1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

廃棄PC処理“殺到” XPサポート終了、休日返上で解体

米マイクロソフトがパソコン用基本ソフト「ウィンドウズXP」のサポートを9日で終了したことを受け、県内でも余波を広げている。廃棄パソコンが急増しリサイクル企業は休日返上で解体作業に追われる一方、買い替えで下取りを行う店舗は活況を示す。メーカーはサポート終了に対応しきれていない企業や官公庁からの注文で「特需」が続く。
 IT製品の処分、再生を行う富士通東日本リサイクルセンター(伊達市)には3月、前年比約1.4倍の廃棄パソコンが運び込まれた。作業員は残業や休日出勤で処理作業に当たる。11日も東日本各地から約800台が運び込まれた。仙田光宏センター長(54)は「XPのサポート終了に加え、消費増税前の買い替えも影響した」と話し「新しいパソコンにデータを移してから古いものを処分する人が多い。今後さらに数が増えるだろう」と見込む。
 郡山市のパソコン工房郡山店では、昨秋ごろからパソコンの買い取りや引き取り希望者が増加した。同店は新規購入者を対象に古いパソコンの下取りや無料引き取りを行っており、買い替え希望者が殺到、先月の売り上げは前年比約70%増を記録した。現在も多くの来店者でにぎわいを見せる。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

なぜPC利用時間の3割は「ムダ」なのか

「あなたの仕事・職場」と数字の秘密

非効率な職場では「不正」が起こる

「『息抜きのために私用でネットやメールを使うのは、使った社員が悪い』というのは誤り。もっと深い原因がある」。そう話すのはキヤノン電子社長・酒巻久氏だ。

PC導入以前は給湯室など社員のサボる場所は決まっていたが、ネットサーフィンが自席でできるようになり、一見しただけではサボっているか否かがわかりにくくなってしまった。

キヤノン電子では、PC操作をリアルタイムで監視するソフトを商用化した。このソフトで就業中にネットやメールで遊んでいる社員をあぶり出すことができる。

酒巻氏曰く、「調査すると、一般にPC利用時間の3割程度は私用で使われていることが多い」という。

特に経営層や管理職までがネットで遊んでいる会社は、業績が悪くなりがちだ、と酒巻氏は指摘。「銀行から出向してきた人など、職務があいまいな人ほど遊んでいる」(酒巻氏)。

問題は業務効率にとどまらない。たとえば情報漏洩の問題。三菱UFJ証券の元部長代理が148万人分の顧客情報を不正に持ち出したニュースは記憶に新しい。PCで遊んでいる時間が長い従業員は会社で重要な仕事を任されておらず、忠誠心が低いうえ、「不正」を働く時間的余裕もあるため、このような行為に手を染めやすい。

「個人情報以外に、アパレル会社のデザインや、メーカーの設計データなど『知的財産』も狙われる」(酒巻氏)というように、企業にとって生命線ともいうべき情報も流出している。外国人従業員が情報を引き出すケースも多いという。

しかし、ログの監視とその後の調査によって意外な事実も発見されている。それは「管理職の能力不足」である。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

なぜカルビーではエクセルの項目が20までなのか

 カルビーでは以前、社内に数多くの指標を設け、その数値データから経営状況を判断する「コックピット経営」を進めていた。各データはコンピュータ・システムで事業ユニットごとに週次で集計されていたが、「すべてのグラフに目を通すには不眠不休で4日はかかる」という“社内伝説”が生まれたほどデータ量は肥大化した。

 エクセルで作成されたこの数値データは全社で共有され、会議でも通称「9面グラフ」(図表)を用いるのが基本とされていた。

 「9面グラフを広げて会議しても、参照データが多すぎてポイントが見えにくくなることもありました」(財務経理本部財務企画部企画課・高裕一さん)

 見直しが入ったのは、2009年に松本晃会長兼CEOが就任してから。「ノーミーティング、ノーメモ」を合言葉に、ムダな会議を減らし、資料づくりの省力化を進めた。松本会長の「書類は1円も生まない」という発想は、データ資料に取り囲まれていた社員に衝撃を与えたという。

 11年秋には、経営指標の健全化を目指すプロジェクトがスタート。

 「それまで万単位のデータがあって、本当に役立つ経営のキーインデックス(重要指標)が何か見えない状況でした。まず一般的に考えられる指標を50ほど選び、そこから20に絞り込んでいきました」(高さん)

 このとき重視したのは、誰もが一目でわかるシンプルな指標だった。そして、更新のタイミングもそれまでの週次から月次に改めた。

 画期的だったのは、指標の数を最大20と定めたこと。新たな指標を追加する場合は、既存の指標を棚卸しするルールにした。現在、資料に表示される重要指標の数は18である。

