1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「ワンクッション」を通した企業の就職採用方法を取材しました。

「せんべいが大好きな人」を対象とした、ある企業のユニークな就職採用方法があります。キーワードは「ワンクッション」です。

「内定せんべい」を持ち、にっこりほほえむのは、京都大学大学院の北山 香保理さん(24)。
北山さんは「これは、内定をいただいた時にもらった『内定せんべい』です」と話した。
北山さんはこの春、新潟のせんべい製造会社に就職する。
北山さんの最初の面接は、本社のある新潟ではなく、インターネット上のテレビ電話という、「ワンクッション」を通して行われた。
北山さんは「いつもの面接と比べて、緊張せずに自然体で話せたので、自分らしさを一番出せた面接だったかなと思います」と話した。
北山さんが受けたのは、「遠距離就活」という採用方法。
この日、新潟の三幸製菓・本社では、東北と関西に住む2人の学生をネットで結び、面接が行われていた。
2人とも、「遠距離就活」があったため、スムーズな応募が可能となった。
関西在住の学生は「やっぱ、新潟に住んでいなかったりだとか、電車賃がかからなかったりというのも」と話していた。
学生側は、最終面接まで、新潟の本社に行く必要がないため、就職活動費を削減することができ、一方、企業側は、遠くに住む優秀な人材を獲得できる。
さらに新潟好きが対象の「新潟採用」、学業などを頑張った学生が応募できる「ガリ勉採用」や、一風変わった「おせんべい採用」など、5種類の採用方法がある。
せんべい好きをアピールする「おせんべい採用」の課題は、表現方法は自由で、動画を使ってのアピールや、せんべいレシピの開発など。
面接前に、「ワンクッション」の課題をこなさなければならない。
5つの採用方法を打ち出す狙いとは。
三幸製菓 人事課の杉浦二郎課長は「大きな目的としましては、多様性の確保だと思っているんですね。個性の集まりが、本来のやっぱり組織を強くする」と語った。
一方、東京・八重洲にある旅行会社。
優れた人材を採用するために、この会社で用いられている「ワンクッション」とは。
現れたのは、3人の男女。
遠藤昭彦さん(73)は「『面接官に』ということで言われて。(以前)面接をしていましたけど」と話した。
遠藤さんは、この旅行会社の常連客。
遠藤さんは「これ(写真)は、あれです、アンコールワット行った時に(撮った)」と話した。
遠藤さんはこれまで、ヨーロッパやアジアなど、およそ10回のツアーに参加。
その経験から、面接官に選ばれた。
面接には、会長や社長も同席するが、中心となるのは、正面に座る常連客。
面接官となった常連客は、学生に対し、およそ20分間、自由に質問ができる。
遠藤さんは、「一緒に住んでいる人の中に、われわれみたいなおじさん、おばさんがいますか」、「うるさいお年寄りの相手ができますか」など質問する。
遠藤さんは、旅行中の突然のスケジュール変更にも対応できる、臨機応変な考え方を持った人に入ってほしいという。
遠藤さんは「お客さんとしての方の目で見て、どうかっていう判断っていうのは、非常に面白いし」と話した。
ニッコウトラベルの久野木 和宏会長(67)は「われわれも面白いことに気がつきまして、いったい、お客さんが、どんな添乗員を求めているのかっていうのが、よくわかるようになりましたね」と話した。
常連客という、「ワンクッション」置いた最終面接を始めたのは、15年以上前で、今や社員の半数以上が、この経験者だという。
入社12年目の南家知文さん(36)も、その1人。
南家さんは「お客様に、海外で楽しんでいただくということが、一番の仕事ではあるので。添乗員っていうものになることに対しての、心構えというのができたという意味では、非常によく勉強になった」と話した。
ワンクッション。
優れた人材を獲得する企業戦略が、そこにあった。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

