1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

なぜあの人は私の書き込みに「いいね!」をしてくれないのか?

最近では、Facebookをやっていない人を探す方が難しくなってきました。特に、起業を目指す人や事業主の人は、Facebookを仕事として使いながら楽しんでいることが多いようです。

そんな便利なFacebookですが、その便利さとは裏腹に、「いいね!」疲れをしてしまっている人も多いようです。「いいね!」疲れとは、「いいね!」をしなければならないという義務感や、自分の書き込みに「いいね!」をしてもらいたいという期待値を抑える感情のコントロールのことを意味します。

今日のコラムでは、その「いいね!」疲れの直接的な対策ではなく、なぜあなたが「いいね!」をしているのに、相手はあなたに「いいね!」をしてくれないのか、その現象について簡単にご説明したいと思います。それがわかれば、あなたの書き込みに対する「いいね!」を無理なく増やしていくことができるようになります。

まず結論から言いますと、あなたが「いいね!」をしているのに、相手が「いいね!」をしてくれない理由は、たくさんありますが、例えば以下の3つがあります。

1.相手が巨人である
相手がテレビに出ている有名人である場合など、いわゆる一方的に発信するしか方法がないような人、個別に返信していたら大変なことになってしまうような人の場合、そもそも手紙を出して返事が返ってくるのと同じような確率ですから、最初から期待しない方がよいということになります。

毎日、何万人もの人からコメントや返事を期待されているメッセージが送られてきたら、それはもちろん対応できません。専用スタッフをおいたとしてもそれを本人ではありませんから、Facebookの本来の使い方からは外れてしまうことになります。「返事を返さないなんて人として失礼だ!」とは言えないですよね。

2.Facebookの役割を「発信ツール」と捉えている
有名人の場合はもちろんそうなのですが、有名人ではない場合も、Facebookを発信のツールとして捉えていて、一方的に発信するだけの人も多くいます。発信した上で、自分のタイムラインについたコメントにだけ「いいね!」や返事をしていく。そのような使い方をしている人もたくさんいらっしゃいます。

Facebookは本来、全国、全世界の人とコミュニケーションがとれるツールですから、積極的に「いいね!」やコメントをつけることで楽しめるのですが、現実には毎日忙しく仕事をしているわけで、ずっとスマホを操作しているわけにもいきません。そうなりますと、最低限の自己PRのための発信と、その反応に対するケア、という範囲に使用が限定されてしまうのです。

また、そのような使い方をしている人は、自分が知らない人や、名刺交換をしただけで覚えていないような人の書き込みはスルーすることも多いので、返信が欲しい場合には、まずはリアルでその方と会話をして覚えてもらうことも大切ですね。

ビジネスにおいて、本来のFacebookの力を引き出そうと思えば、積極的に「いいね!」やコメント、シェアをして活用し、たくさんの人に名前を覚えてもらう方が得です。

Facebookで有利にビジネスを展開している人は、Facebookをやる時間を1日のスケジュール中にしっかりと設け、たくさんの人とコミュニケーションを積極的に取るようにしています。片手間にやっていると効果を実感することはできないものですが、戦略を立ててしっかりと取り組めば、Facebookはとてもビジネスに役立つツールだと言えます。

3.相手にとって自分のエッジランクが低い
Facebookのタイムラインには、友達全員の書き込みが表示されるわけではありません。あなたと関係性の深い人、100人から200人程度の書き込みが表示されるようになっています。それはアルゴリズムによって決定され頻繁に変更されていますので、一概にこのようなルールに沿っていると言うことはできません。

「いいね!」をしたり、コメントをつけたり、タグ付けされたり、メッセージを送ったり、そのようなお互いの関係性の深さ、一説によれば利用時間帯なども含めて計算され、関係性の高い人の書き込みだけが、タイムラインに表示されています。