 「最終的にA4、1枚の表裏に収めることが目標でした。そのためグラフはやめ、表形式で数字を色分けするスタイルにしました」(高さん)

 各項目の数字は、ターゲット(目標値)との比較で赤、黄、緑、青色と色分けし、直感的に達成度や危険度がわかるようにした。

 このように限られた数の経営指標の資料を社内では「ダッシュボード」と呼ぶ。飛行機のコックピットから車のダッシュボードまでスリム化されたわけだ。

 このデータは現在、全社共有ではなく、執行役員クラス以上に毎月配信されている。現場の会議資料も簡素化が進み、「ノーミーティング、ノーメモ」で資料づくりにかける時間と労力は大きく軽減され、経営の効率化に大きく貢献している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【レポート】ついに「Haswell」が発売 - 深夜販売に沸く秋葉原

既報の通りIntelは6月2日、同社の最新CPUである第4世代Intel Coreプロセッサ(開発コード名:Haswell)を発売した。これに合わせて秋葉原の店舗で深夜販売が行われた。パーツショップが集中する通称"パーツ通り"は多くの人であふれかえり、最新CPUに対する注目度の高さがうかがえた。

今回深夜販売を行ったのは、「ドスパラ」「BUY MORE」「ZOA」の3店舗。第4世代Intel Coreプロセッサ以外にも、特価品の販売も行われ6月1日の20時から21時にはすでに店頭に人が並び始め、22時を過ぎる頃には第4世代Intel Coreプロセッサや特価品を買い求めるユーザーで埋め尽くされた。

「ドスパラ」ではテクニカルライターの高橋敏也氏によるトークショー「CPU今昔談義」のほか、豪華賞品が当たるという恒例の大じゃんけん大会を開催。

「BUY MORE」では"元PCパーツショップ店員M氏"こと森田氏による第4世代Intel Coreプロセッサの紹介と、PC DIY SHOP FreeTでおなじみのゲリラオークションが行われ、時折大きな歓声が上がるなど盛り上がりを見せた。

カウントダウン間際には、インテル代表取締役社長 吉田和正氏も訪れ、盛り上がるパーツ通りの様子を視察した。

そしてカウントダウンが行われ6月2日0時とともに第4世代Intel Coreプロセッサの販売を開始。ショップの袋を手から下げたユーザーたちは喜びの表情を見せていた。販売開始後も「BUY MORE」では森田氏による製品紹介が行われるなど、パーツ通りの熱気は冷めないようだった。

ショップ関係者の声を聞いてみたところ、やはり最上位モデル「Intel Core i7-4770K」が人気なほか、Ivy Bridgeと同様にTDP65Wの「Intel Core i7-4770S」やTDP45Wの「Intel Core i7-4770T」の注目度も高いという。価格は最上位のがおよそ38,000円前後。在庫はいまのところ、どの店舗も比較的潤沢だとしている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

Windows 8は10月末に発売、RTM版は8月--マイクロソフトが正式発表

 Microsoftは、次期OS「Windows 8」のリリース時期を明らかにした。現在最新版である5月末に発表したRelease Preview版の次の段階である「RTM(Release To Manufacturing)」を8月第一週、一般発売する「GA(General Availability)」を10月末に提供する。

 同社が7月8日から12日まで、カナダのトロントで同社最大のパートナーカンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference 2012」で、CEOのSteve Ballmer氏が務めた基調講演で明らかにした。

 このほか、Steve Ballmer氏はマルチタッチのインタフェースを開発、生産する会社であるPerceptive Pixelを買収することで合意したことをこの場で発表。Windows 8ベースのシステムを82インチの画面で自在に扱うデモを行った。

 また、Officeをクラウド形式で使うOffice 365向けの新たな販売形態として、パートナー企業とエンドユーザーが契約を結ぶ「Office 365 Open」の開始も発表。従来、Office 365はMicrosoftとエンドユーザーの直接契約の形態しかなく、実際に販売したパートナーにMicrosoftがキックバックの形でマージンを支払っていた。だがパートナーからエンドユーザーに請求したいという要望が世界中から集まったため、Office 365 Openを始める。日本マイクロソフトのパートナーソリューション営業統括本部統括本部長兼パートナー戦略統括本部 統括本部長で業務執行役員の佐藤恭平氏は「パートナーが自ら付加価値をつけてOffice 365 を販売できるようになる点でエポックメイキングだ」として歓迎した。

 同カンファレンスには、日本からも143社のパートナー企業から273人が参加。日本マイクロソフトの社員も89人が参加している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。