1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

「2013年ヒット商品ベスト30」が発表! 1位は「コンビニコーヒー」

 2013年10月31日、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2013年ヒット商品ベスト30」を発表した。


 毎年恒例のこの企画では、集計期間中(2012年10月から2013年9月まで)に発表された商品やサービスを「売れ行き」「新規性」「影響力」の3つの項目で総合的に判定。それぞれのヒットの度合いを評価し、1位から30位までのランキングに集計した。

 ランキングの「ベスト10」は以下の通り。

1位 コンビニコーヒー

2位 パズル&ドラゴンズ

3位 アベノミクス消費

4位 半沢直樹

5位 伊勢・出雲

6位 Nexus 7 & iPad mini

7位 あまちゃん

8位 レイコップ

9位 ノンフライヤー

10位 グランフロント大阪
.

●コンビニコーヒーが支持された3つの要素

 ランキングの1位に輝いたのは「コンビニコーヒー」。手頃な価格、品質、近所で24時間買えるといった利便性が多くの消費者に支持された。

 例えばセブン-イレブン・ジャパンの「セブンカフェ」は累計で2億杯を達成。日本において「1人1杯以上」は飲んだ計算になる。コンビニコーヒーの展開はサークルKサンクスを先駆けに、ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンが続き、「コーヒーはコンビニで買う」というライフスタイルが広く浸透。日本のコーヒー国内消費量が13年1~8月で6%もアップするほどのインパクトを市場に与えた。

 「2013年ヒット商品ベスト30」には、「コンビニコーヒー」を筆頭に、「パズル&ドラゴンズ」、「アベノミクス消費」など、“2013年の顔”とも呼べる商品やサービスが並んだ。詳しい内容は、11月2日(土)発売の日経トレンディ12月号に掲載される。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

土下座、鼻ほじり、サメフライ…“大人ガチャ”が売れる理由


 「ガシャポン」「ガチャ」などと呼ばれるカプセルトイは、子どものころに何度も買った記憶がある人が多いだろう。以前は子ども向けの玩具が中心だったが、ここ数年は大人がハマる商品が増えているのだ。

 なかでも売れているのは、くすっと笑ってしまうようなユニークなカプセルトイだ。このブームのきっかけになったのは、奇譚クラブが2010年6月に発売した「シリーズ生きる 土下座ストラップ」だ。

 土下座ストラップは、「コレジャナイロボ」などのユニーク玩具を生み出すことで知られるザリガニワークスからの持ち込み企画。「面白そうだから」という理由で作ることになったという。カプセルトイはキャラクター玩具が多いなか「他社にできないものを作る」という奇譚クラブのポリシーにマッチしたのも大きいはずだ。

 発売してみると、担当者が「こんなに売れるとは思わなかった」というほどの反響だった。一般に大手メーカーでも1種類のカプセルトイの生産数は10万個程度といわれるなか、土下座ストラップは発売から約1年半たった2011年11月時点で累計100万個を超えるヒット作となったのだ。「ヒットした理由ははっきりとは分からない」(奇譚クラブ)というが、「面白い」「ネタになる」と購入した人が多く、Twitterやfacebookといったソーシャルメディアなどで話題になったことも大きい。カプセルトイでも“面白い”ことが受け入れられる下地ができたのだ。
.

●400万個に迫る勢いで売れている「コップのフチ子」

 さらに、土下座ストラップを超えるヒット作となったのは、奇譚クラブがマンガ家・タナカカツキ氏と共同開発し、2012年7月に発売された「コップのフチ子」シリーズだ。

 「今までなかったカプセルトイを作りたかった」(奇譚クラブ)というだけあって、グラスやコップの縁に置いたり、ひっかけたりするマスコットの目新しさはピカイチ。実際にデスク脇に置いたコップにひっかけておくだけで、なぜか心がなごむ。

 さらに、かわいくてフォトジェニックなキャラクターはソーシャルメディアにもぴったりだった。「写真を撮ってTwitterなどにのせれば、それだけでひとネタになる」ということもあって反響は大きく、発売後1週間で10万個以上を出荷。新色を随時投入したものの売り切れが続出し、ネットショップでプレミアが付くほどに。2013年6月には第2弾の「コップのフチ子2」が発売され、累計400万個にせまる勢いで売れている。またカプセルトイだけでなく、シールや写真集、コラボ商品など派生商品も発売される人気キャラになった。

 「コップの縁を使ったものやガール系キャラクターなど類似商品が増えるかもしれないが、新しいアイデアも多数ある。これからも他社に作れないものを作っていく」(奇譚クラブ)という。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「グーグル・グラス」米で騒動過熱 夢のIT機器か、危険招く眼鏡か

「夢のIT機器」か、それとも「度を越した眼鏡」か-。米グーグルが開発中の眼鏡型情報端末「グーグル・グラス」が反響を呼んでいる。「世界が変わった」と試作品を手にしたユーザーが興奮する一方、プライバシー侵害などを懸念する声も広がっている。議会も調査に乗り出し、騒動は過熱するばかりだ。

 ■SFが現実に?

