1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

はるな愛 自己主張強い「女王様」はトークも経営も“お手の物”

 とにかくイベントや発表会に引っ張りだこ。最近だけでも、タイの水かけ祭り「ウオーターラン」の応援団長に就任したと思えば、パリに飛び「ジャパン・エキスポ」でご当地アイドルの団長を務め、帰国後すぐに男性だけで演じるコメディー・バレエ団の公式サポーターとしてイベントに出演。とにかく大忙しの人気者なのだ。

 もちろん仕事はそれだけじゃない。数々のレギュラー番組に加え単発番組への出演、合間を縫ってニューヨークで自分磨き、オネエ仲間との集まりにも出席……芸風同様、忙しくて騒がしい毎日を過ごしている。

「そもそも存在として騒がしいタイプが多いオネエタレントの中でも、はるな愛は特に自己主張が強いので、別格の騒がしさがある。マツコ・デラックスは、はるながあまりに騒がしいからと、共演を渋ることもありました」(テレビ関係者)

 自己主張の強さが原因なのか、最近は番組内でも共演者とよくケンカする。6月9日放送の「ヒルナンデス!」の格安コーデバトルでチームを組んだアンミカとことごとく意見が食い違い、ガチバトルを演じた。4月には「ウチくる!?」でクリス松村とマジ喧嘩。ささいなことから、オネエとしてのあり方にまで喧嘩はヒートアップ。泣き出したはるなに、クリスが「あんたはいつだって女王様なんだから」とぶちまけると、MCの中山秀征が「これ、テレビだから」となだめたほど。

「ニューハーフ界のミスコンで優勝したり、ほっしゃん。(現・星田英利)から女性と勘違いされてプロポーズされたことがあるほどきれいで、トークができて、歌が歌えて、笑いも取れるうえに、飲食店の経営も手堅くこなす。何といっても『手術済み』は組合員の中でも地位が高い。女王様的振る舞いも致し方ない面がある」(芸能ライター)

 すでに性別適合手術を受け性別変更が認められているが名前は“男時代”の大西賢示のまま。これは「男性と結婚するまでは大西賢示であることが親孝行」という本人の意思による。

 バラエティーでも時折「大西賢示」に戻って笑いを取るが、13年に映画のPRイベントで男装をした際には自分が男かもしれないと思ったと、完全には女になりきれていない自分を告白したこともある。どちらにせよ、男女のはざまで生きるオネエ系タレントの「女王様」なことは事実だろう。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「宝生舞さんを探しています」過去の番組出演者を探すWebサイトで情報提供呼びかけ

 放送番組の2次利用のため連絡のとれない出演者(著作隣接権者)の情報提供を呼びかけている「一般社団法人 映像コンテンツ権利処理機構(略称:aRma)」のWebサイトに、女優・宝生舞さんの名前が掲載され、話題となっています。

【画像】不明者リストに掲載された「宝生舞」

 掲載日は2015年5月23日。2007年10月から放送されたテレビ朝日のドラマ「相棒 season6」について情報提供が呼びかけられています。

 事務所所属であれば「不明」となることはほぼないため、「不明権利者一覧」に現れた有名女優の名に、ネット上では「元気にしてるかな」「失踪!? 一般人になったというだけ?」「引退してたのか」と驚きの声があがっています。

 宝生舞さんといえば、ドラマ「銀狼怪奇ファイル」や「ショムニ」で知られる女優。2010年5月31日に芸能界引退を発表してオフィス北野を去り、その後はフリーになっていると思われます。

 2013年には、復帰出演が注目されていたドラマ「ショムニ2013」への出演もありませんでしたが、共演者の戸田恵子さんのブログにて、「梅こと、宝生舞ちゃんはめっちゃ元気だよ。女優は引退したけど年イチショムニ会にはいつも顔を出してくれてます」と近況が報告されていました。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

青木さやか 芸能界引退も視野「子供のためにまっとうに生きたい」

 9月30日に放送された日本テレビ「解決! ナイナイアンサー 2時間SP」で女芸人の青木さやかが、芸能界引退を考えていることを激白した。

 「なぜ誤解されてしまうのか?」「私のどこがイヤなの!?」というテーマで開催された座談会「芸能界青空人生相談」に出演した青木。「私はとても怖がられますよね。もちろん、キレキャラってこともあると思うけど、私から出てくる何かが気に入らないって人が多いということだと思います」と自分がバッシングされる理由を分析していた。

 また、青木は人にイジられるのが相当嫌いなようで「私をコントロールされるのがイヤ。バラエティで勝てないからせめて噛み付きたい」と明かしていた。実際に、座談会に同席していたお笑いコンビ・品川庄司の品川祐から「髪の毛ちぎってきたの?」とイジられると、「違います!」と真顔で反論していた。

