのりとピンクがかった頬とキラキラした笑顔からは、深夜帯の勤務がある生活など感じられない。レジではよく「スマイルください」と頼まれるそうだ。

 もちろん、大好きな接客業と店舗の運営は別の仕事。「マクドナルドで“店長”になりたいとは思ったが、“管理する側”になりたかったというわけではない」と話すが、結果的に部下の主体性をぐんぐん引き出すマネジメントを実践できている。

 たとえば、店長になってすぐ、アルバイトクルーの休憩室とマネージャールームのあいだにある扉を外し、1つの部屋にした。自らの事務作業に集中するより、オープンなコミュニケーションのほうがもっと重要なことだと考えたからだ。

 部下にも画一的な指導はしない。何よりも大切にしているのは部下のキャリアプラン。「1年後に店長になりたい」など個々人の目標とその時期に合わせて指導する。「部下が6名なら、コミュニケーションも6通りある」と語る石井さんからは、部下へのホスピタリティすら感じられる。クルー(アルバイト)や部下にも「接客」をしているのかもしれない。

 原点は、10代のころに汗を流した演劇活動にあるという。各メンバーが、コミュニケーションをとりながら1つの目標に向かう姿は、いまの仕事にも通じるという。

 「演劇の道は諦めたけれど、共通点が多いと思っています」

 毎月の売上げ目標の達成や予算管理も店長の大事な仕事だ。予算達成が難しくなると、自らチラシを配ったり、「ストリートファイト」と呼ばれる路上での呼び込みも行なう。昼食には毎日異なる商品を食べ、品質チェックも怠らない。そんな重責と目標が、石井さんを逆にいきいきさせ、チームを率いる原動力になっているようだ。

 半年前から、“新世代デザイン店舗”の店長を兼任している。カフェのような内装に、落ち着いた色合いのユニフォーム。従来とは違う環境にメンバーが迷わないよう、「誰もが認める3ツ星レストラン」というビジョンを考えた。サービスをワンランク上げたい、という思いを共有するためだ。

 「私にとっては、お客様と同じくらい、クルーも大事。クルーとコミュニケーションをとりながら、ひとつの目標に向かう。この仕事が大好きなんです」

 とびきりの「スマイル」でそう語ってくれた石井さんの仕事にかける思いは、部下にもよいかたちで伝わっているだろう。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動