就職活動を始めた大学生はNHKのお天気お姉さん・井田寛子さんに学べ。

12月1日から大学生の就職活動が解禁された。景気の好転によって氷河期が続いた昨年までより多少はマシな状況かもしれない。とはいえ、企業は人数の確保を優先するとは思えず、「量より質」の厳選採用が続く事は間違いないだろう。

意中の企業・業界から内定が取れなかった学生はどうすればいいか。ここで困るのが卒業後3年間は新卒扱いという話だ。建前だけで実際には門前払いという事ではないようだが、不利になる可能性が高い事は間違いない。かといってもう1年余計に在籍して就職浪人をしたり、就職を先送りして大学院へ進学したりといった事は誰もが出来る判断ではない。

そこでお手本となるのがNHKのお天気お姉さん、井田寛子(いだひろこ)さんだ。

■井田寛子さんって誰?

井田寛子さんは現在、NHKで午後9時から放送されるニュースウォッチ9に出演しているお天気お姉さんだ。ウェブで検索してみると人気のある人のようで沢山の情報が出てくる。

以前はたまに見かける程度でさほど気にもしていなかったのだが、ニュースウォッチ9の気象コーナーは他の番組と何か雰囲気が違う。やけにテキパキしていて喋りが上手い。解説の仕方も普通のお天気お姉さんとは随分違うように見える。

この人は何か違うなと思ってウェブで調べてみると、大学では宇宙化学を学び、製薬会社を経て気象予報士になったという。なんとも異色の経歴だ。どうすればこんなルートになるんだろう?と不思議でしょうがない。最近では女子大生やAKB48のメンバーでもお天気お姉さんをやっている位なので、タレント等を経由したのかとも思ったが、ただ原稿を読んでいるだけの素人とも思えない。

■気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと。

なんとも不思議な人だと思って井田さんの著書である「井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと」を読んでみてやっとわかった。井田さんは度重なる挫折を経て全国区の気象キャスターになった努力の人だ(当初はお天気お姉さんと書いたが、書籍の中ではお天気お姉さんという呼び名も嫌いじゃないけど、私は気象キャスターという意識で仕事をしています、と書いてあるので、以降はそのように表記する)。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

オールアバウト、新卒採用の奨励金制度を中止 ドワンゴから批判受けて

 総合情報サイトを運営するオールアバウトは12月13日、新卒採用の就活生に奨励金を給付する制度を中止すると発表した。この奨励金制度は、動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴが入社試験に受験料を導入したことを受けて9日に発表したばかりだが、ドワンゴから「茶化している」と批判され、1週間もたたずに終了することになった。

 ドワンゴは12月初め、2015年の新卒入社試験で2525円の受験料を取ると発表していた。今の学生はネットで多くの企業に受験エントリーするため、企業にも学生にも負担が大きい現状に一石を投じる狙いがあるという。受験料を取るのは首都圏の学生が対象で、集まった受験料は奨学金などに全額寄付するとしている。

 これを受けてオールアバウトは、「株式会社ドワンゴ非公認企画」と題したウェブページを掲載。ドワンゴにエントリーした学生が自社に応募してきた場合、1次面接まで進めば2500円の奨励金を給付する制度を発表。理由として「受験料を払ってドワンゴ社を本気で志望する学生は、おそらく何かに熱中できる学生ではないか」と説明していた。

 その後ドワンゴは、自社サイトに「受験するとお金がもらえる会社のご案内」とオールアバウトへの皮肉ともとれる題名の一文を掲載。「今回のオールアバウト様の企画は、記念受験や受験料回収といった、本気のないエントリーを促すものであり、批判を覚悟で一石を投じようとした我々の取り組みを茶化し、無効化しようとするものです」などと批判していた。

 オールアバウトは13日、「茶化す意図で実施したものでは決してなく、むしろ弊社も『受験料徴収制度』という試みを尊重した上で、本企画の実施に至った」とサイト上で弁明。しかしドワンゴが批判的な見解を出した以上、ドワンゴを受験する学生がオールアバウトに応募する可能性が「極めて低いものになると想定」されるうえ、「学生の皆様を迷わせる事態となることは弊社も望んでおりません」と中止の理由を説明し、関係者に謝罪している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「ブラック企業」対策へ離職率公表…新年度から