 そして、シングルマザーである青木は「ネットとかで、私は見ないんだけど、誰でも何か書いてあるでしょ。子供が大きくなったときに悪口を見たら、辛いなってすごく思う。だから(仕事を)辞めるべきなんだろうかって思う」と本音を明かし、「一番大事なのは子供だから。子供のためにまっとうに生きたいっていうのが一番」と理由を告白。品川から「今、辞めたい?」と質問されると、「(今は)無いけど、バラエティを子供に説明するのは難しい」と顔を歪めた。青木としてはバラエティ出身なため、バラエティというモノに感謝していることも明かしていたが、逆にそれがネックになっている様子だった。

 「(芸人を辞める)選択肢がないわけではない」と芸能界引退を視野に入れていることを激白し、今現在も苦悩しながら生活しているという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

井上真央、大河起用ポイントは「妹キャラ」

 女優の井上真央が11日、都内スタジオで行われた2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の取材会に大沢たかお、長塚京三、檀ふみ、原田泰造、奥田瑛二、久保田磨希と出席し、クランクインした心境を語った。

【写真】大河ドラマ「花燃ゆ」出演者フォトギャラリー

 同作は、幕末の長州藩士・吉田松陰の妹・文(井上)が、激動の長州藩の運命に翻弄されながらも、新しい時代へと松陰の志を引き継いでいくさまを描く歴史ドラマ。

 8月5日に山口県萩市でクランクインし、井上は「ロケの前に下見で行ったとき、いろいろなところに『大河ドラマ決定!』という旗が立っていたり、タクシーで運転手のおじさんがわたしと気付かずに『次の大河ドラマは萩で井上真央ちゃんが主演なんだよ』って教えてくれたり、本当に楽しみにしてくれている方がたくさんいました」と大きな期待を実感。

 この日はスタジオで第4話の撮影があり、井上は父・百合之助(長塚)、母・滝(檀)とのにぎやかなやりとりを序盤のポイントに挙げ、「幕末版『男はつらいよ』みたい」と表現。「毎回、父も母も文も、喜んだり悲しんだり、ワーってなったり安心したりしている姿を見て、皆さんもほっこりしてくれたらいいなと思います」と笑顔でアピールした。

 制作統括の土屋勝裕氏は、杉文役に井上を起用した理由について「文さんについていろいろと調べるうちに、杉家の方はやはり頭が良く聡明な女性だったのではということ。あと、家族が落ち込んでいたらそっと寄り添ったり、妹キャラみたいに明るくて、はつらつとしている感じもポイントでした」と二つのイメージにぴったりだったと説明。

 また、歴史的にあまり知られていない文を主人公にした理由の一つに、文が吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞ら数多くの歴史的人物と接点があったことから「(歴史的に)文さんが全部を見渡せる位置にいることを発見して、主役にしたらいけるんじゃないだろうか」と思ったことを明かした。(中村好伸)

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は2015年1月4日より放送開始

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

高須光聖、鈴木おさむクラスは年収1億円超え!? 人気の集まる放送作家

 今やバラエティ番組でお笑い芸人とともに、活躍しているのが放送作家。台本書きや企画考案など、バラエティをゼロから生み出し、発想力が必要な仕事である。華やかな世界で活躍する放送作家は、一体どのぐらい稼ぐのだろうか。

 「テレビのエンドロールに名前が流れている、ある作家さんは、月収600万円稼いでると聞きました。単純に計算して年収7200万円ですよね。そうなると、高須光聖さんや鈴木おさむさんのようなトップクラスになれば、年収1億円は当然超えていると思います」(若手お笑い芸人)

 高須といえば、ダウンタウンのブレーンとして有名。「ダウンタウンのガキ使いやあらへんで!!」「ダウンタウンDX」「水曜日のダウンタウン」など、数々のバラエティ番組を担当している売れっ子作家である。一方の鈴木おさむは森三中・大島美幸の夫で、「SMAP×SMAP」「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」「有吉反省会」など、人気番組の作家を務めている。また鈴木は、執筆したエッセイ「ブスの瞳に恋してる」が2006年にドラマ化されるなど、多彩な才能を発揮している。

 「放送作家は、完全歩合制で番組1本につき3万から20万ほどですね。ただ、売れっ子作家になれれば、単価が一気に上がりますが、最近ではテレビの予算削減に伴い、20年ぐらい前と比べると単価は下がっています。今では、作家になりたい人が急増している影響なのか、お笑い系の事務所でも作家コースを設立しているところが多いです。大企業や有名大学出身の方が、『夢が諦められない』という熱意を持って入会してくるケースもあります」(放送作家)

 しかし、お笑い芸人と同様に作家で成功する人間はごく一部。厳しい世界なのは変わらないが、憧れの職業にチャレンジする人たちも多いということか。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。