つまり、相手の書き込みがあなたのタイムラインに表示されていても、相手にもっとたくさんの友達がいて関係性が深い場合、あなたの書き込みが相手のタイムラインに表示されていない「可能性」もあるということです。或いはすぐに流れてしまう。もっと関係の近い人の書き込みですぐに溢れてしまう、そんなこともあるでしょう。

そうなればもちろん、関係性の高い友達同士の「いいね!」やコメントだけでFacebookの操作時間が終わってしまうので、あなたの書き込みに「いいね!」してくれる可能性は、ますます低くなります。

どうしても相手とからみたい、相手から返信が欲しい場合には、あるいはエッジランクを上げ関係性を深めたいと思う場合には、相手の書き込みに対してコメントを残すなど、「いいね!」をするだけでない、もうひと押しが必要になってきます。

■まとめ
Facebookで、あなたの書き込みが「いいね!」されない理由は、他にもたくさん細かい事はあります。ネガティブな書き込みや、「いいね!」をしたくないような書き込みはスルーされたり、ブロックされたりもします。

基本的には嬉しかったこと、楽しかったこと、学びや気づきを共有し、巨人からの返事は期待せず、リアルで会話をし、エッジランクを高めていく。その程度の意識を持っているだけで、あなたの書き込みに対する「いいね!」は、自然に増えていきます。コツコツ楽しみながら、輪を広げていきましょう!

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

NHK中継で「地震なんかないよ!」と叫んだ女性、ネットで名乗り出る 「きちんと説明したい」と質問受け付け

 5月5日早朝に関東地方で起きた地震の影響を伝えるNHKニュースの中継に写り込み、カメラに向かって「地震なんてないよ!」と叫ぶなどした女性がネットで話題になったが、タレントの東森美和さん(22)が「大変お騒がせ致しまして申し訳ございません」と名乗り出た。

 東森さんは7日、自身のブログに「5月5日早朝に起こった地震のNHK地震速報の件について」という記事を更新。「きちんと皆様にご説明したい」と質問を受け付けている。

 5日早朝、地震の影響を伝えるNHKニュースで、リポーターが表参道の交差点から中継していたところ、酔っ払った様子の若い女性が写り込み、カメラに向かって「地震なんてないよ!」などと叫んだ。そのかわいらしい姿はネットで話題になり、「この女性は東森さんでは」という推測も流れた。

 東森さんはブログで、「大変お騒がせ致しまして申し訳ございません」と謝罪し、ネットで流れているプロフィールに一部、間違いがあることを指摘した上で、「きちんと皆様にご説明したい」と、ブログのコメント欄とメッセージ機能、Twitterのメッセージで質問を受け付けている。

 「嘘偽りなく回答させて頂きたいと思っておりますので私のプロフィール、経歴、そして今回の一件に関する質問がある方は是非、お待ちしております」としている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

放送あと3回、ブログ旅で人気「ロケみつ」放送終了が決定

月亭八光、宇都宮まきら出演の「ロケみつ ザ・ワールド」(MBS系)にて、同番組が3月で放送終了することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ロケみつ」は2008年10月に放送をスタートして以来、5年半にわたって続いた人気番組。芸人がブログのコメント数によって決まっているルールに従って旅をする「ブログ旅」企画が大好評で、全国各地でも放送されている。中でも桜 稲垣早希のブログ旅は絶大な人気を誇り、「関西縦断ブログ旅」「四国一周ブログ旅」「目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅」とシリーズ化。2012年4月からは「目指せ!ポルトガル ヨーロッパ横断ブログ旅」にチャレンジしている。

現在はこの企画のほか、グイグイ大脇の「名前なんナン!? ブログ旅」、ゆりやんレトリィバァの「探せ!録っても大好きな人ブログ旅」が進行中。番組は3月27日(木)が最終回で、放送はあと3回となる。次回3月13日(木)の放送では、番組終了の事実がブログ旅芸人たちに告げられることに。稲垣、大脇、ゆりやんの運命は。ぜひお見逃しなく。

ロケみつ ザ・ワールド

MBS系 2014年3月13日(木) 23:58 ~ 24:59
<出演者>
MC:月亭八光 / 宇都宮まき / ローラ・チャン
ゲスト:シャンプーハット
旅ロケ:桜 稲垣早希 / グイグイ大脇 / ゆりやんレトリィバァ

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ネット副業 ブログって儲かるの?