 「グラス、今日の野球の試合結果は?」「グラス、近くの公園と道順を教えて」

 眼鏡に呼びかけると、フレーム部分の小型画面にグーグルの検索結果の映像が現れる。「ビデオを撮ろう」と発声すれば、手ぶらで歩きながら撮影できる。

 グーグルは先日、米国内のソフト開発者ら約8千人を対象にグーグル・グラスの試作品を限定販売した。1500ドル(約15万円)と決して安くはないが、ブログなどでは装着してみた感想や映像の投稿が相次いでいる。「SFの世界が現実になった」「スマートフォン(高機能携帯電話)を超えた」と興奮気味の声も飛び交っている。

 グーグル・グラスは、眼鏡フレームに音声認識機能を備えた小型の情報端末を組み込んだもので、検索やメール、撮影などが楽しめる。触って操作するスマホなどと違い、行動の自由が格段に広がる。

 反響の大きさに、さまざまな業界とタイアップも相次ぎ、フェイスブックやツイッターのほか、CNNテレビなどが専用アプリ(応用ソフト)をグーグルに提供。「社会現象」(米メディア)の感すらある。

 ■規制求める声も

 「食事中に友人に怖がられちゃってね。トイレでも外すのを忘れちゃうし」

 技術コンサルタントのアレン・ファーステンバーグ氏は、グーグル・グラスを1週間使い続けたが、結局外すことにした。グーグル・グラスをかけていると盗撮を疑われるとの指摘は多く、ロイター通信によると、ワシントン州シアトルのあるバーは、全米でいち早く「グーグル・グラス着用禁止」を宣言。カジノ大手のシーザーズ・エンターテインメントも、賭け事の最中の着用を禁じた。

 車を運転中に気を取られて事故につながる危険も指摘され、規制が必要との声は強い。バートン下院議員(共和党)ら超党派議員団は16日、グーグル経営陣に書簡を送り、いくつかの懸念事項について回答を求めた。

 グーグルのシュミット会長は「変化を怖がる人の批判はつきもの」と強気を崩さないが、グーグル・グラスの着用にふさわしくない場所があることは認めた。

 一般販売は来年春にも始まる見通しで、グーグル・グラスをめぐる論議や改良がどこまで進むかにも関心が集まる。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「4K」テレビで事業不振打開狙う ソニー、東芝など相次ぎ投入

 ソニーや東芝など家電大手が、ハイビジョン映像の約4倍の解像度を持つ「4K」と呼ばれる高画質の液晶テレビを相次ぎ発売する。画面サイズが80インチを超すような大型テレビを近くで見ると画像の粗さが目立つこともあったが、4Kではより鮮明な映像を楽しめる。価格下落で既存のテレビが軒並み不振に陥るなか、各社は付加価値の高い商品を投入して巻き返しを狙う。

[苦戦する液晶テレビ] 「もう何も期待できない…受注ゼロに」 取引企業、シャープ失速に悲鳴

 「4Kを通じて臨場感あふれる映像視聴体験をお客さまに提供する」。31日に開幕する世界最大級のドイツの家電見本市「IFA2012」のためベルリンを訪れているソニーの平井一夫社長は現地時間29日の記者発表で、4Kテレビを投入する意義をこう強調した。

 ソニーが年内に発売する4Kテレビの画面の大きさは84インチで、世界最大級。全世界で順次発売し、欧州での発売価格は2万5000ユーロ(約246万円)。日本での価格は未定という。

 東芝もIFA開幕前の30日(現地時間)、84インチの4Kテレビを2013年度上期(4~9月期)に全世界で順次発売すると発表した。同社はすでに昨年末に世界で初めて55インチの4Kテレビを発売しているが、より大画面のテレビを投入して販売増につなげたい考えだ。

 競争激化で低価格化が進む大画面テレビ市場で、4Kは特色が出せる商品として各社が開発に力を入れている。

 パナソニックは4K技術を活用し、専用の眼鏡をかけずに高画質の3D(3次元)映像を楽しめる103インチの大型プラズマパネルを開発した。シャープも4Kの技術を開発しており、IFAで商品を発表する予定だ。

 事業不振を打開する武器として各社が期待する4Kだが、高額のため「当面は日米欧の富裕層向け商品」(証券アナリスト)にとどまりそうだ。

 しかも、現在は4K向けのテレビ放送が配信されていないため、既存のハイビジョン映像を4Kの高精細な映像に変換して楽しむことが主流になる。今後はどれだけ専用のソフトを出せるかが、4K普及の鍵を握りそうだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ソニーが高精細の「4K」テレビ初投入、84型を年内に世界で発売

 ソニー<6758.T>は30日、従来のフルハイビジョン(HD)テレビの約4倍の解像度を持つ「4K」と呼ばれる高画質の大型液晶テレビを世界市場で年内に順次発売すると発表した。ソニーが4Kテレビを発売するのは初めて。

画面サイズは84型で、欧州での販売価格は2万5000ユーロ(約246万円)。日本での価格は未定。4Kの映像では、従来のフルHDテレビよりきめ細かい映像を大画面で表示することができるほか、高音質で迫力あるサウンドを実現できるのが特徴という。

低価格化が進むテレビ市場だが、付加価値商品の投入で富裕層を開拓する。「4K」は映画館向けプロジェクターなどで普及が進んでおり、テレビにも採用することで、映画などのソフト事業とテレビなどハード事業との連携を強化したい考え。ソニーは31日から独ベルリンで開かれる欧州家電見本市「IFA」で展示する。

84型の4Kテレビとしては、韓国LG電子<066570.KS>がこのほど韓国で発売したほか、世界市場でも今秋から順次発売する予定で、東芝<6502.T>も来年から投入する見通し。東芝によると、最初に4Kテレビを商品化したのは同社で、すでに55型を国内で販売している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動