1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<友ケ島>ラピュタ似? 残る戦争遺跡、コスプレファン注目

 和歌山市加太沖にある無人島「友ケ島」が、アニメなどの登場人物の格好をまねる「コスプレ」ファンの人気を集めている。大阪湾の入り口にあり、島内には旧日本軍の砲台跡など戦争遺跡が残る。インターネットで「アニメの世界に似ている」と評判になり、11月初めに開かれたコスプレ撮影会は定員50人がすぐに埋まった。地元では「島をコスプレの聖地に」と期待が高まっている。

【別カットも】ラピュタ似?の友ケ島、人気の撮影場所など

 和歌山市の加太港から定期便で約20分。友ケ島は沖ノ島▽虎島▽神島▽地ノ島--からなる。侵入する外国艦船を砲撃する拠点として明治時代に6カ所の砲台が建設され、第二次世界大戦終結まで一般人は立ち入りが禁止された。戦後は南海電鉄が観光開発に乗り出し、最盛期の1964年には約9万6000人が訪れたが、次第に減少。2002年に南海が撤退し、現在は市と国が管理する。

 このうち沖ノ島は、数年前からコスプレファンに注目され始めた。現地でコスプレ姿を撮影した写真がネット上に掲載され、「宮崎駿監督の映画『天空の城ラピュタ』の世界に似ている」などと話題になった。

 11月2、3両日に開かれた撮影会では、特にれんが造りの第3砲台跡が人気を集めた。他の砲台より大きく、元弾薬庫などが半地下式に並ぶ。れんがにはコケが生えてツタが絡まり、空中を浮遊するラピュタの城の雰囲気に浸れるという。テレビゲーム「ドラゴンクエスト」に登場する地下洞窟に似ているとの声もある。企画した「マジックアワーカフェ」の中川志乃代表(25)は「非日常的な雰囲気の空間なので、ゲームやアニメの舞台に入り込める」と語る。

 地元の加太観光協会は島への臨時船を手配したり、住民が驚かないよう告知したりして全面協力している。関西国際空港から加太港まで車で約1時間の距離で、協会青年部長の稲野雅則さん(40)は「海外で日本のサブカルチャーは大変な人気。将来はコスプレの国際イベントも誘致したい」。島で戦争遺跡や観光のガイドを務める松浦光次郎さん(48)も「目的がコスプレでもどんどん島に来てもらって、なぜ島に戦争遺跡があるのかといった歴史にも思いをはせてほしい」と話している。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

寝台特急:“聖地”出雲大社へ 女性に人気「良縁祈願の旅」

 東京と島根県出雲市を12時間かけて結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」が、女性たちに人気だ。目指すは、縁結びで名高い出雲大社。出雲は旧暦10月、全国八百(やお)万(よろず)の神々が集まる「神在月(かみありづき)」だ。800万倍のご利益を当て込む女性らでにぎわう列車に同乗し、一路、良縁成就の聖地・出雲へ向かった。【山崎明子】

 ◇旧暦10月はご利益800万倍? 個室やシャワースペースも

 10月18日午後9時半、JR東京駅の「サンライズ出雲」の出発ホーム。発車を30分後に控え、キャリーバッグを引いた若い女性グループやカップル、親子連れが続々と集まってきた。木曜日とはいえ乗車率83%。車内販売がないため、それぞれ手にはお菓子やお総菜、缶チューハイが入った買い物袋を下げている。宴会の準備も万端、といったところだ。

 埼玉県に住む会社員、金子佳代さん(41)と公務員、小林由里子さん(42)の2人組に出会った。中学、高校の同級生でともに独身の2人は、出雲大社へ向かうという。金子さんは「10月は出雲に神様が集まり、大きなお願いもできるというので、ぜひ良縁を」と気合十分。小林さんも「寝台列車に乗ってみたかった」と満足そうだ。

 「こんな機会に、友人とおしゃべりしたり、ゆっくり過ごせるのはうれしい」。こう話すのは、東京の旅行会社に勤める明石真紀子さん(39)。同僚の大森こずえさん(34)と三橋聡子さん(41)も一緒だ。3人はそれぞれ個室を予約しているが、発車早々、大森さんの個室に集まり「女子会」が始まった。ベッドのみの個室だが、3人が入れる広さ。大きな窓も開放的だ。

 3人は早速、ベッドに上り、持ち寄ったビールで乾杯。「夜行列車だと、新幹線より旅を実感できるよね」と大森さん。三橋さんは「これから先のルート作りをみんなでできるのが醍醐味(だいごみ)かな」。大森さん以外は独身で、出雲大社への縁結び祈願と山陰観光のため乗車したという。

   *

 「サンライズ出雲」は98年に運行を開始。JR西日本によると、座席や個室は、当初、ビジネス利用を念頭に設計された。間仕切りのみの「ノビノビ座席」もあるが、寝室の大半はテンキーで外からもカギがかかる個室。寝間着やスリッパ、電気ひげそり用のコンセントも備え、共有のシャワースペースもある。こうした設備が、プライバシーと安全性を重視する女性の心をつかんだ。さらに、パワースポットや婚活ブームに乗って、山陰へ向かう女性たちの足として利用されるようになった。金曜日ともなると、乗車率は99%に跳ね上がる。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<女性客>決め手は女子トイレ 豪華な改装相次ぐ 福岡