 最近では、いざという時のために本業以外の仕事をする人も増えてきていますが、会社勤めをしながら副業をするのは並大抵なことではありません。退社後や休日だけ働けばよい副業ということになると、ネット系のビジネスが最適ということになるのですが、果たしてネット副業はどの程度儲かるのでしょうか? 

 ネットで手軽にできるビジネスということになると、物販やブログが考えられます。物販は分かりやすい形態ですが、基本的にリアルに店舗を持つことと何も変わりません。特別な商品を持っていない限りは、相応の準備やある程度の資金が必要となります。その点からするとブログの開設は、初期投資がほとんどかからず、誰でも手軽に始めることができるので、ネット副業の候補としてはなかなか魅力的に思えます。
1ページビュー当たりの売り上げは
 基本的にブログは閲覧数(ページビュー:PV)が多ければ多いほど儲かります。どの程度のPVがあればいくら稼げるのかについては、情報が錯綜しており、基準がはっきりしていません。ブログの収益源のひとつにアフィリエイト(成果報酬型広告)というものがありますが、同じアフィリエイト収入といっても、大量のメールを無作為に送りつけるような強引な手法もあれば、サイトにアクセスした人からの自然な購入を待つという良心的な方法まで様々です。

 ここではブログに貼り付けられている広告を読者が自然にクリックしたり、ブログからネット通販サイトに自然に誘導するという、紳士的なやり方を前提として考えてみましょう。

 プロ・ブロガー(ブログで生計を立てている人)と呼ばれる人の中にはおおまかなPVと収入を公表している人もいるので、この情報は大いに参考にすることができます。プロ・ブロガーの一人であるイケダハヤト氏は、2013年には500万円近い売上げがあったと述べています。彼のブログの2013年の平均月間PVは約55万PVですから、その数字が本当だとすると、1PVあたりの売上げは約0.76円ということになります。


逆に考えれば、ブログで月収30万円を達成しようと思った場合には、40万PVのブログを書く必要があるということになります。しかしPVあたり0.76円というこの数字は常に一定ではありません。一般にPVがあまり多くない状況では、PVあたりの売上げはさらに小さくなることが知られていますし、広告の種類によっても売上げは大きく変わります。

 ちなみに月間PVが数千万から数億という、企業が運営するような巨大サイトでも、PVあたりの売上げにはかなりのバラツキがあります。低いところでは0.5円程度、高いところでは2円程度にもなります。
稼げるブログはごくわずか
 何より最大の問題は、それなりの金額を稼げるようなブログは全体のごくわずかしか存在しないという厳しい現実でしょう。日本は世界でもっともブログの数が多い国といわれていますが、このことはライバルもたくさん存在するということを意味しています。世の中に存在しているブログの80%以上が月間5000PVを超えられず、イケダハヤト氏のように月間数十万PVをたたき出すブログは全体の0.1%以下ともいわれています。要するにトップ0.1%に入らないと、まともな金額は稼げないわけです。

 この話を聞いて少々ガッカリした人も多いかもしれませんが、初期投資がほとんどゼロで始められるという点は何よりも魅力的です。文章を書くことが好きであれば、チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「このたび会社をやめました」 ブログで「退職エントリ」を書くときに注意すべきこと

「このたび○○社を退職することになりました」――会社を辞めるにあたり、退職に至るまでの経緯や理由、在職中のエピソードなどをブログに書く人が増えている。社名を明記した記事も多い。

