1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【宝塚記念】ラブリーデイGI初制覇!Gシップは大出遅れで敗れる

 28日の阪神11Rで行われた第56回宝塚記念(3歳上オープン、GI、芝2200メートル、16頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、川田将雅騎手騎乗の6番人気ラブリーデイ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が2番手追走から抜け出してGI初制覇を果たした。断然人気に推されたゴールドシップは、ゲート内で立ち上がって大きく出遅れ、後方のまま15着に敗れている。タイムは2分14秒4(良)。

 自分の競馬に徹した先に、栄光が待っていた。春のグランプリを制したのは伏兵ラブリーデイ。ゴールドシップが大きく出遅れて場内に悲鳴とざわめきが残る中、2番手から冷静に抜け出して押し切り、重賞4勝という大活躍の上半期を締めくくった。

 波乱はスタートに待っていた。ゲート内で外枠の各馬がバタつくしぐさを見せ、人気のゴールドシップも駐立が不安定な状態。ちょうどゲートがあくタイミングで大きく立ち上がって致命的な出遅れを喫し、離れた最後方からのレースとなった。場内が大きくどよめく中、先頭に立ったのはレッドデイヴィス。スローペースに落とした逃げを打ち、2番手にラブリーデイがつける。その後ろにトーセンスターダム、オーシャンブルーが続き、ゴールドシップは鞍上が促しても進んでいかず、4コーナーでも後方のまま。早々と圏外に去った。これと対照的にクールなレース運びを見せたのがラブリーデイ。2番手から手応え十分に抜け出すと、ゴール前で猛追してきた同馬主のデニムアンドルビーを退け、歓喜のゴールに飛び込んだ。クビ差2着が10番人気のデニムアンドルビー。さらに1馬身1/4差の3着には11番人気のショウナンパンドラが入り、3連単は52万円台の波乱となった。

 ラブリーデイは、父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、金子真人ホールディングス(株)の所有馬。通算成績は23戦7勝。重賞はGIII中山金杯、GII京都記念、GIII鳴尾記念(2015年)に次いで4勝目。池江泰寿調教師は09年ドリームジャーニー、12年オルフェーヴルに次いで宝塚記念3勝目、川田将雅騎手は初勝利。

 約1年ぶりのコンビで勝利に導いた川田騎手は「この子が力をつけてきて、GIを勝ち切ってくれたことが何よりよかったと思います。ペースが遅く、楽に2番手につけることができたので、あとはリズムだけ気を付けながら乗りました。いい流れでゆったり走れましたし、手応えも良かったです。心配していた馬場もこなしてくれて、心配なく追い出すことができました。同じ勝負服の馬(2着デニムアンドルビー)が迫っていることは分かったので、しのいでくれ…と思っていました。2歳の新馬の頃から乗せていただいて、その後も何度か乗せていただいた馬ですが、重賞を3勝してから乗せていただいて、レースに乗りながら力を付けていることを実感しました。しっかり自分の競馬をしてGIを勝ってくれましたし、これからも応援してあげてください」と成長したパートナーを褒め称えていた。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【凱旋門賞】日本勢無念…14着横山典「世界はそう甘くない」

【騎手&調教師コメント】

 ▼川田将雅騎手の話 直線は大外というのは予定通り。最後まで伸びてくれたとは思う。馬にまたがるまでは緊張したが、今はこのレースで乗れたことをありがたく思っている。 

 ▼横山典弘騎手の話 馬はよく頑張った。結果は仕方ない。世界はそう甘くない。いつものように馬の好きなように走ってもらおうと思った。やれるだけのことはやった。

 ▼福永祐一騎手の話 馬に乗った感触は良かったので期待していたが、残念。コンディションもよく十分チャンスがあると思っていたが、なかなか簡単にはいかない。前半のポジション取りをもっと積極的にいけば良かった。