 若者に過酷な労働を強いる「ブラック企業」対策で、厚生労働省は来年度からハローワークを通じて大学生や大学院生を採用する企業に対し、離職率の公表を求めることを決めた。

 2015年春の大卒、大学院卒らに向けた求人票から、過去3年間の採用者数と離職者数の記入欄を設ける。記入は強制ではないが、「空欄のままだと公表できないほど離職率が高いのではと見られる」(厚労省幹部)として、抑止効果が期待できるという。

 ブラック企業は早期退職が続出することを見越して若者を大量採用するのが特徴で、離職率は有力な判断材料の一つ。極端な長時間労働や残業代の未払いは労働基準法違反で是正指導できるが、離職率が高いだけでは違法ではないため、厚労省は情報開示で改善を促すことにした。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

人気企業に親の七光りで「コネ入社」 法的に問題はないのか?

息子が日テレに入ったのも私のコネです――。タレントみのもんたさんが雑誌に寄せた手記を見て、「やっぱりか」と落胆した就活生も多いだろう。手記によると、みのさんの次男は日テレの採用試験を受けたが、「難しすぎて名前と住所しか書けなかった」。そこで、みのさんが当時の日テレ・氏家齊一郎会長(故人)に直談判し、入社にこぎつけたというのだ。

こうした「縁故採用」を行っているのは、なにも同社に限った話ではない。すべてを「コネだ」と決めつけるのは乱暴だが、大物タレントや有力政治家の子どもが有名企業で働いている例は、枚挙にいとまがない。

一方、多くの学生は「厳正な採用基準」を信じ、12月から一斉に始まる就職活動に備えている。学生たちにとって、試験の出来が悪くても「親の七光り」で入社できてしまうという現実には納得がいかないだろう。企業が一部の社員を「コネ」で採用することは、法的に問題ないのだろうか。労働問題にくわしい中村新弁護士に聞いた。

●民間企業の縁故採用を禁じる法律はない

「公務員の縁故採用については、国家公務員法・地方公務員法等に禁止規定があります。しかし、民間企業についてこのような規定は存在しません」

中村弁護士はこのように指摘する。民間企業の「縁故採用」を禁じる法律はないようだ。

「性別による差別(男女雇用機会均等法)や年齢による差別(雇用対策法)など、法律が禁じている採用差別に該当しない限り、各企業は、自らの裁量で従業員として採用する者を決めることができます(三菱樹脂事件最高裁判例参照)。

この結論は、憲法上民間企業に保障される営業の自由や、近代私法上の原則である契約自由の原則から導かれます」

どのような人物を採用するかに関しては、企業側の裁量が比較的幅広く認められているという。

一方、厚労省が企業に向けてウェブ上で公開している「採用のためのチェックポイント」では、基本的人権の尊重と並んで、「応募者の適性・能力のみを基準として採用選考を行うのが基本」と呼びかけているが……。

「厚労省はこのような呼びかけを行っていますし、家族の職業・勤務先等に関する情報を採用時に収集することは個人情報保護との関係でも問題となりますので、民間企業も縁故採用につながる情報収集を自ら進んで行うことは差し控えるケースが多いと思われます。

ただし、縁故採用にも取引先とのつながりを強めるなどの効果が見込まれることがあり、経営陣がこのような効果を重視した場合には、結果的に縁故採用が発生したとしても、これを違法と難じることは困難でしょう。

とはいえ、縁故採用ばかりとなると企業の活力が削がれることになるのも事実です。一部の民間企業では、社内規程や内規により、縁故採用を自主的に規制しているようです」

中村弁護士はこのように解説してくれた。

結局、今の日本では、「コネも実力のうち」と見なされているようだ。そういった実力をお持ちの方々が、会社で普段どんなお仕事をされているのか、機会があればじっくり聞いてみたいところではあるが……。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。