 九州一のファッション先進地、福岡市・天神地区の各商業施設が女性客獲得のため、パウダールーム(化粧室)、つまりトイレ回りの充実度で競い合っている。化粧台やフィッティングルーム(着替え室)の備え、その使い心地、居心地の良しあしが、洋服のブランド選びなどと同様に女性客を呼び込む決め手となるからだ。【中山裕司】

【女性に人気】寝台特急「サンライズ出雲」 “聖地”出雲大社へ「良縁祈願の旅」

 「ソラリアプラザ」(地下1階、地上6階)が今年、開業から24年ぶりに乗り出した大規模改装の目玉の一つが4、5階にある豪華な女性用トイレだ。化粧台コーナーや着替え室を併設して従来の1.5倍の広さにし、観葉植物などを置いてリラックスムードを演出した。2015年春までの改装で、店舗2階部分と隣接する西鉄福岡(天神)駅からの利便性向上が図られるなど低層階の集客力アップを見込む。「お客に上層階にも来てもらうには特別な魅力が必要」と言い、仕掛けの一つとして女性用トイレをてこ入れした。

 ソラリアを運営する西日本鉄道(福岡市)が改装前に女性社員約30人にアンケートしたところ、買い物や食事をする場所とは別に、好みのトイレがある施設を訪ねていることが分かった。優先順位は清潔感、そして化粧台スペースの充実度だ。ソラリアの東(ひがし)圭司館長は「仕事を終えた女性が夕食に出かける前の活動拠点にしてほしい」と期待する。

 また、アンケートで西鉄の女性社員に最も人気だったのは、10年に開業した「福岡パルコ」4階のパウダーコーナー。福岡県出身でタレントのIKKO(イッコー)さんがプロデュースし、アロマが漂う個性的な空間となっている。ガラス張りの喫煙コーナーもあり、スマートフォンやペットボトルを手にソファで休憩する人も多い。同じく人気の「VIORO(ヴィオロ)」は、「大きな鏡などで広さを演出」(担当者)しながら2~6階に着替え室やベビーチェアを設けている。

 12年4月に東京・渋谷に開業した商業施設「ヒカリエ」の女性用トイレには、花粉除去や消臭効果のあるエアシャワー、会員向け酸素バーも併設。同館が「女性が気持ちを入れ替える大切な空間」と位置づける設備は集客効果も上々だ。

 一方、男性用トイレはどうなのか。ヒカリエの担当者は「女性からの要望が多い女性用トイレは豪華ですが、男性を軽視しているわけではなく、男性用トイレもとても清潔感があります」と話している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

種子島、ロケット観光大人気=予約満杯「キャンプ場なら空き」―H2B打ち上げ

 日本最大のロケット、H2Bの3号機が21日に打ち上げられるのを前に、宇宙センターがある鹿児島県・種子島では、親子連れなど観光客の人気がかつてない高まりを見せている。20、21日はホテルや民宿、レンタカー、種子島に渡る航空機の予約がいっぱいで、キャンセル待ち状態。高速船も大半が埋まった。
 種子島観光協会の事務局長山野文隆さん(56)は「予約は5月のゴールデンウイークにはもう満杯だった。近年ロケットの成功率が上がり、人気が高まっているが、これだけお客さんが集まるのは初めて」と話す。宿泊はキャンプ場ならまだ空きがあるが、島内の移動はバスを増発しても対応しきれないという。
 人気の一番の理由は、打ち上げ日。子どもの夏休み期間中に大型ロケットが発射されるのは2001年8月29日のH2A1号機以来11年ぶり。しかも今回は土曜の昼前で、家族旅行にはうってつけだ。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

夏休みの旅行者は7703万人 JTB調査、国内・海外とも過去最高に

 JTBが5日発表した夏休み期間(7月15日~8月31日)の旅行動向予測によると、国内旅行者数は前年同期比2・3%増の7431万人、海外旅行者数は4・6%増の272万人となり、国内、海外とも昭和41年の調査開始以来過去最高を記録する見通しだ。総旅行者数は2・4%増の7703万人を見込む。

 昨年は、東日本大震災の影響から国内旅行が落ち込んだが、今年は、東京スカイツリーを始めとする新名所の相次ぐ開業などが国内の旅行需要を後押しした一方、海外は円高が追い風となり、韓国などの近場だけでなく欧州など遠距離にも人気が集まった。

 国内は、臨海副都心のダイバーシティ東京など、都心を中心に続々開業した新名所や、避暑を目的とした信州方面が人気のほか、格安航空会社(LCC)の国内線就航なども需要増につながるとみている。

 一方、海外は、ハワイやグアム、サイパンといったビーチリゾートのほか、観光スポットが増えているシンガポールに人気が集まった。また、円高に加え、昨年と比べ燃油サーチャージも減額傾向にあるため、欧州やアラスカ方面などの遠距離も伸ばした。

 出発のピークは、国内が8月11日~13日、海外が8月11日~12日と予測している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。