 ▼須貝尚介調教師の話 期待に応えられず申し訳ない。そう簡単に勝てるレースではないということをあらためて感じた。この経験を生かし、チャンスがあればまた挑戦したい。

 ▼松田博資調教師の話 いつものパターンで負けた。終わったことを言っても仕方ない。あとは日本に帰ってどんなレースをするかが大切だ。(共同)

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

JRA現役重賞勝ち馬が事故死 調教終了間際に左前脚を粉砕骨折

 13年のチューリップ賞を制し、その後の桜花賞(4着)で1番人気に推されたクロフネサプライズ(牝4歳、栗東・田所秀孝)が3日、滋賀県の栗東トレーニングセンターで事故死した。朝の調教終了間際に放馬し、逍遥馬道出入り口の支柱に激突して転倒。左前脚を粉砕骨折しており、やむなく安楽死の措置がとられた。

【写真】ダービー馬フサイチコンコルド死亡

 田所秀孝調教師は「まだ4歳。これからというところでした。本当にかわいそうなことをしました。残念でなりません」と沈痛な面持ちで突然の死を惜しんだ。JRA通算成績は12戦3勝(うち重賞1勝)。8月17日の阿蘇S(15着)が最後のレースとなった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

外れ馬券判決で上告=大阪高検

競馬の馬券を大量購入して得た利益を申告しなかったとして所得税法違反罪に問われた元会社員(40)について、大阪高検は23日、外れ馬券も経費と認めた上で有罪とした大阪高裁判決を不服として、最高裁に上告した。
 検察側は「馬券購入による所得は一時所得で、当たり馬券の購入費だけが経費」として、課税額は約5億7100万円だと主張している。高裁は一審同様、雑所得として外れ馬券も経費と認め、課税額を約5200万円に減額した。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

配当29億円無申告、2審も外れ馬券を経費認定

 競馬の予想ソフトを使って大量に馬券を購入し、配当で得た約29億円を申告しなかったとして、所得税法違反に問われた元会社員の男性(40)の控訴審判決で、大阪高裁は9日、有罪としたうえで課税額を大幅に減額した1審・大阪地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。米山正明裁判長は1審同様、外れ馬券購入費も所得から控除できる必要経費と認め、被告の男性以外でも「馬券購入が『営利目的の継続的行為』と認められれば、同様に判断すべきだ」と言及した。

 この裁判では「競馬の経費」を巡り、検察側は「当たり馬券だけ」とし、弁護側は「外れ馬券も認めるべきだ」と反論していた。

 昨年5月の1審判決は、無申告と認めて懲役2月、執行猶予2年(求刑・懲役1年)とする一方、課税額は、約5億7000万円とする検察側主張を退け、約5200万円とした。

 米山裁判長は判決で、被告が2009年までの3年間にインターネットを使って計約28億7000万円分の馬券を購入し、うち約1億3000万円の当たり馬券分で計約30億1000万円の配当を得たと認定。口座の出入金履歴などで明らかな購入の回数や頻度から、営利目的の継続的行為から生じた「雑所得」とした。

 そのうえで、「被告は大量購入を反復しており、全馬券の購入がなければ配当を得られなかった」として、外れ分を含む全馬券購入費を経費と認め、1審判決の課税額を踏襲した。

 国税庁は1970年の通達で「馬券配当は一時所得」としており、検察側も「配当は偶発的で一時所得にあたる」として、「収入に直接要した金額」と規定した所得税法から経費は当たり馬券だけと主張していた。

 これに対し、判決は、画一的に一時所得とすることについて「馬券購入をめぐる環境に変化が生じている中、実態に即さない」と指摘。「勝った結果だけに着目し、負けた結果を除外するのは、公平な課税の観点から問題がある」と、課税のあり方を疑問視した。

 刑事裁判の判決には、国税当局の課税判断を取り消す拘束力はない。ただ、被告は課税処分の取り消しを求める訴訟大阪地裁に起こしており、この判決も雑所得と判断し、確定すれば、課税額は変更される。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。