こうした「退職エントリ」と呼ばれる記事は、その人が関わった業務内容や会社の雰囲気など、外からは見えない内部の様子をうかがい知ることができるものもある。しかし、待遇への不満など、ネガティブな情報が含まれていることもあり、会社の内部事情を一方的に書くことへの批判がないわけではない。

こういった「退職エントリ」が、法的に問題となることはあるのだろうか。もし自分が退職エントリを書くとしたら、どのようなことに注意すべきだろうか。労働問題にくわしい古金千明弁護士に聞いた。

●内容によっては「秘密保持義務違反」や「名誉毀損」となる

「会社の就業規則や入社・退職時の誓約書等で、従業員の『秘密保持義務』が定められていれば、退職後も会社の情報について秘密保持義務を負う場合があります。この場合、秘密保持の対象となる会社の情報をブログに書き込むと、秘密保持義務違反となります」

たとえば、どんな情報を書き込んだらダメなのだろうか?

「秘密保持義務の範囲は、就業規則や誓約書等で定められていることですので、一概にはいえません。ただ、進行中のプロジェクトや取引先の情報、個人情報については、秘密保持義務の対象となっている場合が多いので、ブログには記載しないほうがよいでしょう」

もう1点、気をつけるべき点が「名誉毀損」だという。古金弁護士はまず、このように指摘する。

「特定の会社の社会的な評価(=評判)を下げる事実(または意見・論評)を含む表現をブログに書き込む行為は、民事上は不法行為(民法709条)に該当しうる違法な行為です。

この場合、会社の評判が下がるかどうかは、一般読者を基準として判断されることになります」

●会社の評判を下げる内容でも、「違法性がない」場合もある

ただし、こうした表現の「違法性がなくなる」場合もあるようだ。「違法性がなくなる条件」とはどのようなものなのだろうか。

「『事実』を指摘する表現の場合には、(1)その事実が公共の利害に関する事実であること、(2)その表現が会社に対する攻撃目的等ではなく専ら公益を図る目的でなされたこと、かつ、(3)その事実が真実である場合、または表現者がその事実を真実と信じるに足りる相当な理由がある場合は、違法性がなくなります。

また、『意見・論評』形式の表現では、(1)、(2)に加えて、(4)その意見・論評が前提としている事実が重要な部分について真実である場合、または、表現者が当該事実を真実と信じるに足りる相当な理由がある場合で、かつ、(5)人格攻撃などの意見・論評としての域を逸脱した表現でない限り、違法性がなくなります」

まとめると、会社の評判を下げるネガティブなブログ記事は、名誉毀損となる場合がある。ただし、名誉毀損となる場合でも、(1)(2)(3)または(1)(2)(4)(5)の要件を満たせば違法性がなくなる、ということだ。

「注意すべき点は、上記の要件を満たすことの立証責任は、退職した従業員側にあることです。実務的には、(3)または(4)が立証できるかどうか、そして意見・論評による表現の場合は、当該書込みが(5)の要件を満たすかどうかが重要です」

元従業員が書いた退職エントリ程度で名誉毀損とは、ものものしい気もするが……。古金弁護士は、そうした考えは現在では通用しなくなってきていると指摘し、次のようなアドバイスを送っていた。

「インターネットが普及し、ブログやSNS等で個人が情報を発信できる時代となった現在では、個人が行った名誉毀損も問題とされやすい時代になっています。

個人がネットに書き込んだ表現でも、名誉毀損の違法性がなくなる要件が緩和されることはないと考えるのが多数説です。

退職エントリを書く際には、こうした点も考慮したうえで、慎重に対応したほうがよいかと思います」

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
古金 千明(ふるがね・ちあき)弁護士
天水綜合法律事務所・代表弁護士。個人から法人(IPOを目指すベンチャー企業・中小企業、上場企業)に対するリーガルサービスを提供している。取扱分野は、企業法務、労働問題、M&A、倒産・事業再生、一般民事(離婚・男女関係含む)。
事務所名:天水綜合法律事務所

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。